Samurai Goal

U-16


スポンサード リンク





チュニジア遠征のU-16日本代表メンバー発表! 191cmの日大藤沢FW鈴木輪太朗イブラヒームが選出  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/06(金) 21:16:41.56 ID:21sbE9p59
日本サッカー協会(JFA)は6日、チュニジア遠征に臨むU-16日本代表メンバー20名を発表した。

U-16日本代表は13日に日本を発つと、17日と21日には国際親善試合でU-16チュニジア代表と2度の対戦を行う。
20名のメンバーは19名がクラブユースからの選出。1名のみ日大藤沢高のFW鈴木輪太朗イブラヒーム(2年)が選ばれている。

以下、メンバー
▽スタッフ
監督:山橋貴史
コーチ:濱崎芳己
GKコーチ:川口能活

▽GK
12 木村凌也(横浜FMユース)
1 高橋一平(神戸U-18)

▽DF
15 小澤希海(C大阪U-18)
2 諏訪間幸成(横浜FMユース)
13 森田翔(FC東京U-18)
3 工藤孝太(浦和ユース)
4 松田隼風(JFAアカデミー福島U18)
5 石塚心(横浜FMユース)

▽MF
6 東廉(清水ユース)
7 豊田晃大(名古屋U-18)
8 棚田遼(広島ユース)
11 中村仁郎(G大阪ユース)
16 佐藤陽成(札幌U-18)
14 甲田英將(名古屋U-18)
17 遠山悠希(京都U-18)
19 藤原健介(磐田U-18)

▽FW
18 鈴木輪太朗イブラヒーム(日大藤沢高)
20 山根顕星(福岡U-18)
10 千葉寛汰(清水ユース)
9 勝島新之助(京都U-18)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-43474838-gekisaka-socc
12/6(金) 16:58配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/254000/253556/news_253556_1.jpg
https://f.image.geki.jp/data/image/member/300/49000/48323/member_48323_1.jpg
no title


鈴木輪太朗イブラヒーム
スズキ リンタロウ イブラヒーム
■所属:日大藤沢高
■ポジション:FW
■2003-01-31
■191cm/85kg
■学年 :2年

レアルU16中井2年後外国籍選手との競争が正念場 

20190508-05080509-nksports-000-5-view[1]

15歳中井卓大、身長180cm到達!恩師も驚き「1年間で10cm…成長凄まじい」(レアル・マドリード下部組織) 

1: Egg ★ 2019/04/20(土) 12:02:30.43 ID:kslxcnzk9
海外サッカー、スペインリーグ1部の名門レアル・マドリードの下部組織カデーテA(U-16)に所属するMF中井卓大。華麗なテクニックとサッカーセンスからバロンドールに輝いたクロアチア代表ルカ・モドリッチ2世の期待を集めるが、フィジカル面も急成長。師匠を超える身長180センチの大台に突入したことが明らかになった。

「スペインでサッカー選手としても成長しているピピですが、フィジカル面の成長は凄まじいものがあります。去年1年間で身長は10センチ伸びました。年末は178センチでしたが、この短期間で180センチになりました。もう驚きです。私もついに抜かれてしまいました」

 こう語ったのはプロトレーナーの木場克己氏だった。体幹・体軸・バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者で、競泳のリオデジャネイロ五輪代表・池江璃花子(ルネサンス亀戸)、サッカーの日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)らトップアスリートの専属トレーナーを務め、JP日本郵政女子陸上部をアドバイザーとして指導。16年に創部3年目にしてクイーンズ駅伝優勝に導いたスペシャリストだ。

 高校時代にレスリング選手だった木場氏は筋骨隆々の179センチだが、小学3年生から指導してきた愛弟子に、15歳にして抜かれたことを驚いた。神奈川県で行われた「U-16キリンレモンCUP」に出場するため、チームとともに一時帰国しているピピ。19日に行われた東京ヴェルディU-16戦後に電話で話した木場氏は、「白い巨人」の次代のスターとして期待を集める金の卵の急成長を陰ながら支えている存在だ。

「ピピには動画でトレーニングメニューを渡しています。毎朝、体幹に刺激を入れるメニューに真面目に取り組んでくれています。タケフサ(FC東京MF久保建英)とは年齢差はありますが、同じ強度のメニューもこなせるようになりました。彼は小学3年生からずっと続けている。継続性という部分も彼の才能でしょうね」

中井が実感する指導の成果、木場氏「レアルに来てから一度も怪我がない」

 一時帰国のタイミングで都内のジムで指導するが、普段は東京からマドリードという遠隔指導となる。心技体ともに進化を続ける15歳だが、日々の指導の成果を強く感じているという。

「ピピがいつも話していることは、レアルに来てから一度も怪我がないということ。レアルのチームメートは全員大なり小なりシーズンを通じて、怪我に向き合っているそうですが、ピピにはそれがない。日々の体幹トレーニングの効果を実感しているそうです。さらに、あそこまで体が成長しても成長痛もないと喜んでいました」

 木場氏はこう語った。恩師の指導に感謝しながら、練習に取り組む中井の急成長を支えているのは、成長期のアスリート向けに開発した特別なトレーニングメニューだという。

「育成年代に怪我をしてしまったら、その後のキャリアに大きな影響を与えることになります。怪我の予防につながるメニューになっています。特に、膝はサッカー選手にとって大事なので、膝回り、体の軸を強化する内容です。このまま怪我なく、レアルのトップチームまで駆け上がってもらいたいです」

 木場氏はさらなる飛躍に願いを込めていた。今季はリーグ戦で鮮やかなシュートを連発するなど成長著しい中井。育成のプロのサポートを受けながら、階段を駆け上がっている。

4/20(土) 11:18 theanswer
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190420-00058770-theanswer-socc&p=1

写真no title


【サッカー】<マドリーの15歳、中井卓大>名FWの前で夢を語る!「日本代表としてワールドカップで活躍したい!」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555702114/

日本代表U-16メンバー23人発表!!注目選手は誰なのか? 

1 2018/07/24(火) 17:26:21.64 _USER9
7/24(火) 16:47配信
森山監督率いるU-16日本代表、ヨルダン遠征メンバー23人発表

 日本サッカー協会(JFA)は24日、30日から8月12日までヨルダン遠征を行うU-16日本代表メンバーを発表した。遠征中には「第5回WAFF U16ボーイズチャンピオンシップ2018」に出場。大会にはWAFF(西アジアサッカー連盟)に加盟するヨルダン、イエメン、イラクに加え、インドと日本が参加する。

 U-16日本代表は今年の9月から10月にかけてマレーシアで開催されるAFC U-16選手権に出場して、大会上位4チームに与えられる19年U-17W杯出場権獲得を目指している。

【スタッフ】
監督:森山佳郎
コーチ:齊藤俊秀
GKコーチ:高桑大二朗
コンディショニングコーチ:小粥智浩

【選手】
▼GK
1 佐々木雅士(柏U-18)
23 ジョーンズ・レイ(大宮ユース)
12 野澤大志ブランドン(FC東京U-18)

▼DF
3 半田陸(山形ユース)
18 田島詳基(清水ユース)
2 鈴木海音(磐田U-18)
20 村上景司(G大阪ユース)
22 石田侑資(市立船橋高)
16 佐古真礼(東京Vユース)
17 長田悠里(JFAアカデミー福島U18)
5 中野伸哉(鳥栖U-15)

▼MF
6 横川旦陽(湘南U-18)
19 近藤蔵波(C大阪U-18)
8 成岡輝瑠(清水ユース)
4 角昂志郎(FC東京U-18)
7 植田啓太(横浜FMユース)
13 三戸舜介(JFAアカデミー福島U18)
15 中野瑠馬(京都U-18)
21 山田奈央(浦和ユース)

▼FW
14 吉田有志(C大阪U-18)
9 中野桂太(京都U-18)
10 青木友佑(FC東京U-18)
11 唐山翔自(G大阪ユース)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-01656514-gekisaka-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索