Samurai Goal

U-23アジア選手権


スポンサード リンク





VARが張り切り過ぎでは? U-23アジア選手権で感じた違和感U!森保ジャパンはVARの犠牲者か? 

91db07e43bc60819f275293bde680d5d20200128180725781[1]




1: Egg ★ 2020/01/29(水) 12:59:44.65 ID:kJc1Z3fi9
タイの首都バンコクで開催されたU-23(23歳以下)アジア選手権。1月26日の決勝でサウジアラビアを延長戦の末、FKから決勝点を奪った韓国が1ー0で逃げ切って大会初優勝を果たした。

 決勝に進出した2カ国と3位決定戦でウズベキスタンを1-0で倒したオーストラリアが、今夏の東京五輪の出場権を獲得した(開催国の日本を加えた4カ国がアジア代表として出場する)。

 それにしても、決勝は意外な展開で試合が進んでいった。

 戦前は、グループリーグを3連勝で突破した韓国が優勢に進めると思っていた。もともとサウジは、伝統的に堅守からのカウンターを得意とするチームだ。韓国がボールを繋いで試合の流れを支配して攻め立て、サウジが個人技を全面に押し出しながらカウンターを繰り出すと予想した。

 ところが、ボールをポゼッションして攻勢に出たのはサウジだった。

 韓国には前線に190センチ超の長身FWがいる。このため、サウジのシェフリー監督は、受け身になって長身FWをペナルティーエリア内に簡単に侵入させたら危険と判断したのかも知れない。

 なるべく韓国ゴールに近いところでプレーしたい。指揮官がそう思ったのかどうか、真相は分からないが、巧みな個人技によるパスワークで韓国のプレスをかいくぐり、韓国ゴールを脅かした。

 お家芸のカウンターだけでなく、ボールをポゼッションしたサッカーもやろうと思えばできる――。チーム戦術を使い分けるしたたかさがサウジにはあり、それがグループリーグ初戦で対戦して敗れた日本との決定的な差と痛感させられた。

■準々決勝サウジ対タイでの“疑惑のジャッジ”

 同大会を語る上で、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)は無視できないだろう。

 グループリーグで頻発したVARだが、決勝トーナメントに入ってからは、減少傾向にあるように感じられた。

 ここで改めてVARの概念を簡単に説明しておこう(以下は日本サッカー協会のHPから)。

▼哲学は<最小限の干渉で最大の利益を得る>こと▼最終決定はあくまでも主審であり、VARではない。主審はTVシグナルをしてVARオンリーレビュー(VARの助言だけ)、もしくはフィールドの外に設置されたレフェリーレビューエリアまで行ってオンフィールドレビュー(OFR=映像を確認)をすることができる▼VARは最良の判定を見つけるのではなく、はっきりとした明白な間違いをなくすためのシステム▼VARはフィールドにいる副審、第4の審判員と同様に主審を援助する役割▼得点かどうか、PKかどうか、退場かどうか、人違いかどうか、もしくは主審が確認できなかった重大な事象にのみ、介入できる

つづく

日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/268273

<U-23アジア選手権>韓国とサウジ東京五輪出場決定!3位決定戦でウズベキと豪が大戦へ 

20200122-00000142-dal-000-4-view[1]




1: Egg ★ 2020/01/23(木) 00:18:54.28 ID:fuYL3Gan9
 「U-23アジア選手権・準決勝、韓国2-0オーストラリア」(22日、バンコク)

 韓国が快勝し、決勝進出。9大会連続の五輪出場を決めた。決勝では同じく五輪切符をつかんだサウジアラビアと戦う。

 韓国は前半から押し気味に試合を進めたが、0-0で後半へ。後半も主導権を譲らず、2点を奪い完勝した。

 今大会は東京五輪のアジア最終予選を兼ねており、3位以上のチームが本大会への出場権を得る。敗れたオーストラリアは3位決定戦でウズベキスタンと戦い、最後のチャンスに挑む

1/23(木) 0:09配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00000142-dal-socc

AFC・U-23選手権タイ2020の準決勝が22日に行われ、決勝戦、3位決定戦の対戦カードが決定した。


U-23年代のアジア王者を決定する今大会は東京五輪アジア最終予選も兼ねており、上位3チームが東京五輪本大会に出場できる。アジアの各国がしのぎを削る中で、U-23日本代表が初めてグループステージで敗退した一方、西野朗監督率いるタイ代表が史上初の決勝トーナメント進出を果たすなど、それぞれの歓喜と悲劇が入り混じった。

準決勝では、U-23サウジアラビア代表とU-23ウズベキスタン代表、U-23オーストラリア代表とU-23韓国代表がそれぞれ対戦。その結果、サウジアラビアと韓国が決勝進出、東京五輪出場を決めた。

敗れたウズベキスタンとオーストラリアは3位決定戦で激突。残り1枠の東京五輪出場を賭けた決戦に臨むこととなった。

決勝、3位決定戦の対戦カード、キックオフ時間は以下の通り。

■3位決定戦
2020年1月25日(土)
21:30 オーストラリア vs ウズベキスタン

■決勝戦
2020年1月26日(日)
21:30 韓国 vs サウジアラビア

1/23(木) 0:09配信

<U―23アジア選手権1次リーグB組「日本―カタール戦」(後9・54)>のー平均視聴率は8・6%! 

20200116-00000136-spnannex-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2020/01/16(木) 12:41:35.18 ID:9FKbYJAR9
テレビ朝日が15日に生中継したサッカーの東京五輪予選を兼ねるU―23アジア選手権1次リーグB組「日本―カタール戦」(後9・54)の平均視聴率は8・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日、分かった。

 12日のシリア戦で敗れ、1次リーグ敗退が決定した日本。カタール戦は、前半終了間際に不可解なVAR判定によってMF田中碧(21)が一発退場。後半28分にFW小川航基(22)が今大会初ゴールを記録して先制したが、同32分に日本のペナルティーエリア内でMF斉藤が相手選手を倒したとしてPKの判定。ここで再びVARチェックが入るが主審は映像を確認せず、このPKを決められ1―1の引き分けに終わった。

 なお、9日に同局で生中継された同大会の初戦「日本―サウジアラビア戦」(後10・05)の平均視聴率は8・7%、2戦目のシリア戦(後10・05)は8・8%だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00000136-spnannex-socc

森保監督、”自身の進退”に言及 「続けるかどうか私が判断することではない」 

20200116-00241241-soccermzw-000-1-view[1]




1: ひかり ★ 2020/01/16(木) 02:36:24.98 ID:yNY4fn2k9
 森保一監督は現地時間15日、タイで開催されているU-23アジア選手権グループリーグ第3戦のカタール戦(1-1)後に自身の進退について言及。「続けるかどうか私が判断することではない」と語った。

 今大会、第1戦のサウジアラビア戦と第2戦のシリア戦で2連敗。この日のカタール戦はFW小川航基(ジュビロ磐田)が先制点を奪うも、その直後にPKを献上して同点に追いつかれ、3試合を通して
未勝利に終わった。試合後の会見で自身の五輪に向けての気持ちと、兼任監督について問われた森保監督は、進退について言及している。

「今回の敗退に関して、この責任はこの先チームをさらに成長させること、五輪に向かっていくことで果たしたい。私のポストに関しては与えられることで、これから続けるかどうか私が
判断することではない」

 東京五輪に向けて自身が率いて責任を果たす思いを明らかにしながら、残り半年に向けて目を向けた。

Football ZONE web編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200116-00241241-soccermzw-socc

【速報】U-23日本代表 1-1の同点で試合終了! 

20200110-00357085-footballc-000-5-view[1]

【速報】U-23日本代表 スタメン発表! AFC U-23アジア選手権 カタール戦 

20200110-00357085-footballc-000-5-view[1]

「これが現実」…決定機逃したFW上田綺世「今の僕、今日の僕の最善があれだった」 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/13(月) 08:28:27.79 ID:HYTJ7D+Y9
[1.12 AFC U-23選手権GL第2節 U-23日本代表 1-2 U-23シリア代表]

千載一遇のチャンスだったのかもしれない。しかし、U-23日本代表FW上田綺世(鹿島)が放ったシュートが、ネットを揺らすことはなかった――。

この日はスターティングメンバ―に名を連ね、1トップの位置でスタート。相手最終ラインと駆け引きを行い、隙あらば抜け出す動きを見せたが、たとえ後方から配球があってもパスが合わずにチャンスへと結び付けられない。
「目が合うようになってきたし、積極的にボールを供給しようとしてくれている」。味方が自身の動きを生かそうとしてくれている。その思いに応えられなかったのは、自分の責任だと感じている。

「どんなボールでもシュートまで持っていくとか、マイボールにして、よりチームに良い流れを持っていくことができればもっと良かった」

また、この試合では両アウトサイドのMF橋岡大樹(浦和)とMF相馬勇紀の突破から、幾度となくクロスが供給されてきた。
特に1-1で迎えた後半38分には右サイドを突破した橋岡のクロスから、上田にこの日一番とも言える決定機が訪れる。
しかし、左足ダイレクトで合わせたシュートはゴール左へと外れ、ネットを揺らすには至らなかった。

「ディフェンスが触るか触らないかというところもあったけど、もうちょっと自分の中で準備を早くしたり、もっと信じて走っていれば頭で行ったりとか、いろんな選択肢はあった。
ただ、今の僕、今日の僕の最善があれだった。相手のスコアを上回らないといけないゲーム状況の中で、それができなかったのは僕の責任だと思う」

後半44分にカウンターから決勝点を献上したチームは、2連敗でグループリーグ敗退が決定。
「非常に不甲斐ない。金メダルを目標に掲げているチームなら、ここは勝てなければ厳しい」と悔しさを滲ませつつ、
「でも、これが現実。金メダルを取るには何が必要かを各々が考えてやっていく必要がある」と必死に前を向こうとしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-43477136-gekisaka-socc
1/13(月) 4:30配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/296000/295858/news_295858_1.jpg
no title

東京五輪を目前に危機的惨敗…U-23森保監督は選手に期待「勝負勘を培ってもらえれば」 

20200113-43477130-gekisaka-000-8-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/13(月) 03:18:49.82 ID:3xpA6NB99
[1.12 AFC U-23選手権GL第2節 U-23日本代表 1-2 U-23シリア代表]

東京五輪開幕まで約半年、U-23日本代表は大きな危機に瀕している。
五輪予選にあたるAFC U-23選手権で2連敗し、同大会で史上初のグループリーグ敗退が決定。
開催国枠での五輪参加権こそ保持しているものの、アジアの戦いで厳しい現実を突きつけられた。

試合後、フラッシュインタビューに応じた森保一監督は「選手たち、スタッフは非常にいい準備をしてくれた。先制点を許したものの、勝利できたかもしれない状況で2試合とも落とした。
勝負強さを詰めていかないといけない」と神妙な表情で語った。

そのうえで「攻撃の回数はあまり受けていないが、相手のカウンターをしっかり止められるところ、最後の時間帯で苦しくなったところでしっかりしのぐというのは試合の前から言っていた。
若い選手たちが勝負勘をこれから培っていってもらえれば」と選手への期待を絞り出した。

この結果で勝ち点4でトップグループを形成するサウジアラビア、シリアに対し、最下位の日本は勝ち点0。第3戦・カタール戦(15日)の結果にかかわらず、経験を積むことが求められる大会をわずか3試合で去ることが決まった。

指揮官は「われわれはこの3試合になったとしても全力を尽くして戦っていくし、われわれを応援してくれる方々に戦う姿勢を最後までチームとして見せていく。
選手たちにもこの悔しさを次の成長の糧にしてもらえるようもう一戦がんばっていきたい」と力なく語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-43477130-gekisaka-socc
1/13(月) 0:38配信

【速報】U-23日本代表 1-2で敗れグループステージ敗退! U-23アジア選手権 U-23シリア戦 

20200110-00357085-footballc-000-5-view[1]

【速報】U-23日本代表 スタメン発表! U-23アジア選手権 U-23シリア 

20200110-00357085-footballc-000-5-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索