Samurai Goal

MLS


スポンサード リンク





【動画】イブラのトリッキーゴールがヤバすぎ!!!キャリア通算500ゴールをマーク! 

NewImage59
1 2018/09/16(日) 13:21:59.75 _USER9
メジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAギャラクシーとトロントが16日に対戦。LAギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがこの試合でキャリア通算500ゴールを記録した。

 0-3とリードされた状況で迎えた43分、イブラヒモヴィッチは味方からのロングパスに反応。体を半回転させた上、このパスを右足のアウトサイドで直接決めた。“イブラヒモヴィッチらしい”ダイナミックなゴールで節目の500ゴール目を記録。

 クラブ公式ツイッターでは、節目となった衝撃のゴール映像と共に「うそだろ?」という文章を載せたツイートを更新した。

 イブラヒモヴィッチは代表で62得点、所属クラブで438得点を記録している。出場試合数と得点数の詳細は以下の通り。

・マルメ…47試合 18ゴール
・アヤックス…110試合 48ゴール
・ユヴェントス…92試合 26ゴール
・インテル…117試合 66ゴール
・バルセロナ…46試合 22ゴール
・ミラン…85試合 56ゴール
・パリ・サンジェルマン…180試合 156ゴール
・マンチェスター・U…53試合 29ゴール
・LAギャラクシー…22試合 17ゴール
・スウェーデン代表…116試合 62ゴール

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00831783-soccerk-socc

イブラヒモビッチ、エジプト移籍説浮上!!その名も「ピラミッドFC」 

キャプチャ
ズラタン・イブラヒモビッチのアメリカでの時間は、すでにカウントダウンが始まっているかもしれない。

メキシコのメディアによれば、イブラヒモビッチが、MLS離れ、エジプトで新たなキャリアをスタートする可能性を報道している。

監督リカルド・ラ・ボルペが率いるピラミッドFCは、イブラヒモビッチ獲得を目論んでいる。

そして、チームのオーナーであるサウジアラビアの富豪トゥルキ・アル・シェイクがイブラヒモビッチ獲得を夢見ている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00010006-sportes-socc

アメリカ代表の“英雄”が現役引退!!通算141試合出場57得点を記録 

1 2018/08/31(金) 12:10:06.44 _USER9
メジャー・リーグ・サッカー(MLS)のシアトル・サウンダースに所属する元アメリカ代表MFクリント・デンプシーが29日、現役引退を発表した。

 元アメリカ代表のキャプテンを務めていたデンプシーは1983年生まれの35歳。アメリカ代表としては通算141試合出場で57得点を記録し、同国史上最多得点記録を打ち立てた。

 また、2006年、2010年、2014年のワールドカップでは3大会連続ゴールを記録し、CONCACAFゴールドカップ(北中米カリブ海サッカー連盟が主催する大陸選手権大会)では2005年、2007年、2017年大会の優勝に貢献。アメリカ代表の“英雄”として活躍してきた。

 クラブではフルアムで活躍。184試合50得点を挙げ、2009-10シーズンにはヨーロッパリーグ(EL)にアメリカ人として初めて出場し、クラブ史上初の準優勝に大きく貢献した。

 デンプシーはシアトル・サウンダーズの公式サイトを通じて次のようにコメントを残している。

「これまでのチームメート、コーチ、スタッフに感謝したい。プロ選手としてのキャリアを築くことが夢だったし、サッカーをここまで続けることができて嬉しいよ。フルアム、トッテナム、シアトル・サウンダース、アメリカ代表、すべてにおいてサポートしてくれたみんなに感謝している。これからも忘れないよ」

8/30(木) 9:43配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00822051-soccerk-socc

写真
no title

イブラ節炸裂!!37歳を目前に現在の心境について豪快なコメント! 

show_photo.php
 メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、現在の心境などについてコメントした。“イブラ節”も炸裂している。

 イブラヒモヴィッチは、10月には37歳を迎える。現役引退もちらつき始めているが、同選手は「先のことは分からない。今はまだ自分が生きていると感じている」と話すにとどまった。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00818923-soccerk-socc

アメリカの時代が遂に到来か!!北米で「ラ・リーガ」が展開! 

la-liga-logo
1 2018/08/16(木) 22:43:20.38 _USER9
スペインのプロ・リーグ機構「ラ・リーガ」は8月16日、アメリカの「リレベント・スポーツ」と合同で新たな組織「ラ・リーガ・ノース・アメリカ」を設立し、今後、リーガ・エスパニョーラの公式戦を、北米でも開催することを発表した。
 
 サッカーの人気が爆発的に高まっているアメリカ、カナダに市場を広げようという狙いの下で、いまや夏の恒例イベントとなった「インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)」を運営するリレベント・スポーツと提携し、向こう15年間にわたって、アメリカ、カナダで何試合かの公式戦を行なうという。
 
 ラ・リーガのハビエル・テバス会長は、「我々は、世界中にサッカーの情熱が広がることに力を注いでいる。この画期的な合意により、アメリカとカナダに美しい試合と、それによる大きなインパクトがもたらされるだろう」と語っている。
 
 一方、リレベント・スポーツの代表にして、NFLのマイアミ・ドルフィンズのオーナーでもあるスティーブン・ロス氏は、「このジョイントでの動きは、サッカー人気の高まっている北米において、大きな飛躍となる」と、提携に対しての喜びの声明を発表した。
 
 現時点では、どれだけの試合数で、どのカードがいつ行なわれるかは未定だが、ICCで多くの観客を集めるなど、興行的な成功に自信を高めているアメリカ側は、今シーズンの開催も可能だとしている。
 
 巨大な市場であるアメリカ(北米)や中国での開催の可能性は、以前から噂されていたが、ついに正式決定された。リーガの長い歴史のなかで、海外で公式戦を行なうのは初めてのことである。
 
 12日(現地時間)に行なわれたスーペルコパ(バルセロナがセビージャに勝利)も、これまでホーム&アウェーで行なわれていたのを、モロッコでの一発勝負に方式を変更したが、リーガもより大きな繁栄を遂げるために、新たな時代に突入することとなった。

8/16(木) 22:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180816-00045788-sdigestw-socc

【動画】ルーニーのスーパープレーがMLSで炸裂!話題騒然に!! 

wayne-rooney-dc-united_bgjql7ifosr91j69pnvzzvhu2
1 2018/08/13(月) 18:03:45.40 _USER9
12日に行われたメジャーリーグ・サッカー(MLS)のレギュラーシーズンでDCユナイテッドとオーランド・シティが対戦し、3-2でDCユナイテッドが勝利した。同試合で見せた元イングランド代表FWウェイン・ルーニーのプレーが話題となっている。

同試合にスタメン出場したルーニーは、2-2で迎えた後半アディショナルタイムに驚愕のプレーを見せる。DCユナイテッドはコーナーキックのチャンスを得ると、GKデイヴィッド・オーステッドまでもが前線に上がり、逆転ゴールを狙う。しかし、ボールは相手DFにクリアされ、一転してDCユナイテッドはピンチに。クリアされたボールはオーランド・シティの選手が先に触り、無人のゴールにシュートするかに思われた。しかし、全速力で自陣に戻ったルーニーが正確なスライディングタックルでシュートを阻止し、ボールを奪取。チームのピンチを救った。

 そして、奪ったボールをそのまま持ち運んだルーニーは右足で正確なクロスを供給。このボールをルチアーノ・アコスタが頭で沈め、後半アディショナルタイムにDCユナイテッドは逆転に成功した。

 このプレーは各メディアで称賛の嵐に。MLSの公式サイトは「ルーニーがDCユナイテッドに劇的な勝利をもたらす」と報じ、イギリスメディア『スカイスポーツ』も「ルーニーのアメイジングなアシストが飛び出す」と紹介している。
https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20180813/811424.html

【閲覧注意】MLS移籍後初ゴールしたルーニー、試合途中で鼻骨折し大出血!! 

E383ABE383BCE3838BE383BCDCE5889DE382B4E383BCE383AB
1 2018/07/30(月) 23:01:48.07 _USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3184188?cx_part=latest

ルーニー、MLS移籍後初ゴールも… 鼻骨折で大出血
2018年7月30日 10:59 
発信地:ワシントンD.C./米国

【7月30日 AFP】18MLSは28日、各地で試合が行われ、ウェイン・ルーニー(Wayne Rooney)の移籍後初ゴールもあり、D.C.ユナイテッド(D.C. United)はコロラド・ラピッズ(Colorado Rapids)に2-1で勝利した。先制点を挙げるなど活躍したルーニーだったが、この試合では鼻を骨折した。

 32歳のルーニーは、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)時代のチームメートであるティム・ハワード(Tim Howard)から先制点を奪うも、後半アディショナルタイムに相手DFのアレックス・シューバーグ(Axel Sjoberg)と頭同士で激突して血まみれになった。

 ルーニーは試合後、ツイッター(Twitter)で「D.C.ユナイテッドでの初ゴールを決めることができてうれしい」とコメント。D.C.ユナイテッドは今季18試合で4勝しか挙げられていないが、うち2勝は今月14日にルーニーがデビューしてからマークしている。

 イングランド代表の最多得点記録保持者でもあるルーニーは、シューバーグとの衝突後5針を縫ったと明かした。

 昨シーズン、マンチェスター・ユナイテッドからエバートン(Everton)に復帰していたルーニーは、今月初めに1300万ドル(約14億円)の移籍金でD.C.ユナイテッドと3年半の契約を結んだ。今シーズン16試合を残しているチームはプレーオフ出場圏にいるチームに勝ち点11差をつけられているが、ポストシーズン圏内の上位6チームより多くの試合を残している。

 ルーニーが角度のある位置からハワードの両足の間を抜く先制点を決めた後、D.C.ユナイテッドは後半37分に同点弾を許し、またしても勝ち点を分けることになるかと思われたが、その後オウンゴールで逆転に成功した。 

 D.C.ユナイテッドを率いるベン・オルセン(Ben Olsen)監督は試合後、勝ち点を手にしたというだけでなく、そのパフォーマンスから選手は自信を得られるとして、この日の勝利は重要だったと述べている。「心理的に、この勝利はわれわれにとって非常に大きい」 (c)AFP ANDREW CABALLERO-REYNOLDS

謎のバックパスで“カナダの神童”デイビスのゴールを演出したシーンがコレww 

image37
1 2018/07/30(月) 12:55:21.98 _USER9
ドイツ王者バイエルンが獲得に成功した、米MLS(メジャーリーグサッカー)バンクーバー・ホワイトキャップスの17歳FWが5人に囲まれながらゴールを奪取。MLS公式ツイッターが「なんてフィニッシュだ」と動画を公開すると、「ファンタスティックな若手」「ワォ、ワォ、まじで美しい」で反響を呼んでいる。

 世界の注目を集める逸材が個人技で魅せた。現地時間28日、バンクーバー・ホワイトキャップスはホームにミネソタ・ユナイテッドを迎え撃ったが、1点リードの後半11分にその瞬間は訪れた。

 敵陣でパスカットしたカナダ代表MFアルフォンソ・デイビスは、中央をドリブル突破。ペナルティーアーク付近で立ちはだかる相手を、左足裏でボールをコントロールしながら右に持ち出してかわし、エリア内に侵入する。左右、背後からカバーに寄せられ、ミネソタの選手5人に囲まれるなか、細かいタッチでゴールとの距離を詰め、飛び出してきたGKの股を抜いて鮮やかにゴールネットを揺らした。

 MLS公式ツイッターは「ワオ! アルフォンソ・デイビスのなんてフィニッシュだ!」と動画付きで紹介。コメント欄には「ファンタスティックな若手」「ワォ、ワォ、まじで美しい」などと称賛のコメントが並んだ。

 15歳257日でMLSデビューを飾り、史上最年少でカナダ代表にも選出された17歳の新星は、来年1月からドイツ王者バイエルンに加入することが25日に決定。MLS公式サイトでも「アルフォンソ・デイビスがなぜバイエルンが彼を買ったのか、支配的なパフォーマンスで証明した」と報じた。

 ロシア・ワールドカップでは、19歳のフランス代表FWキリアン・ムバッペが大ブレイクしたが、デイビスは新たな神童として成功を収めることができるだろうか。

7/30(月) 12:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180730-00125253-soccermzw-socc

【動画】“イブラ無双”ハットトリック達成し、逆転劇を華麗に演出!! 

49f9afcebfc1fbcd21943ebb29bf57c0_content
 メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシー(LAギャラクシー)に所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、ハットトリックを達成しチームを勝利へと導いた。

 30日に行われたオーランド・シティ戦に先発出場したイブラヒモヴィッチ。試合は18分、オーランド・シティに先制を許したものの、39分にイブラヒモヴィッチが頭で落としたボールをジオバニ・ドス・サントスが右足を振り抜き同点に追いついた。

 しかし、前半終了間際にオウンゴールからオーランド・シティに追加点を許し、前半はオーランド・シティの1点リードで折り返した。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00802458-soccerk-socc

MLS史上最高額の移籍金“大物の17歳”A・デイビスを15億円でバイエルンが獲得 

800-1532252521
1 2018/07/25(水) 12:59:33.38 _USER9
メジャーリーグサッカー(MLS)史上最高額の1300万ドル(約15億円)でバンクーバー・ホワイトキャップスに所属する17歳のカナダ代表MFアルフォンソ・デイビスがバイエルン・ミュンヘンに移籍する見通しとなった。24日に米メディア『ESPN』が報じている。

 同メディアによると、ボーナスなどを加えれば最高1900万ドル(約21億円)の取引になるという。クラブ間合意に達したが、18歳になるまでブンデスリーガでプレーすることは出来ないため、11月の誕生日を迎えた後の2019年1月の移籍市場でバイエルンに加入する見通しとなっている。

 デイビスは“カナダの怪物”と言われる逸材。15歳の時にトップチームへ昇格し16歳で代表入りを果たした。代表デビューから3試合で3得点決める活躍を見せている。

7/25(水) 11:54 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00282916-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索