Samurai Goal

MVP


スポンサード リンク





「一度もドリブル突破許さず」ボローニャで大活躍の冨安健洋、地元紙が驚異のデータも紹介  

GettyImages-1171195025-500x333




1: ゴアマガラ ★ 2019/09/02(月) 18:23:23.19 ID:3fP4GAEc9
ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋について、地元紙『コリエレ・ディ・ボローニャ』が1日、特集を組んで選手を称えた。

冨安は今夏、シント=トロイデンからボローニャへとステップアップ。2018年冬にDF長友佑都がインテルを退団して以降、日本人不在となっていたセリエAにおいて、
開幕戦のヴェローナ戦(1-1)でデビューを飾った。30日のスパル戦(1-0でボローニャが勝利)でもフル出場で印象的な活躍を見せ、『ガゼッタ・デロ・スポルト』などから2試合連続でチーム内最高評価を得た。

地元紙は1日、冨安について特集を組み、「ボローニャの新星」として注目。「ヴェローナ戦では兆しに過ぎなかったが、スパルとのダービーで明らかになった。
“トミさん”の魔法の世界へようこそ」などと紹介した。「タケヒロ・トミヤスはわずかな出場数で、誰をも虜にした。夏にはカステルロットのアルプスの牧場で、
あの歌声と面白おかしいダンスを披露。ロッカールームの人気者となった。ピッチではさらに好評だ」と続けた。

またセンターバックが本職の冨安について、「福岡出身の青年は、本来のポジションではないにも関わらず、右サイドバックのポジションを命じられ、
守備担当のガブリエル・ライモンディの指示に従った」と説明。「練習を追うごとに、レギュラーとしての地位を確立し、
セリエAでの最初の2試合でボローニャのMVPとなった」と続け、日本代表DFが新天地で最高のスタートを切ったことを振り返った。

さらに、「ボローニャは、弱冠20歳ながらも非常にひた向きで、素晴らしいフィジカルやテクニックを持つ青年を発見した」と言及。
「紙上」ではサイドバックだが、場合によって2人のセンターバックとともに3バックを組むシニシャ・ミハイロヴィッチのシステムに触れ、
「単なる“サイドバックに適応したセンターバック”以上の力を証明している」と称えた。

続いて、「トミヤスは右サイドで攻撃にも上がる」と綴り、ヴェローナ戦での攻撃への貢献度にも注目。「日本人選手の相手陣内のパスは、
セリエA第1節全体で最多となる64本を記録」したことを紹介した。スパル戦においても、「ドリブル成功は7回中5回。78%のパス成功率に加え、CKから惜しいヘディングシュートもあった」とし、
ボローニャの攻撃において、「並外れた数字」を残していると強調した。さらに「最も注目すべき点は、セリエAでの2試合において1度もドリブル突破を許していないことだ」と綴り、守備力も高く評価した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00010038-goal-socc

ボローニャDF冨安健洋にチーム最高評価7.0!現地紙が攻撃力絶賛「ピッチで最高の選手となった」  

20190831-00000204-spnannex-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/31(土) 19:14:28.36 ID:lch2bzHE9
◇セリエA・第2節 ボローニャ1―0SPAL(2019年8月30日 ボローニャ)

 セリエAのボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋がホームのSPAL戦に右サイドバックで先発し、リーグ開幕2試合連続(公式戦3試合連続)のフル出場。1―0での今季リーグ初白星に貢献した。

 開幕戦後に「攻撃のところでもうひと工夫できたと思う」と話していた冨安が、2戦目で攻撃力を猛アピールした。身長1メートル87の本職がセンターバックの選手とは思えないテクニックとスピードを披露。前半25分、高い位置でパスを受けると華麗なダブルタッチで相手2人をかわしてホームの観客を沸かせた。後半9分には速攻からの1対1でボールを前に出してから”裏街道”で相手を振り切るスピードを発揮。セリエAの公式記録では、トップスピードで両チームの中で最速の時速32.95キロをマークした。また、「改善していかないといけない」と話していた守備でも無失点に貢献した。

 地元紙はリーグ開幕戦に続いて冨安を絶賛した。ガゼッタ・デロ・スポルト紙は「センターバックとして生まれたが、右サイドを注意深く守り、そしてウイングのように攻める。またしてもピッチで最高の選手となった」とチーム最高の7点(10点満点)を付けた。コリエレ・デロ・スポルトもチーム最高タイの7点を付け「ボールを持っていない時より、ボールを保持していた時のプレーの方が良かった」と攻撃面を評価。6・5点を付けたトゥットスポルトは試合レポートの中で「冨安は質と量を兼ね備えた選手であることを証明した。前半25分、日本人というよりもブラジル人と形容されるべき(華麗な)プレーでCKを獲得した」と評した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00000204-spnannex-socc

ボローニャ冨安、2試合連続でチーム最高評価!「再びピッチのMVP」

セリエA第2節が30日に行われ、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは1-0でSPALを下し、今シーズン初白星を手にした。試合後、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が採点を発表した。

 右サイドバックで2試合連続の先発出場を果たした冨安は、積極的なドリブルを仕掛けるなど攻守にわたって存在感を発揮。フル出場でチームの勝利に貢献した。『ガゼッタ』は「トミヤス、嬉しい証明」という言葉とともにチーム最高となる「7」をつけ、「注意深く、サイドアタッカーのような攻撃力で右サイドを掌握。再びピッチの上のMVP」と2試合連続で高評価を与えている。

 代表ウイーク明けの次節、ボローニャはアウェイでブレシアと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00974903-soccerk-socc

出場時間10分でのMVP受賞に中村憲剛「みんなからズルいって」…世界との差についても言及  

1: 豆次郎 ★ 2019/07/20(土) 07:44:30.83 ID:lwQMzVmB9
7/20(土) 6:30配信
出場時間10分でのMVP受賞に中村憲剛「みんなからズルいって」…世界との差についても言及

川崎フロンターレの中村憲剛は、自身がアシストした決勝ゴールの場面を振り返るとともに、ピッチ上で感じた“世界との差”について語った。

19日に行われた明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019で川崎はチェルシーと対戦。この試合に83分から出場した中村は、早速攻撃の起点になると、87分にレアンドロ・ダミアンの決勝点をアシストする活躍を見せて、1-0の勝利に大きく貢献した。

さらに、この活躍を称えられた同選手はわずか10分程度の出場でMVPを獲得。試合後、中村はMVP受賞について「みんなはズルいって言っていました」と明かし、決勝点の場面について語った。

「セットプレーのところで結構ショートできそうだなって雰囲気がかなりあって、そこは新チームですし、選手も替わった状態なので仕込まれてないと思っていました。(脇坂)泰斗が行った瞬間、僕が行っても誰も来なかったのでチャンスと思いました。本当にダミアンが決めてくれて良かったと思います」

「わずかな時間ですけど、自分のやるべきことをやらなきゃいけないっていうのはいつもと一緒です。今日はそれがうまくいったケースだったと思います」

しかし、中村は昨シーズンのヨーロッパリーグ王者チェルシーに勝利したものの「止めて蹴る、パススピード、ポジショニング」が世界レベルから見れば劣っていると感じたようで、Jリーグ全体でのレベルアップが必要だと主張した。

「Jリーグでできてる方かもしれないけど、やっぱり世界と同じテーブルでやってまだまだ。まだ差は全然縮まってないなっていうところは感じました。向こうよりも止めて蹴るができないと、多分戦えないと思う。それはベンチから見ていてすごい『あー、これは大変だな』っていうのは感じましたね」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00010001-goal-socc
no title

C・ロナウドがセリエA年間MVPに!! 移籍初年度でユーベの8連覇に貢献  

20190519-43467178-gekisaka-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/05/19(日) 18:00:51.47 ID:w/IQ5Chj9
ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(34)が、2018-19シーズンのセリエA年間最優秀選手賞(MVP)に選出された。リーグ公式サイトが伝えている。

 今季レアル・マドリーから加入したC・ロナウドは、適応に時間が掛かるとみられていたが、第4節サッスオーロ戦で移籍後初ゴールを決めると、あと2試合を残してリーグ戦30試合で21ゴール8アシストを記録。ユベントスのリーグ8連覇に貢献するとともに、自身にとってはイングランド、スペインに次ぐ欧州3大リーグ制覇という史上初の快挙を成し遂げた。

 そのほか、年間最優秀若手選手賞にローマのMFニコロ・ザニオーロ(19)が選出され、ポジション別の最優秀選手として、GKサミール・ハンダノビッチ(インテル)とDFカリドゥ・クリバリ(ナポリ)、MFセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ(ラツィオ)、FWファビオ・クアリャレッラ(サンプドリア)が選ばれた。

▼年間最優秀選手賞(MVP)
クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)

▼年間最優秀若手選手賞
ニコロ・ザニオーロ(ローマ)

▼年間最優秀GK
サミール・ハンダノビッチ(インテル)

▼年間最優秀DF
カリドゥ・クリバリ(ナポリ)

▼年間最優秀MF
セルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ(ラツィオ)

▼年間最優秀FW
ファビオ・クアリャレッラ(サンプドリア)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-43467178-gekisaka-socc

「日本代表を本気で目指せばよかった」寡黙な男、家長昭博が初めて明かした後悔と海外で変化した人生観  

20190405-00120122-roupeiro-000-23-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/05(金) 17:15:32.68 ID:RUkI36t29
2018年12月。Jリーグの年間表彰式「Jリーグアウォーズ」で、最も注目されたMVPに輝いたのは川崎フロンターレのMF家長昭博だった。

川崎に加入してから2年目にしてリーグ連覇に大きく貢献したことが評価されての初受賞。

「このような名誉ある賞を、6得点7アシストという平々凡々な記録でもらうのは心苦しいですけど、本当にありがとうございます」

控え目な受賞スピーチからは謙虚さがにじみ出ていた。それはピッチで見せる姿においても多少、似ているところがあるのかもしれない。プレースタイルは淡々としていて、あまり感情を表に出すタイプでもない。

ただ、現在32歳の家長がJリーグを代表する選手へと成長した背景には、数々の経験に裏打ちされた“何か”があるからではないか――。

去年からそれを聞いてみたいと思っていた。ただ、周辺から聞こえてくるのは、家長は“気難しい”、“本音を中々話さない”という声。

もちろん、元々口数が少ない選手なのだろう。だからこそ、彼の本心と素顔に迫りたいと思い、インタビューを申し出た。
話を聞くうち、そこには、これまでのイメージが180度覆るほど、人間味あふれる“家長昭博”の姿があった。

昨年のJリーグMVP、それも元日本代表選手というトップアスリートを前に、初対面でこんなことをいきなり聞くのは失礼だと思ったが、すでに口が先走っていた。

「家長選手は取材が嫌いだと聞いたのですが」

すると、家長は表情を変えず淡々とこう答える。

「別に好んで出たい感じはないんです。それに自分からはそういう風に言っていないんですよ。
『取材は好きか、嫌いか?』と聞かれたら、『あまり好きではないかもしれないです』と言うだけです。それにあまり目立ちたいとかもなくて」

そう言われると少し身構えてしまいそうだが、第一印象として私は決してそうは思わなかった。

むしろ、家長から感じる雰囲気や話し言葉で、周囲が半ば強引に“気難しい”と思ってしまっている部分が、多少なりともあるのではないか。

決して心を開かない選手ではなく、自分のことをより客観的にとらえ、物事を深く考えているプロサッカー選手だった。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kimmyungwook/20190405-00120122/
4/5(金) 11:00

冨安、史上最年少MVPあるぞ CB起用で4試合全て無失点 

20190130-00000014-spnannex-000-2-view

<家長昭博がMVP初受賞!>Jリーグアウォーズでベスト11など各賞を表彰  

4155b_260_ienagajpg_1k4tai0d46xgz1dhdksl3nzsb5




1: 2018/12/18(火) 21:08:23.18 _USER9
Jリーグは18日、横浜アリーナで「2018 Jリーグアウォーズ」を開催し、最優秀選手賞(MVP)、ベストイレブンなど各賞を表彰した。川崎フロンターレのMF家長昭博が初の最優秀選手賞(MVP)を受賞した。

 リーグ2連覇を達成した川崎Fからは家長の他、MF中村憲剛、MF大島僚太、DF谷口彰悟、DF車屋紳太郎、DFエウシーニョ、GKチョン・ソンリョンの最多7人がベストイレブン入りしている。

 各賞の受賞者は以下の通り(数字は受賞回数。フェアプレー賞は反則ポイントが少ない順。★は賞金授与対象)

< 最優秀選手賞 >
MF家長昭博(川崎F)初

< ベストイレブン >
GKチョン・ソンリョン(川崎F)初
DF西大伍(鹿島)2
DFエウシーニョ(川崎F)2
DF車屋紳太郎(川崎F)2
DF谷口彰悟(川崎F)初
MFチャナティップ(札幌)初
MF家長昭博(川崎F)初
MF大島僚太(川崎F)初
MF中村憲剛(川崎F)8
FWジョー(名古屋)初
FWファン・ウィジョ(G大阪)初

< 得点王 >
FWジョー(名古屋)初

< ベストヤングプレイヤー賞 >
FW安部裕葵(鹿島)

< フェアプレー賞 高円宮杯 >
★セレッソ大阪(初受賞)

< フェアプレー賞(J1) >
★広島、★浦和、長崎、鹿島、FC東京、仙台、柏、川崎F、G大阪

< フェアプレー賞(J2) >
★大分、新潟、大宮、東京V、熊本、讃岐、岐阜、松本、甲府

< フェアプレー賞(J3) >
★秋田、琉球、沼津、北九州、群馬、FC東京U-23、YS横浜、鳥取

< フェアプレー個人賞 >
GK西川周作(浦和)2
GK秋元陽太(湘南)2
FW澤田崇(長崎)初

< 優勝監督賞(J1) >
鬼木達(川崎F)2

< 優秀監督賞(J1) >
ペトロヴィッチ(札幌)初

< 優勝監督賞(J2) >[新設]
反町康治(松本)初

< 優秀監督賞(J2) >
片野坂知宏(大分)初

< 優勝監督賞(J3) >[新設]
金鍾成(琉球)初

< 優秀監督賞(J3) >
吉田謙(沼津)初

< 最優秀主審賞 >
佐藤隆治 初

< 最優秀副審賞 >
山内宏志 初

< 最優秀育成クラブ賞 >
横浜F・マリノス 初

< 最優秀ゴール賞 >
MF大島僚太(川崎F)初 ※J1第30節・神戸戦(等々力)69分

< 功労選手賞 >
石原克哉(甲府)
加地亮(岡山)
坂田大輔(福岡)
土屋征夫(京都)
羽生直剛(千葉)
※( )は最終所属クラブ

12/18(火) 20:20配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-10458278-gekisaka-socc

JリーグMVP 川崎・中村憲剛が穴 

201802200011-spnavi_2018022100024_view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索