Samurai Goal

W杯


スポンサード リンク





<日本代表の森保一監督>W杯アジア2次予選「海外組のみ、国内組のみ、通常の混合」“三刀流”で乗り切る! 

1: 2021/01/13(水) 19:19:14.66 _USER9
日本代表の森保一監督(52)が、コロナ禍が続く21年を“三刀流”で乗り切る。

3月にW杯アジア2次予選が再開する予定だが、コロナ変異種の感染が広がっていることからチーム編成に制約が生まれる可能性がある。

13日にオンラインで取材対応し「海外組のみ、国内組のみ、通常の混合と、3つを考えたい」と万全の準備を敷く構えだ。

昨年10、11月の海外遠征では欧州組のみで選手を招集した。当時から国内組のみでのチーム編成も、必要に迫られる可能性を想定していたという。

政府は現在、1月末まで全世界からの外国人の新規入国を原則停止している。今後の状況によっては、ホームの試合でも海外組を思い通りに招集できるか不透明になることも考えられる。

国内組の力でW杯への道を切りひらく必要が出てくる場面も十分に考えられる。

3月に敵地でモンゴルとの試合も予定しており、コロナ禍では初の欧州以外での海外遠征となる。渡航制限や帰国後の行動制限が刻一刻と変化する中で「考えられる範囲で対応したい。

今後、3パターンは常に考えないといけない」と指揮官。難しい舵取りを迫られながら、22年W杯カタール大会を目指す。【岡崎悠利】

1/13(水) 17:28配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/bf824771c835f79af2da5b84cb482a16fe2b160f

写真
no title

<日本代表・西野前監督>W杯ベルギー戦 2ー0は危ないと伝えているのに『これでベスト8だ』と感じている自分がいた」 

スクリーンショット 2021-01-10 0.28.52




1: 2021/01/09(土) 22:03:22.64 _USER9
日本サッカー協会が主催する指導者向けのシンポジウム「第12回フットボールカンファレンス」が9日、オンラインで始まり、
日本代表を率いてW杯を戦った岡田武史元監督(64)、西野朗前監督(65)=現・タイ代表監督=がトークセッションで“共演”。自らの経験を振り返り、独自の指導論を展開した。

本大会限定で指揮を執った2018年W杯ロシア大会について、西野前監督は「体制が変化した中、選手たちが主体的にストロングポイントを結集して戦えた大会」と回顧。
その一方で、逆転負けを喫したに関しては「采配、判断の遅さ」と自らのベンチワークを課題に挙げた。

後半3、7分の連続得点で先行すると、主将だった長谷部(フランクフルト)から「戦い方をはっきりしてくれ、と。2ー0をどう戦うべきか求められた」という。
ただ、西野前監督は「このままで行くと3回、言った」と詳細に振り返り、「方向性を示す戦いをさせないといけなかった。2ー0は危ないと伝えているのに、『これでベスト8だ』と感じている自分がいた」と心残りを口にした。

日本協会は「2030年までにW杯でベスト4に入る」という目標を掲げている。岡田元監督は普及・育成段階で指導者の多様な取り組みの必要性を指摘。
西野前監督は「選手の主体性がおのずと生まれるよう、指導者がアプローチして引き出していくことが必要」と提言した。

1/9(土) 20:35
https://news.yahoo.co.jp/articles/07ef45c65c763e1cecfc50a37a6bc796cd1ac473

仏メディアが「2022年W杯の日本代表」の先発メンバーを大胆予想! 激戦区の攻撃陣はどうなる? 

スクリーンショット 2020-11-21 22.23.11

日本代表 カメルーンとの対戦は2010年W杯南アフリカ大会ぶり 

スクリーンショット 2020-10-09 20.26.20

W杯で内田篤人に非情決断 岡田武史氏が真意明かす 

スクリーンショット 2020-08-24 14.30.09

W杯招致にらむ中国、北京の有名スタジアムを解体 

1: 2020/08/21(金) 22:37:05.59 _USER9
【8月21日 AFP】サッカーW杯(World Cup)の招致が予想されている中国は、大規模なサッカー関連インフラ改修計画の一環として、今週に入り北京にある有名な工人体育場(Workers' Stadium)の解体を急ピッチで進めた。

 北京の中心地にあるこの人目を引くスタジアムはほぼ全体が建て替えられ、改修工事の完了は2022年12月に予定されている。



中国はスタジアムの建設や改修を盛んに進めており、早ければ2030年のW杯で招致を行うかもしれないという期待が高まっている。

 改修された工人体育場は、2023年に行われる第18回アジアカップ(2023 AFC Asian Cup)の会場にも選ばれている。(c)AFP

全文はソース元で
https://www.afpbb.com/articles/-/3300303
no title

忘れられない内田篤人の“異論” W杯でつぶやいた「自分たちのサッカーができればOKなのか…」【記者コラム】 

スクリーンショット 2020-08-21 15.16.34

W杯アジア2次予選、2021年に再延期 

images000




1: 2020/08/12(水) 16:24:20.48 _USER9
サンスポ2020.8.12 16:15
https://www.sanspo.com/soccer/news/20200812/sci20081216150005-n1.html

W杯アジア2次予選、2021年に再延期

アジア・サッカー連盟(AFC)は12日、各国の新型コロナウイルス感染状況を考慮し、10、11月に開催を予定していたワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選を来年に延期すると発表した。日本にとって今年の初戦となるはずだった3月から延期が続いている。代替日はあらためて発表する。

10月と11月は4試合が組まれていた。2次予選F組の日本はミャンマー、タジキスタン、キルギスとのホーム戦、モンゴルとのアウェー戦を残している。

<日本代表>このまま成長したらW杯優勝は可能か?「3つのボトルネック」を克服する必要があると指摘=中国 

images000




1: 2020/08/10(月) 07:09:30.34 _USER9
サッカーの日本女子代表は2011年ワールドカップ(W杯)で優勝を果たしたが、男子代表も将来的にW杯優勝を成し遂げることができるだろうか。
中国メディアの百家号は4日、「サッカーの日本男子代表がこのまま成長し続けた場合、W杯優勝は可能か」と題する記事を掲載した。
 
記事は、日本サッカー協会は2050年までにW杯で優勝するという目標を掲げていると伝える一方、この目標を掲げた当時、多くの人の嘲笑の的になったと主張。
事実、日本が1992年のアジアカップでサウジアラビアを下して優勝したのは「意外な結果であった」と主張し、なぜなら当時の日本サッカーの実力は中国と大差なかったからだと強調、
つまり1990年代の日中サッカーには現在のような圧倒的な差はなかったと指摘した。

続けて、1990年代におけるアジアのサッカー強国といえば、韓国とイラン、そしてサウジアラビアであったと指摘しつつも、それから20年ほどしか経っていないのに日本はアジアをリードするサッカー強国となっていると強調。
現在では日本がW杯で優勝するという目標を嘲笑する人はもはや少数派であり、日本サッカーは実力で嘲笑する人たちを黙らせてきたのだと論じた。

続けて、ここ20年ほどにおける日本サッカーの成長速度は「人びとの予想を大きく上回っている」と主張し、これだけ急激に成長できたのは中国以上の「挙国体制」によるものだと主張。
日本の場合は中国と違って国家が管理しているわけではないが、青少年の育成からクラブチームでの育成、そして代表の選抜に至るまで、見事に連携したシステムが存在するがゆえに効率よく成長することができたのではないかと論じた。

一方、日本サッカーは現在、W杯の成績という点では「伸び悩んでおり、壁にぶつかっている状況」だと強調する一方、壁を突破するためには「3つのボトルネック」を克服する必要があると指摘。
その3つとは相手のハイプレス戦術に対応できていないこと、爆発的なスピードと得点力を持つ選手がいないこと、そして後半に入るとスタミナ切れすることだと説明。

しかし日本サッカー界もこうしたボトルネックを理解しており、対策も講じていると強調し、これらの課題を克服できればW杯の成績は今後大きく伸びる可能性があり、W杯優勝にも大きく近づくことになるだろうと論じた。

2020年8月9日 7時12分 サーチナ
https://news.livedoor.com/article/detail/18707104/

五輪代表ではなく、A代表をめざせ 視線は22年W杯へ 

スクリーンショット 2020-07-25 22.23.30のコピー


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索