Samurai Goal

U-19


スポンサード リンク





<15歳のドルトムントFW>U-19リーグ最多得点記録樹立!15シーズンぶりの快挙 

20200309-00366108-footballc-000-2-view




1: 2020/03/10(火) 07:49:26.05
ボルシア・ドルトムントの下部組織(U-19)に所属するFWユスファ・ムココが新記録を樹立した。

 現地時間8日に行われたU-19ブンデスリーガ第20節でドルトムントはU-19オーバーハウゼンと対戦した。この試合でムココは2ゴールを決め3-0の勝利に貢献した。

 この日の2得点で今季のゴール数を「34」としたムココは、2004/05シーズンにFWハルク・トゥルケリ(当時・U-19ボーフム)が記録した1シーズンの最多得点記録「33」を更新した。

 ムココは2004年11月にカメルーン人の両親から生まれたドイツ国籍を持つ少年だ。11歳にしてザンクト・パウリのU-15カテゴリーでチームの中心としてゴールを量産し、2016年5月にドルトムントの下部組織へ移籍する。そして昨季はドルトムントU-17でリーグ戦25試合に出場し46得点8アシストを記録。当時13歳ながらU-17ブンデスリーガの最多得点記録を樹立した。

 今季は15歳ながら、開幕戦で6得点を決め、これまで5度のハットトリックをマーク、リーグ戦8試合連続得点中と絶好調だ。果たしてムココはシーズン残り6試合で何ゴール決める事が出来るだろうか

3/9(月) 9:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200309-00366108-footballc-socc

【詳報】U-22日本代表、トゥーロン国際でポルトガルに0-1敗戦 4強進出は他会場の結果次第に…  

20190608-00194386-soccermzw-000-4-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/06/08(土) 02:03:39.18 ID:529CXI2c9
後半に攻勢を仕掛けるも得点奪えず、終盤に痛恨の失点 勝ち点6から伸ばせず
 来年の東京五輪に向けて強化を進めるU-22日本代表は現地時間7日、トゥーロン国際大会のグループリーグ第3戦U-19ポルトガル代表戦に臨み、後半40分に痛恨の失点を喫して0-1で敗れた。これにより日本は2勝1敗の勝ち点6となり、同勝ち点のポルトガルを得失点差で上回っているものの、準決勝進出の行方は他会場の結果次第となった。

 グループAの日本は、第1戦でU-20イングランド代表に2-1と白星スタートを飾ると、第2戦ではU-22チリ代表に6-1と大勝。2連勝でこの最終戦を迎えた。12チームが3組に分かれている同大会は、各組1位と各組2位の最上位1チームが準決勝に進出。日本は引き分け以上でグループ1位が確定する状況のなか、MF神谷優太(愛媛FC)、MF伊藤達哉(ハンブルガーSV)、MF田中碧(川崎フロンターレ)らがスタメンに名を連ねた。

 前半は両者とも手堅い展開となり、日本もなかなかチャンスを作れない。0-0のまま試合を折り返すと、後半17分にFW小松蓮(ツエーゲン金沢)に代えてFW小川航基(ジュビロ磐田)を投入すると、リズムをつかみ始める。同20分には日本が押し込みながら、ペナルティーエリア手前でボールを受けた田中がミドルシュート。その2分後には右サイドでパスを受けたMF長沼洋一(愛媛FC)が抉って、ペナルティーエリア内に侵入し、左足でシュートを放つも相手GKに惜しくも弾かれた。さらに同28分には、左サイドの田中からのパスに反応した長沼が抜け出し相手GKと1対1になったが、シュートを決めきれなかった。

 その後も何度か良い形を作った日本だったが、この日はゴールネットを揺らすことができず。すると同40分、カウンターからディフェンスラインの背後を取られ、FWウマロ・エムバロに鮮やかな一撃を叩き込まれてしまった。

 試合はこのまま0-1で終了。日本は2勝1敗の勝ち点6となり、ポルトガルと勝ち点で並ぶも得失点差で上回りグループリーグを終了。ベスト4進出の行方は他会場の結果に委ねられることになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190608-00194386-soccermzw-socc

久保建英らU19代表帰国4強止まり「頭をがつん」 

20181104-00382083-nksports-000-8-view

U-19日本代表がW杯出場権獲得! 東と宮代のゴールで完全アウェイ&豪雨の激闘制す 

20181028-00854928-soccerk-000-5-view

U-19日本代表メンバーに久保建英らが選出!!この年代は黄金期と呼べるのだろうか 

1 2018/08/27(月) 20:26:25.69 _USER9
メキシコ、ブラジル、クラブ・アメリカと対戦。

横浜の久保がU-19日本代表に選出された。写真:金子拓哉(サッカーダイジェスト写真部)
日本サッカー協会は8月27日、9月2日から行なわれるメキシコ遠征のメンバーを発表した。
 
 チームを率いる影山雅永監督は、24名のメンバーを招集。24節の神戸戦でJ1初ゴールを挙げた横浜の久保建英、神戸の郷家友太、浦和の橋岡大樹などを選んだ。また、8月のSBSカップに参戦したU-18日本代表のメンバーからは、石尾崚雅、菅原由勢、宮代大聖、斉藤光毅の4人が呼ばれている。
 
 U-19日本代表は9月2日(日)に日本を出発。7日(金)にU-19メキシコ代表、9日(日)にU-19ブラジル代表、11日(火)にU-20クラブ・アメリカと対戦する。
 メキシコ遠征に臨む24名のメンバーは以下の通り。
 
GK
大迫敬介(広島)
若原智哉(京都)
谷 晃生(G大阪)
 
DF
橋岡大樹(浦和)
川井 歩(広島)
谷口栄斗(国士舘大)
荻原拓也(浦和)
石尾崚雅(C大阪U-18)
瀬古歩夢(C大阪U-18)
菅原由勢(名古屋U-18)
東 俊希(広島ユース)
 
MF
齊藤未月(湘南)
堀 研太(横浜)
伊藤洋輝(磐田)
郷家友太(神戸)
山田康太(横浜)
滝 裕太(清水)
平川 怜(FC東京)
 
FW
田川亨介(鳥栖)
原 大智(FC東京)
安藤瑞季(C大阪)
宮代大聖(川崎U-18)
久保建英(横浜)
斉藤光毅(横浜FCユース)

8/27(月) 18:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180827-00046334-sdigestw-socc

写真
no title

久保建英“ロシア入り”決定!!W杯にU-19としてキャンプ同行! 

cf2c63a55ef932badda3b1d90e8ecedb89693c00
1 2018/06/11(月) 05:22:17.21 _USER9
6/11(月) 5:03配信
 F東京のFW久保建英(17)がロシアW杯に“参戦”することが10日、分かった。W杯に臨む日本代表のベースキャンプ地・カザンに同行するU―19日本代表のメンバーに、久保が含まれていることが判明。近日中にも発表される。

 これまでも、日本代表のトレーニングパートナーとして10代の選手が参加したことはあったが、影山雅永監督(51)らスタッフを始めチームを丸ごと帯同するのは初の試みとなる。田嶋幸三会長(60)が「(前回ブラジルW杯優勝の)ドイツもやっていたこと。ぜひやりたい」と熱望し、実現。同代表は来年のU―20W杯(ポーランド)予選を兼ねたU―19アジア選手権(インドネシア)が10月に控えており、今回はほぼベストメンバーで編成。その中に久保が含まれる。17日から28日まで、ロシア・カザンの代表合宿に同行する。

 2年後の東京五輪、4年後のカタールW杯では主力としての期待がかかる久保にとって成長する絶好の機会だ。今回のキャンプではロシア1部の強豪・ルビンの豪華な施設を使用。U―19代表の宿泊施設もA代表と同じ敷地内にあり、緊張感など本番を控えたA代表チームの雰囲気を肌で感じることができる。またW杯の対戦国を想定した実戦形式の練習などでは、サポート役として同じピッチに立つ可能性もあり、A代表と自身の“現在地”の距離を測ることもできる。

 久保など、東京五輪世代の強化を考えた“先行投資”が、実を結ぶことが期待される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000001-sph-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索