Samurai Goal

W杯


スポンサード リンク





本田圭佑率いるカンボジアは”死の組”へ…W杯アジア2次予選でイラン、イラクと対戦  

1: 豆次郎 ★ 2019/07/17(水) 20:28:56.47 ID:uOzXoXjc9
7/17(水) 19:08配信
本田圭佑率いるカンボジアは”死の組”へ…W杯アジア2次予選でイラン、イラクと対戦

互角に戦えるのは香港くらい? G組は東南アジア"ダービー"に

 2022年ワールドカップ・カタール大会のアジア2次予選組み合わせ抽選会が17日、クアラルンプールで行なわれた。7大会連続の本大会出場を目指す日本は、キルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと同居するF組に。いずれも侮れない相手ではあるが、他グループと比較すると組み合わせに恵まれたと言えそうだ。
 
 一方で、”死の組”とも言えるグループに入ったのが、本田圭佑が率いるカンボジアだろう。FIFAランク169位でポッド5に入ったカンボジアにとっては、どの相手でも格上ではあるが…それにしても厳しい。ポッド1からはFIFAランク20位でアジア最上位のイラン、ポッド2は77位のイラク、ポッド3は110位のバーレーンと中東の強国が居並んだ。互角に戦えそうなのが、ポッド4から選ばれた141位の香港くらいだ。
 
 また、面白い組み合わせになったのがG組。ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシアと、東南アジア勢が実に4チームを占めた。ドロワーを務めた元オーストラリア代表のティム・ケイヒルがこの組み合わせを引き当てた際は、会場が大きくどよめいたほどだ。唯一、中東からの参戦となるUAEは移動の負担が大きく、たまったものではないだろう。
 
 2次予選の開幕は9月5日。来年6月までの長丁場でホーム&アウェーのリーグ戦を行ない、各組1位と2位の成績上位4チームの計12チームが最終予選に進む。
 
 W杯アジア2次予選の組み分けは以下のとおり。
●グループA
中国、シリア、フィリピン、モルディブ、グアム
 
●グループB
オーストラリア、ヨルダン、チャイニーズ・タイペイ、クウェート、ネパール
 
●グループC
イラン、イラク、バーレーン、香港、カンボジア
 
●グループD
サウジアラビア、ウズベキスタン、パレスチナ、イエメン、シンガポール
 
●グループE
カタール、オマーン、インド、アフガニスタン、バングラディッシュ
 
●グループF
日本、キルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴル
 
●グループG
UAE、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア
 
●グループH
韓国、レバノン、北朝鮮、トルクメニスタン、スリランカ
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00061549-sdigestw-socc
no title

猶本光は落選!なでしこジャパン、女子W杯に臨む23人を発表!阪口夢穂が10番に  

20190510-00010016-goal-000-5-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/05/10(金) 14:12:10.77 ID:2dcc+knB9
5/10(金) 14:09配信
なでしこジャパン、女子W杯に臨む23人を発表!阪口夢穂が10番に、猶本光は落選

日本サッカー協会(JFA)は10日、6月7日にフランスで開幕するFIFA女子ワールドカップに臨む女子日本代表(なでしこジャパン)メンバーを発表した。なお、6月2日に行われる国際親善試合・スペイン女子代表戦も今回のメンバーで臨む。


なでしこジャパンは現在、FIFAランキングで7位に位置。女子W杯では同37位のアルゼンチン、同19位のスコットランド、同3位のイングランドと同組に入った。

直近の欧州遠征では開催国のフランス、FIFAランク2位のドイツと対戦し、1分1敗だった。メンバーにはその欧州遠征のメンバーで復帰を果たしたMF猶本光(フライブルク)、FW菅澤優衣香(浦和レッズレディース)が復帰。MF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)や、英『BBC』が選出する女子フットボーラー・オブ・イヤー2019の最終候補5名に選ばれた熊谷紗希(リヨン/フランス)は、順当な選出となった。

2大会ぶりの優勝を目指すなでしこジャパンは、W杯前の6月2日にフランスのル・トゥケで、スペイン女子代表と国際親善試合を行い、同10日にアルゼンチンとのW杯初戦を迎える。その後、14日にスコットランド、19日にイングランドと対戦する。

メンバー23人は以下の通り。

■GK
1 池田咲紀子(浦和レッズレディース)
18 山下杏也加(日テレ・ベレーザ)
21 平尾知佳(アルビレックス新潟レディース)

■DF
3 鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)
2 宇津木瑠美(シアトル・レインFC/アメリカ)
4 熊谷紗希(オリンピック・リヨン/フランス)
23 三宅史織(INAC神戸レオネッサ)
22 清水梨紗(日テレ・ベレーザ)
5 市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース)
16 宮川麻都(日テレ・ベレーザ)
12 南萌華(浦和レッズレディース)

■MF
10 阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)
7 中島依美(INAC神戸レオネッサ)
15 籾木結花(日テレ・ベレーザ)
14 長谷川唯(日テレ・ベレーザ)
6 杉田妃和(INAC神戸レオネッサ)
17 三浦成美(日テレ・ベレーザ)

■FW
9 菅澤優衣香(浦和レッズレディース)
8 岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)
20 横山久美(AC長野パルセイロ・レディース)
11 小林里歌子(日テレ・ベレーザ)
13 植木理子(日テレ・ベレーザ)
19 遠藤純(日テレ・ベレーザ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00010016-goal-socc

マルコ・ロイス。彼がいたら、と言われ続け…29歳、今、史上最高 

20190423-00010000-fballista-000-1-view[2]

カズ 26年前の後悔を語る「今だったら絶対に言わない」 

20190407-00000252-spnannex-000-3-view[1]

【FIFA】W杯と国別対抗戦について協議 火付け役はソフトバンク!? 

2493191_xbig-lnd
1   2018/05/01(火) 17:49:30.83 _USER9
国際サッカー連盟(FIFA)は30日、6大陸連盟の代表とスイス・チューリヒのFIFA本部で会合を開き、クラブ・ワールドカップ(W杯)の刷新と各国代表チームによる国別対抗戦の新設について話し合ったと発表した。

 今後、FIFAと6大陸連盟の事務局長による作業部会で議論を深める。

 FIFAは協議内容を明らかにしていないが、4月に英米メディアが報じたところによると、現在、6大陸連盟の王者と開催国代表の7チームで毎年争われているクラブW杯は出場チームを24に拡大、開催は4年に一度にし、2021年からの開催をめざす。国別対抗戦は、「ネーションズリーグ」と呼ばれ、W杯や欧州選手権を避けて隔年で開催されることが検討されているという。

 国際的な試合日程を大きく変える改革で、実現すればクラブや各代表チームに与える影響は大きい。

 世界最高峰の大会として定着する欧州チャンピオンズリーグを毎年主催する欧州連盟、さらに選手を供出するビッグクラブからは反発が必至だ。国別対抗戦は、欧州と北中米カリブ海がすでに今秋から実施を決めていて、調整が必要だ。日本にとっては、強化のために欧州や南米の強豪国と親善試合をする頻度が減る弊害が出そうだ。

 英フィナンシャル・タイムズ紙などによると、この大胆な改革案の火付け役は世界の投資家連合。ソフトバンクをはじめ、米国、中国、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)の投資家たちが、250億ドル(約2兆7250億円)という破格の財務保証をFIFAに約束したという。

 投資家連合はFIFAに5月中に結論を出すよう求めているとされ、動きが加速する可能性がある。(ロンドン=稲垣康介)

2018年5月1日 10時54分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14655143/

サッカー=FIFA、クラブW杯拡大と大会新設を協議
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000036-reut-spo

『サッカーファンは不幸せ』研究結果をイギリスの大学が発表 

1   2018/05/01(火) 12:51:24.73 _USER9
◆「サッカーファンは幸せになれない」という研究結果が発表される

2018年6月14日、4年に1度のサッカーの祭典FIFAワールドカップがロシアで開催されます。
世界中から何万人ものサポーターたちがロシアの地を訪れ、自分の応援するチームの試合結果に一喜一憂することとなります。
そんなサッカーの試合において、自分の応援するチームが勝利することは最高の喜びですが、「敗北した際に心に負う痛みは勝利の喜びの2倍以上である」という研究結果をイギリスのイースト・サセックス州にあるサセックス大学の研究者たちが発表しました。

研究チームはスマートフォンアプリの「Mappiness」を用いて、定期的にサッカーの試合観戦を行う約3万2000人の被験者に対して「試合後どのように感じているか」「何をしているか」「どこにいるか」「誰といるか」などの質問を継続して尋ね、回答を分析するという調査を行いました。
「Mappiness」は、利用者に質問を投げかけ、利用者が回答時点の幸福度合いを自身で判断するというアプリです。
調査を通して集まった回答件数はなんと300万以上で、これらをサッカースタジアムの位置情報や、過去3年間のサッカーの試合結果などと組み合わせることで、サッカーファンたちの試合後の気分の変化を分析しています。

分析結果から明らかになったのは、「サッカーファンを続けることにより受ける累積的影響は、圧倒的に負のものである」というものでした。
Mappinessはランダムにユーザーに通知して質問を尋ねるので、従来の研究よりも「よりその瞬間の幸福度」を正確に測定することが可能となります。

応援しているチームが試合に勝利した場合、サッカーファンの幸福度は1時間で平均3.9ポイント上昇しますが、2時間後には1.3ポイント、3時間後は1.1ポイントにまで低下します。
対して、チームが敗北した場合の幸福度は1時間後に平均7.8ポイントも下がり、2時間後には3.1ポイント、3時間後は3.2ポイント下がります。
つまり、試合に勝利した際に上昇する幸福度よりも、敗北した際に低下する幸福度の方がファンに与える影響は大きいというわけ。

さらに、試合結果によって得られる幸福度の変化は、実際の試合会場で観戦していたファンの場合、より大きくなります。
スタジアムで試合を観戦した際に得られる勝利の喜びは、なんと平均で10ポイントも幸福度を高め、自宅などのTVで試合を観戦している人よりも3~4倍高いものとなります。

なお、Mappinessによるとスタジアムでのサッカー観戦&勝利よりも大きな幸福度が得られる行為は、性行為と求愛行動以外にはなかったそうです。
もちろん敗北した際のダメージもスタジアム観戦者の方が大きく、平均で14ポイントも幸福度が低下します。

サセックス大学のビジネススクールで働く行動経済学者であり、Mappinessの共同創業者でもあるジョージ・マカロン博士は、「大部分のファンはサッカーが彼らを幸せにしてくれると考えていますが、ユニークなデータはそのようなことは示していません。
喜びよりも痛みの方が大きいにも関わらずチームを応援し続けるというのは、伝統的な経済的見地からは非合理に見える」と述べています。

それではなぜファンがサッカーを応援するのかというと、答えは試合開始前に得られる高揚感にあるかもしれません。
研究チームによると、試合開始のホイッスルが吹かれる前、スタジアムに観戦に訪れたファンの幸福度はなんと7.9ポイントも上昇するそうです。

自宅のTVで観戦している場合は0.2ポイントしか上昇しないので、これはまさに「なぜサッカーを現地観戦するのか?」という謎への回答のようにも感じられます。
もうひとつの仮説として、研究チームはサッカーファンが応援するチームが勝利した際に得られる幸福感には中毒性があるのかもしれない、としています。

研究チームの一員であるピーター・ドルトン教授は、「サッカーファンは全体的に見れば幸せにはならないにも関わらず、チームが勝利したときの喜びを味わうために、敗北によるより大きな苦痛に耐えようとしているようだ」と語っています。
なお、サッカーのチームが「試合に敗北しない」ということはなかなかないのですが、「インビジブルズ」として知られる黄金期のアーセナルは、2003-2004シーズンにプレミアリーグで初めての無敗優勝を達成しています。
「無敗」ということで、当時のアーセナルファンは1年間で想像を絶する幸福感を体験したのかもしれません。

写真:no title


GIGAZINE 2018年05月01日 07時00分
https://gigazine.net/news/20180501-football-makes-fans-less-happy/

ズラタン・イブラヒモビッチ『W杯には出ません』正式発表 Twitterの反応は? 

4c99fe0c

スウェーデン協会は26日、同代表に復帰して6月開幕のW杯ロシア大会に出場する可能性が浮上していたFWズラタン・イブラヒモビッチ(36=米MLSロサンゼルス・ギャラクシー)について、W杯には出場しないと正式に発表した。

 スウェーデン代表のチームマネジャーであるリヒト氏が24日にイブラヒモビッチと会談。2016年に同代表から引退した元エースストライカーは「気持ちは変わっていない。ノーだ」と代表復帰を明確に否定したという。同協会は「そのためW杯メンバーの候補にはならない」と説明した。

 イブラヒモビッチは今月に自身のツイッターで「オレがW杯でプレーする可能性はスカイハイ(非常に高い)」とつぶやき、米テレビのトークショーで「オレのいないW杯はW杯じゃない。オレはW杯に行く」と話すなど、W杯出場を示唆して大きな注目を集めていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000164-spnannex-socc

【サッカー】代表監督には外国人?日本人?どちらが適任なのか W杯後、JFAの決断が問われる 

1   2018/04/24(火) 22:59:11.01 _USER9
写真
no title


次期サッカー日本代表監督の候補に、名門アーセナル(イングランド・プレミアリーグ)を22年率いたフランス人監督アーセン・ベンゲル氏(68)の名前が浮上した。一方、「日本人監督で」との意見が日本サッカー協会(JFA)内から出たとも報じられたばかりだ。

 「選手とのコミュニケーション不足」を理由にバヒド・ハリルホジッチ氏が解任された日本代表。新指揮官は、世界を知る外国人にすべきか、言語の障壁がない日本人にすべきか。

■ベンゲル氏は「この国の率い方をよく知っている」

 フランスのテレビ局「TF1」ウェブ版は2018年4月22日、ベンゲル氏の新天地として日本代表があがっていると報道。ほかに中国代表、ドルトムント(ドイツ・ブンデスリーガ)、パリSG(フランス・リーグアン)の計4つの候補があるとしている。

 ベンゲル氏は世界最高峰のひとつ、プレミアリーグのアーセナルで長期政権を築き、リーグ制覇3回、国内戦のFAカップ制覇は7回という実績を誇る。02-03年はリーグ38戦26勝12分で無敗優勝の偉業も達成した。

 日本とも縁があり、アーセナルに入る直前の1995~96年、名古屋グランパスで監督をつとめていた。95年はJリーグ最優秀監督賞に輝き、天皇杯はクラブとして初優勝。低迷していたチームを復活させたのは、選手の長所を生かしつつ、徹底した組織戦術を植え付けたことにあるといわれる。

 上記記事では、名古屋を率いた経歴に触れながら、「ベンゲル氏は地球の反対側にあるこの国の率い方をよく知っている」と評価した。だが、ロシア・ワールドカップ(W杯)を2か月前にしたハリルホジッチ氏の解任にも触れ、「ここ数か月で日本の選択が示したレベルの低さは足枷になりそうだ」とも加えた。就任を打診されても、突然解任される憂き目をおそれて足踏みするかもしれないということか。

協会内では「日本人監督」ムードが

 一方、JFAでは23日、日本代表チームのマネジメントを担う技術委員会が開かれ、西野朗監督で臨むロシアW杯後も「日本人監督で」と求める意見が出たという。複数のスポーツ紙が24日報じた。

 これまで代表監督には、国際経験が豊富な外国人監督を起用してきた。アルベルト・ザッケローニ監督のもと惨敗した14年ブラジルW杯後は、さらに経験を重視し、「W杯での実績」を大きな指標とした。それがハビエル・アギーレ氏(02、10年にメキシコ代表で16強)であり、ハリルホジッチ氏(14年にアルジェリア代表で16強)だった。

 田嶋幸三会長はハリルホジッチ氏解任を発表した9日の会見で、今回はW杯直前という「緊急事態」であることを理由に、日本人ではあるが西野氏に後任監督を託すと説明した。西野氏は技術委員長として、ハリルホジッチ氏の近くで代表チームを見ており、内情を把握しているためだ。任期は「ロシアW杯まで」。

 「特例」という扱いに見えるが、田嶋会長は同会見で「もしこのロジック(W杯での実績を考慮)を続けると、岡田(武史)監督以外の日本人は(代表監督を)できないことになるので、クライテリア(基準)は考えないといけないと思っている」と発言。今後、長期的な日本人監督の起用も示唆していた。

 日本人監督を育てるべきではないかという意見は、元代表選手からも漏れたことがある。

つづく

4/24(火) 20:53配信 Jcastニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000014-jct-ent

【動画】西野JAPANがW杯で対戦するセネガル代表『サディオ・マネ』がヤバすぎる!! 

c31f792588225565dde8be090b40bea1_content

2018 FIFAワールドカップロシアで日本代表が対戦するセネガル代表には、リヴァプールで活躍するFWサディオ・マネがいる。エジプト代表FWモハメド・サラーの活躍に隠れがちだが、今シーズンのプレミアリーグで2桁得点を記録。確実に日本代表にとって脅威となるマネの凄さはどこにあるのか。

■圧倒的なスピードと繊細なテクニック

 2007-08シーズン以来、10年ぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出に貢献したのがマネであり、そのドリブルで数々のDFたちを振り切ってきた。そのドリブルを支えているのが、爆発的なスピードと足元の技術である。プレミアで4番目に速いスピードを誇り、短距離、長距離問わず相手DFを後手に回すことができる。

 しかし、決してスピード勝負一辺倒になるわけではなく、緩急をつけた独特のリズムで中に切り込んでゆくレパートリーも持っている。また、密集地帯を抜ける際に見せる技術も一級品。敵の足が届かないところにボールを置きつつ、DFの間を縫って多少強引にでも突破してみせる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00744225-soccerk-socc

【ロシアW杯】新たな取り組み「会場の大型モニターで主審の判定を解説」 

1   2018/04/19(木) 09:00:16.45 _USER9
今年6月に開催されるロシアワールドカップから、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)で新たな取り組みを行うようだ。18日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 これまでVARを使用した判定では、主審だけしかリプレイ映像を確認することが出来なかったため、スタジアムで観戦しているファンも選手も監督も、どのように主審が判定を下したのかわからなかった。しかし同紙によると、ロシアワールドカップからはその仕組みが変わると言う。

 主審がVARを使用して判定を下した経緯について、リプレイ映像がスタジアムにある大型ビジョンに説明文付きで表示されるとのこと。また、例外的な状況においてのみだが、試合後にVAR判定に関する記者会見を行う場合もあるようだ。

4/19(木) 8:20配信 FOOTBALLチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180419-00266005-footballc-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索