Samurai Goal

Kリーグ


スポンサード リンク





久保建英の“同僚”キ・ソンヨン、お騒がせ男はKリーグ復帰にも障壁 

20200629-43481387-gekisaka-000-2-view

札幌・GK具聖潤が退団 兵役のためKリーグへ 具「兵役後も札幌で」 

20200528-05270258-sph-000-1-view




1: 2020/05/28(木) 09:49:24.99
 J1札幌GK具聖潤(25)が退団することが27日、分かった。
今月上旬に母国の韓国に帰国しており、Kリーグクラブとの移籍交渉を進めている。

 当初の予定で具は、兵役のため今季限りで札幌との契約を終えることになっていたが、3月にバセドウ病の発症を公表。
復帰を目指すも、新型コロナの感染拡大の影響でJリーグは中断。
再開時期が未定な状況に加え、兵役前には母国のチームに所属することが義務付けられていることから、予定を早め帰国を決めた。

 具は常々、「兵役後も札幌で」と話しており、将来的な復帰を希望している。
札幌もその意志は理解しており、将来的な再来日の可能性は高い。
https://news.yahoo.co.jp/articles/61ef8920e1d23390651532ead792dcbe48a9a940

【画像】 韓国サッカーのラブドール騒動、Kリーグが調査に 無観客試合の会場にラブドールを配置 

1: 2020/05/21(木) 08:00:04.80 ● BE:601381941-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
FCソウルの「ラブドール」騒動、Kリーグが調査へ

【5月20日 AFP】
サッカー韓国Kリーグの強豪クラブ、FCソウル(FC Seoul)が試合会場に置いた人形がラブドールなのではないかと批判されている件で、Kリーグが調査に乗り出すことが分かった。
リーグ関係者が明かした。

新型コロナウイルスの影響でリーグが無観客で開幕する中、FCソウルは性具メーカーのロゴマークが入ったTシャツを着たり、プラカードを持ったりしている人形を客席に置き、大きな批判を浴びている。

no title


これを受けてKリーグ側は、今回の件が、みだらな商品を宣伝してはならないというリーグ規則に抵触していないかを懲罰委員会で検証し、さらにリーグのイメージや品位を損ねた可能性についても話し合うと発表した。

違反が認定された場合、FCソウルは勝ち点5の減点か、500万ウォン(約44万円)以上の罰金の処分が科される可能性がある。

FCソウルはすでに、「ファンの皆さまに多大なご心配をおかけしたことを心より謝罪します」と発表。
「当初から、人形がセックストイと一切関係ないことを確認しています」と強調した。

https://www.afpbb.com/articles/-/3283998

韓国サッカーkリーグ、無観客スタンドに「ダッチワイフと店の宣伝吹き出し」置く…クラブが謝罪 

a1683_1469_015f26c0_9dd58abb




1: 2020/05/18(月) 13:03:03.99 0
狭いところからゴール左隅へ!チェ・ヨンス監督も大喜びだろう。

しかし、この試合でより話題になったのはスタンドの一角の模様だった。

FCソウルは今回サポーターの
代わりとしてメインスタンドに人形を複数体設置することにし、クラブを応援するバナーをもたせた。

ところが『RT』によれば、その中には…いわゆる「ダッチワイフ」が入っており、さらに彼女が持っているバナーには地元の
アダルトショップを宣伝するフレーズが入っていたとか…。

Kリーグが無観客で開幕! ベンチ全員がマスクを着用した一戦は王者・全北が勝利 

20200508-01067808-soccerk-000-1-view




1: 2020/05/09(土) 01:36:57.07
◆Kリーグ開幕節 全北1―0水原(8日、全州W杯競技場)

 新型コロナウイルスの感染拡大により延期されていた韓国のプロサッカーリーグ・Kリーグが8日開幕し、3連覇中の全北が水原を1―0で下し、白星発進した。

 新型コロナの影響で各国リーグが中断している中、Kリーグが無観客で開幕した。
7日時点での韓国国内での感染者数は1万810人だが、新規感染者は3日連続で5人未満に収まっており、博物館など公共施設もすでに再開。韓国プロ野球も5日に無観客で開幕したことから、当初は2月29日に開幕する予定だったKリーグも開幕に踏み切った。

 対策も徹底した。5月1日までに選手やスタッフ、レフェリーやクラブ関係者などは全員検査を受け、陰性を確認済み。この日も、両チームの選手やスタッフはスタジアム入りする際に検温を実施した。ベンチの選手や監督も全員マスクを着用。
視察に訪れた同国代表のパウロ・ベント監督も、マスクをつけてスタンドから試合を見守った。

 ユーチューブとツイッターを通じて無料中継を実施し、世界から注目を浴びた一戦は、白熱した試合となった。昨季王者の全北が前半から攻め込むが、水原がカナダ人DFヘンリーを中心に耐える展開。
得点が欲しい全北は、後半16分にかつて福岡でプレーした元U―20日本代表MF邦本宜裕(22)を投入して攻勢を強める。均衡が破れたのは後半39分。
右CKから途中出場の元韓国代表FW李同国(41、イ・ドングク)が頭で決勝点をたたき込んだ。ゴール後も味方とは手のひらでの接触を避けるため、グータッチで喜びを分かち合った。

 そのまま試合は終了。Kリーグの今後の動向は、Jリーグをはじめ、各国リーグに大きな影響を与えることになりそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-01067808-soccerk-socc

<Jリーグより“圧倒的劣勢”>Kリーグの「暗い現実」に韓国が危機感!「悲惨な結果」 

20200225_Swon_Getty




1: 2020/02/26(水) 23:18:36.07
ACL序盤戦、Jリーグ勢が敵地韓国で2勝1分と好成績 Jリーグの変化を韓国分析
 
AFCチャンピオンズリーグ第2節を終えて、日本のJリーグ勢と韓国のKリーグ勢は明暗が分かれている。

Jリーグから参戦している横浜F・マリノス、FC東京、ヴィッセル神戸が各グループで首位に立つなか、
韓国の総合ニュースサイト「オーマイニュース」は「Jリーグより“圧倒的劣勢”が見られたKリーグ…暗い現実」と危機感を強めている。

昨季Jリーグ王者の横浜FMは、敵地でのACL開幕戦で全北現代モータース(韓国)に2-1と勝利。
続けてシドニーFC(オーストラリア)に4-0と連勝し、グループH首位を走る。

またFC東京は、敵地で蔚山現代(韓国)に1-1と引き分けるも、パース・グローリー(オーストラリア)に1-0と勝利し、
グループFの首位に立つ。また神戸は本拠地でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)に5-1と快勝し、敵地で水原三星ブルーウィングス(韓国)に1-0と勝利を収め、連勝でグループGの首位につけている。

Jリーグ勢が不在のグループEでFCソウルがメルボルン・ビクトリーに1-0と勝利しているものの(第1節は新型コロナウイルスの影響で延期)、
韓国の総合ニュースサイト「オーマイニュース」はACL序盤戦について「KリーグのチームがACL序盤戦で1勝1分2敗と物足りなさを残した」と伝えている。

新型コロナウイルス拡大の影響で延期された試合もあるなか、「ここでより注目すべき部分がある。韓国勢4試合のうち、3試合がJリーグのチームを相手にしたものであり、
Kリーグのチーム(全北、蔚山、水原)は1分2敗と圧倒的な劣勢を見せたという点だ。また3チームがホームゲームであったことを考慮すれば、悲惨な結果に違いない」と報じた。

Kリーグ勢とJリーグ勢の明暗を分けているポイントとして、Jリーグの変化が大きいという。「Jリーグは昨シーズンから放映権契約を締結し、財政的な余裕ができた。
外国籍選手枠の制度も変更した。これにより、様々な国籍の有能な選手たちがJリーグに向かった」と言及している。

さらに、そのなかで神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンらの名前を挙げ、
「スター性を兼ね備えたイニエスタ、フェルマーレンのような有名選手たちはもちろん、アジア各国の有望な資源がJリーグに大挙し、クラブと同じく、リーグの質を高めることに成功した」と分析している。

監督の質も両リーグの結果を左右しているポイント 「キャリアが本当に華やか」
 
選手だけでなく、監督の質も両リーグの結果を左右しているポイントの一つに挙げた。「AFCチャンピオンズリーグに参加するチームの監督を見ると、キャリアが本当に華やかだ」と記し、次のように続ける。

「横浜F・マリノスの(アンジェ・)ポステコグルー監督はAリーグ王者で、オーストラリア代表監督も務めた。ヴィッセル神戸の(トルステン・)フィンク監督はハンブルク、
FCバーゼルなどを率い、ヨーロッパでキャリアを積んだ。この他にも、Jリーグは有能な自国の監督と外国人監督がおり、様々な戦術が加わり、自然とゲームの質向上につながっている」

では「Jリーグの復活は示唆するところが大きい」と指摘。「Jリーグは安定した投資で着実に成長を続けている。ここで、自分たちのサッカーをアップグレードさせてくれる有能な選手と監督を迎え入れることに、
手間暇を惜しまなかった」と戦略的成長を称えている。その一方で、近年のパワーダウンが目立つというKリーグについて、「安定した投資の減少と有望な選手の離脱が続いている」と嘆いている。

ACL序盤戦は明暗が分かれているJリーグ勢とKリーグ勢。果たして、その差は広がっていくのだろうか。

2020.02.26
https://www.football-zone.net/archives/248480

新型コロナでKリーグ開幕延期 

20200224-00252121-yonh-000-1-view




1: 2020/02/24(月) 17:48:58.68 _USER
【ソウル聯合ニュース】韓国プロサッカー連盟は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて緊急の理事会を開き、
事態が沈静化するまでにプロサッカー・Kリーグの開幕を暫定的に延期する方針を決めた。

29日と3月1日に予定されていたKリーグ(1部リーグ)とKリーグ2(2部リーグ)の開幕戦は開催されない。

同連盟は「国民、選手の健康と安全を最優先に守るため、こうした措置を取った」と説明した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00252121-yonh-int

<ACLでKリーグ勢がJリーグ勢に勝てなくなった“理由 ”>韓国紙が徹底検証!「マリノスは衝撃的!」 

20200222-00010000-sdigestw-000-3-view[1]




1: 2020/02/22(土) 09:37:20.51
3つの“日韓戦”で1分け2敗と早くも劣勢
 
Jリーグ勢はいずれも上々のスタートを切った。今週にグループステージの第2節を終えたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)である。
J1王者の横浜F・マリノスと天皇杯王者のヴィッセル神戸はともに2連勝を飾り、FC東京も1勝1分けとまずまずの出だしだ。

【動画】マリノス攻撃陣やイニエスタが躍動! 今季ACLで開催された3つの“日韓戦“ハイライトをチェック!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail3/id=70039

一方で、対日本勢で早くも劣勢を強いられているのが韓国・Kリーグの出場クラブ。ここまで3つの“日韓戦”が行なわれ、韓国側は1分け2敗と勝ち星がない。
全国紙『スポーツソウル』は「Jリーグの勢いを止められないのか。ACL苦戦の理由」と題して、次のように論じている。

「まずは2月11日に蔚山現代がFC東京をホームに迎えたが、先制ゴールを許す展開で、後半の終盤に相手のオウンゴールでかろうじて1-1の引き分けに持ち込むことができた。

その翌日にはKリーグ王者の全北現代が横浜F・マリノスと対戦。その試合が衝撃的だった。前半だけで2点を奪われ、最終的にスコア上は1ゴール差の黒星(1-2)だったが、
GKソン・ボムグンのファインプレーがなかったら、さらに多くのゴールを奪われていただろう。ボール占有率が38%対62%と大きく水を開けられ、枠内シュートも3本対10本だった。

そして19日には水原三星がホームでヴィッセル神戸と対戦。こちらもボール占有率で35%対65%と終始押され気味で、終了直前の決勝ゴールで0-1の敗北を喫した」
Kリーグ勢はACLの歴史上、もっとも多い11度の優勝を誇る。浦項スティラーズがアル・ヒラル(サウジアラビア)と並んで最多3回の優勝を飾っており、全北現代も2度優勝。だが2016年以降、ACLでは下降曲線を描き続けている。

盛り返してきたのがJリーグ勢だ。2017年から19年まで3年連続でファイナリストを送り出し、17年が浦和レッズ、18年が鹿島アントラーズの戴冠で終わった。通算7度の優勝は、韓国勢に次ぐ2番目の数値である。
躍進の背景になにがあるのか。『スポーツソウル』紙の見解はこうだ。

「まずはACLの長距離遠征によるチームの疲労を考慮し、Jリーグのゲームを金曜日に開催するなど日程面の調整を推進した。また2016年に『DAZN』と交わした放映権契約が大きな効果をもたらす。
10年間で約2100億円の放送権料を各クラブに配分。それらもきっと、ACL支援金に活用されていることだろう」

2/22(土) 5:24配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200222-00010000-sdigestw-socc

<韓国メディア>今季ACLの日韓対決で未勝利…1分2敗と1勝もできず。DAZN巨額放映権が要因か? 

20200221-00010017-goal-000-3-view[1]




1: 2020/02/21(金) 18:45:15.79
2月上旬に開幕した2020シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)は、グループステージの第2節まで消化。東地区では、無敗をキープする日本勢に対して、韓国勢は厳しいスタートを切っている。日韓で早くも明暗が分かれたのはなぜなのか。韓国メディアがその要因を指摘している。

 Jリーグから今季のACLに出場している横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、FC東京は、2試合を消化していずれも無敗を維持。横浜FMと神戸は2連勝と最高のスタートを切っている。そんな日本勢とは対照的に、韓国勢はメルボルン・ビクトリーに勝利したFCソウルを除いて全北現代、蔚山現代、水原三星の3クラブが日本勢に1分2敗と一勝もできず。いずれもホームでの戦いで敗れたことも、韓国勢により大きなショックを与えているようだ。

 韓国紙『スポーツソウル』は、韓国勢のスタートダッシュ失敗について「尋常ではない衝撃」と伝え、特に初戦で横浜FMと対戦したKリーグ3連覇中の全北現代が、ボール支配率と有効シュートでも劣って敗れたことについては驚きを持って伝えた。

 過去のACLにおいて韓国勢は、唯一の二桁優勝回数(11回)を記録。最多優勝数も浦項スティーラーズがアル・ヒラル(サウジアラビア)と並んで3回をマークしている。しかし、ここ最近は全北現代が優勝した2016年を最後に、3年連続で決勝進出を逃しており、『スポーツソウル』は、この結果が「Kリーグの下落が顕著に表れている」と表現した。

 一方で、日本勢については「2017~2019年に3年連続で決勝に進出している。そのなかで2度優勝(17年・浦和レッズ、18年・鹿島アントラーズ)を獲得した」ことに触れ、「著しい成果を出している。いつの間にか日本勢は通算7回の優勝とし、Kリーグの後に続いている」ことを指摘した。

 2009年から16年までは韓国と中国勢の躍進が見られたACLだが、同紙はその間にJリーグ勢が「ACL制覇を見据えた確実なスケッチを描いていた」とし、その最たる要因に「2017年からDAZNグループ(旧パフォーム・グループ)が10年総額2,100億円超の大型放映権契約を締結したこと」を挙げた。

 この時期を起点に「Jリーグはルーカス・ポドルスキ、フェルナンド・トーレス、アンドレス・イニエスタ、トーマス・フェルマーレンといった欧州トップクラスの選手を大勢迎え入れた。外国籍選手の割合が最も大きいブラジル人選手の質もますます高まっている」と分析している。

 そのうえで同紙は「これらの要素が重なり、Jリーグがおおむね力量を発揮している」とし、「過去にKリーグは、ACLの舞台でJリーグの色とりどりなサッカーに対して、強い圧迫で対処して勝利してきた。しかし、現状ではJリーグのチームが、Kリーグ勢の圧迫を免れるほどの力量のある選手が並んでいる。このままでは(韓国勢は)確実に上昇気流に乗るJリーグとの競争で敗れ、今年もアジアトップの夢は遠ざかっていく」と、日本勢の躍進に危機感を抱いているようだ。

2/21(金) 16:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00010017-goal-socc

<NO! JAPAN>“日本離れ”が加速する韓国Kリーグのなかで…FCソウルだけは鹿児島キャンプ強行か 

i=https%253




1: Egg ★ 2020/01/30(木) 11:42:48.69 ID:rB2gkn5J9
日韓関係の葛藤によって、韓国プロサッカーKリーグのほとんどのクラブが冬季キャンプ地から日本を除外したが、FCソウルだけは違った。

韓国内プロチームのなかで唯一、例年通り鹿児島でキャンプを行う見通しだ

2019年7月、日本が韓国をホワイト国(輸出優遇国)から除外するとして日韓に葛藤が生じると、日本に対する韓国内の世論が急激に悪化した。

日本製品の不買運動や日本旅行をボイコットする動きが全国的に広がり、スポーツ界にも「NO! JAPAN」の風が吹いた。

Kリーグクラブの“日本離れ”が加速
それまで毎年、韓国のプロチームは、気候が穏やかで距離も近い日本をキャンプ地として選んできた。しかし世論が変化したことで、Kリーグのほとんどのクラブが日本での合宿をキャンセルした。

その結果、東南アジア地域のタイが新しいキャンプ地として脚光を浴びている。22のプロクラブの半数以上となる13のクラブがタイのチェンマイ、バンコク、チ〇ンブリーなどをキャンプ地に選んだ。

その他のクラブは、中国、ベトナム、ポルトガル、スペイン、アラブ首長国連邦などを選択。いずれにしても“日本離れ”が起こった。

1月28日に行われるアジアサッカー連盟チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフがあるため、他のクラブよりも一足早くシーズンの準備を始めたFCソウルは、ポルトガルで1次合宿を行った。

一般的に、Kリーグのクラブは1次合宿でコンディションを引き上げ、2次合宿で競技力を引き上げる。そのため2次合宿は、韓国内で気候が比較的暖かい南部地方でキャンプを行い、試合感覚を積むことが多い。

FCソウルもプレーオフを行った後、2次合宿を計画している。

FCソウルの日本キャンプは以前から決まっていた?

FCソウルの選択肢は、日本の鹿児島だった。FCソウルの関係者は先立って「韓国内の合宿が決まらなかった。気象条件を調べている」と明らかにしたことがある。

しかし1月20日、FCソウルの事情をよく知る関係者は、「1月31日に出国して2月6日に入国する予定で、短い合宿を行う予定」とし、「合宿のスケジュールは昨年12月から決まっていたのだろう」と伝えた。

つまり日本でのキャンプをあらかじめ組んでおいて、韓国内の世論などを見極めながら、最終的に鹿児島での合宿を決定したということになる。

FCソウルは過去10年間、鹿児島でトレーニングに励んできた。チームの伝統を守る点は、プロスポーツにも必要な部分だ。

ただ、まだ日韓関係に対する感情が和らいでいない現状のなかで、韓国世論を無視するような選択はファンの目にどう映るだろうか。

スポーツソウル
https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=9245



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索