Samurai Goal

PSG


スポンサード リンク





ネイマールPSG放出要員に ワガママ放題で移籍金85億円も値下げ 

20200316-00000007-tospoweb-000-2-view




1: 2020/03/16(月) 13:24:43.33
“バーゲンセール”の理由とは――。フランス1部パリ・サンジェルマンは、所属するブラジル代表FWネイマール(28)の移籍金を2億2200万ユーロ(約261億円)から値引きし、1億5000万ユーロ(約178億円)に変更した。

米メディア「ESPN」によると、パリSGはフランス代表FWキリアン・エムバペ(21)へのオファーをすべて拒否する一方、ワガママ放題のネイマールを放出要員とする方針を固めたという。
そこで確実に売却するために、昨季設定した移籍金から7200万ユーロも値下げしたわけだ。

今季開幕前にはネイマールが移籍を直訴。古巣のスペイン1部バルセロナが獲得に乗り出したものの、移籍金で折り合いがつかずに破談していた。
再びバルセロナが動き出すかは不明ながらも、今回の値下げによって、マンチェスター・ユナイテッドなど資金力のあるイングランド勢が名乗りを上げる可能性も指摘されている。
同メディアによると、パリSGは今後、エムバペ中心のチームに再構築をしたい考えと報じているが、ブラジルのスーパースターはどこに向かうのか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00000007-tospoweb-socc
3/16(月) 11:37配信

UEFA-CL決勝T1回戦第2戦 PSG×ドルトムント 結果 

c925888716a9a40e




1: 2020/03/12(木) 06:55:28.20
PSG   2-0 ドルトムント
第01戦 1-2
合計  3-2

[得点者]
ネイマール   (前半28分)PSG
フアン・ベルナト(前半46分)PSG
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085325

UEFA-CL決勝T1回戦 結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

PSG会長に汚職疑惑…元FIFA事務総長とともにスイス検察局から起訴される 

20200221-01038003-soccerk-000-2-view




1: 2020/02/21(金) 12:12:50.64
スイス検察局は、パリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ会長と2007年6月から2015年9月にかけて国際サッカー連盟(FIFA)の事務総長を務めていたジェローム・ヴァルク氏らを贈収賄などの容疑で起訴した。20日、イギリスメディア『BBC』や『スカイスポーツ』などが報じた。

 今回の起訴は、2018年から2030年の間に開催されるFIFAワールドカップやコンフェデレーションズカップに関連した各大会の放映権について、ヴァルケ氏とケライフィ氏、第三者のビジネスマンが不正に関わっていたという疑惑に基づいているようだ。ケライフィ氏はカタールメディア『beINメディアグループ』の役員も務めており、イタリアやギリシャなどでの放映権を得る見返りに、ヴァルケ氏に“援助”を行ったと疑われている。

 スイス検察局はケライフィ氏について、「ヴァルケ氏に刑事上の不当な財務管理を促した」、「イタリア・サルデーニャ島に所有する別荘を、ヴァルケ氏が無料の宿泊施設として独占的に使用できるようにした」2件について起訴した。『スカイ』によると、別荘の貸し出しによって、ヴァルケ氏はイタリア滞在時の家賃を90万ユーロから180万ユーロ(約1億~2億円)節約することができたようだ。また、ヴァルケ氏は贈収賄や複数の刑事上の不当な財務管理および文書の改ざん容疑で、匿名の第三者もヴァルケ氏の不正行為を促した疑いでそれぞれ起訴されている。

 ケライフィ氏は公式声明を通じて、告発が事実無根のものだと主張している。なお、今回の起訴は、同氏のPSG会長としての職務や欧州サッカー連盟(UEFA)の執行委員としての活動に関係するものではない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-01038003-soccerk-socc

ネイマールがPSG批判「納得いかなかった」、けがの対応めぐり 

20200219-00000024-jij_afp-000-2-view[1]

UEFA-CL決勝T1回戦第1戦 ドルトムント×PSG、アトレティコ×リバプール 結果 

20200125-00010008-goal-000-1-view




1: 久太郎 ★ 2020/02/19(水) 06:55:25.87 ID:UWluL68h9
ドルトムント 2-1 PSG
[得点者]
アーリング・ブラウト・ハーランド(後半24分)ドルトムント
ネイマール           (後半30分)PSG
アーリング・ブラウト・ハーランド(後半32分)ドルトムント
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085317


アトレティコ・マドリード 1-0 リバプール
[得点者]
サウール・ニゲス(前半4分)アトレティコ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085320

決勝T1回結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

ハーランドvsムバッペの怪物対決が実現へ!ネイマールも復帰見込み。勝つのはドルトムントかPSGか 

20200218-00010026-goal-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2020/02/18(火) 21:37:16.86 ID:Z3R7pnTl9
チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16ファーストレグ、ボルシア・ドルトムントvsパリ・サンジェルマン(PSG)が18日にシグナル・イドゥナ・パルクで開催される。

ブンデスリーガで3位に位置するドルトムントと、リーグ・アンで首位を快走するPSGによる対戦。『UEFA.com』が試合を前にスターティングメンバーを予想している

ドルトムントは、大腿部を負傷しているエースのマルコ・ロイスに加え、トーマス・デラネイが負傷により欠場。足首を痛めているユリアン・ブラントは出場が微妙な状況だ。一方のPSGはコリン・ダグバとアブドゥ・ディアロがこの試合に間に合わず、最終ラインの層に不安が残る。

注目は19歳のアーリング・ハーランドと21歳のキリアン・ムバッペの若き怪物対決。今冬にザルツブルクからドルトムント入りしたハーランドは、公式戦6試合の出場で既に9得点と、その得点力を早くも発揮。1月のブンデスリーガ最優秀選手にも選ばれた。一方のムバッペも、今季公式戦28試合で24得点15アシストと素晴らしい成績を残している。

そのほか、PSGではネイマールがこの試合で負傷から復帰する見込み。また、PSGを率いるトーマス・トゥヘル監督にとっては、初めての古巣対決となる。

試合は日本時間19日の早朝5時にキックオフ(日本ではDAZNで放送)を迎える。予想スタメンは以下のとおり。

【ドルトムント予想スタメン(3-4-2-1)】
GK:ビュルキ
DF:ザカドゥ、フンメルス、ピシュチェク
MF:ハキミ、エムレ・ジャン、ヴィツェル、ラファエル・ゲレーロ
MF:サンチョ、T・アザール
FW:ハーランド

【PSG予想スタメン(4-4-2)】
GK:ケイラー・ナバス
DF:ムニエ、マルキーニョス、チアゴ・シウバ、ベルナト
MF:ディ・マリア、ゲイェ、ヴェッラッティ、ネイマール
FW:イカルディ、ムバッペ

2/18(火) 20:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00010026-goal-socc

今季のPSGにはネイマールがいる。死角なしの攻撃陣と不安定な守備で大一番へ 

20200218-00010014-goal-000-1-view[1]

PSG、司令塔ヴェラッティと2024年までの新契約で合意  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/31(木) 06:48:23.74 ID:7xFh6m+a9
パリ・サンジェルマン(PSG)とイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ(26)の間での新契約交渉が大筋で合意に至ったようだ。フランス『RMCスポーツ』が伝えている。

ユベントスからの関心が長年に渡り伝えられてきたヴェッラッティだが、今回の報道によれば、2021年6月までとなっている現行の契約を2024年6月まで延長することで合意に至ったとのこと。

2012年にペスカーラからPSGに加入したヴェッラッティは、在籍7シーズンで公式戦290試合に出場し9ゴール48アシストをマーク。不動の司令塔として6度のリーグ・アン制覇やカップ戦制覇に貢献してきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00363669-usoccer-socc
10/31(木) 0:07配信

no title

忠誠を誓うネイマー(27)ル「ここにいて幸せ。PSGで最善を尽くす」  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/22(火) 16:30:15.14 ID:AvwEP/4K9
ネイマールは彼の現在のクラブであるパリ・サンジェルマン(PSG)に、『Otro』のインタビューを通じ、力強くはっきりとしたメッセージを送った。

「私はここにいて幸せです。このクラブの選手であり、プロであり、PSGのために最善を尽くします」と同ブラジル人選手は語った。

「私は100パーセントのプレーでチームに貢献し、とりわけチャンピオンズリーグで勝つために努力します」と、ネイマールはフランスリーグ王者を狙うべく新たな発言を付け加えた。

PSGでの試合にて再び出場を果たした後、一ヶ月間負傷に苦しんだネイマール。FCバルセロナのファンとできるだけ早く和解し、
同クラブへの帰還を願っていた夏の一件もあったことで、PSGは未だ彼が今夏みせた離脱意思を許していない。

「私はクラブの気持ちを理解していますが、彼らにも私を理解するように頼みます。どんな仕事をするにしても、満足できない状況であれば、その場から去り、状況を変えようとするものです。
それが、私のやりたかったことでした。今はクラブのために最善を尽くします」とネイマールは自身の気持ちを明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00010009-sportes-socc
10/22(火) 12:54配信

no title


https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
得点ランキング

名将ベンゲル、世界注目の進路は?アーセナルOBが明言!「おそらくPSGか日本復帰になると思う」  

1: Egg ★ 2019/10/04(金) 23:40:27.74 ID:6BfOLtI/9
アーセナルのレジェンドである元イングランド代表DFレイ・パーラー氏は、昨夏に22年にわたる長期政権を終えて同クラブの指揮官を退任したアーセン・ベンゲル氏について、フランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)か日本で監督業に復帰するとの見解を示している。英紙「メトロ」が伝えた。

 1995年、96年と日本の名古屋グランパスエイトを率いたベンゲル氏は、96年10月にアーセナルの指揮官に就任。それから2003-04シーズンにプレミアリーグで無敗優勝を達成するなど、リーグ制覇3回、FAカップ制覇7回という数々のタイトルをアーセナルにもたらした。

 多くの栄光に導いた稀代の指揮官は、昨夏に近年の成績低下の影響もあって22年間率いたチームを退任。次なる指導の場がどこになるのかが大きな注目を集めているなか、パーラー氏はロンドンで行われたイベントの質疑応答で、プレミアリーグでの監督復帰は想像できないと語り、このような見解を示している。

「もし、アーセンがプレミアリーグに復帰したらびっくりする。ずっと彼は日本に戻るかもしれないと思っていた。Jリーグは常に向上し続けているし、アーセナルに来る前、あそこで非常に良い時間を過ごしたからだ」

 その一方で、「私が思うに、彼にとってベストなのはPSG。完璧にフィットするだろうね」とコメント。「彼は絶対にマンチェスター・ユナイテッドには行かない。フランク・ランパードはチェルシーで良い仕事をしているし、ペップ・グアルディオラとユルゲン・クロップの退任はない」と述べ、プレミアリーグでベンゲル氏が他に行きたいと思うクラブはないとし、「おそらくPSGか日本復帰になると思う」と話した。

 自分の未来を決断するに至っていないベンゲル氏だが、果たして再びJリーグのピッチでその姿を見られる日は来るのだろうか。プロフェッサーと呼ばれた指揮官が、次なる道としてどんな選択をするのか注目したい。

10/4(金) 21:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191004-00221531-soccermzw-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索