Samurai Goal

PK


スポンサード リンク





「奇妙な助走」からPK失敗 パルメイラスの元JリーガーFWを海外酷評「馬鹿げたペナルティー」 

スクリーンショット 2021-02-12 19.38.32

PK研究の権威が語る、奥深き世界「ゴール上隅に飛んだPKのストップ率は0%。だが…」 

スクリーンショット 2021-01-23 20.54.36

「わけがわからない」PKの名手・クーマン監督が2本のPK失敗に怒り「バルサではあり得ない」 

スクリーンショット 2021-01-22 13.42.30

武藤獲得PKをGKが決める珍事もエイバル逆転負け 

スクリーンショット 2021-01-22 11.19.55

神戸前川が投稿「敗因は僕のミス」ACLでPK献上 

スクリーンショット 2020-12-14 21.42.21

<名古屋フィッカデンティ監督>PKの判定覆りに激怒!「試合をぶち壊された」まさかの「PK取り消し」発生 

1: 2020/12/13(日) 00:26:20.07 _USER9
◆明治安田生命J1リーグ▽第32節 名古屋0―0横浜C(12日・パロ瑞穂)

 天皇杯出場権の2位以内を狙う3位の名古屋は横浜Cと0―0で引き分け、勝ち点2を取りこぼした。

 0―0の後半34分、ペナルティーエリア内で横浜Cの選手にハンドがあったとして名古屋にPKが宣告されたが、審判団の話し合いの末に判定が取り消しになった。フィッカデンティ監督は「映像を確認しても完全にPK」と怒りの声を上げ、Zoomで記者会見に参加する報道陣に対して、「皆さん、PKだったと思う方はうなずいていただけたら。…そうですよね」と逆質問。「アシスタントレフェリーから助言を受けての訂正だと思うが、それは説明にならない。我々は抗議の練習をしていなかった。そこの部分だけ横浜Cが上回った」と淡々と振り返った。

 直後にMFガブリエルシャビエルがラフプレーで退場。数的不利の状況で得点を奪うことはできなかった。指揮官は「あのレッドカードについても、主審がナーバスになっていたのではないかと考えてしまう」とバッサリ。「後味の悪い終わり方をしてしまった。ゲームを振り返る価値がない。試合をぶち壊された」と怒りは収まらなかった。

12/12(土) 16:45 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/4975328304793b2405204269fcaa3b107fc8abf1

写真
no title


J1でまさかの「PK取り消し」発生 異例の事態に物議…“話し合い”後の判定変更に疑問の声も
https://news.yahoo.co.jp/articles/6a877f9e23f7ea3a1b2229eedbfdb00c60eb422f

J1でまさかの「PK取り消し」発生 異例の事態に物議…“話し合い”後の判定変更に疑問の声も 

スクリーンショット 2020-12-12 22.18.49

【名古屋】フィッカデンティ監督「試合をぶち壊された」PKの判定覆りに激怒、報道陣に逆質問も 

スクリーンショット 2020-12-12 18.35.48

ACL第3節 FC東京、上海申花に終始優勢もPKから失点…ACL再開初戦、Jリーグ勢としては今季初黒星 

スクリーンショット 2020-11-24 21.34.17




1: 2020/11/24(火) 20:56:02.37 _USER9
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は24日にグループFの第3節が行われ、FC東京は上海申花(中国)と対戦した。

ACL|FC東京 vs 上海申花|結果・スタッツ

新型コロナウイルスの影響で2月から中断が続いていたACL。今年度の大会はカタールでの集中開催となった。日本勢の再開初戦は、これまで1勝1分けで2位につけるFC東京と1勝1敗で3位の上海申花による一戦。幸先の良いリスタートを切りたいFC東京は、ディエゴ・オリヴェイラや永井謙佑、レアンドロらを先発で送り出している。

試合は序盤からFC東京が支配率を高めていき14分にはボックス内中央のレアンドロがシュートを浴びせたが、ここは上海申花DFがブロック。その後も相手を押し込み続けるFC東京だったが、なかなか得点を奪うには至らない。

前半終了間際にはボックス手前左のFKからステファーヌ・エムビアにフリーでヘディングシュートを許したもののオフサイドの判定。スコアが動かないまま折り返しを迎える。

後半に入ると上海申花が盛り返して中盤での争いが激化していくものの、それでもFC東京が比較的優位に運ぶ。最前線のD・オリヴェイラがファウルで止められるシーンが増えて幾度か相手陣内でFKを獲得する。しかし、簡単には得点に結びつかない。

互いに選手を入れ替えて打開を図る中、先にスコアを動かしたのは耐え続けた上海申花だった。70分、ピッチ中央付近で上海申花がFKを獲得し、ボックス内にボールが蹴り込まれる。抜け出そうとした相手を中村帆高が倒してしまったとしてPKの判定が下されると、キッカーのユー・ハンチャオが落ち着いて沈めた。

失点後も攻勢を保つFC東京だったが、最後までゴールをこじ開けることができずに試合が終了。アジアの舞台において日本勢として今シーズン初の敗北を喫することとなった。27日のグループステージ折り返しとなる第4節で再び上海申花と相まみえるFC東京は、リベンジを果たすことができるのだろうか。

■試合結果
FC東京 0-1 上海申花

■得点者
FC東京:なし
上海申花:ユー・ハンチャオ(72分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e51c6f6cde5826fad132329e465bbd5a93a8d9c4

ACLグループリーグ順位
https://www.jleague.jp/standings/acl/

「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持つ者だけ」21世紀で最もPKを外したのは誰? 

スクリーンショット 2020-11-15 23.59.59


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索