Samurai Goal

U23日本代表


スポンサード リンク





U23サッカー日本代表、格下シリアに惨敗で森保監督懐妊要求の声強まる 

20200110-00357085-footballc-000-5-view[1]




1: 風吹けば名無し 2020/01/13(月) 09:21:10.49 ID:p2pUF4+N0
日本サッカー終わりやね

痛恨パスミスの古賀「岡崎に出したつもりが明らかにミスになった。責任を感じている」 U23日本代表 

20200110-00357085-footballc-000-5-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2020/01/10(金) 01:11:19.20 ID:+1RcWzUO9
1/10(金) 1:03配信
スポーツ報知

 ◆U―23アジア選手権 1次リーグB組第1戦 日本 1―2 サウジアラビア(9日・タイ、パトゥムタニ県・タマサートスタジアム)

 2大会ぶりの優勝を目指す日本代表は、初戦のサウジアラビア戦に1―2で敗戦。同大会では4度目の出場で初めて黒星発進となった。

 1―1で迎えた後半40分、左CBの古賀が中央のDF岡崎へパスミス。ボールを拾った相手選手を岡崎がペナルティーエリア内で倒したと判定され、PKで決勝点を許した。痛恨のワンプレーに、古賀は「マコ(岡崎)に出したつもりが明らかにミスになった。僕の1本のミスで勝ち点1が0になった。責任を感じている」と肩を落とした。

報知新聞社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-01100066-sph-socc

採点 U-23サウジアラビア戦、守備陣は軒並み低評価。一方で最高評価は? 軽率なミスで敗戦 

20200110-00357085-footballc-000-5-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2020/01/10(金) 00:33:10.62 ID:+1RcWzUO9
フットボールチャンネル1/10(金) 0:10配信

サッカーU-23日本代表は9日、AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)のグループリーグ第1節でU-23サウジアラビア代表と対戦して1-2で敗戦。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。


不用意なミスで初戦黒星

U-23サウジアラビア戦、守備陣は軒並み低評価。一方で最高評価は? 軽率なミスで敗戦【U-23日本代表どこよりも早い採点/AFC U-23選手権】

【U-23日本代表 1-2 U-23サウジアラビア代表 U-23アジア選手権B組第1節】

大迫敬介 6 2失点はいずれも仕方なし。ビッグセーブも飛び出ていただけに、悔やまれる結果に
渡辺剛 5.5 主将として最終ラインを支えるも2失点。耐えきれなかった
岡崎慎 5.5 後半ATにPK献上で失点を招く。守備ではまずまずの対応であっただけに、2失点はもったいない
古賀太陽 5 後半はとくに安定感ある守備があっただけに、不用意なバックパスは痛すぎた
橋岡大樹 6 タイミングよく前線に飛び出してチャンスに絡んだ。守備への切り替えも早かった
杉岡大暉 6 積極的な仕掛けから、持ち味である鋭いクロスで攻撃に厚みをもたらした
田中駿汰 6 味方の動き出しを見逃さず、相手の裏へ効果的なパスを送る。サポートも早かった
田中碧 6 危険なエリアに鋭い縦パスを入れるなど特徴を発揮。守備では相手の攻撃の芽を摘んだ
食野亮太郎 6.5 切れ味鋭いドリブルで相手DFを剥がすなど躍動。ゴールもマークするなど、役目を果たした
旗手怜央 6 ポジショニングの良さが光り、良い形で縦パスを引き出せていた。あとはシュート精度
小川航基 5.5 ボールに触れる機会は限られ、仕事が果たせず。周りとの呼吸がなかなか合わなかった

上田綺世 5.5 出場時間の問題もあるが、なかなかボールには触れなかった
相馬勇紀 - 出場時間短く採点不可
田川亨介 - 出場時間短く採点不可

森保一 5 80分までに選手交代一人は少ない。流れを変えるならば早い時間に新たな選手を入れるべきであった

フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200110-00357085-footballc-socc

サッカーU23日本代表 20年初戦黒星スタート、サウジ戦視聴率8・7% 

20200110-00000124-spnannex-000-2-view[1]




1: ひかり ★ 2020/01/10(金) 09:23:27.57 ID:/NMdxEra9
テレビ朝日が9日に生中継したサッカーの東京五輪予選を兼ねるU―23アジア選手権1次リーグB組初戦「日本―サウジアラビア戦」(後10・05)の
平均視聴率が8・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、分かった。

 試合は、後半3分に先制を許しながら、同11分に今大会唯一の欧州組で、背番号10のMF食野亮太郎(21)が同点弾。国際大会初出場、
森保ジャパン3試合目の初ゴールで振り出しに戻したが、後半40分すぎに与えたPKを決められ、東京五輪イヤー初戦は苦い結果となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00000124-spnannex-ent



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索