Samurai Goal

U-20


スポンサード リンク





U‐18代表コーチが気づいた 「日本と欧州の育成年代の選手の違い」 

20190708-00864630-sportiva-000-1-view[1]

世界のスカウトが狙うUー20日本人選手たち 

20190226-00000041-tospoweb-000-1-view

JFA田嶋会長「フェアプレー賞」に歓喜!ヤングなでしこ優勝で喜びの会見!! 

20180826-00311073-nksports-000-6-view
U-20女子ワールドカップ(W杯)で優勝した女子U-20(20歳以下)日本代表のヤングなでしこの選手21人が26日、帰国し、都内で優勝報告会見を開いた。

日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長(60)は「ここに並ぶ世界大会のカップとともに、さまざまな個人賞をいただいたのはうれしいですが、何よりうれしかったのはフェアプレー賞を取ってくれたこと」と笑みを浮かべた。

〈続く〉


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00311073-nksports-socc

川島永嗣が女子日本代表“快進撃”に反応!!『おじさん感激です』 

1 2018/08/25(土) 13:46:46.64 _USER9
ヤングなでしこの愛称を持つU-20日本女子代表が、現地時間24日にフランスで開催されたU-20女子ワールドカップ(W杯)決勝でスペインを3-1と撃破し、初優勝を飾った。A代表とU-17世代に続く史上初のW杯全カテゴリー制覇の快挙に、日本代表MF香川真司(ドルトムント)や同DF吉田麻也(サウサンプトン)が祝福のメッセージを送るなか、同GK川島永嗣も「おじさん感激です」とユニークさを交えながら、“頼もしい日本サッカー界の後輩”たちを祝福している。

 グループリーグ第2戦で0-1と敗れたスペインとのリターンマッチとなった決勝で、日本は序盤こそ相手にボールを保持されたが徐々にペースをつかむ。前半38分にMF宮澤ひなた(日テレ・ベレーザ)が約20メートルのミドルシュートを叩き込んで日本が先制した。

 後半に入っても日本の勢いは衰えず、同12分にFW植木理子(ベレーザ)のノールックパスを受けたFW宝田沙織(セレッソ大阪堺レディース)がドリブルで切れ込み、相手GKとの1対1を制して追加点を奪取。さらに同20分、エリア内に侵入したMF長野風花(仁川現代製鉄)の右足シュートがゴールに吸い込まれてリードを広げた。その後に1点を返されたものの、日本が3-1で逃げ切り優勝を飾った。

 U-20世代初のW杯制覇を成し遂げたことで、2011年のA代表、14年のU-17と合わせてFIFAの女子W杯全カテゴリーで世界一に輝く史上初の偉業を達成。試合後にはロシアW杯で日本代表の10番を背負った香川が、公式ツイッターで「なでしこの皆さん優勝おめでとうございます。最高な試合やったね~」と絶賛し、吉田も「Well done girls おめでとうヤングなでしこ!」と健闘を称えたが、同様に川島も公式インスタグラムで祝福のメッセージを送っている。

女子世界初の3世代制覇を称賛「日本の誇り」

「ヤングなでしこのみんな優勝おめでと~ 応援メッセージにわざわざみんなで返信くれておじさん感激です 日本の誇り」(原文ママ)

 添えられた一枚の写真には、宿舎の一室でプロジェクターが設置された前に大会メンバー21名が3列に並び手を振っている。35歳の川島は大会中にヤングなでしこへ応援メッセージを送っていたようで、「おじさん感激です」と“自虐”要素も交えながら祝福している。

 女子サッカーは2019年にW杯、20年には東京五輪が開催される。今回の優勝メンバーから何人が、なでしこジャパン(日本女子代表)に名を連ねることができるのか注目だ。

8/25(土) 13:20配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180825-00130770-soccermzw-socc

写真
no title

【祝】U-20日本代表女子W杯初優勝!!スペイン相手に圧巻の勝利! 

1 2018/08/25(土) 04:23:16.91 _USER9
8/25(土) 4:19配信
日本、U-20女子W杯初優勝! スペインを3-1撃破、史上初W杯全カテゴリー制覇の快挙

宮澤、宝田、長野がゴールでスペインにリベンジ A代表とU-17世代に続くW杯制覇

 ヤングなでしこの愛称を持つU-20女子日本代表が、現地時間24日にフランスで開催されたU-20女子ワールドカップ(W杯)の決勝でスペインを3-1と撃破し、初の優勝を飾った。さらに、これまでに優勝しているA代表とU-17世代に続く、女子サッカー界では史上初のW杯全カテゴリー制覇の快挙を成し遂げた。


 グループリーグリーグ第2戦で敗れたスペインとのリターンマッチになった日本は、準決勝からメンバーを一人変更。当初は左サイドバックに高さのある左利きのDF高平美憂(ベガルタ仙台レディース)の出場が発表されていたが、試合開始直前に右利きで幅広いプレーが持ち味のDF北村菜々美(セレッソ大阪堺レディース)の出場に変更された。他は同じ10人が並んだ。

 試合開始当初はスペインにボール保持を許したが、徐々に日本もペースをつかんだ。前半13分にはここまで5得点のFW植木理子(日テレ・ベレーザ)が鋭いターンから相手のプレッシャーを受けながらも前進してシュートを放ったが、わずかに枠を外れた。逆に同15分には、相手CKから6得点でランキングトップの相手MFパトリシア・ギジャーロにヘディングで叩かれたが、枠外に外れて難を逃れた。

 スペインが攻勢に出る時間が長くなるなか、同22分にはMFマイテ・オロスのミドルシュートが際どいコースに飛んだが、GKスタンボー華(INAC神戸レオネッサ)のファインセーブが飛び出し、先制を許すことなく試合を進めた。

 ボールポゼッションを完全に取られて自陣で凌ぐ展開になった日本だが、先制点は耐えた先に待っていた。同38分、久しぶりとなった安定したポゼッションからボールがMF宮澤ひなた(ベレーザ)にわたると、寄せが甘くなった瞬間に約20メートルのミドルシュート。これがゴールに吸い込まれて貴重なゴールとなった。今大会で右サイドから日本の攻撃を組み立てていたテクニシャンは、この決勝戦で嬉しい大会初ゴールを奪い、日本の1点リードのまま前半を折り返した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180825-00130660-soccermzw-socc
no title

「最も尊敬される国」ヤングなでしこに称賛の声!!敗れた相手を気遣うシーンが話題に! 

1 2018/08/18(土) 15:30:37.22 _USER9
女子サッカーのU-20ワールドカップ(W杯)フランス大会は17日、準々決勝を行い、日本代表はドイツ代表に3-1で勝利した。2大会連続での4強入りを決めたヤングなでしこ。試合終了直後に敗戦のショックのあまり、起き上がれないドイツ選手を労う、FW児野楓香(日体大)の姿が“美しい”と話題を集めている。W杯公式インスタグラムがその瞬間の画像を公開している。

 ドイツを相手に3度ゴールを揺らし、頂点まであと2勝に迫ったヤングなでしこ。その強さと同時に称賛を集めているのが、試合直後のあるシーンだった。

 敗戦のショックのあまり、ピッチに倒れこんだドイツのソフィア・クラインヘルネに歩み寄ったのはFW児野だった。傍らに座り込むと、何事か声をかけている。労いの言葉だろうか。うなだれていた、クラインヘルネも上半身を起こし、笑みを浮かべている。そして右手でがっちりと握手。試合が終われば、サッカーを愛する者同士。これぞ美しきスポーツマンシップのあるべき姿だった。

 若きなでしこが相手を気遣うシーンに、W杯公式もフォーカス。「これぞ我らの愛するフットボール!」とつづり、握手を交わす瞬間の1枚を公開すると、世界のファンも拍手を送っている。

児野の振る舞いにファンも感動「日本と日本の人々が大好き」

「地球最高のスポーツ」
「美しい」
「愛しかない」
「おめでとう日本!」
「最も尊敬される国日本」

 ドイツ人からの「日本は本当に素晴らしい国!日本と日本の人々が大好き」という感動的なコメントも書き込まれていた。

 先月のW杯ロシア大会でも、サポーターを含め称賛を集めた日本代表の振る舞い。その精神はうら若き乙女たちにもしっかりと引き継がれている。

8/18(土) 12:23配信 The-answer
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00033707-theanswer-socc

no title

【W杯】ヤングなでしこ、強豪ドイツに圧勝!メダル圏内に突入!! 

1 2018/08/18(土) 04:43:51.60 _USER9
8/18(土) 4:32配信
3発快勝のヤングなでしこ、強豪ドイツを破りU20W杯準決勝進出!
 2018 FIFA U-20女子ワールドカップ フランスの準々決勝が17日に行われ、U-20女子日本代表(ヤングなでしこ)がU-20女子ドイツ代表を3-1で下した。

 ヤングなでしこは、立ち上がりから主導権争いを制してボールを保持することには成功するが、シュートまではなかなか持っていくことができない。

 37分には、CKのこぼれ球から遠藤純が前線にロングパスを送り、宝田沙織が頭で合わせるも、これは惜しくも枠を外れてしまう。前半終了間際には遠藤を起点に立て続けにチャンスを作るが、最後を合わせることができない。ヤングなでしこは、ドイツに決定機を作らせず、試合を支配し続けたものの、スコアレスで前半を折り返した。

 後半に入り、ついに試合が動く。59分、宮澤ひなたのサイドチェンジから遠藤がペナルティエリア内に侵入し、切り返してディフェンスをかわすと、最後は右足で流し込み、ヤングなでしこが待望の先制点を挙げた。

 さらに70分には、宝田のスルーパスから裏に抜け出した植木理子のゴールで追加点を挙げると、73分にも北村菜々美のクロスから宝田が押し込み、ヤングなでしこがリードを3点に広げた。

 終盤、ドイツに1点を返されたものの、リードを守り切り3-1で勝利。2大会連続で準決勝進出を果たした。次戦は20日、U-20女子イングランド代表と対戦する。

【スコア】
U-20女子日本代表 3-1 U-20女子ドイツ代表

【得点者】
U-20女子日本代表:遠藤純(59分)、植木理子(70分)、宝田沙織(73分)
U-20女子ドイツ代表:ミンゲ(82分)

【スターティングメンバー】
U-20女子日本代表(4ー4ー2)
スタンボー華;南萌華、高橋はな、宮川麻都、北村菜々美;林穂之香、宮澤ひなた(90+3分 高平美憂)、長野風花、遠藤純;宝田沙織(85分 児野楓香)、植木理子(78分 村岡真実)

U-20女子ドイツ代表(4ー4ー2)
フィッシャー;クラインヘルネ、パヴォレク、ヘヒラー、ニスケン(66分 ザンダース);ミンゲ、グウィン、フェルドカンプ、オーバードルフ(85分 グラフ);フライガング(78分 リーケ)、ブール

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00814674-soccerk-socc
no title

【快挙】女子日本代表U-20W杯、強豪アメリカに勝利!!林穂之香のロング弾! 

hayashi-800x532
1 2018/08/07(火) 11:16:56.09 _USER9
<U-20女子W杯(ワールドカップ):日本1-0米国>◇6日(日本時間7日)◇1次リーグC組◇フランス

 U-20(20歳以下)女子日本代表(ヤングなでしこ)は、後半31分にMF林穂之香(20)が決めた決勝点を守りきり、初戦を白星で飾った。

 前半は左サイドハーフに入ったMF宮沢ひなた(18)や、最前線のFW植木理子(19)らを中心に攻撃を組み立て、30分には宮沢の左サイドからのクロスボールに身長169センチのFW宝田沙織(18)が頭で合わせたシュートがゴールバーをたたくなど、チャンスを何度も作ったが得点を奪いきれず、スコアレスで折り返した。

 後半に入っても、互いの意地がぶつかり合う攻防が続く。そして迎えた31分に試合を動かしたのは日本だった。ゴールまで約30メートルの位置で林がボールを持つと「ゴールが見えて、キーパーも出ていた」と思い切って左足を振り抜き、ボールは美しい弧を描きながら相手GKの手をかすめ、ゴールバーに当たってネットを揺らした。この林の華麗なロングシュートで、日本が先制に成功する。

 試合終盤には相手の猛攻も受け、終了間際の45分には右CKをMFハウエルに頭を合わせられたが、枠をとらえたボールはゴールライン上で守っていたDF牛島理子(18)が同じく頭ではじき出し、得点を許さない。

 試合を通して自陣でのミスからカウンターを受けてピンチを迎える場面が多かった日本だったが、体を投げ出してシュートをブロックするなど、気迫のプレーで最後まで米国の攻撃をシャットアウト。同大会では初となる優勝を目標に掲げるヤングなでしこが幸先よく白星を手にした。

 池田太監督(47)は「選手たちがハードワークしてくれたので、ベンチでも感動しました」と選手をねぎらった。得点後の試合終盤には足をつって途中交代するなど、攻守に活躍した林については「彼女は今、すごく調子がいいし、狙うチャンスがあればどんどん足を振っていこうと話していた」と笑顔をみせた。

 今大会は4チームごと4組に分かれ、各組上位2チームが準々決勝へと進出する。日本は9日に、同じく第1戦で勝利したスペインと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00291863-nksports-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索