Samurai Goal

PSG


スポンサード リンク





PSGがレアルに“忠告!?”ネイマール移籍説に会長が言及! 

キャプチャ

エムバペは“メッシ&ロナウド”を超えられるのか!? 

GettyImages-854896378-min
1 2018/09/14(金) 00:00:39.52 _USER9
パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペは、次期世界ナンバーワン・フットボーラーの本命だ。スペイン『マルカ』が、バルセロナのFWリオネル・メッシ、ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドの19歳のときの得点数と比較した。

 ムバッペは、すでに輝かしい結果を残している。モナコでプロデビューを飾ってすぐに注目を集めると、2017年にパリ・サンジェルマンへ移籍。ネイマール、エディンソン・カバーニという大物と並んでピッチに立ち、結果を残してきた。そして、この夏にはフランス代表としてロシアワールドカップに出場。優勝に貢献している。

 そのムバッペは、まだ19歳。この年齢のときは、メッシもC・ロナウドもこれほどの功績は残していなかった。

 所属クラブでのゴールは、19歳のメッシが25得点。C・ロナウドが17得点。これに対してムバッペはすでに52得点を挙げている。

 チャンピオンズリーグでの得点数もムバッペが圧倒している。メッシが2得点でC・ロナウドは得点なし。ムバッペはすでに10得点を記録した。

 代表での得点数も二大スターを上回っており、ここまで9得点。こちらはC・ロナウドが7得点、メッシが4得点だ。

 メッシやC・ロナウドと同じようなキャリアを歩むのは困難だが、ムバッペへの期待はますます高まっている。

9/13(木) 17:25 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00289313-footballc-socc

ネイマールの“ダイビング”通用せず!カードを出されるも主審に抗議!! 

キャプチャ
1 2018/09/13(木) 09:24:02.80 _USER9
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する26歳のブラジル代表FWネイマールが、エルサルバドル戦で主審を務めたジャイル・マルーフォ氏を批判した。12日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

現地時間11日に親善試合が行われ、ブラジル代表はエルサルバドルと対戦し5-0の勝利をおさめた。
ネイマールは1ゴール3アシストの活躍を見せている。だが、この試合で主審を務めたマルーフォ氏に不満を募らせているようだ。

試合開始して44分、ネイマールは自らドリブルで仕掛けてペナルティーエリア内に侵入。
そこで相手に足をひっかけられたとして、大きくダイビングし倒れ込んだ。
しかし、審判を欺くシミュレーションだと判断したマルーフォ主審はネイマールにイエローカードを提示している。

これに対しネイマールは「敬意を欠いている」としてマルーフォ主審を批判。
続けて「もし、PKを与えたくないのであれば、それで良い。しかし、イエローカードは不要だろ」とコメントしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00289280-footballc-socc
9/13(木) 8:40配信

エムバペ“処分決定”報復行為での一件で3試合出場停止に! 

29480_ext_04_0
1 2018/09/06(木) 11:36:23.35 _USER9
パリSGに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペに対し、3試合の出場停止処分が科された。

ムバッペは、1日に行われたフランス・リーグアン第4節のニーム戦で試合終了間際にMFテジ・サバニエのタックルを受けて転倒
危険なアタックに対して激怒したムバッペは感情が抑えられず、相手を突き飛ばして一発退場となってしまった。

これを受けてフランスリーグ懲戒委員会は5日、ムバッペに対して3試合の出場停止処分を発表。
次節のサンテチェンヌ戦、第6節レンヌ戦、第7節ランス戦の3試合を欠場することが決定した。

なお、サバニエには5試合の出場停止処分が科されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-01777669-gekisaka-socc
9/6(木) 9:32配信

【動画】“ブチ切れ”ムバッペ、一発退場!!タックルの報復で相手を突き飛ばしてしまう 

キャプチャ

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、一発退場となったシーンについて振り返った。

PSGは、1日に行われたリーグ・アン第4節でニーム・オリンピックと対戦。ネイマールとムバッペ、エディンソン・カバーニアンヘル・ディ・マリアの得点により、2-4で勝利した。

この試合で今季リーグ戦4得点目を挙げたムバッペだが、後半アディショナルタイムに相手MFテジ・サヴァニエのタックルを受けて転倒。起き上がったムバッペは怒りの形相でサヴァニエに走って迫り、突き飛ばした。これにより、一発退場の判定を下されている。

試合後、ムバッペは「このようなクラブでプレーするときは、今回のような(厳しい対応)が常にあるから学んでいかなければいけない」と話しつつ、「後悔はしていない。もし同じようなことが起こったら、僕は同じようにするだろう」とコメント。一方で、サポーターに対しては謝罪の意を示した。

「サポーターたちには謝罪したい。でも、今回のようなジェスチャー(相手のタックル)を見逃すことを僕はできなかったんだ」


GOAL

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000010-goal-socc

“天才か挑発か”ネイマールのヒールリフトパスに賛否両論の声! 

GettyImages-826383016-800x533
1 2018/08/27(月) 13:28:34.74 _USER9
■アンジェ戦の試合終盤に立ちはだかるマーカーを足技一つで打開

 パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、シーズン序盤からエンジン全開だ。25日のリーグ第3節アンジェ戦(3-1)で開幕から3戦連続ゴールをマーク。さらに試合終盤には魅惑のヒールリフトパスを繰り出し、「ファンタジーの代名詞」「レインボー・フリック」と反響を呼んでいる。

 前半12分にウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、後半6分にフランス代表FWキリアン・ムバッペがゴールを決めてリードを奪ったPSGは、同21分にフランス代表MFアドリアン・ラビオを起点にムバッペ経由でネイマールがネットを揺らし、強力3トップが揃い踏みとなった。

 3-1と勝利を確実なものとして迎えた後半アディショナルタイムに、ネイマールが魅せる。左サイドでムバッペからショートコーナーを受けると、マーカー二人が行く手を塞いだ瞬間、ボールを両足で挟み込み、かかとで蹴り上げて相手の頭上を抜く「ヒールリフト」を決め、ペナルティーエリア内のドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーへ鮮やかにパスを通してみせた。

 ペルーメディア「Depor.com」は、「ネイマールがファンタスティックな“バイシクルパス”を披露」と特集。「ネイマールはサッカー界におけるファンタジーの代名詞。YouTubeを通じてネイマールが主演する煌びやかなアクションが拡散」とネット上で“バズる”様子を伝えている。

■「ネイマールはダイブするだけの選手ではない」

 また、イングランドのスポーツ文化情報サイト「JOE」は「素晴らしいレインボー・フリック」と称し、「ネイマールはダイブするだけの選手ではない」と称賛。一方、スペイン紙「AS」は、試合の大勢が決まったなかでのプレーだっただけに、「挑発、それとも天才?」と疑問を投げかけるような見出しで報じている。

 好プレーでも厳しい目を向けられるのは、もはやスーパースターの宿命。開幕3連勝とリーグ連覇に向けて好スタートを切ったPSGの中心には、今季もネイマールがいるのは間違いない。

(Football ZONE web編集部)

Football ZONE web2018年8月27日11時50分
https://news.infoseek.co.jp/article/footballzone_131270/

ラキティッチにPSGの魔の手が忍び寄る...約120億円を支払う覚悟か!? 

GettyImages-852592490-800x533
パリ・サンジェルマン(PSG)はここ2週間に渡って、水面下で動いていた。だが既にFCバルセロナに対しラキティッチ売却の交渉を始めるよう求めている。PSGは9,000万ユーロ(約115億4,000万円)を支払う準備があるといい、選手本人との合意は済んでいないという。なおバルサはラキティッチの契約解除金を1億2,500万ユーロ(約160億円)に設定している。

PSGのスポーツディレクターはあらゆる面での合意の可能性を確かめるまで動き出してはいなかった。夏の間は多くの失望を味わってきた同クラブだが、あらゆる点で正当なオファーによるラキティッチとの契約の可能性に確信を得ていた。この10日間PSGは決定的な一歩を踏み出すまで、間接的に獲得オペレーションに動いていた。そして今、最後の攻勢をかける準備が整ったようだ。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00010014-sportes-socc

エムバペ、PSG強制退団の可能性浮上!!買取金の支払いが困難な様子! 

GettyImages-868960450-800x533
1 2018/08/23(木) 20:41:10.70 _USER9
スペインのテレビ局「エル・チリンギートTV」は23日、18年W杯ロシア大会で母国フランスの2度目の賜杯獲得に大きく貢献したFWキリアン・エムバペ(19)が、今月中にパリSG退団を強いられる可能性が出てきたと報じた。

 パリSGは昨夏、同じフランス1部のモナコから1年間の期限付き+1億8000万ユーロ(約228億円)の買い取りオプションでエムバペを獲得。

だが同局によれば、買い取り金額の支払期日が今月27日に迫る中、パリSGはUEFAが設定するファイナンシャルフェアープレーに基づく支払いが困難に陥っているようで、エムバペの保有権を失う可能性が浮上してるという。

同局はもしエムバペがパリSG退団となれば、ユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)の後継者選びに四苦八苦するR・マドリードが、真っ先に獲得に乗り出すだろうと報じている

8/23(木) 17:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00000128-spnannex-socc

“遺伝子に間違いなし”「リベリアの怪人」の息子、ティモシー・ウェアがPSGで大活躍!! 

1 2018/08/14(火) 17:24:51.71 _USER9
<フランスリーグ:パリサンジェルマン3-0カン>◇12日◇パリ

フランス1部で昨季王者パリサンジェルマンはカンとの今季初戦を3-0の快勝で飾った。

前半10分にネイマールが先制し、同35分にラビオが加点。
後半44分には「リベリアの怪人」と呼ばれたG・ウェア氏の息子ティモシー・ウェアが同リーグ初得点となるダメ押し点を決めた
同リーグでの「父子ゴール」はジョルカエフ父子以来。
今季新加入したGKブフォンもフル出場し、好守を見せた。

no title

no title

no title

バルセロナ・デンベレをPSGが狙う!!バルサは断固死守の態勢? 

GettyImages-840205548-800x533
 パリ・サンジェルマン(PSG)が、バルセロナに所属するフランス代表MFウスマン・デンベレに関心を強めている模様だ。大手メディア『ESPN』が9日に報じている。

 デンベレは咋夏にドルトムントから1億500万ユーロ(約136億円)の移籍金でバルセロナへ加入。
しかし、昨シーズンは負傷に泣かされることも多く、リーガ・エスパニョーラでは17試合出場3得点という成績に終わっていた。

バルセロナは今夏、U-20ブラジル代表FWマルコムをボルドーから獲得。同じサイドアタッカーのマルコムを獲得したことで、デンベレはクラブから信頼されていないと感じるようになり、今夏のバルセロナ退団を考えているのではないかと報じられていた。

そして、今回の報道ではPSGが獲得に向けて動き出しているという。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00811031-soccerk-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索