Samurai Goal

MVP


スポンサード リンク





2G2Aの遠藤航、独誌で文句なしの最高点&初のMVP獲得!”特別際立った”パフォーマンス 

スクリーンショット 2021-03-01 11.20.46




1: 2021/03/01(月) 10:01:26.17 _USER9
シャルケ戦で2ゴール2アシストのシュトゥットガルトの日本代表MF遠藤航が、ドイツ誌『キッカー』でのブンデスリーガ第23節MVPに輝いた。

全公式戦先発出場中の遠藤は27日に行われたシャルケ戦にも守備的MFでスタート。遠藤は、この試合の10分、CKからファーで強烈なボレーを叩き込むと、26分にもCKの場面でファーでフリーに。再びネットを揺らし、ブンデスリーガ1部での初ゴールに続き自身2点目を記録。さらに88分と後半アディショナルタイムと仲間たちの得点をアシストし、5-1での大勝の立役者となった。

そんな大活躍を受け、デジタル版の速報でもすでに「エンドウがシャルケにレッスンを与えた」と伝えていた『キッカー』はマッチレポートも「傑出したエンドウがシャルケの悲惨な守備に罰。ダブル・ドッペルパック(1試合2ゴール2アシスト)を達成」と題するなど絶賛。そして、評価では文句なしの最高点「1」を与え、マン・オブ・ザ・マッチ、第23節ベストイレブン、さらにMVPにも選出した。(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

パフォーマンスについては次のような寸評が記されている。

「キープ力があり、技術力や戦術理解度が高く、頼りになる上、献身的。しかも、それらすべてを稀に見るコンスタントさで発揮する。シュトゥットガルトの副キャプテンはシャルケ戦では特別際立ち、いつもの安定した守備的なパフォーマンスに加え、2ゴールと2アシストを記録したのだ」

『キッカー』のベストイレブン入りを果たしたのは今季3度目となる遠藤だが、MVPを獲得したのは今回が初めて。なお、今季のシュトゥットガルトからは第11節ボルシア・ドルトムント戦で2ゴール1アシスト記録のFWシラス・ワマンギトゥカ以来、今季2度目の選出となっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3e4fa5f45ff6a26fb71d9f4921c3d8cedadb7397

「セリエAからの勧誘が…」JリーグMVPのオルンガ、今冬にイタリア移籍も!? 伊メディアが去就情報を報道 

1: 2020/12/26(土) 15:20:02.15 _USER9
「彼はキャリアの一歩を踏み出す野心がある」

興味深い情報が舞い込んできた。

 現地時間12月25日、イタリアの移籍専門メディア『Calciomercato』が、柏レイソルに所属するケニア代表FWのマイケル・オルンガが、来る1月に開く欧州の移籍市場でJリーグを離れる可能性を指摘した。

そのパワフルさは、まさに大砲だ。2018年の8月に柏へ移籍したオルンガは、チームがJ2に降格した入団2年目にシーズン27ゴールをマーク。大きな期待を背負った今シーズンは、開幕からコンスタントに得点を量産。32試合で28ゴールを挙げ、J1得点王になるとともに、アフリカ人選手では史上初となるJリーグMVPを受賞していた。

 ライバルたちを圧倒する力強いプレーで一躍ブレイクを果たした26歳は、欧州でも注目の的だ。『Calciomercato』によれば、セリエAクラブからの関心が寄せられているという。

 同メディアは、「誰もが記憶しているカレッカも来た柏の黄色いユニホームを身に纏って日本を征服した」とオルンガを称えたうえで、「彼はキャリアの一歩を踏み出す野心がある」と続けた。

「26歳のオルンガは野心を捨ててはいない。彼はヨーロッパに戻りたいと思っている。そして彼のもとには、イタリアのセリエAからの勧誘もあるようだ」

 さらに同メディアは、「イタリアのクラブは、『たかが日本だろう』という偏見を捨てるべきだ」とオルンガへの太鼓判を押してもいる。

「イタリアのクラブは彼の経歴を踏まえて獲得を熟考していることだろう。そして、地球の隅々には、優れたプレーヤーがいると驚いているはずだ。いまやイタリアのクラブが必要とするのは、彼を獲得するための少しの勇気だけだ」

 Jリーグで圧倒的な存在感を放った点取り屋は、はたして今冬にイタリアでの挑戦を決断するのか。仮にそうなれば、柏にとって小さくない痛手となることは必至だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/11d2b57a28c6611204e69505dbfd75f5bffafd54
no title

柏・オルンガ、MVP&得点王の2冠も欧州評価低い事情 2億越えの年俸がネック 

スクリーンショット 2020-12-24 16.36.01




1: 2020/12/23(水) 22:30:12.44 _USER9
Jリーグの年間表彰式「Jリーグ・アウォーズ」が22日、オンラインで行われ、最優秀選手賞(MVP)はJ1柏のケニア出身FWオルンガ(26)が初受賞した。

 本来であれば、空前の独走優勝を果たした川崎からMVPが出てほしいところ。だが突出した選手がいたわけではなく、コロナ禍による特別ルールの「5人交代制」をフル活用できる層の厚さが強さの原動力だった。

 本命不在のMVP争いを制したのは、J1で7位に甘んじた柏の助っ人。28ゴールで得点王にも輝いたオルンガは「Jリーグ初のアフリカ人MVP、柏にとっても初の得点王。その2つがうれしい」と喜びを語った。

 193センチの長身に規格外のスピード、足元の技術まで兼ね備え、開幕からゴールを量産。8月には欧州の複数クラブが新シーズンに向け補強リストに挙げたものの、スペイン、イングランド、ドイツ、イタリアの4大リーグからオファーは届かず。
フランス1部か、スペインでも2部だった。

 ドイツのサッカー移籍専門サイト「transfermarkt」によれば、オルンガの市場価格は1億4400万円。柏とは2018年8月から3年契約を結んでおり、出場給やオプションを加えた年俸総額は2億円台に達する。

 J1の2冠王といえども、そこまで払って獲得しようという欧州トップリーグのクラブはないのが現実だ。

 やや寂しさはあるものの、「アフリカ人選手にもっとJリーグに来てほしい」と呼びかけるオルンガの受賞が呼び水となって、アフリカ大陸からさらなる逸材が日本を目指す効果に期待だ。 (編集委員・久保武司)

12/23(水) 16:56 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201223-00000005-ykf-spo

なぜ独走Vの川崎フロンターレからMVPが選出されなかったのか? 

1: 2020/12/23(水) 19:41:07.19 _USER9
 今シーズンのJリーグで活躍した選手や監督、クラブ、審判などの功績を讃える恒例の年間表彰式、Jリーグアウォーズが22日夜にオンライン形式で開催され、MVPにあたる最優秀選手賞に28ゴールをあげて得点王を獲得した、柏レイソルのケニア代表FWオルンガが輝いた。

 2位以下のチームの追随をまったく許さない、歴史的な独走劇でJ1リーグを制した川崎フロンターレからは、史上最多となる9人もの選手がベストイレブンに名前を連ねた。しかし、11人のなかから選出される最大の個人タイトル、最優秀選手賞には誰も手が届かなかった。

 DAZN(ダ・ゾーン)などで動画配信された今年のJリーグアウォーズ。ハイライトへのプロローグとなるベストイレブンの発表は、まるで川崎の先発メンバー紹介のような光景と化した。
 守護神チョン・ソンリョンに続いて、最終ラインの山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平、中盤の家長昭博、田中碧、守田英正、三笘薫と主力メンバーの名が9人連続で呼ばれたからだ。この時点で1994シーズンのヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)、2002シーズンのジュビロ磐田、そして2018シーズンの川崎の7人を超える、史上最多のベストイレブン輩出が決まった。

 フォワード陣になって鹿島アントラーズのエヴェラウド、柏のオルンガと川崎以外の選手が初めて登場する。そして、村井満チェアマンが最優秀選手賞受賞者として、オルンガの名前を読み上げた。
 同一チームから7人がベストイレブンに選出された過去の3回は順にDFペレイラ、FW高原直泰、2年前の家長とすべて王者から最優秀選手が選出されている。しかし、今回で28回目を迎えたJリーグアウォーズの歴史そのものを振り返ってみれば、約3分の1にあたる下記の9シーズンにおいて、最優秀選手賞受賞者が優勝チーム以外から選出されている。

【1995年】ドラガン・ストイコビッチ(名古屋グランパス)優勝:横浜マリノス【1998年】中山雅史(磐田)優勝:鹿島【1999年】アレックス(清水エスパルス)優勝:磐田【2000年】中村俊輔(マリノス)優勝:鹿島【2001年】藤田俊哉(磐田)優勝:鹿島【2003年】エメルソン(浦和レッズ)優勝:マリノス【2007年】ポンテ(浦和)優勝:鹿島【2013年】中村俊輔(マリノス)優勝:サンフレッチェ広島【2016年】中村憲剛(川崎)優勝:鹿島

 オルンガは名だたるメンバーに続く、リーグ優勝チーム以外から選出された延べ10人目の最優秀選手となった。加えて、柏の今シーズンの順位である7位はこれまでで最も低かった、エメルソンが受賞した2003シーズンの浦和の年間総合6位をさらにひとつ下回っている。

 対照的に史上最速となる、4試合を残して今シーズンのJ1リーグを制した川崎は勝利数26、勝ち点83ポイント、総得点88、得失点差プラス57、2位との勝ち点差18ポイントと、J1が年間34試合体制となった2005シーズン以降の最多記録をことごとく更新。最終的に「3」にとどめた負け数も歴代最少を更新するなど、異次元の独走劇に新記録ラッシュで花を添えた。

写真
no title


12/23(水) 5:30 THE PAGES
https://news.yahoo.co.jp/articles/3881221807ffebc88b320b566f7d9d2cb694dea6

オルンガMVP&得点王「ウナギお願いしようかな」 

1: 2020/12/22(火) 23:33:05.27 _USER9
<Jリーグアウォーズ>◇22日

Jリーグの年間表彰式「Jリーグアウォーズ」が22日に行われた。

   ◇   ◇   ◇

ケニア代表の柏レイソルFWオルンガ(26)が、MVPと得点王の2冠に輝いた。アフリカ出身初のJリーグMVPで、柏から初の得点王誕生となった。今季は28点を挙げ、2位に10得点差をつける独走。オルンガは初ずくめの2冠に「光栄」と喜び「国内外にいい意味で影響を与えていきたい。Jリーグはアジアのベストのリーグとして、アフリカ選手にここでサッカーをしてほしい」と笑顔を見せた。

18年夏にスペインのジローナから柏に加入。日本の蒸し暑さに戸惑い、18年はJ1で10試合3得点にとどまった。自身の出来にフラストレーションもたまったが、サポーターからの信頼に「責任感を持ってプレーしないと」と意を決し、昨季はJ2で30試合27得点。「季節に順応し、日本の文化も理解し、チームメートといい関係を持てたことが成功につながった」と振り返る。

好物はウナギ。今季はコロナ禍で外食を控え、ウナギは食べていないが「シーズンが終わってほっとしたところで、デリバリーをお願いしようかなと考えてます」と笑う。日本の文化に慣れたオルンガは、来年1月4日のルヴァン杯決勝でも決定的な仕事をしそうだ。

no title


[2020年12月22日21時20分
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.nikkansports.com/m/soccer/news/amp/202012220000741.html%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAe6K8snNoaSW1wGwASA%253D

no title

セルジオ越後「右サイドは“彼の場所”と命名したい」川崎FのMVPを称賛 

1: 2020/11/27(金) 17:30:59.89 _USER9
【セルジオ越後の言いたい放題】

史上最速でJ1リーグ優勝を決めた川崎フロンターレに、セルジオ越後から祝福のメッセージ!
さらにリーグ優勝に最も貢献したセルジオが選んだMVPも発表!
「このままいけばカズを超えるかも」その選手とは!?

セルジオ越後コメント
川崎フロンターレの皆さん、本当に優勝おめでとうございます!

新たなJリーグの歴史を作りましたね。こんなに早く優勝を決めるJリーグは今までなかったですね。

見ていて楽しい、メンバーが代わっても代わっても同じサッカーができるという素晴らしさ。これはやっぱり他のチームのお手本になるし、注目するべき特徴だと思います。

ーMVPを選ぶとしたら、誰になりますか?

僕もすごく迷いました。

フロンターレの今年の活躍は「守りが充実していたから良い攻撃ができた」ことにあると思います。フロンターレはみんなで追いかけて、みんなで守って、みんなでプレッシャーをかけるっていうサッカーをやっていますね。

谷口彰悟選手はすごい活躍はしたんですよ。僕から見れば、今だったら日本代表にも入れると思いますよ。残念ながら今は国内組になっているけど。だけれども、サッカーはやっぱり点を取っていくら、攻撃が売り物です。記録をつくるくらいの破壊力がある攻撃が魅力があってファンを増やす、サッカーの醍醐味ですよね。

MVPは、その攻撃面に貢献した家長昭博選手です。歳を取るほど上手くなるね。上手くなるというのは技術的な面だけじゃなくて、要領がすごく良くなって、ポジショニングとかフリーになるとか、ピンポイントで冷静にボールを出せるというところ。その辺りが何年前から見てきている家長から、だんだんと磨かれてきている。カズを追い越せるんじゃないかなというくらいの要領の良いサッカーをしていますね。

右サイドでフリーになれば、いかに自分がチームに貢献できるかが分かっていて、そういう自分が活きる場所を見つけたんですね。右サイドを僕は“家長の場所”と命名したいくらいです。

相手から少し離れた場所にピンポイントでパスをして、何点もお膳立てをしているところが、フロンターレの一つの戦術のキーマンじゃないかと思います。タメもできてフリーになって周りを活かせるという、素晴らしい戦術と技術を持って今シーズンを過ごしたなという感じがします。

僕のMVPですよ。今年はJリーグアウォーズがないかもしれないから、そしたら俺があげるよ!今年のMVPはあなたです!本当にご苦労様でした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e5984802fbd26047070da19e86d7d17f860c175f
no title

no title

大暴れの大迫勇也がブンデス最終節のMVPに!「ブレーメンの救世主。彼がこの調子なら…」 

20200628-00010024-goal-000-1-view

U-20W杯MVPから1年…スペイン紙が韓国19歳MFに“緊急事態宣言” 

20200620-43481142-gekisaka-000-2-view

「一度もドリブル突破許さず」ボローニャで大活躍の冨安健洋、地元紙が驚異のデータも紹介  

GettyImages-1171195025-500x333




1: ゴアマガラ ★ 2019/09/02(月) 18:23:23.19 ID:3fP4GAEc9
ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋について、地元紙『コリエレ・ディ・ボローニャ』が1日、特集を組んで選手を称えた。

冨安は今夏、シント=トロイデンからボローニャへとステップアップ。2018年冬にDF長友佑都がインテルを退団して以降、日本人不在となっていたセリエAにおいて、
開幕戦のヴェローナ戦(1-1)でデビューを飾った。30日のスパル戦(1-0でボローニャが勝利)でもフル出場で印象的な活躍を見せ、『ガゼッタ・デロ・スポルト』などから2試合連続でチーム内最高評価を得た。

地元紙は1日、冨安について特集を組み、「ボローニャの新星」として注目。「ヴェローナ戦では兆しに過ぎなかったが、スパルとのダービーで明らかになった。
“トミさん”の魔法の世界へようこそ」などと紹介した。「タケヒロ・トミヤスはわずかな出場数で、誰をも虜にした。夏にはカステルロットのアルプスの牧場で、
あの歌声と面白おかしいダンスを披露。ロッカールームの人気者となった。ピッチではさらに好評だ」と続けた。

またセンターバックが本職の冨安について、「福岡出身の青年は、本来のポジションではないにも関わらず、右サイドバックのポジションを命じられ、
守備担当のガブリエル・ライモンディの指示に従った」と説明。「練習を追うごとに、レギュラーとしての地位を確立し、
セリエAでの最初の2試合でボローニャのMVPとなった」と続け、日本代表DFが新天地で最高のスタートを切ったことを振り返った。

さらに、「ボローニャは、弱冠20歳ながらも非常にひた向きで、素晴らしいフィジカルやテクニックを持つ青年を発見した」と言及。
「紙上」ではサイドバックだが、場合によって2人のセンターバックとともに3バックを組むシニシャ・ミハイロヴィッチのシステムに触れ、
「単なる“サイドバックに適応したセンターバック”以上の力を証明している」と称えた。

続いて、「トミヤスは右サイドで攻撃にも上がる」と綴り、ヴェローナ戦での攻撃への貢献度にも注目。「日本人選手の相手陣内のパスは、
セリエA第1節全体で最多となる64本を記録」したことを紹介した。スパル戦においても、「ドリブル成功は7回中5回。78%のパス成功率に加え、CKから惜しいヘディングシュートもあった」とし、
ボローニャの攻撃において、「並外れた数字」を残していると強調した。さらに「最も注目すべき点は、セリエAでの2試合において1度もドリブル突破を許していないことだ」と綴り、守備力も高く評価した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00010038-goal-socc

ボローニャDF冨安健洋にチーム最高評価7.0!現地紙が攻撃力絶賛「ピッチで最高の選手となった」  

20190831-00000204-spnannex-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/31(土) 19:14:28.36 ID:lch2bzHE9
◇セリエA・第2節 ボローニャ1―0SPAL(2019年8月30日 ボローニャ)

 セリエAのボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋がホームのSPAL戦に右サイドバックで先発し、リーグ開幕2試合連続(公式戦3試合連続)のフル出場。1―0での今季リーグ初白星に貢献した。

 開幕戦後に「攻撃のところでもうひと工夫できたと思う」と話していた冨安が、2戦目で攻撃力を猛アピールした。身長1メートル87の本職がセンターバックの選手とは思えないテクニックとスピードを披露。前半25分、高い位置でパスを受けると華麗なダブルタッチで相手2人をかわしてホームの観客を沸かせた。後半9分には速攻からの1対1でボールを前に出してから”裏街道”で相手を振り切るスピードを発揮。セリエAの公式記録では、トップスピードで両チームの中で最速の時速32.95キロをマークした。また、「改善していかないといけない」と話していた守備でも無失点に貢献した。

 地元紙はリーグ開幕戦に続いて冨安を絶賛した。ガゼッタ・デロ・スポルト紙は「センターバックとして生まれたが、右サイドを注意深く守り、そしてウイングのように攻める。またしてもピッチで最高の選手となった」とチーム最高の7点(10点満点)を付けた。コリエレ・デロ・スポルトもチーム最高タイの7点を付け「ボールを持っていない時より、ボールを保持していた時のプレーの方が良かった」と攻撃面を評価。6・5点を付けたトゥットスポルトは試合レポートの中で「冨安は質と量を兼ね備えた選手であることを証明した。前半25分、日本人というよりもブラジル人と形容されるべき(華麗な)プレーでCKを獲得した」と評した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00000204-spnannex-socc

ボローニャ冨安、2試合連続でチーム最高評価!「再びピッチのMVP」

セリエA第2節が30日に行われ、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは1-0でSPALを下し、今シーズン初白星を手にした。試合後、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が採点を発表した。

 右サイドバックで2試合連続の先発出場を果たした冨安は、積極的なドリブルを仕掛けるなど攻守にわたって存在感を発揮。フル出場でチームの勝利に貢献した。『ガゼッタ』は「トミヤス、嬉しい証明」という言葉とともにチーム最高となる「7」をつけ、「注意深く、サイドアタッカーのような攻撃力で右サイドを掌握。再びピッチの上のMVP」と2試合連続で高評価を与えている。

 代表ウイーク明けの次節、ボローニャはアウェイでブレシアと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00974903-soccerk-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索