Samurai Goal

U23アジア選手権


スポンサード リンク





西野朗監督の東京オリンピックならず タイがサウジに敗れる 

20200118-01180898-nksports-000-12-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2020/01/18(土) 21:21:44.16 ID:BG9nAuJG9
日刊スポーツ
1/18(土) 21:10配信

西野朗監督の東京五輪ならず タイがサウジに敗れる
タイ代表西野朗監督

<U23アジア選手権:サウジアラビア0-1タイ>◇準々決勝◇15日◇タイ

西野朗監督率いるU23タイがU23サウジアラビアと対戦し、後半のPKによる失点で0-1で敗退。東京五輪出場権を獲得する上位3チームに入れなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-01180898-nksports-socc

U-23韓国代表、勝利 

20200110-00357091-footballc-000-5-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2020/01/10(金) 00:31:15.71 ID:+1RcWzUO9
フットボールチャンネル
1/10(金) 0:11配信
U-23韓国代表、東京五輪に向けて劇的白星発進。後半AT弾で中国下す【AFC U-23選手権】

【韓国 1-0 中国 U-23アジア選手権】

 AFC U-23選手権グループリーグC組第1節のU-23韓国代表対U-23中国代表戦が現地時間9日に行われ、0-0の引き分けに終わった。


 8大会連続の五輪出場を目指す韓国と、北京五輪以来3大会ぶりの出場を目指す中国が初戦で激突。前回U-23選手権王者のウズベキスタンとイランも同居する厳しいグループを突破するため、どちらも勝ち点3を狙っていきたいところだった。

 韓国は前半14分、FWオ・セフンの強烈なヘディングがわずかにポスト右へ。22分にもMFキム・デウォンの強烈なシュートが中国GKに阻まれるなど決定機の数で上回ったがゴールを奪うには至らず、両チーム無得点で前半を折り返した。

 後半も韓国が優位に試合を進める展開が続いたが、シュートの多くは枠を捉えられず。そのままスコアレスドローでの終了が濃厚かと思われたが、後半アディショナルタイムに入った93分にMFイ・ドンジュンが劇的な決勝ゴール。1-0で韓国が勝ち点3を手に入れた。

 同じグループのもう1試合ではイランとウズベキスタンが対戦し、1-1のドローに終わっている。次節はイランと韓国、中国とウズベキスタンが対戦する。

【得点者】
90+3分 1-0 イ・ドンジュン(韓国)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200110-00357091-footballc-socc

日本2度目Vなるか、森保ジャパンはカタール・サウジアラビア・シリアと同じB組 U23アジア選手権日程  

images000




1: 豆次郎 ★ 2019/12/20(金) 10:43:15.29 ID:9mL6BYFF9
[2019年12月20日10時26分]
<U-23アジア選手権>◇1次リーグ各組◇20年1月8~26日◇タイ

森保一監督が率いる日本はB組で、カタール、サウジアラビア、シリアと同じ組に入った。

同大会は東京五輪の予選も兼ねており、上位3チームが出場権を得る。1次リーグは16チームが4組に分かれ、各組上位2チームが準々決勝に進出。開催国の日本が4強入りすれば、3位決定戦は行われない。

日本は16年にカタールで行われた第2回大会で優勝している。

◆1次リーグ

★は1次リーグ突破

▼9日(日本時間同日午後10時15分)

日 本 vs サウジアラビア


▼12日(日本時間同日午後10時15分)

日 本 vs シリア


▼15日(日本時間同日午後10時15分)

日 本 vs カタール


<B組>

順位 チーム 試 勝 分 敗 得 失 差 勝点
( ) カタール 0 0 0 0 0 0 0 0
( ) 日 本 0 0 0 0 0 0 0 0
( ) サウジアラビア 0 0 0 0 0 0 0 0
( ) シリア 0 0 0 0 0 0 0 0


1月 9日 カタール-シリア

1月 9日 日本-サウジアラビア

1月12日 サウジアラビア-カタール

1月12日 シリア-日本

1月15日 カタール-日本

1月15日 サウジアラビア-シリア

◆準々決勝

1月18日 B組1位-A組2位

1月18日 A組1位-B組2位

1月19日 C組1位-D組2位

1月19日 D組1位-C組2位

◆準決勝

1月22日 -

1月22日 -

◆3位決定戦

1月25日 -

◆決勝

1月26日 -

https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/201909270000098_m.html?mode=all

U23アジア選手権フルメンバー招集へ 久保ら海外組含め“骨格”定める  

20191016-00000017-dal-000-4-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/16(水) 11:34:05.29 ID:VDrkuMJl9
 日本サッカー協会が、来年1月にタイで行われるサッカーのU-23アジア選手権でMF久保建英(18)=マジョルカ=ら海外組を含めたベストメンバーでの編成に動いていることが15日、分かった。同選手権ではクラブ側には選手派遣の義務が生じないため、実現へのハードルは高いが、東京五輪で悲願の金メダル獲得に向けて最強メンバーの編成を目指す。

 東京五輪イヤーの幕開けとなる同選手権は、来年1月8日開幕で五輪本大会のアジア予選を兼ねる大会。開催国として出場権を得ている日本を除き、アジア代表として3枚の本大会切符を各国が争う真剣勝負の場だ。開催期間中にはA代表の活動もなく、兼任する森保監督が指揮を執ることができる貴重な舞台となる。

 関係者によると、これまでA代表、U-22代表、U-20代表とそれぞれのカテゴリーで代表に参加していた五輪世代のフルメンバー招集を目指すプランを立てているという。森保監督が兼任監督に就任以降、A代表に引き上げたMF久保建、MF堂安、DF冨安らに加え、MF安部(バルセロナ)ら海外組も交えたチームを編成し、東京五輪代表チームの“骨格”を定めることが目的となる。

 ただ、実現に向けてクリアすべきハードルは高い。決勝までいけば最長で1月下旬までとなる同選手権は派遣義務が発生せず、欧州各国もシーズン中。参加にはクラブ側の協力が不可欠となっている。困難なタスクだが、クリアすれば金メダルに向けてメリットは大きい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000017-dal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索