Samurai Goal

UEFA


スポンサード リンク





【緊急事態】選手を集められないデンマーク代表、急遽フットサル選手を中心にメンバー編成!! 

christian-eriksen-
1 2018/09/05(水) 20:10:17.06 _USER9

デンマークサッカー連盟(DBU)は4日、UEFAネーションズリーグに臨む代表メンバー24人を発表した。

 ロシアワールドカップでベスト16まで勝ち進んだデンマークは、深刻な出遅れとなっていた。デンマークの選手会とDBUの間で選手の個人スポンサーなどをめぐる権利関係についての交渉が合意に達しておらず、代表チームに選手を招集できない事態となっている。

 そのため、代表発表が遅れていたが、ついにタイムアップとなり、「苦肉の策」をとるしかなくなった。

 トッテナムのMFクリスティアン・エリクセンやレスター・シティのGKキャスパー・シュマイケルといった主力は招集できなかったほか、国内トップレベルの選手もメンバー外。結局、デンマーク3部と4部の選手に加えて、2016年のフットサル・ワールドカップで活躍した4選手を集めた。

 DBUの幹部であるキム・ハルベルグ氏は、「デンマークサッカー界にとって今回の代表戦2試合は非常に重要で、24人の選手が参加に同意してくれたことをうれしく思う」とコメントしている。

 UEFAネーションズリーグはEURO2020予選の一部も兼ねるため、デンマークサッカー連盟としては試合を開催できないという事態だけは避けなければいけないようだ。

 苦戦必至のデンマークは、5日にスロバキアと国際親善試合を行ったあと、9日にウェールズと対戦する。

フットボールチャンネル編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180905-00288279-footballc-socc


“レアル圧倒的”UEFAポジション別最優秀選手賞が発表!!モドリッチは首位表彰! 

1 2018/08/31(金) 03:04:13.79 _USER9
8/31(金) 2:33配信
レアル・マドリー勢強し…UEFAアウォーズ、ポジション別の最優秀選手賞が発表!

欧州サッカー連盟(UEFA)は30日、2017-18シーズンにおけるポジション別の最優秀選手を発表した。


GK部門では、アリソン・ベッカー(ローマ→リヴァプール)、ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス→パリ・サンジェルマン)、ケイロル・ナバス(レアル・マドリー)がノミネート。この結果、レアル・マドリーの守護神としてCL制覇に貢献したケイロル・ナバスが受賞した。

DF部門では、マルセロ(レアル・マドリー)、セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)、ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー)がノミネートされていた。そして、受賞者はレアル・マドリーの主将、セルヒオ・ラモスとなった。

MF部門では、ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)、トニ・クロース(レアル・マドリー)、ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)が候補。白い巨人の司令塔であるモドリッチが受賞した。

そして、FW部門ではリオネル・メッシ(バルセロナ)、クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー→ユヴェントス)、モハメド・サラー(リヴァプール)がノミネート。今夏にユヴェントス入りしたレアル・マドリーのレジェンド、C・ロナウドが制している。この結果、すべてのポジションで昨季レアル・マドリーに所属していた選手が独占した。

◆2017-18シーズン・ポジション別の最優秀選手
【GK】ケイロル・ナバス(レアル・マドリー)
【DF】セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
【MF】ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)
【FW】クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー→ユヴェントス)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00010002-goal-socc
no title

【動画】ロナウド“強烈”バイシクル弾がUEFA年間ベストゴール1位に!! 

1 2018/08/29(水) 01:34:12.04 _USER9
8/28(火) 23:29配信
UEFAが年間ベストゴールを発表! 1位はC・ロナウドのオーバーヘッドに

 欧州サッカー連盟(UEFA)は27日、2017-18シーズンのファン投票による年間ベストゴールを発表した。

 受賞の対象となるのは過去12カ月間のUEFA主催の大会で記録されたゴール。クラブチームおよび代表チーム、女子チームやユースチームなどを含めた11の大会から、それぞれ1ゴールが候補として選出されている。

 総数34万6915票のうち半数以上の19万7496票を獲得し、圧倒的な1位に輝いたのは、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグの現在所属するユヴェントスとの対戦で、当時レアル・マドリードに所属していたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが見せた華麗なオーバーヘッド・シュート。UEFAのテクニカル・オブザーバーは「素晴らしいテクニックと熱を見せた」とコメントを寄せている。

 2位には3万5558票を獲得したマルセイユのフランス代表MFディミトリ・パイェのゴールがランクイン。ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグでライプツィヒ戦で、ペナルティエリア手前から左足の強烈なミドルシュートを突き刺した。

 2万3315票を獲得し3位にランクインしたのは、UEFA U-17女子選手権決勝でみせたスペイン代表MFエヴァ・ナヴァッロのゴール。ドリブルでペナルティエリアに侵入し、2人交わすと左足を振りぬき鮮やかなゴールを決めた。

 なお、2017はユヴェントスの元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが、2015、16年はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが受賞している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00821285-soccerk-socc
no title

UEFA“年間最優秀選手”ノミネート3選手発表!!モドリッチか?ロナウドか? 

1 2018/08/20(月) 22:27:47.46 _USER9
8/20(月) 22:24配信
UEFA年間最優秀選手のノミネート発表、W杯準優勝モドリッチら3人

 欧州サッカー連盟(UEFA)は20日、欧州年間最優秀選手の候補者を発表した。

 選出されたのはMFルカ・モドリッチ(R・マドリー)、FWクリスティアーノ・ロナウド(R・マドリー)、FWモハメド・サラー(リバプール)の3人。栄誉を手にする選手は、30日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)組み合わせ抽選会で決まる。

 UEFAが発表したショートリストによると、モドリッチの選出理由は欧州CL優勝、ロシアワールドカップ準優勝、同大会ゴールデンボール受賞の3つ。前回受賞者のC・ロナウドは自身5度目の欧州CL制覇が評価されたようだ。

 また、エジプト代表として28年ぶりのW杯出場に導いたサラーは欧州CL準優勝に加え、プレミアリーグ得点記録などさまざまな大記録を打ち立てたことを加味しての選出となっている。なお、UEFAでは各ポジション別のベスト3も公表している。

ポジション別の選出者は以下のとおり

▽GK
アリソン・ベッカー(ローマ→リバプール/ブラジル代表)
ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス→パリSG/イタリア代表)
ケイラー・ナバス(R・マドリー/コスタリカ代表)

▽DF
マルセロ(R・マドリー/ブラジル代表)
セルヒオ・ラモス(R・マドリー/スペイン代表)
ラファエル・バラン(R・マドリー/フランス代表)

▽MF
ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C/ベルギー代表)
トニ・クロース(R・マドリー/ドイツ代表)
ルカ・モドリッチ(R・マドリー/クロアチア代表)

▽FW
リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表)
クリスティアーノ・ロナウド(R・マドリー/ポルトガル代表)
モハメド・サラー(リバプール/エジプト代表)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-01692613-gekisaka-socc
no title

10年間出場停止“史上最悪”なクラブが行った多数の悪事がコレ! 

KF_Skënderbeu_Champions_2016-1
1 2018/08/09(木) 19:04:41.69 _USER9
【AFP=時事】今年5月、サッカーアルバニア1部リーグのスカンデルベウ・コルチャ(KF Skenderbeu Korce)はここ8年で7度目のリーグ優勝を果たし、紙吹雪が舞う中、大喜びしてトロフィーを掲げた。

 しかし、欧州サッカー連盟(UEFA)が主催するすべての大会に10年間出場できなくなったことで、その歓喜はすっかり遠い思い出になった。これは、UEFAがこれまでに科してきた処分の中で最も厳しいものだ。UEFAはまた、サッカー史上最悪の悪行とする八百長に関して、100万ユーロ(約1億3000万円)の罰金処分をスカンデルベウに科した。

 UEFAの倫理・規律委員会は、3月に漏えいした報告書の中で「このクラブは、これまでの歴史で誰も行ったことがないほど多くの試合で八百長をしてきた」と記している。

 スイス・ローザンヌ(Lausanne)にあるスポーツ仲裁裁判所(CAS)が、6月に今回の出場停止処分は未定となっている上訴を待つまでもなく効力を発揮する見込みと認めたことで、スカンデルベウに残っていたかすかな希望は絶たれた。

 7月にヨーロッパリーグ(UEFA Europa League 2018-19)の予備予選戦に進むことを期待していたスカンデルベウのアルディアン・タカイ(Ardian Takaj)会長は、この裁定がクラブにとって「死の宣告」以外の何物でもないと語った。

 15世紀にアルバニアで活躍した軍の指導者スカンデルベグ(Skanderbeg)の名にちなむこのチームは、同国のクラブとして唯一ヨーロッパリーグのグループステージに進出した経験を持つ。

 スカンデルベウが今後の欧州サッカー界から締め出されたことにより、熱狂的なファン層は心を打ち砕かれた。今年2月、彼らのうち数千人は同国南東部コルチェ(Corce)にあるクラブの拠点に集まり、「われわれの夢を奪わないでくれ」と主張していた。


■八百長の疑惑は53試合

 試合に関連する賭博の不自然な動きを追跡し調査する賭博不正検知システム(BFDS)によれば、2010年以降に行われた53試合でスカンデルベウに八百長があったとUEFAは見積もっている。

 UEFAはこれらの八百長について「継続的かつ周期的に行われた」と述べており、国内リーグや欧州カップ戦、さらには「親善試合さえも」含まれていたと明かしている。

 スカンデルベウのスタッフや選手は無実を主張し続けているが、多くの試合には長年の疑惑が持たれている。

 例えば2015年7月に行われた試合で、スカンデルベウは北アイルランドのクルセイダーズ(FC Crusaders)に90分を終えた段階で2-1とリードしていたが、その命運は急転した。

 UEFAによれば、試合中に4ゴール以上が決まるという条件にこの試合の終了時点で「数十万ドル」が賭けられていたという。クルセイダーズは、スカンデルベウのDFとGKが簡単なミスを犯したことで後半アディショナルタイムの数分間に2ゴールを挙げ、試合は2-3になった。

 クルセイダーズのGKショーン・オニール(Sean O'Neill)は当時、ツイッター(Twitter)に「今夜行われた試合をUEFAが調査しなかったらおかしい」と投稿していた。

(続く)

FIFAとUEFAが掲げた政策は日本代表にとって悪なのでは? 

FIFA Logo
1   2018/04/19(木) 21:41:49.22 0
コンフェデ杯廃止→代表の露出が減る
UEFAネーションズカップ始動→実質欧州鎖国政策により欧州との親善試合のチャンス激減
クラブW杯が4年に1度に→ACLの存在価値低下、露出大幅減の可能性
W杯予選枠拡大→最終予選すらヌルゲーで緊迫感が一切ない試合増加

UEFAが延長戦の廃止検討!…ファーガソン氏「疲れ果てた選手たちがピッチ上を歩き回る姿は見たくない」 

1: 名無しさん 2016/09/01(木) 12:40:56.38 ID:CAP_USER9
[ニヨン(スイス) 31日 ロイター] - 欧州サッカー連盟(UEFA)は31日、年次のエリートクラブ監督フォーラムを行い、欧州の一流クラブ監督らがUEFA主催大会での延長戦の廃止などについて議論した。

マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の元監督で、UEFAでコーチングアンバサダーを務めるアレックス・ファーガソン氏は、「疲れ果てた選手たちがピッチ上を歩き回る姿は見たくない」とし、延長戦で決勝ゴールが決まることは少ないと指摘した。

また、ら技術部長のヨアン・ルペスク氏は「最近の選手たちは過密日程をこなしている。今後も延長戦を実施することが、選手たちにとっていいことかどうか話し合った」と述べた。90分終了後、直接PK戦に突入するという形でもいいとの意見もあったという。

南米の主要大会、リベルタドーレス杯では90分を終えても決着がつかない場合も延長戦は行わない。

ロイター 9月1日 11時47分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000034-reut-spo
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索