Samurai Goal

OB


スポンサード リンク





バルサが陥った自滅のループ。OBから「終わり」「戦力不足」と厳しい声 

スクリーンショット 2021-02-24 5.03.38




1: 2021/02/24(水) 03:49:44.78 _USER9
2月21日、バルセロナは本拠地カンプノウでカディスと対戦し、終盤に追いつかれて1-1の結果に終わった。昇格組にも勝ち切れず、首位アトレティコ・マドリードとの勝ち点差は8で、リーガ・エスパニョーラ優勝は厳しくなってきた。

「果てしなく続く自滅」

 スペイン大手スポーツ紙『アス』の見出しは強烈だ。チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の第1戦、同じく本拠地でのパリ・サンジェルマン(PSG)戦で1-4と大敗したことを揶揄していた。

 ここ数年、バルサはCLの正念場で一敗地にまみれてきた。

 2016-17シーズンにはユベントスに3-0(2試合合計、以下同様)、2017-18シーズンにはローマに3-0、2018-19シーズンにはリバプールに4-0、そして2019-20シーズンはバイエルンに2-8と惨敗しているのだ。

 PSG戦は、"たまたま"大敗したわけではない。

「バルサは老いた。サイクルの終わりだ」

 かつて、デビューしたてのリオネル・メッシとバルサでポジションを争った元フランス代表リュドヴィク・ジュリの言葉は重い。バルサは"自滅のループ"を続けるのか――。

「(ロナルド・)クーマン監督が(ジェラール・)ピケを起用したことを批判する記事を読んだが、そうせざるを得ない状況があった。バルサには十分な戦力がなかったんだ。パリにはケガ人が出ても、代わるだけの選手がいた」

 レジェンドのひとり、リバウドは、PSG戦大敗の理由を簡潔に語っている。

 ジョゼップ・マリア・バルトメウ前会長は、サンドロ・ロセイ元会長に輪をかけて、バルサをいたぶる放漫経営を続けてきた。戦力として稼働していないフィリペ・コウチーニョに1億4500万ユーロ(約180億円)、ウスマン・デンベレに1億4000万ユーロ(約165億円。当初は1億500万ユーロだったが、出場数ごとのインセンティブで増えていった)の移籍金を支払い、金庫を空に。あろうことか有力な若手選手を売却し、1800万ユーロ(約23億円)で獲得したのが"毒にも薬にもならない"FWマルティン・ブライスワイトという茶番だ。

チーム改革は急務だったが、ここ数年、主力の顔ぶれは変わっていない。今シーズン、アヤックスから新たに加入したセルジーニョ・デストはクーマンの秘蔵っ子だが、PSG戦では戦犯に近かった。ラス・パルマスから加入した18歳のペドリは希望の星だが、的外れな補強は多い。強化のずさんさを象徴する選手がいる。

 2020年1月、700万ユーロ(約8億7000万円)でパルメイラスから移籍してきたブラジル人MFマテウス・フェルナンデスは、「幽霊選手」と風刺されている。契約後、すぐにバジャドリードへレンタルされたが、ケガも多く、ほぼ出場機会はなし。今シーズンは入団会見も行なわれず、売りに出されたが、バルサどころか1部レベルの選手ではなく、結局、引き取り手が見つからなかった。

 背番号19の幽霊を作ったのは、昨シーズンまでのスポーツディレクター、エリック・アビダルだ。

 パルメイラスのリザーブチームの練習を見て、アビダルはマテウスにほれ込んだという。交渉力が低いだけでなく、スカウティング力もなかったのだ。昨シーズン途中には突然エルネスト・バルベルデ監督を解任。不振の責任を選手にかぶせ、「自分の仕事をしてほしい」とメッシの怒りを買った。

 もっとも、前任のスポーツディレクター、ロベルト・フェルナンデスも似たようなものかもしれない。実はネイマールが退団後の2017年夏、1億ユーロ(約125億円)でキリアン・エムバペ(PSG)を買い取れる機会があったが、デンベレにそれ以上の大金を費やしたのだ。結果論とは言え、バルサの敗北は自明の理だった。

 クーマンはぜい弱な守備にテコ入れをし、再建を目指した。しかし、堅いディフェンスを実現するだけの選手は存在しなかった。そもそも、バルサというクラブが「攻撃こそ最大の防御なり」を極めることで成立してきた。その点、クーマンもバルサの監督としては限界があるのだろう。

 PSG戦でチームは混乱の極みに達していた。最強時代を戦ってきたピケは誇りが傷つけられたのか、前線の選手にやり場のない怒りをぶつけた。

「もう少しキープもできないのか。もう5分も攻められ続けて、走りっぱなしだぞ、クソったれ」

 怒鳴りつけられたアントワーヌ・グリーズマンも、負けずに返した。

「落ち着けよ。叫ぶのをやめろ。俺たちだって走っているんだ」

(後略)

Sportiva 2/23(火) 17:55
https://news.yahoo.co.jp/articles/902b8bb1709b1379975e6bf872982fc2003b9a24

南野拓実のベストポジションを リバプールOBが断言「特性を生かせる」 

スクリーンショット 2020-09-07 23.22.53

「何を言っても許されると思ってない?」批判浴びるDF藤春にG大阪OBが言及 

スクリーンショット 2020-09-01 17.54.20

マドリーの伝説OBが辛口言及「ヴィニシウスに破格年俸の価値はない」 

20200526-00010005-sportes-000-1-view

「ヤツらは女たちを連れ込んで…」元ナイジェリア代表CBが明かした98年W杯“衝撃の真実” 

1: 2020/04/11(土) 05:49:29.93
なぜスーパーイーグルスは無残に敗れ去ったのか

かつてナイジェリア代表の最終ラインで異彩を放った、タリボ・ウェストというCBを覚えているだろうか。
名前よりも奇抜な色合いのドレッドヘアを見て、ピンと来るファンも多いはずだ。

オセールやインテル、ダービー・カウンティなどで活躍したウェスト氏は、2008年に現役を引退。
現在46歳で、母国ナイジェリアでキリスト教の牧師として、布教活動に従事している。
スーパーイーグルス(ナイジェリア代表の愛称)で主軸を張っていた当時から、敬虔なクリスチャンとして有名だった。

ウェスト氏とナイジェリア代表が一躍脚光を浴びたのは、1996年のアトランタ五輪だ。
ヌワンコ・カヌーやジェイジェイ・オコチャ、フィニディ・ジョージ、サンデー・オリセーら名手たちとともに金メダルを獲得し、史上最強のアフリカチームと謳われた。
そして2年後の1998年、彼らは脂が乗り切った状態でフランス・ワールドカップを迎える。

グループリーグは圧巻だった。下馬評に違わぬダイナミックなサッカーを展開し、スペインを3-2、ブルガリアを1-0で連破する。
早々に1位突破を決め、最終戦は複数のレギュラーを温存した(パラグアイに1-3で敗北)。
だが、決勝トーナメント1回戦であっさりと姿を消してしまうのだ。
伏兵デンマークにコテンパンに叩きのめされ、1-4の完敗を喫したのである。

なぜタレント集団は無残に敗れ去ったのか。ウェスト氏は、ナイジェリアの全国紙『The Punch』で淡々と当時を振り返った。

「試合後、ナイジェリア国内でとんでもない大バッシングを浴びたね。それはそうだ。グループリーグでの内容を見れば、僕たちが負けるなんて誰も予想していなかっただろう。
でも、そこに大きな油断があった。チームは自己過信の極致にあったと言っていい。そして、あるまじき“事件”が起こったんだ」

大会当時、欧米のメディアが敗因に挙げたのは、代表選手たちの夜遊びだった。
デンマーク戦前日にナイトクラブに出掛けて飲んだくれ、その結果、試合でまったく動けなかったと──。
ウェスト氏は「少なくとも僕は、仲間たちがナイトクラブに行った事実は確認していない。
夜通しで遊んでいたのはたしかだが、それは滞在していたホテルの中での話だ」と、22年越しの真実を明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200411-00010002-sdigestw-socc
4/11(土) 5:37配信

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title




https://www.youtube.com/watch?v=YtTnQ6ZgAdc


オリセー



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索