Samurai Goal

V・ファーレン長崎


スポンサード リンク





長崎、初昇格から1年でJ2降格 試合ない日にJ2町田の順位決まり自動降格が決定 

20181117-00000108-spnannex-000-7-view

<ジャパネット高田明>Jリーグ経営で勝敗より大事にしていること「サッカーには夢がある」 

takata2_1-1




1: 2018/11/16(金) 06:27:55.30 _USER9
2017年にJリーグ「V・ファーレン長崎」の代表取締役社長に就任した高田明氏。言わずと知れたジャパネットたかたの創業者だが、勝ち負けにこだわらない点で他のクラブ社長とは明らかに違う。高田社長は何を目指しているのか、その思いを取材した。(サッカーライター 江藤高志)

● 高田社長が繰り返す言葉 「サッカーには夢がある」

 ジャパネットたかたの創業者で、2017年にV・ファーレン長崎の代表取締役社長に就任した高田明氏が、他クラブの社長と明らかに違うことがある。ツイッターのフォロワー数が4.8万人に上るのだ。そのツイッターアカウントで高田社長が繰り返しつぶやいてきたフレーズが、「サッカーには夢がある」というものだ。

 高田社長にとってのキーワードにも感じられるこのフレーズについて尋ねると、ある日のことを語り始めた。2017年11月11日。長崎がJ1昇格を決めた日だ。

 「カマタマーレ讃岐に勝ってJ1への自動昇格を決めた。あの時のスタジアムの雰囲気はすごかった。スタジアムにいたほとんどの方が、感動して涙を流していた。本当によかった。そういうところからあの言葉を使っています」

 サッカーには、人を笑顔にさせる力がある。J1昇格という一大イベントを通じ、その力を実感した高田社長がクラブの代表になって以降、大事にしていることがある。それが人と触れ合うこと。高田社長はそれを自身の使命なのだと説明する。

 「私の使命は来られているサポーター、ファンのみなさんと触れ合うこと。だから他チームに行ったときに、相手チームのサポーターさんと話すのはそういうこと。みんないい人ばかりなんですよ」

 面と向かって話すことで伝わる人の感情は、やはり大きなものがあるという。

 「あそこは危ないですよ、過激な人もいるからと心配されることもあるんですが、そんなことないですよ。話せばみんないい人ばかりです。そこで交流することの中に、本当のサッカーの姿があると思っていましてね。それが夢だったり、愛とか平和とかにつながる気がするんですよね」

 普通の人であれば、なかなか面と向かっては口にしづらい、どこか面はゆくなるような言葉だが、それでも高田社長は愛や平和という言葉をV・ファーレン長崎が目指すものとして語る。だが、通販番組を通し、数多くの視聴者に商品の良さを伝えてきた高田社長が言う言葉は、不思議とすんなり入ってくる。
● 通販の共通点は 向き合う相手の存在

 2015年にジャパネットたかたの社長を退任し、2017年にV・ファーレン長崎の社長に就任。通販事業からクラブ経営へ。全く違う業界のように思えるが、この転身について、本質的なところは同じであると高田社長は話す。

 「通販とサッカーで違うとは思っていなくて、この両者には共通点があると思っています。それは、向き合う相手がいるということです。サッカーはファン、サポーターや長崎県民、スポーツを愛する人のための活動で、ビジネスは消費者のために。人のためにという企業のミッションは、どの業界にも共通することだと思うんです。人は人のために生きてこそ人、私はそう思っています」

つづく

11/16(金) 6:00配信 ダイヤモンド
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181116-00185581-diamond-bus_all

長崎、今季17位以下が確定。J1残留への望みは“町田次第”に 

20181110-00296566-footballc-000-1-view

大混戦のJ1残留争い。崖っぷちの柏と長崎は結果次第で16位以下が確定も 

20181109-00010001-goal-000-2-view

シーズンも佳境のJリーグ 順位争いの現況は?  

kawasaki froterle-thumb-500x355-121269




1: 2018/11/07(水) 13:46:48.28 _USER9
 各々の目指す目標に向け、全18チームがここまで戦いを続けてきたJリーグ・J1。リーグ開幕から約8か月、各チーム残すはほぼ3試合となった。

 長きに渡る戦いにも、いよいよ終わりが見えてきた今季。それぞれの順位争いの現況はどうなっているのか、確認の意味も込めて以下に記していきたい。

 本稿執筆時点(5日現在)において、「19勝6敗6分・勝ち点63・得失点差+28」で首位に立っているのが川崎フロンターレ。それを「17勝9敗5分・勝ち点56・得失点差+14」の2位サンフレッチェ広島が追う展開となっている。2位に7ポイント差をつけるフロンターレは、次節の結果次第で2年連続のリーグ優勝が決定する。

 来季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場権がかかる上位3位(注・天皇杯の結果次第では4位も対象)に位置しているのは、前述のフロンターレ、サンフレッチェと、「14勝8敗9分・勝ち点51・得失点差-1」の北海道コンサドーレ札幌の3チーム。仮にこのままの順位で終了となると、コンサドーレはクラブ史上初のACL出場ということになる。

 ただ、3位コンサドーレの下には「14勝10敗7分・勝ち点49・得失点差+8」の4位FC東京と、「14勝10敗7分・勝ち点49・得失点差+7」の5位鹿島が共に勝ち点2差でつけている。前節まで4連敗中の2位広島を含め、ACL出場権争いは全く予断を許さない状況だ。

 J2への無条件降格となる18位、17位には、それぞれ「8勝18敗5分・勝ち点29・得失点差-18」のV・ファーレン長崎、「10勝18敗3分・勝ち点33・得失点差-11」の柏レイソルが位置。また、J2の3位~6位チームと共にJ1参入プレーオフに臨むことになる16位は「10勝16敗4分・勝ち点34・得失点差-7」の名古屋グランパスとなっている。来季もJ1の舞台に立ち続けるため、この3チームは死に物狂いで残り試合に臨むことだろう。

 以上が、ここまでにおける主な順位争いの現況となっている。来月1日の全日程終了までに、この状況はどれだけ変わることになるのだろうか。

https://news.nifty.com/article/sports/rl/12184-43852/

J1第31節日曜夕 鳥栖×長崎 結果  

img_40e269c432b0d3b67225d09a14ea6f8c149128




1: 2018/11/04(日) 18:04:07.78 _USER9
鳥栖 1-0 長崎
[得点者]
60'原川 力

スタジアム:ベストアメニティスタジアム
入場者数:22,669人

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

<長崎>残り4試合 J1残留へ 目安は「4戦中3勝」。逆に「1勝1分け以下」ならば降格がほぼ確定 

1: 2018/11/04(日) 08:16:27.39 _USER9
サッカーJ1のV・ファーレン長崎は、18チーム中最下位で今季あと4試合を残すのみとなった。
J1残留ラインの15位にいる名古屋との勝ち点差は「5」。単純計算すれば、他の下位チームより2試合多く勝たなければ、J2に降格となる。
残りの対戦カードを踏まえると、残留の目安は「4戦中3勝」。逆に「1勝1分け以下」ならば降格がほぼ確定する。

17、18位がJ2に自動降格、16位がJ2の3~6位のプレーオフ勝者との入れ替え戦となるJ1残留争い。
今季はまれにみる混戦で、最下位V長崎から15位までの勝ち点差は「5」、10位G大阪までも「10」と大差はない。
V長崎が最も苦境に立たされてはいるが、中位以下のチームもまだ安心できない状況だ。

今季の残留争いを激しくしている要因は「脱落チーム」がいないこと。過去5年間の最下位の勝ち点は、大分14(2013年)、
徳島14(14年)、山形24(15年)、福岡19(16年)、大宮25(17年)。J1が18チーム制となった05年以降の最高でも千葉の27(09年)で、
勝ち点29を積み上げたV長崎は、現時点で「過去最高の勝ち点を挙げた最下位」となっている。

下位チームの残り4試合(名古屋は5試合)の対戦カードを見ると、V長崎以外は優勝を争う川崎、広島など上位との対戦が多い。
一方のV長崎は中位以下ばかりで、ラスト2試合のG大阪、清水には前半戦で勝利を収めている。V長崎にも十分にチャンスは残っていると言えそうだ。

残留へ最重要となるのが、次節の16位鳥栖との九州決戦(4日16時、佐賀県鳥栖市・ベストアメニティスタジアム)。
勝てば勝ち点3を手にすると同時に、相手に勝ち点3を取らせない“6ポイントゲーム”で、逆に落とせば、いよいよ崖っぷちに立たされる。何が何でも勝利をつかみ、最終盤戦へ勢いをつけたい。
       ◆ 
もう一つ、今季のJ1残留を占うポイントが、J2チームのJ1ライセンスの有無。Jリーグの規定で、
スタジアムの収容人数や練習環境などがJ1基準に達していないクラブは2位以内に入っても昇格できず、J1昇格枠とJ2降格枠が一つずつ減る仕組みになっている。
現在J2で3位の町田はライセンスを取得しておらず、2位以内に入った場合、J1の自動降格は18位のみ。17位が入れ替え戦に回る。

◎Jリーグの勝ち点
順位を決める上で、最も優先される点数。各チームは1試合ごとに勝ち点(勝ち=3、引き分け=1、負け=0)を積み上げていき、通算勝ち点数で順位が決まる。
Jリーグは延長戦がないため、引き分けが存在する。勝ち点が同数で並んだ場合は、総得点数と総失点数の差を表す「得失点差」を見る。

11/1(木) 11:00配信 長崎新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000003-nagasaki-l42

写真
no title


【サッカー】<V・ファーレン長崎>新スタジアムを中核とした複合施設 J2降格でも作る!社長「日本に例がないものができる」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541124853/

【サッカー】<V・ファーレン長崎>三菱重工業長崎造船所幸町工場跡地について、同社と不動産売買契約を締結したと発表!
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541128615/

<V長崎>新スタジアムを中核とした複合施設 J2降格でも作る!社長「日本に例がないものを」 

1: 2018/11/02(金) 11:14:13.08 _USER9
写真
no title


三菱重工業の幸町工場(長崎市)の跡地に、V・ファーレン長崎の新スタジアム(2万3000席)を中核とした複合施設が計画されている。
事業を進める通販大手「ジャパネットホールディングス」(長崎県佐世保市)の高田旭人社長は、「日本に例がないものができる」と自信をのぞかせる。構想を聞いた。

――ホテルや地元密着型のマーケットも予定されている。どういう施設になるのか。

「自分は『スタジアムシティ』と呼んでいるが、県民が1日過ごせる場所をつくりたい。9月に欧州を回ったが、試合の前後にも食事やサッカー談議をゆっくり楽しんでいた。
スタジアムには家族向けのスペースや、熱烈なファンに向けた安価な席、値段は張るが食事付きで楽しむ席など色々と用意するつもりだ」

「周辺にどれだけエンターテインメントを作れるかが鍵。アイデア段階だが、大きな温泉施設や、新しいスポーツチームの発足などを考えている。稲佐山とつなぐロープウェーも実現したい」

「専用アプリを開発する予定で、施設が完成するまで定期的に最新情報をお伝えする。地元からもアイデアを募りたい。アプリには決済システムを持たせ、現金を持たなくて済むようにできればと思う」

――長崎市の「MICE(マイス)施設」との競合が心配されるアリーナは。

「アリーナは、現時点では必要と考えている。スタジアムでコンサートなどを開ければ必要ないと考えていたが、屋根を張るのがコスト的に難しい。そうなると音漏れしてしまう」

――長崎市は後背人口が多くないが、採算性は。

「欧州では、3万人収容のスタジアムが人口10万人ぐらいの地方都市にある。長崎市でできない理由がない。現状のデータを基に計算すると赤字になるが、自分たちで市場を創り出すつもりだ。
ジャパネットとして料理や建物の造りまで全てにこだわる。本当に魅力的であれば、全国から人が集まる」

――チームは降格の危機にあるが、計画に変更は。

「全く揺るがない。見据えているのは5年後、10年後。街づくりも含めた事業なので短期で考えない」

――事業への思いは。

「長崎に育てられた会社として、恩返しの気持ちがある。500億円から600億円の投資を考えているが、会社として過去最大だ。リスクを取って街づくりの先頭に立とうと思っている。
新スタジアムの運営スタッフは全員、県出身者を充てたい。来年から採用を強化し、3~4年間、毎年数十人を採る。東京でしかできないようなチャレンジを、一緒にやりませんか」(坂田元司)

     ◇

たかた・あきと 佐世保市出身。東京大を卒業後、証券会社を経て「ジャパネットたかた」に入社。2015年1月、親会社の「ジャパネットホールディングス」の社長に就任した。
V・ファーレン長崎の強化・育成も担当している。扱っている商品の一押しは、同社で借り切ったクルーズ船の旅。「みそ汁の味付けまでこだわりました」

2018年10月29日 12時15分 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/domestic/20181029-OYT1T50066.html

18位長崎対17位磐田、J1残留を懸けた直接対決の結末は? 

20181021-03276356-gekisaka-000-1-view

【サッカー】<川崎フロンターレ>6カ月ぶり首位浮上! 長崎に2-1勝利、最大勝ち点13差追いつきJ1連覇へ前進  

20171203-00000001-




1: 2018/09/29(土) 21:01:29.17 _USER9
川崎フロンターレは29日のJ1リーグ第28節で、リーグ最下位に沈むV・ファーレン長崎を2-1で破った。FW知念慶とFW小林悠の2トップ揃い踏みで勝ち点を56に伸ばし、得失点差でサンフレッチェ広島を上回って約6カ月ぶりの首位に立った。

【動画】15試合ぶりのスタメン起用に応える一撃! 川崎FW知念慶の貴重な先制弾

 前節の湘南戦でスコアレスドローに終わった川崎は、2年目の知念を15試合ぶりにスタメン起用して小林と2トップを形成。前半14分にMF中村憲剛のミドルシュートを合図に一気に攻撃のギアを上げる。前半32分、ペナルティーエリア右からのDFエウシーニョの折り返しに小林が合わせたスライディングシュートは右ポストに嫌われたが、直後のCKで小林が逸らしたボールをゴール前でフリーの知念が押し込んで先制点を奪った。

 さらに、前半41分には中村のスルーパスに左サイドを抜け出したMF登里享平がマイナスの折り返しを供給。これに反応したMF家長昭博の左足ミドルは相手GKにセーブされたが、ゴール前の小林が抜け目なく押し込んで追加点を挙げた。

 追加点を狙った後半は長崎に攻め込まれる時間も多くなり、後半アディショナルタイムにFWファンマにゴールを許したが、2-1と2試合ぶりの勝利を飾った。

 川崎は第14節終了時点で広島に最大勝ち点13差をつけられていたが、ライバルがリーグ戦3試合連続白星なしの間に一気に追いつき、得失点差で上回って3月18日の第4節以来となる首位に立った。昨季に続くJ1連覇に向けて、一歩前進したと言っていいだろう。

9/29(土) 20:54配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00138269-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索