Samurai Goal

TD


スポンサード リンク





ミランTD「日本はアビガンのおかげで安全だと誤解している」 

20200329_Manuel-Belleri-Getty




1: 2020/04/26(日) 16:42:39.40
 現役時代はセリエAでプレーしていたイタリア人DFマヌエル・ベレッリ氏は現在、東京にあるACミランのアカデミーでテクニカルディレクターを務めているが、イタリアメディアのインタビューで日本の現状について「この国はアビガンのおかげで安全だと誤解している」と警鐘を鳴らしている。

 J1は2月21日〜23日に開幕戦を消化したが、新型コロナウイルスの感染拡大により、第2節以降のリーグ中断が決定しており、Jリーグの再開プランは何度も白紙に戻っている。

 ベレッリ氏はACミランのアカデミーのテクニカルディレクターとして東京に5年間在住しているが、イタリアメディア「ヨーロッパ・カルチョ」のインタビューに応じ、日本の生活について「素晴らしい経験だ。来日した時はイタリア語しか話せなかったが、今では英語と日本語を少し話せる」と語る。

 一方、ベレッリ氏は日本の現状について「この国はアビガンのおかげで安全だと誤解している」と警鐘を鳴らしている。日本では現在、アビガンが新型コロナウイルスの治療薬として注目されているが、「アビガンのおかげで順調に進んでいるように見えるが、現実に対する正しい認識ではない」と持論を展開。日本での感染拡大はやや鈍化したものの、いまだ1日400人近くが新たに感染しているのが実情だ。

 Jリーグについて「セリエAには及ばないが、高いレベルにある。スタジアムの雰囲気はポジティブで、ファンの間での論争がない。以前から知っていれば、私も喜んでここでキャリアを終えていただろう」と称賛しているベレッリ氏。サッカーの再開を願って止まないなか、1日も早い事態の収束を願っていた。

https://www.football-zone.net/archives/258872

フローニンヘンTDが板倉滉の買い取り意向示す…今季限りでマンCにレンタルバック見込み 

20200418-00373400-usoccer-000-1-view




1: 2020/04/18(土) 10:55:06.92
フローニンヘンが日本代表DF板倉滉(23)の買い取り意向を示している。オランダ『Voetbal International』が報じた。

板倉は2019年冬、川崎フロンターレからマンチェスター・シティに完全移籍したが、ビザの問題もあり、そのままフローニンヘンに1年半レンタル。初年度こそ出番こそ少なかったものの、今季はここまで公式戦29試合のプレーチャンスを掴み取っている。

オランダ挑戦2年目で着実に出場機会を確保する板倉。契約上、レンタル期間の満了となる今季終了後にシティ復帰となるが、フローニンヘンのテクニカルディレクター(TD)を務めるマルク=ジャン・フレッデルス氏はキープしたい考えがあるようだ。

世界的に感染拡大が続く新型コロナウイルスの影響を受けるとされるフットボール界の移籍市場について、フレッデルス氏はこう語り、板倉の買い取り意向も明らかにしている。

「最近、誰かが言っているのを耳にした。『高額な移籍よりも(デヨファイシオ・)ゼファークのような才能ある選手を目指すクラブが増えてくるかもしれない』とね」

「だが、取引ごとに異なり、移籍の手引きも存在しない。様々な事柄が絡んでくるものだ。例として、我々は板倉滉をマンチェスター・シティから買い取りたい」

「しかし、そういったことが明確になるまで少し時間がかかるだろう」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200418-00373400-usoccer-socc

浦和レッズ、中村GMが退任...土田尚史SDが就任!5年ぶり無冠で強化体制を一新。GM制からSD、TD制に変更 

20191123-43474295-gekisaka-000-5-view[1]





1: Egg ★ 2019/11/26(火) 18:50:22.70 ID:Czs7SoBe9
浦和は26日、スポーツダイレクター(SD)に土田尚史氏(52)、テクカルダイレクター(TD)に西野努氏(48)が就任することを発表した。中村修三GM、北野大助GM補佐は今季限りで退任となる。

 土田氏は現役時代に浦和でGKとして活躍し、2000年に引退。01~18年まで浦和コーチを務めた。西野氏はDFとして93~2001年まで浦和でプレー。引退後はリバプール大に留学しMBA(経営修士)を取得し、現在は産業能率大の教授を務めている。

 浦和の強化部門に就任するのは、ともに今回が初めて。24日にはACL決勝で敗れ、今季はリーグ戦で残留争いの渦中にあり、カップ戦を含めて5年ぶりに無冠に終わった。強化体制を一新してチーム再建を図る。

 今回、GM制からSD、TD制に変更。GMの担務領域が「トップチームに加え、育成・アカデミー、レディースチーム、スカウト部門の強化・運営、それに伴うビジネス全般など、多岐に渡っておりました」とし、来季からは「SDがクラブの象徴的存在であるトップチームに特化した責任者であり、監督や選手、スタッフの編成、他クラブとの交渉、契約業務などを行う役職となります。TDはSD業務全般の補佐や選手のスカウティング、クラブ・監督が求める選手のリストアップ。また、監督、選手、スタッフ等を評価するなど、トップチームの運営全般を行う役職となります。これによりSD、TDが、トップチームに一層注力する体制といたします。チームの中長期的な成長のためにも、育成・アカデミー部門との連携、サポートも行って参ります。育成・アカデミー、レディースチームにつきましては、引き続き専任のスタッフにて運営してまいります」と説明した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-11260147-sph-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索