Samurai Goal

Kリーグ


スポンサード リンク





<Jリーグより“圧倒的劣勢”>Kリーグの「暗い現実」に韓国が危機感!「悲惨な結果」 

20200225_Swon_Getty




1: 2020/02/26(水) 23:18:36.07
ACL序盤戦、Jリーグ勢が敵地韓国で2勝1分と好成績 Jリーグの変化を韓国分析
 
AFCチャンピオンズリーグ第2節を終えて、日本のJリーグ勢と韓国のKリーグ勢は明暗が分かれている。

Jリーグから参戦している横浜F・マリノス、FC東京、ヴィッセル神戸が各グループで首位に立つなか、
韓国の総合ニュースサイト「オーマイニュース」は「Jリーグより“圧倒的劣勢”が見られたKリーグ…暗い現実」と危機感を強めている。

昨季Jリーグ王者の横浜FMは、敵地でのACL開幕戦で全北現代モータース(韓国)に2-1と勝利。
続けてシドニーFC(オーストラリア)に4-0と連勝し、グループH首位を走る。

またFC東京は、敵地で蔚山現代(韓国)に1-1と引き分けるも、パース・グローリー(オーストラリア)に1-0と勝利し、
グループFの首位に立つ。また神戸は本拠地でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)に5-1と快勝し、敵地で水原三星ブルーウィングス(韓国)に1-0と勝利を収め、連勝でグループGの首位につけている。

Jリーグ勢が不在のグループEでFCソウルがメルボルン・ビクトリーに1-0と勝利しているものの(第1節は新型コロナウイルスの影響で延期)、
韓国の総合ニュースサイト「オーマイニュース」はACL序盤戦について「KリーグのチームがACL序盤戦で1勝1分2敗と物足りなさを残した」と伝えている。

新型コロナウイルス拡大の影響で延期された試合もあるなか、「ここでより注目すべき部分がある。韓国勢4試合のうち、3試合がJリーグのチームを相手にしたものであり、
Kリーグのチーム(全北、蔚山、水原)は1分2敗と圧倒的な劣勢を見せたという点だ。また3チームがホームゲームであったことを考慮すれば、悲惨な結果に違いない」と報じた。

Kリーグ勢とJリーグ勢の明暗を分けているポイントとして、Jリーグの変化が大きいという。「Jリーグは昨シーズンから放映権契約を締結し、財政的な余裕ができた。
外国籍選手枠の制度も変更した。これにより、様々な国籍の有能な選手たちがJリーグに向かった」と言及している。

さらに、そのなかで神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンらの名前を挙げ、
「スター性を兼ね備えたイニエスタ、フェルマーレンのような有名選手たちはもちろん、アジア各国の有望な資源がJリーグに大挙し、クラブと同じく、リーグの質を高めることに成功した」と分析している。

監督の質も両リーグの結果を左右しているポイント 「キャリアが本当に華やか」
 
選手だけでなく、監督の質も両リーグの結果を左右しているポイントの一つに挙げた。「AFCチャンピオンズリーグに参加するチームの監督を見ると、キャリアが本当に華やかだ」と記し、次のように続ける。

「横浜F・マリノスの(アンジェ・)ポステコグルー監督はAリーグ王者で、オーストラリア代表監督も務めた。ヴィッセル神戸の(トルステン・)フィンク監督はハンブルク、
FCバーゼルなどを率い、ヨーロッパでキャリアを積んだ。この他にも、Jリーグは有能な自国の監督と外国人監督がおり、様々な戦術が加わり、自然とゲームの質向上につながっている」

では「Jリーグの復活は示唆するところが大きい」と指摘。「Jリーグは安定した投資で着実に成長を続けている。ここで、自分たちのサッカーをアップグレードさせてくれる有能な選手と監督を迎え入れることに、
手間暇を惜しまなかった」と戦略的成長を称えている。その一方で、近年のパワーダウンが目立つというKリーグについて、「安定した投資の減少と有望な選手の離脱が続いている」と嘆いている。

ACL序盤戦は明暗が分かれているJリーグ勢とKリーグ勢。果たして、その差は広がっていくのだろうか。

2020.02.26
https://www.football-zone.net/archives/248480

新型コロナでKリーグ開幕延期 

20200224-00252121-yonh-000-1-view




1: 2020/02/24(月) 17:48:58.68 _USER
【ソウル聯合ニュース】韓国プロサッカー連盟は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて緊急の理事会を開き、
事態が沈静化するまでにプロサッカー・Kリーグの開幕を暫定的に延期する方針を決めた。

29日と3月1日に予定されていたKリーグ(1部リーグ)とKリーグ2(2部リーグ)の開幕戦は開催されない。

同連盟は「国民、選手の健康と安全を最優先に守るため、こうした措置を取った」と説明した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00252121-yonh-int

<ACLでKリーグ勢がJリーグ勢に勝てなくなった“理由 ”>韓国紙が徹底検証!「マリノスは衝撃的!」 

20200222-00010000-sdigestw-000-3-view[1]




1: 2020/02/22(土) 09:37:20.51
3つの“日韓戦”で1分け2敗と早くも劣勢
 
Jリーグ勢はいずれも上々のスタートを切った。今週にグループステージの第2節を終えたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)である。
J1王者の横浜F・マリノスと天皇杯王者のヴィッセル神戸はともに2連勝を飾り、FC東京も1勝1分けとまずまずの出だしだ。

【動画】マリノス攻撃陣やイニエスタが躍動! 今季ACLで開催された3つの“日韓戦“ハイライトをチェック!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail3/id=70039

一方で、対日本勢で早くも劣勢を強いられているのが韓国・Kリーグの出場クラブ。ここまで3つの“日韓戦”が行なわれ、韓国側は1分け2敗と勝ち星がない。
全国紙『スポーツソウル』は「Jリーグの勢いを止められないのか。ACL苦戦の理由」と題して、次のように論じている。

「まずは2月11日に蔚山現代がFC東京をホームに迎えたが、先制ゴールを許す展開で、後半の終盤に相手のオウンゴールでかろうじて1-1の引き分けに持ち込むことができた。

その翌日にはKリーグ王者の全北現代が横浜F・マリノスと対戦。その試合が衝撃的だった。前半だけで2点を奪われ、最終的にスコア上は1ゴール差の黒星(1-2)だったが、
GKソン・ボムグンのファインプレーがなかったら、さらに多くのゴールを奪われていただろう。ボール占有率が38%対62%と大きく水を開けられ、枠内シュートも3本対10本だった。

そして19日には水原三星がホームでヴィッセル神戸と対戦。こちらもボール占有率で35%対65%と終始押され気味で、終了直前の決勝ゴールで0-1の敗北を喫した」
Kリーグ勢はACLの歴史上、もっとも多い11度の優勝を誇る。浦項スティラーズがアル・ヒラル(サウジアラビア)と並んで最多3回の優勝を飾っており、全北現代も2度優勝。だが2016年以降、ACLでは下降曲線を描き続けている。

盛り返してきたのがJリーグ勢だ。2017年から19年まで3年連続でファイナリストを送り出し、17年が浦和レッズ、18年が鹿島アントラーズの戴冠で終わった。通算7度の優勝は、韓国勢に次ぐ2番目の数値である。
躍進の背景になにがあるのか。『スポーツソウル』紙の見解はこうだ。

「まずはACLの長距離遠征によるチームの疲労を考慮し、Jリーグのゲームを金曜日に開催するなど日程面の調整を推進した。また2016年に『DAZN』と交わした放映権契約が大きな効果をもたらす。
10年間で約2100億円の放送権料を各クラブに配分。それらもきっと、ACL支援金に活用されていることだろう」

2/22(土) 5:24配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200222-00010000-sdigestw-socc

<韓国メディア>今季ACLの日韓対決で未勝利…1分2敗と1勝もできず。DAZN巨額放映権が要因か? 

20200221-00010017-goal-000-3-view[1]




1: 2020/02/21(金) 18:45:15.79
2月上旬に開幕した2020シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)は、グループステージの第2節まで消化。東地区では、無敗をキープする日本勢に対して、韓国勢は厳しいスタートを切っている。日韓で早くも明暗が分かれたのはなぜなのか。韓国メディアがその要因を指摘している。

 Jリーグから今季のACLに出場している横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、FC東京は、2試合を消化していずれも無敗を維持。横浜FMと神戸は2連勝と最高のスタートを切っている。そんな日本勢とは対照的に、韓国勢はメルボルン・ビクトリーに勝利したFCソウルを除いて全北現代、蔚山現代、水原三星の3クラブが日本勢に1分2敗と一勝もできず。いずれもホームでの戦いで敗れたことも、韓国勢により大きなショックを与えているようだ。

 韓国紙『スポーツソウル』は、韓国勢のスタートダッシュ失敗について「尋常ではない衝撃」と伝え、特に初戦で横浜FMと対戦したKリーグ3連覇中の全北現代が、ボール支配率と有効シュートでも劣って敗れたことについては驚きを持って伝えた。

 過去のACLにおいて韓国勢は、唯一の二桁優勝回数(11回)を記録。最多優勝数も浦項スティーラーズがアル・ヒラル(サウジアラビア)と並んで3回をマークしている。しかし、ここ最近は全北現代が優勝した2016年を最後に、3年連続で決勝進出を逃しており、『スポーツソウル』は、この結果が「Kリーグの下落が顕著に表れている」と表現した。

 一方で、日本勢については「2017~2019年に3年連続で決勝に進出している。そのなかで2度優勝(17年・浦和レッズ、18年・鹿島アントラーズ)を獲得した」ことに触れ、「著しい成果を出している。いつの間にか日本勢は通算7回の優勝とし、Kリーグの後に続いている」ことを指摘した。

 2009年から16年までは韓国と中国勢の躍進が見られたACLだが、同紙はその間にJリーグ勢が「ACL制覇を見据えた確実なスケッチを描いていた」とし、その最たる要因に「2017年からDAZNグループ(旧パフォーム・グループ)が10年総額2,100億円超の大型放映権契約を締結したこと」を挙げた。

 この時期を起点に「Jリーグはルーカス・ポドルスキ、フェルナンド・トーレス、アンドレス・イニエスタ、トーマス・フェルマーレンといった欧州トップクラスの選手を大勢迎え入れた。外国籍選手の割合が最も大きいブラジル人選手の質もますます高まっている」と分析している。

 そのうえで同紙は「これらの要素が重なり、Jリーグがおおむね力量を発揮している」とし、「過去にKリーグは、ACLの舞台でJリーグの色とりどりなサッカーに対して、強い圧迫で対処して勝利してきた。しかし、現状ではJリーグのチームが、Kリーグ勢の圧迫を免れるほどの力量のある選手が並んでいる。このままでは(韓国勢は)確実に上昇気流に乗るJリーグとの競争で敗れ、今年もアジアトップの夢は遠ざかっていく」と、日本勢の躍進に危機感を抱いているようだ。

2/21(金) 16:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00010017-goal-socc

<NO! JAPAN>“日本離れ”が加速する韓国Kリーグのなかで…FCソウルだけは鹿児島キャンプ強行か 

i=https%253




1: Egg ★ 2020/01/30(木) 11:42:48.69 ID:rB2gkn5J9
日韓関係の葛藤によって、韓国プロサッカーKリーグのほとんどのクラブが冬季キャンプ地から日本を除外したが、FCソウルだけは違った。

韓国内プロチームのなかで唯一、例年通り鹿児島でキャンプを行う見通しだ

2019年7月、日本が韓国をホワイト国(輸出優遇国)から除外するとして日韓に葛藤が生じると、日本に対する韓国内の世論が急激に悪化した。

日本製品の不買運動や日本旅行をボイコットする動きが全国的に広がり、スポーツ界にも「NO! JAPAN」の風が吹いた。

Kリーグクラブの“日本離れ”が加速
それまで毎年、韓国のプロチームは、気候が穏やかで距離も近い日本をキャンプ地として選んできた。しかし世論が変化したことで、Kリーグのほとんどのクラブが日本での合宿をキャンセルした。

その結果、東南アジア地域のタイが新しいキャンプ地として脚光を浴びている。22のプロクラブの半数以上となる13のクラブがタイのチェンマイ、バンコク、チ〇ンブリーなどをキャンプ地に選んだ。

その他のクラブは、中国、ベトナム、ポルトガル、スペイン、アラブ首長国連邦などを選択。いずれにしても“日本離れ”が起こった。

1月28日に行われるアジアサッカー連盟チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフがあるため、他のクラブよりも一足早くシーズンの準備を始めたFCソウルは、ポルトガルで1次合宿を行った。

一般的に、Kリーグのクラブは1次合宿でコンディションを引き上げ、2次合宿で競技力を引き上げる。そのため2次合宿は、韓国内で気候が比較的暖かい南部地方でキャンプを行い、試合感覚を積むことが多い。

FCソウルもプレーオフを行った後、2次合宿を計画している。

FCソウルの日本キャンプは以前から決まっていた?

FCソウルの選択肢は、日本の鹿児島だった。FCソウルの関係者は先立って「韓国内の合宿が決まらなかった。気象条件を調べている」と明らかにしたことがある。

しかし1月20日、FCソウルの事情をよく知る関係者は、「1月31日に出国して2月6日に入国する予定で、短い合宿を行う予定」とし、「合宿のスケジュールは昨年12月から決まっていたのだろう」と伝えた。

つまり日本でのキャンプをあらかじめ組んでおいて、韓国内の世論などを見極めながら、最終的に鹿児島での合宿を決定したということになる。

FCソウルは過去10年間、鹿児島でトレーニングに励んできた。チームの伝統を守る点は、プロスポーツにも必要な部分だ。

ただ、まだ日韓関係に対する感情が和らいでいない現状のなかで、韓国世論を無視するような選択はファンの目にどう映るだろうか。

スポーツソウル
https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=9245

【韓国】 「これを機に海外サッカー見ないで国内サッカー見よう」・・・C・ロナウド欠場  

20190730-00010010-goal-000-2-view[1]




1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/07/30(火) 10:50:20.94 ID:CAP_USER
「ユベントスの試合見に行ったんだけど、いつの間にかチームKリーグを応援していたよ。期待以上の競技力だった」

「海外サッカーを見ていたけど、今回のオールスター戦を見て、国内サッカーに興味がわいてきました。
いいチームをお薦めしてください」(以上、インターネット・コミュニティー・サイトより)

「ナルカンドゥ(ロナウド+あくどい強盗を意味する韓国語ナルカンドの合成語)問題」が
Kリーグにとって「災い転じて福となす」のだろうか。

かつてクリスチアーノ・ロナウド(34)など海外のスター選手ばかりに関心を示していたサッカーファンたちの間で、
「Kリーグを見よう」というムードが徐々に広がっている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/30/2019073080011.html

収まる気配なし!?ロナウド欠場騒動に韓国代理店も困惑。「強く抗議する」と主張もユベントスと連絡つかず 

62077_ext_04_0[1]




1: 荒波φ ★ 2019/07/29(月) 09:29:33.51 ID:CAP_USER
■Kリーグは代理店を訴える可能性を示唆


エースを温存したユベントスの決断が、大きな波紋を広げている。

騒動の発端となったのは、7月26日に韓国のソウルで行なわれたKリーグ選抜のオールスターチームとの試合で、ユーベがクリスチアーノ・ロナウドを欠場させたことにあった。

試合は3-3で終わり、見どころの多い展開となったが、観戦に訪れた6万3000人の観衆は、お目当てのC・ロナウドの欠場に落胆。韓国紙『Korea Herald』によれば、40万ウォン(約3万7000円)もする高額なチケット購入した一部のファンから、チケット払い戻しや損害賠償を求める団体訴訟の動きもあるという。

大黒柱が欠場した理由について、ユーベのマウリツィオ・サッリ監督は、「筋肉の疲労によって100%の状態ではなかったから試合前に本人と相談し、休ませるのがベストだと考えた」と説明したが、「詐欺だ」と訴えるファンの不満は収まる気配はない。

一連の事態を受け、Kリーグは公式声明で「今後はがっかりさせないように注意する」とファンへ謝罪。そのうえで、欠場は契約違反にあたるとして、試合開催を手配した代理店に損害賠償を請求する可能性を示唆した。

『Korea Herald』によれば、Kリーグの声明を受け、代理店『The Fasta』は、「C・ロナウドが欠場することをユーベ側から知らされていなかった」と主張。ユーベ側とこんなやり取りがあったことを明らかにした。

「試合の契約には、ロナウドを45分間はプレーさせることが規定されており、仮に事前の負傷やウォーミングアップ時に怪我をした場合は、事前に連絡するように伝えていた。しかし、後半のメンバーリストにロナウドの名前がなく、我々はユーベに契約書にあるようにプレーさせてほしいと伝えた。だが、そこで監督と選手から『契約は知っているが、体調が悪くて、プレーは出来ない』と言われてしまったために、どうしようもできなかった」

さらにKリーグ側の主張に対して『The Fasta』は、「ユーベ側に強く抗議する」としつつ、「現時点でクラブと連絡が取れていない」と明かし、八方ふさがりの状態であることを告白している。

果たして、ユーベとKリーグ、さらに代理店の間で生じた問題は、いかなる決着を見るのか。その顛末が注目される。


2019年07月29日
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=62077

Kリーグ総裁が謝罪【全文】、ユヴェントスとの親善試合での遅延&ロナウド欠場を 

20190727-00000006-wow-000-0-view[1]

Cロナウドが出場契約を放棄(ユベントスvsKリーグ)…ロナウド率いるユベントスが電撃訪韓するも  

305748_378745_1127[1]




1: 動物園φ ★ 2019/07/27(土) 08:17:48.57 ID:CAP_USER
マイデイリー 2019-07-27 00:09

45分の出場契約を無視した「サッカースター」クリスチアーノ・ロナウド(34、ユベントス)がミックスゾーンのインタビューも拒否したまま競技場を去った。

ユベントスは26日、ソウルワールドカップ競技場でチームKリーグとの親善試合で3-3で引き分けた。中略

ユベントスの訪韓試合はロナウドの韓国訪問で話題を集めた。2007年、マンチェスター・ユナイテッド所属で
韓国を訪れたロナウドは、12年ぶりにソウルワールドカップ競技場に姿を現した。

しかし、最初から事態がもつれた。当初この日の試合は、8時にキックオフされる予定だったが、
ユベントスの選手団の遅刻で50分遅れ、8時50分になってようやく行われた。

ファンをより失望させたのはロナウドの欠場であった。ロナウドは親善試合に無条件45分を走らなければならない条項があった。
選抜から除外された時には、後半から出てくるものと予想された。しかし後半になってもロナウドはずっとベンチに座っていた。

さらに体も動かさなかった。ベストを着て体を動かし交換の準備をする他の選手たちとは異なり、ずっとベンチにとどまった。

歓声はブーイングに変わった。前半だけでもロナウドの姿が電光掲示板に映し出されると熱い歓声を送ったファンは、後半になっても出てこないロナウドに向かってブーイングを送った。

試合前には手を振ってファンサービスをしていたロナウドも、ブーイングが殺到すると固い表情で試合を見守った。

ロナウドは出場時間45分どころかたった1秒も走らず、12年ぶりの訪韓を終えた。 プロ連盟の説明通りなら、ロナウドの欠場で
ユベントスは違約金を支払わなければならない。正確な金額は明らかにされなかったが、状況の説明が求められる。

試合後もロナウドはミックスゾーンで取材陣のインタビュー要請を拒否した。警護員に囲まれたロナウドは、固い表情で選手団のバスに向かった。

https://sports.news.nate.com/view/20190726n37129

海外助っ人Jリーガー、日本と韓国の“対応差”指摘 日本生活に満足、韓国移籍は「後悔」  

no title




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/20(水) 06:58:03.46 ID:FhLus40/9
清水戦で4ゴール&看板裏2m落下珍ハプニングのFWロペス、日韓の違いについて言及

北海道コンサドーレ札幌のブラジル人FWアンデルソン・ロペスは、9日のJ1リーグ第3節清水エスパルス戦(5-2)で4ゴールと大爆発した一方、
ゴール直後に看板を飛び越えて2メートル近く落下する珍ハプニングが注目を集めた。
そんな海外助っ人は昨季プレーした韓国と比較し、日本での快適さを称賛している。米スポーツ専門局「ESPN」ブラジル版が伝えた。

現在25歳のA・ロペスは、アヴァイやマルシリオ・ジアス、トンベンセ、アトレチコPR を経て、2016年夏から1年半にわたってサンフレッチェ広島でプレー。
2017年は32試合10ゴールと結果を残すも、2018年は韓国1部のFCソウルへ移籍した。韓国Kリーグでもコンスタントに出場し、30試合6ゴールを記録している。

今季札幌に加入し、リーグ戦4試合5ゴールで得点ランキングトップタイ(大分トリニータFW藤本憲明が同順位)と強烈なインパクトを放っているなか、韓国移籍について「韓国も似ていると思う。
だけど、移籍は失敗だったし、後悔している」という。

記事では「ロペスは、隣国で日本と同じような雰囲気になるだろうと思っていた。ところが、韓国のクラブでは選手やスタッフのクールな対応に直面し、サッカーも彼が慣れ親しんだものとは違った」と触れている。
さらにA・ロペス自身も日韓の差について次のように語った。

「日本では、僕にストレスがかからないようにして、みんながいろいろしてくれる」
「日本では、僕にストレスがかからないようにして、プレーに専念するようにみんながいろいろしてくれるんだ。
韓国では、何かをするにも助けてくれなかったし、歓迎してくれるような感じではなかったよ」

また、A・ロペスは日韓におけるサッカー面での相違についても言及。「(韓国では)基本的に力強さが求められる。
そこでは走って、蹴って、走って、蹴って、それがすべてだった。日本では、戦術やテクニックが重要で、リーグ自体の質も上だ」と指摘している。

A・ロペスにとって韓国時代は苦い思い出だったようだが、「私の家族はここだ」と語っているとおり、すっかり日本での生活に溶け込んでいるようだ。
新天地で躍動し、J1得点王の期待も懸かるストライカーは、このままゴールを量産し続けるのだろうか。今後のプレーに一層注目が集まりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190320-00177488-soccermzw-socc
3/20(水) 6:40配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索