Samurai Goal

UEFA


スポンサード リンク





DAZNが欧州サッカー連盟に契約解除を求めたか 日本でCLが視聴不可能に? 

cl-595x334




1: 2020/07/28(火) 17:50:22.27 _USER9
米ブルームバーグ通信は28日、スポーツ・ストリーミングサービスの「DAZN」がアジア地域でのサッカー・チャンピオンズリーグ(CL)の放映権契約を早期解除することを求めていると伝えている。

世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、大会日程が大きく変更されることが理由とのこと。ブルームバーグによると、DAZN側から大会を主催する欧州サッカー連盟(UEFA)に対し契約を終了することを伝えたという。

同日、SNS上でも日本のサッカーファンがこの件を話題に。DAZN公式サイトの配信コンテンツ一覧に「チャンピオンズリーグ」が見られなくなったり、DAZNのYouTubeチャンネルにアップされていたCLのハイライト映像が非公開になったりしていることを指摘する声が上がっている。


スポーツチャンネルのDAZNと同じDAZNグループに属するサッカーメディア「Goal.com」の紹介ページからも、配信コンテンツのチャンピオンズリーグの項目が削除されている。

7月28日13時半現在、DAZNからの公式アナウンスはなく、報道内容と映像非公開の間に関連があるかはわかっていない。

DAZNは2017年、チャンピオンズリーグに加え、同じUEFAが主催するヨーロッパリーグ、UEFAスーパーカップの2018年以降3シーズンの独占放映権を獲得している。


https://news.livedoor.com/topics/detail/18642984/

【速報】DAZNがサッカーUEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグのアジア放映権を放棄か? 

cl-595x334




1: 2020/07/28(火) 16:07:04.89 0
独占じゃなかった?
日本では見れなくなる?

DAZN、アジアでのCL放映権を契約解除か すでに日本でも映像非公開に?
https://blogos.com/article/474273/

https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=DAZN+cl+el

マンチェスター・シティ、CL参戦可能に! UEFAによる2年間の出場禁止処分をCASが覆す 

20200713-00010023-goal-000-2-view

マンC UEFA主催大会出場不可ならグアルディオラ監督退団、バルサ復帰も 英紙報道 

20200629-00000177-spnannex-000-3-view

今季の欧州CL&ELが中止の可能性も UEFA会長が言及「9月か10月にはプレーできない」 

20200406-04060060-sph-000-3-view




1: 2020/04/06(月) 11:49:28.39
欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンダー・チェフェリン会長は、今季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)と欧州リーグ(EL)が中止となる可能性があることを明かした。
5日に英国メディア「BBC」が報じた。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で欧州各国のリーグは一部を除いて中断しており、ベルギーでは今季のリーグ戦を終了。
3月から中断していたCLとELも無期限延期されることが決まっている。

チェフェリン会長はドイツのテレビ局「ZDF」に「9月か10月までプレーできない」と今後の見通しを語り、
「当局が我々にプレーすることを許可しない場合、私たちは試合を開催することはできない」と今季のCLとELを中止する可能性に言及した。

無観客試合についても言及した。
「無観客で試合を開催し、テレビで視聴できるようにすることは、全くプレーしないよりも人々にポジティブエネルギーを届けることができる」とし、「(無観客で試合を)開催できるのは7月か8月だろう」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-04060060-sph-socc
4/6(月) 11:33配信

<サッカー打ち切りか…>UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長、伊紙に衝撃発言!「シーズンは失われる」 

cl-595x334




1: 2020/03/30(月) 09:13:21.23
新型コロナウイルスの感染拡大で中断しているサッカーの欧州各国リーグが、シーズン終了を待たずに打ち切りになる恐れが出てきた。欧州連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長(52)が、今季日程を消化できない可能性があるとイタリア紙「レプブリカ」に語った。28日(日本時間29日)、ロイター通信が伝えた。

 各国で猛威を振るう新型コロナウイルス。UEFAのチェフェリン会長が衝撃的な発言をした。

 「おそらくシーズンは失われる…」

 各国リーグの打ち切りを示唆したのだ。欧州では3月に入り、最高峰のチャンピオンズリーグ(CL)をはじめとして軒並み中断。再開時期は5月中旬、6月、6月末の3案が示されているが、実現しなければシーズン終了もやむを得ないと判断。無観客試合については「他に選択肢がなければ、シーズンを終わらせることを優先すべきだ」と、実施の可能性を否定しなかった。

 イングランド・プレミアリーグで日本代表MF南野拓実(25)が所属するリバプールは首位を独走。勝ち点82で2位のマンチェスター・シティーに25差を付け、リーグ制覇をほぼ手中(あと2勝)にしている。ただ、打ち切りとなればこのまま順位が確定するのか、リーグ戦が不成立になるのか、現状では決まっていないという。

 フランスリーグもパリ・サンジェルマンが2位に勝ち点12差と突き放す。スペインリーグは首位バルセロナと2位レアル・マドリードが同2差と激しい争いを演じている。上位だけでなく、各リーグの残留争いも過酷だ。現時点で順位が確定すると、不満が噴出することは避けられない。

 欧州CLは3月11日に準々決勝進出4チームが決定。しかし、残る4チームを決める17、18日の決勝トーナメント1回戦から中断した。欧州リーグも同2回戦の途中で中断。A代表が争う欧州選手権も1年延期が決まっている。

 「各リーグとクラブにとって最善策を見つけたい」。チェフェリン会長は具体的な答えを示すことができなかった。

3/30(月) 7:00配信 サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00000005-sanspo-socc

WHO幹部「イタリア&スペインの大規模コロナ感染は2月19日のUEFAチャンピオンズリーグが重大な役割」 

20200326-43479223-gekisaka-000-1-view




1: 2020/03/27(金) 00:13:30.64
国際保健機関(WHO)のイタリア代表を務めるウォルター・リッカルディ氏がイタリア『Rai News 24』のインタビューに応じ、
UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の試合が新型コロナウイルスの感染拡大を促進していたことを認めたようだ。

2月19日、ミラノで決勝トーナメント1回戦のアタランタ対バレンシア戦が行われていた。

スペイン紙『マルカ』などによると、サン・シーロで行われた一戦には
アタランタのホームタウンであるベルガモから人口の3分の1にあたる約4万人が詰めかけていた。

その後、ベルガモやミラノが位置するロンバルディア州で大規模な感染が発生。
またスペインではバレンシア一大流行地となり、35%にあたる選手の感染が確認されていた。

ベルガモのジョルジオ・ゴーリ市長は25日、欧州CLを指して「このパーティーは生物爆弾だった」と主張。

「あの時点では何が起こっているのか知らなかった。イタリアで最初の感染が確認されたのは23日だった。
ただすでにウイルスが広がっていたのであれば、サン・シーロを訪れた4万人が感染したことになる」と推論を語っていた。

こうした見解に対し、WHOもお墨付きを与えた。

インタビューに応えたリッカルディ氏は「2月19日の試合が重大な役割を果たしたと考えている。ベルガモの人口の3分の1がスタジアムに集まり、試合を開催した。
最も影響を受けた地域となったのは偶然ではないし、イタリアからスペインに帰ったバレンシアの人々が感染源になったかもしれない」と述べた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200326-43479223-gekisaka-socc

【サッカー】UEFA-CL決勝T1回戦第1戦 アタランタ×バレンシア、トッテナム×ライプツィヒ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582149368/

【サッカー】バレンシアファン4人がコロナ感染か? アタランタ戦観戦のためにイタリア訪れる【欧州CL】
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582692823/

【サッカー】バレンシア、クラブ関係者の35%が「陽性」と発表
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1584409831/

UEFA、CLとELの決勝戦延期を正式決定…6月中のシーズン完了が目標か 

20200324-01049707-soccerk-000-2-view




1: 2020/03/24(火) 10:16:36.69
 欧州サッカー連盟(UEFA)は23日、5月下旬に予定されていた各クラブ大会の決勝戦について、新型コロナウイルスの流行状況を受けて開催を延期すると発表した。連盟公式サイトで伝えている。

 今回延期されるのは、5月24日に予定されていたウィメンズ・チャンピオンズリーグ決勝戦、5月27日に予定されていたヨーロッパリーグ(EL)決勝戦、5月30日に予定されていたチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦だ。いずれも代替日は現在未定で、UEFAは作業委員会を結成して日程の検討を行い、実現可能な選択肢を分析している。

 UEFAは先日行った会議の結果、延期している欧州各国リーグやCLとELについて、6月30日までにシーズン完了を目指す方針を発表していた。イギリスメディア『BBC』によると、El決勝は6月24日に、CL決勝は6月27日に開催される可能性がまだ残されているという。両大会のベスト16の複数試合が未消化のなか、日程を間に合わせるために、準々決勝や準決勝を一発勝負で決めるミニ・トーナメント方式も検討されているようだ。

 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない現状に鑑みれば、6月中に欧州のシーズンが完了する可能性は低いと言わざるをえない。プレミアリーグ(イングランド)やリーガ・エスパニョーラ(スペイン)などはリーグ戦の再開時期を延期にしており、シーズン終了が7月中旬になることが確実視されている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-01049707-soccerk-socc

<UEFA>延期のチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)、「ファイナルフォー方式」の導入を検討! 

cl-595x334




1: 2020/03/15(日) 22:56:38.65
スペイン『アス』は15日、欧州サッカー連盟(UEFA)が「ファイナルフォー方式」の導入を検討していると報じた。

中国での流行を発端に世界的な感染拡大が続く新型コロナウイルス。各国が対策を講じ続けているが、一向に終息が見通せず、フットボール界も延期が相次ぎ、
UEFAも13日、今週ミッドウィークに予定したチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグの開催中止を決定した。

そのUEFAはCLとELの今季残るスケジュールを消化する策として、それぞれ準々決勝まで従来のホーム&アウェイ方式を継続しつつ、準決勝以降の運営方法変更を思案。
各大会の決勝開催地にそれぞれの準決勝進出チームを集め、開催期間4日の一発勝負制により、王者を決する案の運用を検討している模様だ。

そうした新方式の本格採用は17日に予定している加盟55カ国の代表者によるビデオカンファレンスにて、投票で決められる見込み。
この案が決議された場合、準決勝以降はそれぞれの決勝開催地として前もって決まっているインスタンブール(CL/トルコ)、グダニスク(EL/ポーランド)で開催されるとみられる。

なお、両大会ともにラウンド16の全日程を消化途中で、CLは計4試合の2ndレグが未消化。ELも2試合の1stレグと全8試合の2ndレグが残っている状況であり、
それを鑑みると、準々決勝の戦いから中立地、あるいはどちらかにホームアドバンテージを与えての1試合制になる可能性もあるという。

3/15(日) 21:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200315-00371767-usoccer-socc

<UEFA>延期のチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)、「ファイナルフォー方式」の導入を検討! 

20200315-00371767-usoccer-000-3-view




1: 2020/03/15(日) 22:56:38.65
スペイン『アス』は15日、欧州サッカー連盟(UEFA)が「ファイナルフォー方式」の導入を検討していると報じた。

中国での流行を発端に世界的な感染拡大が続く新型コロナウイルス。各国が対策を講じ続けているが、一向に終息が見通せず、フットボール界も延期が相次ぎ、
UEFAも13日、今週ミッドウィークに予定したチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグの開催中止を決定した。

そのUEFAはCLとELの今季残るスケジュールを消化する策として、それぞれ準々決勝まで従来のホーム&アウェイ方式を継続しつつ、準決勝以降の運営方法変更を思案。
各大会の決勝開催地にそれぞれの準決勝進出チームを集め、開催期間4日の一発勝負制により、王者を決する案の運用を検討している模様だ。

そうした新方式の本格採用は17日に予定している加盟55カ国の代表者によるビデオカンファレンスにて、投票で決められる見込み。
この案が決議された場合、準決勝以降はそれぞれの決勝開催地として前もって決まっているインスタンブール(CL/トルコ)、グダニスク(EL/ポーランド)で開催されるとみられる。

なお、両大会ともにラウンド16の全日程を消化途中で、CLは計4試合の2ndレグが未消化。ELも2試合の1stレグと全8試合の2ndレグが残っている状況であり、
それを鑑みると、準々決勝の戦いから中立地、あるいはどちらかにホームアドバンテージを与えての1試合制になる可能性もあるという。

3/15(日) 21:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200315-00371767-usoccer-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索