Samurai Goal

J1


スポンサード リンク





2019年版、J1全18クラブ「平均年俸ランキング」「SNSフォロワー数ランキング」発表!  

20191208-00351888-footballc-000-2-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/12/25(水) 21:39:44.94 ID:xTYti9jG9
SOCCER DIGEST Web 12/25(水) 18:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191225-00068136-sdigestw-socc

2位に3倍の差をつけた神戸がダントツ1位!

 12月24日、英国のリサーチ会社である『Sporting Intelligence』が2019年版のプロスポーツチームの「平均年俸ランキング」を発表した。

 サッカーはもちろん、野球にバスケ、アメフト、クリケットなどあらゆるプロスポーツが対象で、年俸総額を登録人数で割った平均値(選手ひとりあたりの年俸)でランキング化。350位までが公表され、サッカーが上位3枠を独占した。1位がバルセロナ(スペイン)で1228万4555ドル(約13億4323万円)、2位がレアル・マドリー(スペイン)で1115万4692ドル(約12億1973万円)、そして3位がユベントス(イタリア)で1010万6647ドル(約11億510万円)となっている。

 さらに同社はJ1リーグにも注目。リーグ全体の選手ひとりあたりの年俸は32万6839ドル(約3574万円)で、これは全スポーツ対象の世界ランキングで堂々14位に食い込んだ。サッカー部門ではプレミアリーグ(イングランド)、ラ・リーガ(スペイン)、セリエA(イタリア)、ブンデスリーガ(ドイツ)、リーグアン(フランス)、中国スーパーリーグに次ぐ6番手だ。

 クラブ別で見ると、やはりアンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキなど高年俸プレーヤーを抱えるヴィッセル神戸が157万2238ドル(約1億7203万円)でダントツの首位。2位の浦和レッズと比べると、3倍近い数値になっている。『Sporting Intelligence』社は「今季からJ1リーグは外国籍選手枠を大幅に拡大し、そのルール変更を最大限に活かしたのが、楽天グループの潤沢な資金があるヴィッセルだった」と説明。ランキング12位の横浜F・マリノスが15年ぶりのJ1制覇を果たし、同最下位の大分トリニータがトップ10入りした。この両チームはある意味で費用対効果が高った、と言えるだろうか。

 
『Sporting Intelligence』社が調査したJ1全18クラブの「平均年俸ランキング」は以下の通りだ。

1位 ヴィッセル神戸 157万2238ドル(約1億7203万円)
2位 浦和レッズ 44万7433ドル(約4895万円)
3位 サガン鳥栖 43万1048ドル(約4714万円)
4位 川崎フロンターレ 41万3564ドル(約4523万円)
5位 名古屋グランパス 37万5942ドル(約4111万円)
6位 鹿島アントラーズ 31万888万円(約3400万円)
7位 セレッソ大阪 25万7493ドル(約2815万円)
8位 FC東京 25万4062ドル(約2778万円)
9位 清水エスパルス 24万3140ドル(約2658万円)
10位 ジュビロ磐田 21万4477ドル(約2345万円)
11位 ガンバ大阪 21万1907ドル(約2317万円)
12位 横浜F・マリノス 20万2082ドル(約2210万円)
13位 北海道コンサドーレ札幌 20万1533ドル(約2204万円)
14位 サンフレッチェ広島 19万3946ドル(約2120万円)
15位 ベガルタ仙台 17万7218ドル(約1937万円)
16位 松本山雅 15万261ドル(約1642万円)
17位 湘南ベルマーレ 13万2413ドル(約1447万円)
18位 大分トリニータ 7万581ドル(約772万円)
※数値は平均値で選手ひとりあたりの年俸。1$は109円で換算。

季J1昇格の柏、元神戸の韓国代表GK・金スンギュを獲得へ  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/16(月) 06:06:43.00 ID:3pq5UaUH9
来季J1昇格を決めた柏が、蔚山の韓国代表GK金スンギュ(29)の獲得に動いていることが15日までに分かった。

金は16年に蔚山から神戸入り。高い身体能力と1メートル87の長身を生かして活躍。
だが、今季は外国人枠の影響でメンバー外となることも増え、出場機会を求めて7月に古巣の蔚山に復帰していた。

柏はE―1選手権のメンバーにも選出された日本代表のGK中村も所属するが、去就が不透明な中で日本でも実績十分な韓国人守護神の獲得に動いた形だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00000118-spnannex-socc
12/16(月) 6:00配信

no title

Jリーグ/J1最終順位が確定! 横浜Fマリノスが15年ぶりの優勝!ACL出場権はFC東京、鹿島アントラーズに…  

1: Egg ★ 2019/12/07(土) 18:21:20.31 ID:6yjy8yVh9
明治安田生命J1リーグ最終節が7日に行われ、2019シーズンの最終順位が確定した。

 優勝を手にしたのは横浜FM。7日に行われた2位・FC東京との最終決戦に3-0で勝利し、2004年以来15年ぶりのリーグ優勝を達成した。また、仲川輝人とマルコス・ジュニオールが史上初の同一クラブでの得点王を獲得。昨季は残留争いに巻き込まれるなど苦しんだが、今季は開幕から上位争いを演じ、2季目を迎えたアンジェ・ポステコグルー監督のもと、一気に頂点に上り詰めた。

 FC東京と鹿島は惜しくも優勝を逃したものの、来季のAFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得。鹿島が天皇杯を制した場合は、本戦からの出場となり、リーグ4位の川崎FがプレーオフからACLに参戦することとなる。

 下位に目を向けると、終盤戦にかけて熾烈な残留争いが繰り広げられた。松本と磐田が最終節を残してJ2降格が決まってしまったが、参入プレーオフをめぐる争いは最後まで続いた。浦和は今季、ACLでは決勝に勝ち進むなど躍進したが、リーグ戦では上位進出は叶わず。結果的には残留を果たしたものの、終盤戦に至っては勝ち星が積み上げられず、厳しい戦いを強いられた。

 昇格組の2チームは明暗が分かれる結果となった。6年ぶりの昇格を果たした大分は、片野坂知宏監督のもと、開幕から台風の目となり、一度も残留争いに巻き込まれないまま9位でシーズンを終えた。一方で4年ぶりにJ1の舞台に立った松本は、深刻な得点力不足に悩み、1年でのJ2リターンとなってしまった。

 最下位の磐田に至っては、開幕から不振に陥り、度重なる監督交代を敢行。最後はスペイン人のフェルナンド・フベロ監督のもと、復調の兆しを見せたが、J1残留はならず。クラブとしては2度目の降格が決まった。

 2019シーズンのJ1最終順位は以下の通り。

1.横浜F・マリノス(70・30)
2.FC東京(64・17)
3.鹿島アントラーズ(63・24)
――ACL出場権――
4.川崎フロンターレ(60・23)
5.セレッソ大阪(59・14)
6.サンフレッチェ広島(55・16)
7.ガンバ大阪(47・6)
8.ヴィッセル神戸(47・2)
9.大分トリニータ(47・0)
10.北海道コンサドーレ札幌(46・5)
11.ベガルタ仙台(41・-7)
12.清水エスパルス(39・-24)
13.名古屋グランパス(37・-5)
14.浦和レッズ(37・-16)
15.サガン鳥栖(36・-21)
――J1参入PO出場――
16.湘南ベルマーレ(36・-23)
――J2自動降格――
17.松本山雅FC(31・-19)
18.ジュビロ磐田(31・-22)

12/7(土) 16:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00010025-goal-socc

写真no title

J1最終節で見逃せない4つの見どころ。優勝決戦のゆくえ、残留の大本命は? 

20191206-00010012-goal-000-1-view[2]

<DAZN>J1一斉開催で配信トラブル!サポーターは怒り!視聴可能なURLを公開  

1: Egg ★ 2019/11/30(土) 14:54:25.40 ID:8/Kxtpbo9
J1第33節が30日の14時から各地で一斉開催されている。スポーツ・チャンネル『DAZN(ダゾーン)』は同日、『DAZN ダゾーン ヘルプ』のツイッター(@DAZN_JP_Help)を更新し、「11/30 14:00 現在J1、J2の試合においてご視聴いただけない状況となっております」と報告。続けて視聴可能なURLを公開した。

 今回のトラブルを受け、「早急な復旧に努めておりますので、今暫くお待ち頂けますようお願いいたします」「ご不便おかけし申し訳ございません」と謝罪している。

『DAZN』が公開した視聴可能なURLは以下の通り

▽仙台vs大分
https://www.daznplayer.com/player/vegalta_sendai_v_oita_trinita_5dde4a00532d6.html

▽鹿島vs神戸
https://www.daznplayer.com/player/kashima_antlers_v_vissel_kobe_5dde4a005354e.html

▽東京vs浦和
https://www.daznplayer.com/player/tokyo_v_urawa_reds_5dde4a00537b6.html

▽川崎vs横浜
https://www.daznplayer.com/player/kawasaki_frontale_v_yokohama_f.marinos_5dde4a0053a7e.html

▽湘南vs広島
https://www.daznplayer.com/player/shonan_bellmare_v_sanfrecce_hiroshima_5dde4a0053d60.html

▽磐田vs名古屋
https://www.daznplayer.com/player/jubilo_iwata_v_nagoya_grampus_5dde4a0054273.html

▽G大阪vs松本山雅
https://www.daznplayer.com/player/gamba_osaka_v_matsumoto_yamaga_5dde4a00547e0.html

▽C大阪vs清水
https://www.daznplayer.com/player/cerezo_osaka_v_shimizu_s-pulse_5dde4a0054ad0.html

▽鳥栖vs札幌
https://www.daznplayer.com/player/sagan_tosu_v_consadole_sapporo_5dde4a0054da3.html

写真
no title


ゲキサカ11/30(土) 14:42配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-43474558-gekisaka-socc

【J1試合結果】第33節 仙台×大分、鹿島×神戸、F東×浦和、川崎×横M、湘南×広島、磐田×名古、G大×松本、C大×清水、鳥栖×札幌 

201911300000387-w500_1[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/30(土) 15:59:37.37 ID:vzq+YKMp9
仙台 2-0 大分
[得点者]
26'道渕 諒平(仙台)
61'長沢 駿 (仙台)

スタジアム:ユアテックスタジアム仙台
入場者数:13,894人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113001/live/#live


鹿島 1-3 神戸
[得点者]
14'藤本 憲明 (神戸)
29'郷家 友太 (神戸)
40'土居 聖真 (鹿島)
88'小川 慶治朗(神戸)

スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
入場者数:34,312人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113002/live/#live


FC東京 1-1 浦和
[得点者]
39'マルティノス(浦和)
69'田川 亨介 (FC東京)

スタジアム:味の素スタジアム
入場者数:40,202人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113003/live/#live


川崎 1-4 横浜FM
[得点者]
08'仲川 輝人     (横浜FM)
49'エリキ       (横浜FM)
69'エリキ       (横浜FM)
74'レアンドロ ダミアン(川崎)
89'遠藤 渓太     (横浜FM)

スタジアム:等々力陸上競技場
入場者数:23,893人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113004/live/#live


湘南 1-0 広島
[得点者]
09'オウンゴール(湘南)

スタジアム:Shonan BMW スタジアム平塚
入場者数:12,235人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113005/live/#live


磐田 2-1 名古屋
[得点者]
22'松本 昌也        (磐田)
39'長谷川 アーリアジャスール(名古屋)
71'大久保 嘉人       (磐田)

スタジアム:ヤマハスタジアム(磐田)
入場者数:14,963人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113006/live/#live


G大阪 4-1 松本
[得点者]
11'小野瀬 康介(G大阪)
30'井手口 陽介(G大阪)
45'井手口 陽介(G大阪)
58'アデミウソン(G大阪)
90'水本 裕貴 (松本)

スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
入場者数:25,635人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113007/live/#live


C大阪 2-1 清水
[得点者] 
18'エウシーニョ(清水)
75'水沼 宏太 (C大阪)
79'柿谷 曜一朗(C大阪)

スタジアム:ヤンマースタジアム長居
入場者数:21,562人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113008/live/#live


鳥栖 0-2 札幌
[得点者]
04'ジェイ   (札幌)
90+4'鈴木 武蔵(札幌)

スタジアム:駅前不動産スタジアム
入場者数:17,512人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113009/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

J1昇格プレーオフ圏争いは今季も大混戦! 6チームが3枠を争う状況で最終節へ  

20191116-00348320-footballc-000-4-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/16(土) 18:13:19.87 ID:FA489l1x9
明治安田生命J2リーグ第41節の試合が16日に各地で開催された。J1昇格に向けたプレーオフ圏となる6位以内の確保に向けた争いは、混戦のまま最終節へもつれ込んでいる。

2位以内での自動昇格を争う横浜FCと大宮アルディージャはすでに6位以上を確定済み。
残り3つとなるプレーオフ枠を、前節終了時点でわずか2ポイント差にひしめく6チームが争っていた。

13時キックオフの試合では4位のモンテディオ山形が山岸祐也のハットトリックによりレノファ山口FCに3-2の逆転勝利。
プレーオフ圏内を維持して最終節を迎えることを一足先に決めた。

続いて14時キックオフの試合では7位のヴァンフォーレ甲府がFC岐阜に3-1、8位の京都サンガF.C.がジェフユナイテッド千葉に1-0でそれぞれ勝利を収め、暫定でプレーオフ圏内へ浮上。一方9位のファジアーノ岡山は横浜FCに0-1で敗れる結果に終わった。

 15時キックオフの試合では、前節時点で山形と並んでいた4位タイの水戸ホーリーホックが鹿児島ユナイテッドFCに0-1で敗戦。6位の徳島ヴォルティスは東京ヴェルディを2-1で下し、京都を押し出す形でプレーオフ圏に再浮上した。

 今節の結果により、勝ち点70の山形と徳島、勝ち点68の甲府が6位以内で最終節を迎える。京都は得失点差で甲府に劣り7位、水戸はその両チームに1ポイント差で8位となっている。岡山も数字上は6位浮上の可能性を残しているが、勝ち点だけでなく上位チームとの大きな得失点差も覆す必要があり非常に厳しい状況となる。

 最終節は24日に全試合同時刻開催で行われる。J1昇格へ前進を果たすのはどのチームになるのだろうか。

▼J2順位表(上位)
1. 勝ち点81(得失点差+40) 柏レイソル
2. 勝ち点76(得失点差+24) 横浜FC
3. 勝ち点74(得失点差+22) 大宮アルディージャ
4. 勝ち点70(得失点差+20) モンテディオ山形
5. 勝ち点70(得失点差+19) 徳島ヴォルティス
6. 勝ち点68(得失点差+22) ヴァンフォーレ甲府
7. 勝ち点68(得失点差+15) 京都サンガF.C.
8. 勝ち点67(得失点差+18) 水戸ホーリーホック
9. 勝ち点65(得失点差+3) ファジアーノ岡山

▼J2最終節 プレーオフ圏争い関連カード
モンテディオ山形 vs FC町田ゼルビア
水戸ホーリーホック vs ファジアーノ岡山
柏レイソル vs 京都サンガF.C.
横浜FC vs 愛媛FC
ヴァンフォーレ甲府 vs FC琉球
ツエーゲン金沢 vs 大宮アルディージャ
徳島ヴォルティス vs レノファ山口FC

11/16(土) 17:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191116-00348320-footballc-socc

【J1/J2/J3】日本のサッカーリーグ体系を議論するスレ【JFL/9地域】  

K10012124201_1910112337_1910112337_01_02[1]




1: U-名無しさん 2019/10/11(金) 12:24:17.08 ID:jUkghRwz0
【現状】
J1リーグ:18チーム(固定中・全国制)
J2リーグ:22チーム(固定中・全国制)
J3リーグ:18チーム(拡大中・全国制) (※クラブチーム15+U23チーム3)
JFL:16チーム(固定中・全国制)
地域リーグ(9地域制)
・北海道 8チーム
・東北1部 10チーム
・関東1部 10チーム
・北信越1部 8チーム
・東海1部 8チーム
・関西1部 8チーム
・中国 10チーム
・四国  8チーム
・九州 10チーム

前スレ
【J1/J2/J3】日本のサッカーリーグ体系を議論するスレその7【JFL/9地域】
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/soccer/1555666625/

アジア制覇を狙う「浦和のジレンマ」 世界に類を見ないJ1とACLの“二兎を追う”過酷さ 

20191021-00224622-soccermzw-000-6-view[2]

【J1試合結果】仙台×松本、磐田×横浜FM、名古屋×大分、鳥栖×FC東京 

news_286976_1




1: 久太郎 ★ 2019/10/05(土) 16:02:33.75 ID:2p/dLuy69
仙台 0-1 松本
[得点者]
02'セルジーニョ(松本)

スタジアム:ユアテックスタジアム仙台
入場者数:15,285人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/100508/live/#live

磐田 0-2 横浜FM
[得点者]
30'オウンゴール(横浜FM)
87'仲川 輝人 (横浜FM)

スタジアム:ヤマハスタジアム(磐田)
入場者数:12,464人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/100509/live/#live


名古屋 1-1 大分
[得点者]
52'三平 和司(大分)
90+1'赤﨑 秀平(名古屋)

スタジアム:パロマ瑞穂スタジアム
入場者数:17,648人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/100510/live/#live


鳥栖 2-1 FC東京
[得点者]
49'三田 啓貴 (FC東京)
86'豊田 陽平 (鳥栖)
90+5'豊田 陽平(鳥栖)

スタジアム:駅前不動産スタジアム
入場者数:11,616人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/100511/live/#live



J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索