Samurai Goal

J2降格


スポンサード リンク





名門の凋落。J1を死守できなかった磐田、2度目の降格を招いた最大の要因  

20191203-00010018-goal-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/03(火) 18:55:03.19 ID:nJDUaMKr9
ジュビロ磐田にとって2度目のJ2降格が決まった。
11月30日、本拠地ヤマハスタジアムに名古屋グランパスを迎えた崖っぷちの一戦。
FW大久保嘉人の今季初ゴールが決勝点となり、2-1で今季初の連勝を遂げたものの、16位湘南ベルマーレも勝利したため、1試合を残して今季の17位以下が決まってしまった。

降格を招いた要因

この結果を招いたのは、大きな転換期を感じ取れず、改革を先延ばしにしてしまったクラブの見極めの甘さが理由の1つに挙げられる。

小野勝社長は「昨年の(シーズン)中盤以降、勝ち点を積み上げられなかった。ケガ人がいて、ベストメンバーで戦うことができなかった」と1年前を振り返っていたが、そのケガ人が戻った今季、
「キャンプでいい動きをしていた」(同社長)ものの、開幕から5戦勝ちなし。名波浩元監督が退任した6月30日の川崎フロンターレ戦で1-3と完敗し、最下位で後半戦に突入することになった。

川崎戦後、小野社長は次期監督について「暫定はない」と言い切った。名波氏の突然の辞任申し入れにより、クラブは混乱を招いただろうが、状況を見れば、長期政権によるチームの歪みは明らか。
だが、方針転換どころか、継続路戦を貫いて2014年9月に就任した名波監督の下でヘッドコーチを務めてきた鈴木秀人氏に命運を託した。

名波氏と二人三脚でチームをつくってきた鈴木氏が、思い切った改革を進めることは容易ではない。
初采配となった7月6日の鹿島アントラーズ戦の先発で、前節から入れ替えたのは川崎戦でゴールを奪ったMF上原力也と、7月3日の天皇杯2回戦のホンダロックSC戦でハットトリックを記録したFW中山仁斗だけ。

鹿島戦は相手の3本に対し、シュート14本を放って圧倒したが、結果は0-2。勝負弱さや決定力不足といった、名波監督時代に指摘されていた問題が根強いことを浮き彫りにした。

続く7月13日、残留を争う松本山雅FC戦を1-0で制したが、その後は3連敗と上向く気配すら見当たらず、鈴木氏は1カ月半足らずで体調不良を理由に退任した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00010018-goal-socc
12/3(火) 14:10配信

地元商店街に激励の声「J1復帰へ市民一丸」 ジュビロ磐田J2降格 ジュビロード  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/02(月) 11:52:40.88 ID:fJTmmHWT9
サッカーJ1ジュビロ磐田のJ2降格決定から一夜明けた1日、
本拠地の磐田市では「ジュビロード」の名を冠したJR磐田駅前通りの商店関係者や市民らから残念がる声と激励が上がった。

かつてJリーグ年間王者の優勝パレードなども行われたジュビロード。近くに住む男性(63)は監督交代などで低迷した今季を「やむを得なかったのでは。
まず体制を立て直してほしい」と再起を望む。近年は商店が減り、祭りやイベント時以外の人通りは減少傾向。
周辺に店を構える山下貢史市商店会連盟会長は「チームの頑張りが商業の活性化の鍵を握る。
来季は他を突き放してJ1返り咲きを決めて」とエールを送る。

11月に開催したジュビロ磐田メモリアルマラソンを主催する市体育協会の河島直明会長は
「大変残念。ただ、厳しい時だからこそホームタウンとして団結しなければ」と呼び掛ける。

市では毎年、市内小学校高学年の児童約3千人に地元チームへの愛着を高めてもらうホーム戦の一斉観戦事業を行っている。
渡部修市長は「1年でのJ1復帰を願い、これまで以上に市民一丸で応援していく」とした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00000029-at_s-socc
12/2(月) 8:20配信

no title

no title

no title

<柏レイソル>J2降格で草刈場の可能性!伊東には海外&Jクラブ興味、中山&中村もどうなる 

KashiwaReysol20180813-thumb-600x400-207073




1: 2018/11/25(日) 06:32:53.46 _USER9
◆明治安田生命J1リーグ第33節 C大阪0―3柏(24日・ヤンマー)

 17位・柏の9シーズンぶり3度目のJ2降格が決まった。C大阪とアウェーで対戦し、日本代表MF伊東純也(25)の2アシストなどで3―0で勝利。だが、残留争いをしていた14位・湘南、15位・鳥栖、16位・名古屋がいずれも勝ったため、降格が決定した。

 J2降格を受け、日本代表、代表候補の有力株がそろう柏から多くの選手が他クラブに移籍する可能性が出てきた。J屈指のスピードスター日本代表FW伊東は海外の複数クラブが興味を示し、J1の複数クラブも獲得に名乗りを上げている。

 ほかには、U―21代表の主将を務め、CB、SB、ボランチをこなせるマルチプレーヤーのMF中山雄太(21)や、ロシアW杯代表GK中村航輔(23)らも国内外問わず移籍の可能性がある。

 次期監督には、11年にチームをJ1優勝に導いたネルシーニョ氏(68)の再登板がブラジルの複数メディアで報じられている。柏の瀧川龍一郎社長は「可能性として監督交代も検討している。シーズン後に考えていく」と話すにとどめた。

11/25(日) 6:13配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000241-sph-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索