Samurai Goal

Jリーグ


スポンサード リンク





“名古屋革命”到来か!!鳥栖相手に完封勝ちで5連勝を記録! 

キャプチャ

 明治安田生命J1リーグ第23節が行われ、名古屋グランパスとサガン鳥栖が対戦した。

 ともに勝ち点「22」で16位の名古屋と15位鳥栖による直接対決。名古屋はここ4試合で7得点と絶好調のジョーが累積警告により出場停止。ガブリエル・シャビエルと前田直輝が2トップを形成し、2列目の左には特別指定選手の児玉駿斗が起用された。対する鳥栖はフェルナンド・トーレス、金崎夢生ら前節と同じ11名で臨む。

 21分、前田との連係で左サイドバックの金井が抜け出すと、右足でシュートを突き刺し、ホームの名古屋が先制する。後半に入り64分、エドゥアルド・ネットのクロスを和泉竜司がダイレクトで合わせて追加点。さらに75分には前田が決定的な3点目を奪い、勝利を決定付けた。

 試合は3-0で終了。名古屋は5連勝。鳥栖は4試合ぶりの黒星となった。次節は26日(日)、名古屋は浦和レッズ、鳥栖はガンバ大阪とそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
名古屋グランパス 3-0 サガン鳥栖

【得点者】
1-0 21分 金井貢史(名古屋)
2-0 64分 和泉竜司(名古屋)
3-0 75分 前田直輝(名古屋)

【スターティングメンバー】
名古屋グランパス(4-4-2)
ランゲラック:宮原和也、丸山祐市、中谷進之介、金井貢史:小林裕紀、エドゥアルド・ネット(75分 相馬勇紀)、玉田圭司(90+1分 榎本大輝)、児玉駿斗(55分 和泉竜司):ガブリエル・シャビエル、前田直輝

サガン鳥栖(4-3-3)
権田修一:小林祐三(68分 安在和樹)、高橋祐治、キム・ミンヒョク、藤田優人:原川力、福田晃斗(65分 島屋八徳)、高橋秀人:フェルナンド・トーレス、小野裕二(84分 田川亨介)、金崎夢生


SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00815435-soccerk-socc

ジョー不在の名古屋×トーレス降臨の鳥栖、勝負の行方はいかに…!? 

nagoya20180329
1 2018/08/19(日) 11:50:08.11 _USER9
名古屋はジョー不在をどう乗り切るか

明治安田生命J1リーグは19日に第23節の9試合が開催。4連勝中の名古屋グランパスが3戦負けなしのサガン鳥栖と対戦する。

パロマ瑞穂スタジアムで行われる同カードのチケットは前日の時点で完売。ホーム名古屋は、4試合連続ゴール中だったエースのジョーが累積警告で出場停止となるが、元スペイン代表のフェルナンド・トーレスや金崎夢生といったタレント揃う鳥栖との一戦だけあってより一層の注目を集めている。

名古屋は現在5試合無敗の4連勝中。前節、ジョーの2ゴールで横浜F・マリノスを2-1で下して最下位脱出に成功した。さらに新戦力の前田直輝、金井貢史、エドゥアルド・ネット、中谷進之介、丸山祐市が揃って先発入り。金井と前田はそれぞれ2ゴールを決めるなど、早速フィットしている。

風間八宏監督も「1人1人がたくましくなった」とチームの成長に手応えを感じれば、「毎日トレーニングが楽しくできている」と選手も口を揃えて今のチーム状況の良さを語っている。

上向き調子のチームに懸念点があるとすれば、エースのジョーがこの鳥栖戦に累積警告で出場できないこと。さらに、連勝した4試合でいずれも失点を喫していることだろう。ジョーに関しては4試合連続ゴールに加えてハットトリックを含む7ゴールをマーク。ここまで名古屋の総得点26の半分となる13得点を叩き出している。

そのジョーを欠く今節は、前田とガブリエル・シャビエルに期待がかかる。前者はスピード溢れるドリブル突破から放つ一発がある。後者はその類まれなテクニックから決定的なパスでチャンスメイクを図る。後半戦5試合でわずか1失点と強固な守備を敷く鳥栖を崩せるかが勝利をつかむポイントだろう。

一方で失点数の多さも気になる。ここ4試合で6失点と最後の部分での踏ん張りが足りない。加入したての中谷と丸山でセンターラインを敷いているが、二者の間でのコンビネーションがさらに構築されれば、課題をクリアできるはず。

点取り屋ジョーが不在なのに加えて、堅い守備を誇る鳥栖が相手。5試合ぶり、今季5度目のクリーンシートを達成することも勝機を見いだすポイントと言えるだろう。

3戦連続無失点も得点力不足が課題の鳥栖

対する鳥栖は、現在3試合無敗中。2連勝で迎えた前節は、川崎フロンターレと対戦。終始猛攻を受けながらも、GK権田修一の再三のビッグセーブもあって王者をシャットアウト。一方で前線のF・トーレスと金崎はまたしても不発に終わり、スコアレスドローでタイムアップの笛を聞いた。

3試合連続クリーンシートを達成していることは評価に値するが、一方で長らく複数得点が奪えていないのは深刻な課題だ。5月6日の第13節・清水エスパルス戦で3ゴールを奪って以来、9試合で得点はわずか3。その3得点もオウンゴール、吉田豊、高橋秀人と前線の選手ではない。

うち2得点は原川力のセットプレーから生まれているが、そろそろ流れからのゴールがほしい。前線で起点は作っているF・トーレスと金崎が前を向いて決定機を何度作れるかが勝敗を分かつファクターとなる。

両者は勝ち点22で並んでおり、勝つか負けるかで状況は大きく変わってくる。前回対戦では、3-2と鳥栖が打ち合いを制している。勢いそのままに安全圏に浮上するのは果たしてどちらのチームか。注目の一戦は18時にパロマ瑞穂スタジアムでキックオフする。

■J1第23節 試合日程
8月19日(日)
13:00 北海道コンサドーレ札幌 vs FC東京(札幌ド)
18:00 清水エスパルス vs 浦和レッズ(アイスタ)
18:00 名古屋グランパス vs サガン鳥栖(パロ瑞穂)
18:00 V・ファーレン長崎 vs セレッソ大阪(トラスタ)
18:30 鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス(カシマ)
19:00 ベガルタ仙台 vs ガンバ大阪(ユアスタ)
19:00 湘南ベルマーレ vs ヴィッセル神戸(BMWス)
19:00 ジュビロ磐田 vs 柏レイソル(ヤマハ)
19:00 サンフレッチェ広島 vs 川崎フロンターレ(Eスタ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00010001-goal-socc&p=2

“イニエスタ&トーレス”電車移動の光景が『何だか和む』と話題に!! 

afc7d8e1-3a6e-
1 2018/08/18(土) 21:01:59.75 _USER9
目下2戦連続ゴール中と絶好調のヴィッセル神戸MF、アンドレス・イニエスタが土曜日、自身のインスタグラム・ストーリーを更新した。
 
 明日日曜日はJ1リーグ第23節の湘南ベルマーレ戦が行なわれる。神戸から会場となる平塚のBMWスタジアムへの移動は、もちろん新幹線だ。元スペイン代表の魔法使いは車窓から見える景色を動画で撮影して掲載し、ローマ字で「SHINKANSEN」と添えた。メッセージがないため判然としないが、ひょっとしたら人生初の新幹線乗車だったのかもしれない。

 続けざまに画像も公開し、グリーン車で隣席になった僚友と笑顔でパシャリ。入団前にイニエスタに背番号8を譲ったMF三田啓貴だ(現在は背番号7)。イニエスタみずから三田に電話を掛けて、「大切な番号を譲ってくれてありがとう」と感謝の言葉を伝えたのは記憶に新しいところ。ピッチ上のみならずピッチ外でも、連携と信頼関係を深めているようだ。
 
 すでに湘南vs神戸戦のチケットは前売りの段階で完売しており、明日は満員札止め1万6000の観衆で埋め尽くされるだろう。イニエスタ初の関東上陸。どんなハイパフォーマンスを披露してくれるのか、実に興味深い。

8/18(土) 20:14 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00045883-sdigestw-socc

【議論】なぜJリーグでは久保建英を育てられないのか? 

1 2018/08/18(土) 17:40:49.30 _USER9
10歳でスペインの強豪バルセロナと契約し「天才」と称されたMF久保建英(たけふさ、17)が、J1のFC東京から横浜Mへ期限付き移籍(12月31日まで)することが発表された。FC東京で出場機会に恵まれず、さび付いた状態。2020年東京五輪へ向けて、インドネシアで開催中のアジア大会に参戦しているU-21(21歳)日本代表への招集も見送られた。移籍をきっかけに輝きを取り戻すことができるのか。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 なぜ、天才少年は伸び悩んでいるのか。

 「クラブの幹部と久保の父親が同じ筑波大出身」(日本協会関係者)との事情もあって入団したFC東京は、Jクラブ屈指の「育成下手」と酷評されている。

 かつては、国見高時代に全国高校選手権で大会史上初の2年連続得点王に輝き、その後オランダでもプレーしたFW平山相太を獲得したが、ブレークしきれないまま昨年仙台へ移籍。同年限りで現役を引退した。

 昨夏にポルトガル1部のポルティモネンセへ期限付き移籍してから台頭したMF中島翔哉(23)も、FC東京では伸び悩んでいた。

 Jリーグでは過去に久保と同じ16歳でFW柿谷(C大阪)、宇佐美(デュッセルドルフ)が、17歳では日本代表の10番・香川(ドルトムント)、原口(ハノーバー)がプロ契約しているが、現状では久保が彼らの域まで達することができるかどうかも怪しい。

 スペインでは18歳になる来年にバルセロナへ復帰するとも報じられているが、久保としてはそのためにも出場機会を増やし、“天才復活”を印象付ける必要がある。

 久保を受け入れたのが横浜Mというのも、意味深長だ。MF中村俊(磐田)、GK川口(J3相模原)らレジェンド級の主力を次々と放出。監督候補だった元日本代表DFの井原正巳(50)もJ2福岡で指揮をとっている。

 その要因は本場英国に本拠地を置きプレミアリーグの強豪マンチェスター・シティなどを運営するシティ・グループが、2014年7月から横浜Mの株主となったことにある。シティ・グループ主導の監督人事や補強策はことごとく失敗。今季は22節終了時点で14位の低空飛行で、J2自動降格圏内の17位との勝ち点差はわずか2。仮にJ2に降格すれば、クラブ史上初の屈辱だ。シティ・グループとの契約は更新時期に入っており、低迷が続けば支援打ち切りの可能性も出てくる。

 そこで、久保とポジションがかぶるMFバブンスキー(24)を緊急解雇。起爆剤として久保を迎えた。“土俵際同士”による相思相愛の移籍劇といえる。

 「いまはマリノスのために勝利に貢献できる選手になりたい」と久保。森保監督も東京五輪、2022年W杯カタール大会へ向けて、天才少年の本領発揮を切望しているはずだ。

夕刊フジ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000012-ykf-spo

写真
no title

神戸からスペインへ!!“天才肌”中坂勇哉がペララーダへ期限付き移籍! 

1 2018/08/18(土) 18:00:16.11 _USER9
ヴィッセル神戸は8月18日、MF中坂勇哉のスペイン3部ペララーダへの期限付き移籍を発表した。神戸は17日には、佐々木大樹のパルメイラス(ブラジル1部)へのレンタル移籍も発表しており、中坂はユース出身者では、今夏ふたり目の海外移籍となる。
 
 ファンタジスタタイプの中坂は、中学時代から神戸の下部組織育ち。2016年にトップチームに昇格すると、プロ1年目から12試合・1得点を記録し、昨季は14試合・2得点をマークしていた。しかし、今季のリーグ戦では出場機会を得られていなかった。
 
 中坂は神戸の公式ホームページを通じて、以下のようにコメントしている。
 
「この度、スペインのCFペララーダに移籍することになりました。海外での挑戦の場を与えてくれたクラブに感謝します。素晴らしいチームメイトやスタッフと一緒にサッカーができなくなるのは残念ですが、スペインでしっかり結果を出せるように全力を尽くします。皆様の前でより成長した姿を見せられるように1日1日を大切に過ごしたいです。引き続き、中坂勇哉を宜しくお願いします」

8/18(土) 17:50 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00045873-sdigestw-socc

no title

神戸から移籍した佐々木大樹、早くも名将スコラ―リが評価! 

sasakijpg_1q7ktqipouvwq1v02y1q73cwsr
1 2018/08/18(土) 15:51:04.89 _USER9
 ブラジル1部のパルメイラスを率いるルイス・フェリペ・スコラーリ監督は、ヴィッセル神戸からの加入が決定したMF佐々木大樹への期待の言葉を述べ、アピール次第ではトップチームで起用する可能性も示唆している。ブラジル『ランス』が伝えた。

 神戸の下部組織から今季トップチームに昇格し、これまでJ1で6試合に出場していた佐々木。17日には1年間の期限付き移籍でパルメイラスに加入することが発表された。

 パルメイラスでは、当面はU-20チームでプレーすることが見込まれる。ブラジルでの報道によれば、現地に到着した佐々木はU-20チームおよびトップチームの試合を観戦したとのことだ。

 パルメイラスを率いるのは、過去にブラジル代表やジュビロ磐田などの監督も務めた名将スコラーリ氏。佐々木については「ヴィッセル神戸のトップチームでプレーしていた。若い選手でクオリティーがある」と評価を述べ、「様子を見て分析する。下部組織からベンチ入りしていた選手たちもいる」とトップチーム入りの可能性にも言及している。

『ランス』によれば、佐々木の獲得にはスペインのアラベスや、FW大迫勇也の所属するドイツのブレーメンも関心を示していたという。パルメイラスは完全移籍での獲得も視野に入れ、保有権の30%を取得したと伝えられている。

 佐々木の獲得をきっかけとして、パルメイラスは日本を中心としたアジア市場への進出も考えているようだ。神戸のオーナーである楽天の三木谷浩史社長との関係を構築することも期待しているとみられている。

8/18(土) 15:02 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00285896-footballc-socc

“イニエスタ&トーレス”仲良しすぎる!!「毎日、電話で話す」 

1 2018/08/18(土) 16:30:08.45 _USER9
サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(34)は16日、佐賀県鳥栖市内の練習場で、前日15日の広島戦で、2試合連続の得点をあげたヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタ(34)へ、祝福の電話をかけたと明かした。

 この日は、試合翌日のリカバリーで、ジョギングのみで練習を切り上げ、取材に応じた。盟友イニエスタとは「毎日、電話で話す」と言い、同時期に来日し、日本のJリーグに身を投じた者同士で、励まし合っている。そんな盟友の活躍は、来日6試合ノーゴールの自身にとって、大いなる刺激にもなる。

 トーレスは19日名古屋戦を「とても重要な試合」と位置付け「勝ち点3を取る」と“公約”。J1残留を争い、同じ勝ち点22の16位名古屋との直接対決に気合を込めた。

 ここまで、本領を発揮できていないが、それでも現況は「(コンディションは)だんだん上向いており、進化もしている」と語る。待望の初得点への手ごたえもあるようで、日本の湿度の高さにも「スペインとは違う暑さだが慣れてきた。問題ない」となじんできた様子だった。

8/16(木) 21:27配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00301722-nksports-socc

写真
no title

イニエスタが早くもリーダーシップを発揮!!「もっと上を!ACLを狙おう!」 

20180818-00000049-spnannex-000-view
1 2018/08/18(土) 07:00:10.11 _USER9
 神戸のスペイン代表MFイニエスタがACL出場権獲得をチームメートに呼びかけた。19日の湘南戦(BMWス)に向け、17日に神戸市西区で非公開調整。

オフだった前日には選手全員参加の新加入選手歓迎会が開かれ、バルセロナからやってきた34歳は全員の前で「(神戸を)自分の家のよう、我が家のように感じている。こういうアットホームなチームで、もっと上を目指していこう」と熱く語った。

 主催したDF渡部が「いい雰囲気だった」と語ったように、スペイン料理屋で開かれた会合は盛り上がり、イニエスタは隣席のFW長沢らともコミュニケーションを図った。

現在4位で、ACL出場圏内の3位FC東京とは勝ち点7差。3戦連発の期待もかかる湘南戦で連勝を飾り、上位との差を詰める。

8/18(土) 6:00配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000049-spnannex-socc

マルキージオに“やはり”Jリーグからもオファー!!一体、どこのクラブ? 

1 2018/08/17(金) 22:27:21.70 _USER9
セリエA移籍市場最終日に退団が決定 ユベントス以外にイタリアではプレーしない意向


no title


ユベントスは現地時間17日、イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオの退団を正式発表。下部組織時代から含めて25年間在籍した華麗な司令塔は、ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタに続き、大物助っ人Jリーガーになる可能性が浮上している。イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」が報じた。

 2020年まで契約を残していた地元トリノ出身の生え抜きMFだが、センセーショナルなニュースが欧州を駆け抜けた。

「今までありがとう、クラウディオ。今日、ユベントスとクラウディオ・マルキージオの物語は結末を迎えた。契約終了で合意に至った」

 ユベントスは17日、公式サイトでこのように発表。同日がセリエAの移籍市場最終日だが、イタリアの絶対王者ユベントスで通算389試合(クラブ史上18番目)に出場した司令塔はユーベ愛を貫き、イタリア国内で伝統のゼブラカラー以外のユニフォームに袖を通すつもりはないという。

 記事によると、ニースとモナコというフランスの強豪2クラブとともに、米国、サウジアラビア、オーストラリア、中国、そして日本のクラブからもオファーが届いているようだ。

 2016年4月に左膝に大怪我を負ってしまったマルキージオは昨季公式戦20試合出場にとどまった。だが、セリエA優勝7度、コッパ・イタリア優勝4度に貢献した経験値は絶大だ。

 華麗なテクニックに加え、美男子としても絶大な人気を誇る貴公子マルキージオ。2戦連続のゴラッソでJリーグを沸かせているイニエスタに続く、強力助っ人が日本上陸を果たすのだろうか。

 なお、Jリーグの登録期間は8月17日までとなっており、他クラブに在籍している選手の場合は移籍最終日となる。しかし、契約解除などで無所属扱いの場合は事情が異なる。

 日本サッカー協会の規約では「登録ウインドーの終了前に契約期間が終了したプロ選手は、当該登録ウインドー終了後においても登録されることができるものとする」と記載されており、無所属扱いのマルキージオもそのケースに該当。追加登録期限の9月14日までに商談が成立すれば移籍可能となる。

8/17(金) 21:17配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180817-00129073-soccermzw-socc

ブラジル人“大型MF”カイオ・セザール獲得を川崎が正式発表!! 

DSC04245w-640x427
1 2018/08/17(金) 13:08:37.94 _USER9
 川崎フロンターレは17日、トンベンセ(ブラジル)に所属するMFカイオ・セザール(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は18年8月7日から19年1月1日まで。背番号は『44』に決定した。

 クラブの発表によると、カイオ・セザールは足下の技術や展開力、体の幅を生かした懐の深さが特徴の大型MF。ブラジルではボランチ、トップ下、ワイドと、中盤の様々なポジションでプレー。「今季対戦が楽しみなチーム」には「名古屋」を挙げ、「ネットがいるから」と元同僚との対戦を心待ちにしている。

 同選手はクラブを通じて、「川崎フロンターレという素晴らしいクラブでプレーをする機会をいただけたこと、すごく嬉しく思っています。とにかくクラブのため、サポーターの皆さんのために自分は精一杯プレーしますので、皆さんと一緒に成長していけたらいいなと思っています。よろしくお願いします」とコメントを発表した。

以下、プロフィール

●MFカイオ・セザール
Caio Cesar da Silva Silveira
■生年月日
1995年7月27日
■身長/体重
193cm/76kg
■出身地
ブラジル、サンパウロ州
■経歴
ヴィラ・ノヴァFC-アヴァイFC-トンベンセ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-01679303-gekisaka-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索