Samurai Goal

MLS


スポンサード リンク





スアレス、アメリカからのMLS史上最高額オファーを拒否 年俸800万ユーロ(約10億円) 

1: 2020/09/19(土) 21:20:10.02 _USER9
FCバルセロナのウルグアイ人FWルイス・スアレスは、デビッド・ベッカムが会長を務めるインテル・マイアミから受けた年俸800万ユーロ(約10億円)の4年契約を拒否している。『ESPN』が報じた。


スアレスのオファーは、ユヴェントスからインテル・マイアミに加入するゴンサロ・イグアインへのオファーを上回るものであり、MLSにおいて最高額だったという。

これまでのMLSにおける史上最高額年俸は、LAギャラクシーでプレーしたズラタン・イブラヒモビッチの600万ユーロ(約7億4,000万円)だった。

スアレスは、アメリカでプレーする可能性は残しているものの、ヨーロッパであと数シーズンプレーしたいと考えているようだ。先日もペルージャを訪れイタリア語の試験に問題なく合格している。

EU圏内の選手としてプレーするための事務的な手続きが済んでいないことに加え、エディン・ジェコの加入が秒読み段階のユヴェントスへの移籍は、スアレスの去就をより複雑なものにしている。

現在、レオ・メッシとラディスラオ・クバラに続いてバルサ史上3番目の最多ゴール数を誇る“エル・ピストレロ”は、監督ロナルド・クーマン率いるバルサでトレーニングを続けている。

オランダ人監督は、フレンドリーマッチ2試合(ジムナスティック戦とジローナ戦)にスアレスを招集していないものの、もし移籍先が決まらずにバルサに残留することになれば、再びチームの戦力として構想に入れると伝えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e847f9c7136630d5ca3a91768f8dd96adff2ff68
no title

<北米で起きている激震>MLSがリーグMX(メキシコ)合併で巨大リーグに!アメリカ市場はまだまだ伸びる 

1: 2020/09/12(土) 09:36:18.86 _USER9
メキシコのトップリーグ・リーガMXのエンリケ・ボニラ代表(写真左)とMLSのコミッショナーであるドン・ガーバー。両者の利害は完全に一致したようだ
no title


北アメリカ大陸で、新たな動きがおこっていることをみなさんはご存じだろうか。
2026年に開催されるアメリカ・カナダ・メキシコ広域ワールドカップを前に、リーガMX(メキシコリーグ1部)とメジャーリーグサッカー(MLS)を統合しようとする試みである。

すでにその前段階として、昨年には両者のクラブによるリーグスカップが開催されている(今年はコロナ禍により中止)。アメリカ、カナダ、メキシコをまたぐひとつのリーグをつくる。
それは大陸全体を1つのマーケットにすることを意味し、新たな利益を生み出そうとする壮大なプロジェクトである。『フランス・フットボール』誌6月16日発売号でトマ・グバン記者がレポートしている。

●アメリカ市場はまだまだ伸びる

リーガMXのふたつのクラブ、アトラスとサントス・ラグナのオーナーであるアレハンドロ・イララゴリは、新しいリーグ構想に大きな期待を寄せている。
「MLSは順調に発展している。その市場は広大で、サッカーへの関心は高まっている。今こそ北米リーグの創設を考えるべきときだ。それは両者(メキシコとアメリカ)にとって大きなメリットがある」

たしかにイララゴリの場合は、彼が所有するアトラスが、この措置により降格を免れるという恩恵を受けた。
両国にとって大きなメリットがあると考えている人間は、実際にとても多い。そう考える勢力は、イララゴリがしばしばスポークスマンの役割を務めるメキシコサッカー協会においても多数派を占めている。

●リーグ合併の障害はどんなものがあるか?
 
一方、MLSからの公式コメントは何もないが、コミッショナーを務めるドン・ガーバーは、すでに昨年の時点で北米リーグの創設は「強力な力になる」と語っていた。
またある有力クラブの会長も、統合は「ポジティブな側面しか考えられない」と、匿名を条件にコメントしている。

実際、統合に向けての動きはスタートしている。

2018年には2026年ワールドカップ開催のためのパートナーシップが、アメリカとメキシコ、カナダの間で締結された。目的は「北米におけるサッカー人口を増やすため」であるとガーバーはいう。
そしてこのパートナーシップから昨年生まれたのが8チームによるリーグスカップだった。その第2回は、コロナ禍さえなければ規模を2倍の16チーム――参加資格はそれぞれのリーグの成績による――に拡大して、この7月21日に開幕するはずだった。

「リーグカップはふたつのリーグをひとつにしていくための第一歩だ」とガーバーは語っている。
ただ、リーグ創設までには障害もまた多い。その第一がカレンダーのすり合わせで、リーガMXが年2シーズン制であるのに対し、MLSは3月から10月までの1シーズンである。

ロジスティック面の整備も課題で、アメリカ東部からメキシコまでの移動は、東部からヨーロッパへの移動よりも距離が遠い。
また規約の統一も必要だが、この点でメキシコ側のオーナーの一部は、MLSが施行しているサラリーキャップ制に好感を抱いている

9/9(水) 7:01配信 ナンバー
https://news.yahoo.co.jp/articles/d7c436fd3fd1d9d4c84e9537e8717478901acd0f?page=1

サッカー黒人選手が百人以上デモ。米リーグMLS再開の初戦で 

20200306-00165712-roupeiro-004-13-view




1: 2020/07/09(木) 16:30:41.07
サッカーの米プロリーグMLSは8日、4カ月ぶりに再開してフロリダ州オーランド近郊で1試合が行われ、試合前にピッチ上で反人種差別デモが行われた。
スポーツ専門局ESPN(電子版)によると、各チームから集結した100人以上の黒人選手が参加した。

 黒人男性暴行死事件の犠牲者ジョージ・フロイドさんが白人警官に膝で首を地面に押し付けられた時間と同じ8分46秒にわたり、黙とうがささげられた。
選手は「黒人であることは誇り」「沈黙は暴力」などと書かれた黒いTシャツを着用。黒人差別への抗議活動の象徴として、黒い手袋をはめた右の拳を上げた。

https://www.daily.co.jp/soccer/2020/07/09/0013494527.shtml

<久保裕也>開幕2試合目でMLS初ゴール!エリア外から右足無回転ミドル... 

1: 2020/03/08(日) 13:02:58.35
MLS(メジャーリーグサッカー)のアトランタ・ユナイテッド対FCシンシナティ戦が現地時間7日に行われ、ホームのアトランタが2-1で勝利を収めた。シンシナティのFW久保裕也は先発でフル出場し、1得点を記録している。

 先週末に行われた2020シーズンMLS開幕戦に先発出場してデビューを飾ったが、無得点に終わっていた久保。2戦目となる今節も先発で起用された。

 試合は21分と55分にゴールを挙げたアトランタが2点をリードする展開。しかし64分、ペナルティーエリア手前左側で横パスを受けた久保が右足でシュートを放つと、アメリカ代表GKブラッド・グザンの逆を突いたボールがゴール右に突き刺さってシンシナティが1点差に詰め寄った。

 久保はベルギーのヘントでプレーしていた昨年7月にヨーロッパリーグ予選で2得点を挙げて以来、約7ヶ月半ぶりのゴール。だがシンシナティはそれ以上の反撃はならず開幕から2連敗を喫している。

3/8(日) 11:44配信フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200308-00365990-footballc-socc

写真
no title


動画https://matchcenter.mlssoccer.com/matchcenter/2020-03-07-atlanta-united-fc-vs-fc-cincinnati/recap

<MLS開幕戦>豪快ハンド!一発退場が妥当?GKの衝撃“決定機阻止”に賛否両論 

1: 2020/03/02(月) 20:46:04.98
ナッシュビルGKウィリスがペナルティーエリア外に飛び出してシュートを両手で阻止
no title


 米MLS(メジャーリーグサッカー)のナッシュビルSCに所属するアメリカ人GKジョー・ウィリスのプレーが議論を呼んでいる。果敢にペナルティーエリアから飛び出すもボールを奪えず、相手にロングシュートを放たれたなか、センターサークル付近で両手を使って阻止。イエローカードの判定に賛否両論となっている。

【動画】一発退場が妥当? ナッシュビルGKウィリスの“豪快ハンド”
https://www.football-zone.net/archives/249258/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=249258_6

 ナッシュビルは現地2月29日に行われたリーグ開幕節でアトランタ・ユナイテッドと対戦。1点ビハインドの前半28分に同点に追いつくも、その9分後に勝ち越しを許して劣勢のまま時間が経過し、迎えた後半アディショナルタイムだった。

 前がかりになったナッシュビルに対してアトランタがカウンターを仕掛けると、ナッシュビルGKのウィリスは迷わずペナルティーエリアを飛び出し、センターサークル付近のボールに向かって猛然とダッシュ。相手よりも先にボールに触れたが、こぼれ球を拾われ、相手MFエセキエル・バルコにロングシュートを放たれてしまう。

 すると、自陣のセンターサークル付近にいた31歳のアメリカ人守護神は、目の前に飛んできたシュートに対して両手を伸ばして阻止。反則覚悟のハンドに、主審からすぐさまイエローカードが提示された。

 アトランタの選手たちは決定的な得点チャンスだったとしてレッドカードが妥当だと主張したが、判定は覆らず。スコアはそのまま動かず、アトランタが2-1で逃げ切る形となった。

 衛星放送「FOXスポーツ」のサッカー専門ツイッターは「うーーん…」と綴り、疑問を呈すようにウィリスのプレー動画を公開。これには、「レッドカードでないのが信じられない」「サンデーリーグレベル」「冗談はいい加減にしてくれ」と一発退場を訴える声が上がった一方で、「彼は最後のディフェンダーではなかったからイエローだ」「正しいコールだ。ゴールを阻める選手の数は十分にいた」と、“決定的な得点チャンス”ではなかったと主張する者も少なくなかった。

3/2(月) 18:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200302-00249258-soccermzw-socc

久保裕也 MLSシンシナティ移籍が決定「シーズンのスタートが待ち遠しい」 

20200109-00000201-spnannex-000-9-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2020/01/10(金) 02:14:33.42 ID:+1RcWzUO9
スポニチアネックス
1/10(金) 2:03配信

 MLSシンシナティは9日、ベルギー1部ヘントからFW久保裕也(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。年俸制限のない「特別指定選手」として、3年契約+1年の契約延長オプション付き。背番号は「7」に決定した。3月1日(日本時間2日)のリーグ開幕ニューヨーク・レッドブルズ戦でアメリカデビューする可能性が高い。

 すでに現地入りし、メディカルチェックもパスした久保は「チームがしっかりした興味を持ってくれて、素晴らしいプロジェクトを示してくれた。成長過程のアメリカで自分も一層の成長をしたいと思えた」と新天地に選んだ理由を明言。ベルギーリーグでは負傷の影響もあって今季公式戦12試合3得点に留まり「個人としてはFWとして、10得点10アシストを目標にしたい」と巻き返しを期す。

 シンシナティは19年シーズンからMLSに参入。昨季は東地区12チーム中最下位ながら、シーズン平均2万7336人を動員した。同地区は秋山翔吾(前西武)が新加入するMLBレッズやNFLベンガルズが本拠地を置くなどスポーツが盛んな地。「サポーターの数や雰囲気はかなり良いと感じる。シーズンのスタートが待ち遠しい」と自身5カ国目の挑戦を心待ちにした。

 18年3月以降は日本代表招集なし。だがアメリカでゴールを量産すれば、再び日の丸の舞台に戻る可能性はある。リオ五輪世代エースストライカーの新しい物語が始まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000201-spnannex-socc

サラゴサ香川真司、状況一変でアメリカ移籍も スペイン紙報道「MLSからオファー」 

20200110-00239981-soccermzw-000-10-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/10(金) 12:35:25.45 ID:3HdOUtBH9
昨夏スペイン2部に移籍、今季リーグ戦18試合2ゴールも移籍の噂が急浮上

スペイン2部サラゴサに所属する日本代表MF香川真司に米MLS(メジャーリーグサッカー)からオファーが届いているという。
スペイン紙「AS」は「香川はMLSのクラブからオファーを受けている」と報じている。

香川は2019年8月に憧れ続けたスペインの地へ移籍。新天地サラゴサで開幕直後こそゴールを決めるなど活躍したが、体調不良も影響して徐々に失速。
一時はスタメンから外れる時期もあり冬の移籍市場で退団の可能性が噂されている。

そうしたなか、スペイン紙「AS」は「香川真司は最近、MLSのクラブからオファーを受けている」と伝えている。
今季リーグ戦18試合2ゴールの香川は、7日のスポルティング・ヒホン戦(2-0)で途中出場。
記事手は「日本人は今のところ移籍を考えていない」と記しているものの、状況が一変する可能性を指摘した。

「しかし実際には、香川のパフォーマンスに加え、ハビ・プアドとの契約もあり、出場機会が減りつつある。
さらにポルトガル人ストライカー、アンドレ・ペレイラの加入はさらなる競争を意味し、計画変更の可能性もある」

サラゴサは今冬、ポルトからヴィトーリアに期限付き移籍中のFWアンドレ・ペレイを補強しており、前線の争いは激化する。
また香川のチーム2番目という給与もポイントに挙がっており、MLS移籍はあり得ると見ている。

9日にはベルギー1部ヘントFW久保裕也がMLSシンシナティへ移籍した。岐路に立たされている香川はどのような決断を下すのか注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200110-00239981-soccermzw-socc
1/10(金) 11:00配信

イブラの年俸はMLS“史上最高”の7.8億円。選手協会が全選手年俸公開 

20190613-00325874-footballc-000-2-view[1]

【笑撃動画】コロコロパスをまさか空振り…米GKの笑撃プレーに「凡ミス・オブ・ザ・イヤー」の声 

20190610-00063263-theanswer-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/06/10(月) 23:43:09.67 ID:/aPgIgAP9
米MLSでGKベガのまさかの珍プレーが話題「悪夢を見た」
 米メジャーリーグサッカー(MLS)での信じられないようなGKのミスが話題を呼んでいる。味方からの何でもないパスをトラップミス。そのままゴールに入ってしまう笑撃の瞬間を、海外メディアが動画付きで公開。サッカーファンからは「プロでどうすればこんなことができるんだ」などと驚きを通り越し、呆然とするような反響の声が集まっている。
https://the-ans.jp/news/63263/3/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=63263_6

勝負にミスはつきものだが、これは……。呆れるばかりのプレーが起きたのは8日(日本時間9日)の同リーグ、サンノゼ・アースクエイクスとFCダラスの一戦だった。

 0-0の前半27分。サンノゼのGKダニエル・ベガがまさかの珍プレーを犯してしまった。自陣の左サイドの味方からコロコロとグラウンダーのパスを送られた。練習のような速度でトラップミスをするほうが難しいようなパスだったのだが、次の瞬間だ。

 次のパスコースを考えていたのか、ボールから目を切り前方へ目をやるベガ。何気ないパスを収めようとしたが、ボールは自分が思っていた場所にはなかった。自身の股の間をすり抜け、かつ自身の右足に当たりコースが変わって、ゴールに吸い込まれてしまったのだ。

ファンは嘲笑「観る前にMLSだと分かった(笑)」
 アマチュアのような信じられないようなミス。英衛星放送「スカイスポーツ」は公式インスタグラムに「“凡ミス・オブ・ザ・イヤー!” サンノゼ・アースクエイクスのゴールキーパー、ダニエル・ベガは昨日チームがFCダラスと2-2で引き分けた試合で悪夢を見た」と題し、一部始終を動画で公開。目の当たりにしたファンからは怒りを通り越し、嘲笑するようなコメントも相次いでいる。

「アメリカンフットボール…」
「MLSのゴールキーパーを端的に表した例」
「プロでどうすればこんなことができるんだ」
「起こりえること」
「観る前にMLSだと分かった(笑)」
「MLSはハイクオリティ」

 痛恨のプレーで1点を先制されたものの、その後逆転に成功。しかし、後半に追いつかれ試合は2-2のドローに終わった。勝ち点3を逃した格好で、まさに悪夢のようなワンシーンになってしまった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190610-00063263-theanswer-socc

動画instagram
https://www.instagram.com/p/Byf1_3Mglnb/?utm_source=ig_embed

【動画】37歳イブラヒモヴィッチが衝撃ゴール…圧巻オーバーヘッドで今季12戦11発  

20190604-00010009-goal-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/04(火) 12:36:07.14 ID:S5acVLWd9
メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、圧巻のゴールを奪った。

LAギャラクシーは2日、ニューイングランド・レヴォリューションと対戦。
イブラヒモヴィッチは、0-2のビハインドで迎えた84分に衝撃弾を見せる。
相手陣内の右サイド深くで味方がロングスローを入れると、正面の選手が触ったあとにボールはファーのイブラヒモヴィッチへ。
37歳のFWは、胸トラップからワンタッチで自身の背後にボールを浮かせて、オーバーヘッドキック。
鋭いシュートがネットを揺らした。

スタジアムでもこのゴールに多くの観客が立ち上がって拍手喝采。
イブラヒモヴィッチは、これで今季リーグ戦12試合で11発目とした。
LAギャラクシーは、イブラヒモヴィッチの反撃弾も実らず、1-2で敗戦した。
イブラヒモヴィッチは試合後、「これがゴール・オブ・ザ・イヤーだとしても、可能な限りすぐに忘れなければいけない」と、あくまで勝利することが大事だと強調した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00010009-goal-socc
6/4(火) 11:41配信

https://twitter.com/i/status/1135402353211797505
【動画】イブラの真骨頂! 拍手喝采の圧巻オーバーヘッドキック弾
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索