Samurai Goal

UAE


スポンサード リンク





「責任は私にある」ザック、日本と対戦ならず…4強敗退で退任示唆 

20190130-23291269-gekisaka-000-12-view

カタールと断交のUAE、ファンが国歌斉唱でブーイング…靴やペットボトルを投げ込む蛮行も 

20190130-00010001-goal-000-6-view

【速報】アジア杯 準決勝 カタール勝利 2/1(金)23時、日本と決勝で対戦! 

20190129-00010029-goal-000-4-view

UAE王子が準決勝カタール戦のチケットを買い占め…“忠誠心のある”UAEファンにのみ無料配布 

20190128-00010010-goal-000-2-view

「僕のせいで…」痛恨ミスで決勝点献上の豪州DFデゲネク、失望隠せず 

20190126-00010008-goal-000-1-view

アジア杯ベスト4が決定!準決勝はイランvs日本、カタールvsUAEに…韓国と豪州は8強で姿消す 

20190126-00010003-goal-000-3-view

ザックUAE、豪州撃破で2大会連続4強!死闘の末に前回王者を1―0完封 

20190125-00000194-spnannex-000-6-view

UAEでのプレーを最も知る男、塩谷司の4年越しアジア杯への思いと役割 

20190124-00010003-wordleafs-000-1-view

<海外メディア>塩谷司の超絶ミドルを絶賛!「勝利に導いた」「本大会のベストゴール」 地元紙は「英雄」 

20190118-00052960-sdigestw-000-14-view





1: 2019/01/18(金) 06:32:08.48
アラブ首長国連邦(UAE)で開催されているアジアカップ2019。“持っている男”の活躍が、日本、UAEのみならず、並み居る海外メディアを驚かせた。

 地元UAEのアル・アインに所属する塩谷司は、アジアカップグループリーグ第3戦、ウズベキスタン戦に先発出場。青山敏弘とボランチを務めた。塩谷にとっては前回のアジアカップに代表メンバーに選ばれていたが、出場は叶わず、ウズベキスタン戦が正真正銘、アジアカップのデビュー戦となった。

 中島翔哉、守田英正が負傷のため参加を断念し、急遽白羽の矢が立ったのがUAEに本拠地を置く塩谷だった。所属クラブでは主に左SBを務めているが、ボランチなど守備的な位置はどこでもこなすことができる。また、森保一監督とはサンフレッチェ広島時代から信頼し合う仲だ。このウズベキスタン戦では、青山や佐々木翔らという”広島の仲間”と共にプレーすることになった。

 試合は前半終盤まで日本にとってもどかしい展開が続き、40分にはウズベキスタンのFWエルドル・ショムロドフに先制を許す。しかし直後に43分に武藤嘉紀が室屋成のクロスを頭で合わせ、同点に追いついた。

 そして58分、その時は来た。右サイドの室屋のクロスがゴール前の混戦でこぼれる。その先にいた塩谷司は、落ち着いて左足でミドルシュートを叩き込んだ。

 このゴールを、スポーツ専門チャンネル「FOX SPORTS」アジア版の公式ライブSNSアカウントで、「ツカサ・シオタニから言葉を失う一撃!」と絶賛した。

 ほかにも、ドイツのサッカー専門誌『kicker』は「この試合を決めたのは、あのツカサ・シオタニの見事なミドル。5度目の優勝を目指す日本を勝利に導いた」と、オーストラリア紙『Brisbane Times』は「シオタニによる衝撃の一撃! 日本の3連勝に貢献し、ウズベキスタンを沈めたゴールだ」、ベトナム紙『NGUOI DUA TIN』は「なんてことだ!MFで出場したシオタニのゴラッソ! これは全グループリーグのベストゴールに間違いない!」と、アジア、そしてヨーロッパメディアからも称賛されているのだ。

そして塩谷を「日本代表の英雄だ」と激賞しているのが、UAE地元紙『The National』だ。

「クラブ・ワールドカップで活躍した我らがアル・アインの塩谷司は、自らの価値をアジアカップで証明してみせた。彼はCWCでレアル・マドリーと対戦した際にもゴールを決め、彼のゴールは敗北を味わった我々にとっての慰めになった。

 実績のある彼が日本のためにアジアカップに出場し、ウズベキスタンと対戦したデビュー戦で素晴らしいゴールを決めたことは、我々にとって全く驚くようなことではなかったのだ。

 その瞬間、ゴールから約25ヤードのところに居た彼は、猛烈な左足からの低い弾道のシュートをお見舞いし、GKイグナチー・ネステロフは茫然と見守るしかなかった。日本代表にとって塩谷の介入は試合を決める大きな要素だった。チームに勝利を与え、グループFの勝者として5回目の優勝へと踏み出した。彼の今までのキャリア、舞台裏の努力はひとつ報われたといっていいだろう」

 “持っている男”の活躍は優勝を目指す森保ジャパンにとって心強いに違いない。日本代表は、この勢いのままに決勝トーナメント1回戦、サウジアラビア戦に臨むことになる。

1/18(金) 5:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00052960-sdigestw-socc&p=1

写真
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/52960_ext_04_0_1547745001.webp?v=1547757322

ザック率いる開催国UAEが首位通過、チャナティップ擁するタイも2位で決勝Tへ 

Zaccheroni




1: 2019/01/15(火) 04:47:16.73
1/15(火) 4:42配信
ザック率いる開催国UAEが首位通過、チャナティップ擁するタイも2位で決勝Tへ

 アジアカップは14日、グループAの最終節を行い、アルベルト・ザッケローニ監督率いる開催国のUAE代表が首位通過を決めた。

 タイ代表と対戦したUAEは前半7分に先制したが、タイも前半41分、MFチャナティップが最終ラインの背後を狙った浮き球のパスを入れると、ゴール前のこぼれ球を最後はMFティティパン・プアンチャンが押し込み、同点に追いついた。

 試合はそのまま1-1の引き分けに終わり、UAEは1勝2分の勝ち点5、タイは1勝1分1敗の勝ち点4とした。同時刻キックオフのもう1試合では2位につけていたインド代表が最下位のバーレーン代表に0-1で敗戦。バーレーンが勝ち点4に伸ばし、勝ち点3のインドを逆転した。

 この結果、勝ち点5のUAEが首位通過。タイとバーレーンが勝ち点4で並んだが、直接対決で勝っているタイが2位通過を決めた。3位のバーレーンも勝ち点4のため、全6グループの3位チームの中で成績上位4チームに入ることが確定。決勝トーナメント進出を決めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-18434737-gekisaka-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索