Samurai Goal

Rakuten


スポンサード リンク





イニエスタが随所で見せ場も…バルサが21歳MFペレスの2ゴールで神戸に2-0快勝 楽天カップ  

main




1: 久太郎 ★ 2019/07/27(土) 20:01:05.21 ID:fADxWIWD9
楽天カップ(Rakuten Cup 2019)、ヴィッセル神戸vsバルセロナが27日にノエビアスタジアム神戸で開催された。

日本でプレシーズンツアー中のバルセロナが神戸と激突した。この日に元バルセロナ4人目となるフェルマーレンの獲得を発表した神戸は、イニエスタ、ビジャ、サンペールが古巣戦で先発。一方、日本でのチェルシー戦で1-2の敗戦を喫したバルセロナは、その試合から5選手を変更した。チェルシー戦でデビューしたグリーズマンが引き続き先発している。

序盤、イニエスタが際どい強烈なミドルシュートを放ってバルセロナを襲った神戸。だが、徐々にボール保持で優位に立ったバルセロナは、13分に決定機を迎える。相手ボックス内でボールを奪ったリキ・プッチがそのまま切れ込んでシュート。しかし、これはわずかに枠の左にはずれた。

ハーフタイムにかけてもバルセロナがペースを掌握。34分にはペナルティアーク付近で右足を振ったラキティッチが、わずかに枠の左にはずれる際どいミドルシュートでゴールに迫る。さらに45分にもラキティッチが同位置からゴールマウスを強襲。しかし、この強烈なミドルシュートはGK前川黛也のファインセーブに阻まれた。

ハーフタイム明け、両者共に大幅にメンバーを替える。神戸は前半に幾つか見せ場をつくった古巣対戦のイニエスタを含め、前川とサンペール以外の9選手を変更。対するバルサは全選手を入れ替えた。その後半もバルセロナが主導権を握る。57分には、ペナルティアーク付近からデンベレがコントロールシュート。鋭いボールはわずかに枠の左にはずれる。

それでも、59分にはバルセロナが先制する。バイタルエリアのカルレス・ペレスがマウコムとのワンツーでボックス左に侵入。そのままGKとの一対一を制したユース出身の21歳MFカルレス・ペレスのゴールでバルセロナが試合の均衡を崩した。

その後、バルセロナは77分にゴール前で放ったマウコムの決定的なシュートがバーに弾かれるも、86分にはボックス左からカルレス・ペレスが逆サイドにシュートを沈めて2点目。そのまま神戸をシャットアウトしたバルセロナが日本でのプレシーズンを勝利で終えた。

このあと、バルセロナは8月4日にジョアン・ガンペール杯でアーセナルと対戦。同16日のリーガ・エスパニョーラ開幕節ではビルバオとアウェーで激突する。

■試合結果
ヴィッセル神戸 0-2 バルセロナ

■得点者
神戸:なし
バルセロナ:カルレス・ペレス(59分、86分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190727-00010030-goal-socc

【速報】Rakuten CUP バルセロナが2-0でヴィッセル神戸に貫録の勝利! 

main

【速報】ヴィッセル神戸vsバルセロナ スタメン発表! 

main

連敗して日本を去れないバルサをイニエスタ神戸が迎え撃つ【両チーム予想先発】 

20190727-00010007-sportes-000-2-view[1]

「ブスケツに問題発生」…スペインメディアが不動のピボーテに警鐘鳴らす 

20190724-00960270-soccerk-000-2-view[1]

【速報】チェルシーが好機逃さず2発、バルセロナの追撃かわす 日本開催の“強豪対決”に2-1勝利 楽天カップ  

無題




1: 久太郎 ★ 2019/07/23(火) 21:27:17.15 ID:1s4EXXxx9
前半にエイブラハム、後半にバークリーがゴール バルサはラキティッチが豪快弾
 スペインの名門バルセロナとイングランドの強豪チェルシーが23日、埼玉スタジアムで行われた親善試合Rakuten CUPで対戦し、前後半にそれぞれ1点ずつを決めたチェルシーが2-1で勝利した。

 チェルシーは19日に、J1リーグ王者の川崎フロンターレと対戦(0-1)し、これが日本での2試合目となった。一方のバルセロナはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョらコパ・アメリカ(南米選手権)参戦組が、日本遠征のメンバーには含まれず。また今夏、鹿島アントラーズからバルセロナBへの移籍が発表された日本代表MF安部裕葵は、試合の登録メンバーに入らなかった。

 序盤から両チームともそれほどプレースピードを高めない展開になった。そのなかでバルセロナは、3トップの中央に入った新加入のFWアントワーヌ・グリーズマンが攻撃の最終局面で変化をつける場面が目立ち、前半15分にはFWウスマン・デンベレに技巧的なスルーパスを狙ったが、わずかに流れた。

 前半の半ばからはチェルシーが立て続けにチャンスを迎えた。同23分にはMFクリスチャン・プリシッチが左サイドからカットインしたシュートをGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが弾いたところにFWエイブラハムが詰めたが、無人のゴールにボールを抑えきれなかった。続く同24分にはMFメイソン・マウントがゴール正面からミドルシュートを放つも枠外。さらに同28分にはマウントから右サイドに展開し、DFセサル・アスピリクエタの折り返しをプリシッチが狙ったが、ヒットせずに枠を外れた。

 そして同34分、チェルシーは敵陣でプレスをかけ、バルセロナのMFセルヒオ・ブスケツのパスをMFマテオ・コバチッチが弾くと、そのボールをエイブラハムがペナルティーエリア内で受けて、そのままテア・シュテーゲンとの1対1を制してゴール。チェルシーが1点を先制してハーフタイムを迎えた。

ハーフタイムでバルセロナは11人がすべて交代。MFイバン・ラキティッチや、新シーズンに向けアヤックスから加入したMFフレンキー・デ・ヨングがピッチに立った。また、チェルシーはDFダビド・ルイスら最終ラインの3人を交代させて後半がスタートした。

 後半のメンバーのほうがコンディションの良さを感じさせたバルセロナは、中盤からの速いパスワークでチェルシー陣内に切り込む場面が増えた。その中でFWカルラス・ペレスやMFカルラス・アレニャーが枠内にミドルシュートを飛ばしたが、チェルシーのGKケパ・アリサバラガが安定感のあるセービングを見せてゴールを許さなかった。

 チェルシーは同15分にFWオリビエ・ジルーら3人、同25分にFWミシー・バチュアイら4人を投入し、アリサバラガ以外のフィールドプレーヤーがすべて交代した。バルセロナはチェルシーが大幅に選手を交代してからはなかなか相手ゴール前まで切り込むことができなかった。逆に同36分、左サイドから攻め込んだチェルシーは、MFロス・バークリーが左足でミドルシュートを流し込み追加点を挙げた。

 バルセロナは同アディショナルタイムにラキティッチが鮮やかなミドルシュートを決めて1点を返したが、同点には至らず。来日2試合目とリーグ開幕戦が1週間早いチェルシーがコンディションに勝った感はあったが、5万1126人を集めた豪華な親善試合はチェルシーが2-1で勝利を収めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190723-00205692-soccermzw-socc

<日本人ファンは不可思議>バルサへの“謎めいた歓迎”にスペイン紙困惑!「名手が不在にもかかわらず熱狂」  

1: Egg ★ 2019/07/22(月) 13:25:26.11 ID:fly663Aw9
今夏ユベントスに移籍したデ・リフトのポスターを掲げるファンに注目 「熱狂していた」
no title

バルセロナはプレシーズンツアーのRakuten CUPを戦うため、21日に日本に到着した。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は、来日したバルセロナの選手たちを一目見ようと駆けつけた大勢のファンのなかに、在籍していない“ある選手”のポスターを掲げたサポーターがいたことにスポットライトを当てている。

 Rakuten CUPに参戦するバルセロナは23日にチェルシー(埼玉スタジアム)、そして27日にクラブのレジェンドである元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、同FWダビド・ビジャらが在籍するヴィッセル神戸(ノエビアスタジアム神戸)との試合を控えている。

 コパ・アメリカ(南米選手権)を戦ったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョらがメンバー外となるなか、今夏バルセロナに加入した日本代表MF安部裕葵の参戦が決定している。

 日本での人気も高いスペインの名門が21日に来日したが、同紙は「日本人ファンはとても不可思議だ」と取り上げ、「メッシ、スアレス、コウチーニョのような名手が不在にもかかわらず、日本人は東京に到着したバルセロナに熱狂していた。バルセロナの選手にはならなかった選手に対してさえも、だ」と指摘。今夏アヤックスからユベントスに移籍した、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトの写真を掲げていたファンがいたことを伝えている。

「若き日本人ファンは、アヤックスのユニフォームを着ており、ユベントスへの移籍が決まったデ・リフトのポスターを掲げて歓迎していた。確かに、バルセロナに加入したフレンキー・デ・ヨングも写っていたが……」

 デ・リフトは今夏、バルセロナ移籍が有力と見られていたものの交渉が難航。最終的にはイタリアの絶対王者ユベントス加入となった。ファンが掲げたポスターにはデ・ヨングも写っていたため、デ・ヨングに対する歓迎ということで間違いないだろうが、その横で存在感を放つデ・リフトの写真に、スペインメディアも困惑気味だった。

7/22(月) 10:05 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190722-00205358-soccermzw-socc

バルセロナvs神戸、1万円~8万円まで5月15日から先行販売 バルサvsチェルシーは最高20万円 楽天杯  

1: 豆次郎 ★ 2019/04/19(金) 01:45:30.76 ID:mOQ1v5FS9
2019年04月19日01時15分

ヴィッセル神戸が、7月27日にスペイン1部バルセロナとノエスタで試合を行うことが18日、決まった。

バルセロナは同時期に来日するプレミアリーグのチェルシーとも23日に埼玉スタジアムで対戦が決定。

この2試合は「Rakuten Cup」として開催される。バルセロナ-チェルシー戦のチケットは、19日から楽天ダイヤモンド会員による最速抽選先行販売を開始する。一般販売は6月22日から。

最低1万5000円からで、最高はプレミアム席の20万円となっている。バルセロナ-神戸は、5月15日から先行販売され、最低価格1万円から、最高価格は8万円となっている。詳細は楽天チケットにて。

https://www.nikkansports.com/m/soccer/news/amp/201904180000941.html?__twitter_impression=true
神戸イニエスタ(左)、バルセロナのメッシ
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索