Samurai Goal

HSV


スポンサード リンク





HSV“フライング発表!?”「酒井高徳、招集…」と公式に記載!! 

img_cc3a2b5c5bc2d702d1f1a3842ed9b4a4183023
ハンブルガーSV(HSV)の主将を務めるDF酒井高徳は、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた日本代表の予備登録メンバー入りが決定しているようだ。
クラブが公式ヴェブサイトで明かしている。

〈続く〉


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000013-goal-socc

【悲報】伊藤達哉の活躍も虚しくHSV2部降格へ… 

dly1804080005-f1

1   2018/05/13(日) 00:33:32.72 _USER9
◆ドイツ・ブンデスリーガ最終節 ハンブルガーSV―ボルシアMG(12日・ハンブルク)

 日本代表DF酒井高徳(27)が主将を務めるハンブルガーSVが、クラブ史上初めてブンデスリーガ2部に降格した。

 入れ替え戦枠を争うヴォルフスブルクが勝利。ハンブルガーSV―ボルシアMG戦は発煙筒が投げ込まれて終了間際に試合が中断したが、この一戦の終了を待つことなく降格が決まった。

 ブンデスリーガは63年に創設。ハンブルガーSVはリーグ54年の歴史で唯一、降格したことがないクラブとして知られていた。前節まで勝ち点28で自動降格圏の17位。入れ替え戦へ進む16位ヴォルフスブルクとは勝ち点2差。ヴォルフスブルクが1FCケルンに敗れ、ハンブルガーSVが勝つことだけが、得失点差との関係から残留へ望みをつなぐことができる唯一の条件だった。

 酒井は右サイドバックで、伊藤達哉(20)が左MFで日本勢はダブル先発。ドリブラーの伊藤がトップチームに定着した3月中旬以降、チームは3勝1分け3敗と持ち直し、地元メディアからは“救世主”とも言われていた。伊藤はチーム2点目のゴールをアシストし活躍したが、逆転残留とはならなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00000326-sph-socc

酒井高徳、“小さなファン”にサプライズプレゼント!! 

DGJM4hJV0AM_MYn

 ブンデスリーガ残り1試合で降格圏内の17位に沈んでいるハンブルガーSV(HSV)。最終節での16位浮上を目指す中、キャプテンの日本代表DF酒井高徳がトレーニング場で粋な計らいを見せたようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が9日に伝えている。

 ハンブルガーSVは前節、フランクフルトに0-3と完敗。自動降格圏内の17位に沈んでいる。残りは1試合、12日の最終節ボルシアMG戦だ。16位ヴォルフスブルクとは2ポイント差。ハンブルガーSVが勝利を収め、ヴォルフスブルクが敗れた場合は逆転で16位に浮上する。2部3位との昇降格プレーオフに回ることとなり、残留の可能性を残すことができる。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00755076-soccerk-socc

【ブンデスリーガ】HSVの“2部降格”が現実味を帯びてきた!!耐え切れるのだろうか 

img_f0797567a8e0f98b27a0be0c1898e540242280
1   2018/05/07(月) 01:50:12.60 _USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3173546?cx_position=25

2018年5月6日 13:30 発信地:ベルリン/ドイツ
【5月6日 AFP】17-18ドイツ・ブンデスリーガ1部は5日、第33節の試合が行われ、ハンブルガーSV(Hamburger SV)は0-3でフランクフルト(Eintracht Frankfurt)に完敗し、1963年のリーグ創設以降、常に1部で戦ってきた唯一のクラブの2部降格が現実味を帯びてきた。

 フランクフルトはマリウス・ヴォルフ(Marius Wolf)とオマール・マスカレル(Omar Mascarell)がゴールを決めると、2014-15シーズンの得点王ながら、今季初出場となる元主将のアレクサンダー・マイアー(Alexander Meier)が交代出場から終了間際に3点目を決め、ファンを喜ばせた。

 敗れたハンブルガーは18チーム中17位にとどまり、残り1節で15位のSCフライブルク(SC Freiburg)に追いつくことは不可能となった。残留への残された道は、2部で3位のチームとのプレーオフに回れる16位浮上のみで、ハンブルガーは2014年と2015年にもプレーオフを制して1部に生き残っている。

 ただし、現在16位のVfLボルフスブルク(VfL Wolfsburg)とハンブルガーとの勝ち点差は2ポイントだが、最終節の対戦相手はハンブルガーが中位のボルシア・メンヘングラッドバッハ(Borussia Moenchengladbach)なのに対し、ボルフスブルクはすでに降格の決まっている最下位ケルン(1. FC Cologne)となっている。

 ボルフスブルクは今節勝利していれば勝ち点を逆転不可能な差に広げることができたが、こちらもRBライプツィヒ(RB Leipzig)に1-4で大敗し、ライプツィヒに公式戦6試合ぶりの勝利を献上した。(c)AFP/Ryland JAMES

伊藤達哉、ドイツ紙が代表入りを猛プッシュ!!「W杯に行ける」 

1   2018/04/30(月) 19:17:16.94 _USER9
ブンデスリーガ第32節が28日に行われ、酒井高徳と伊藤達哉が所属する17位ハンブルガーSVは14位ヴォルフスブルクとアウェイで対戦し、3-1で勝利。
2連勝を飾り、入れ替え戦出場の16位との勝ち点を「2」差まで詰め、残留に望みをつないだ。

伊藤は42分に先制点を呼び込むPKを獲得すると、前半アディショナルタイムには2点目をお膳立てし、ブンデスリーガ初アシストを記録。

絶体絶命の状況で迎えた直接対決で2得点に絡む大活躍だった。その伊藤に、地元紙『Hamburger Morgenpost』は試合後の採点で、
チーム最高タイの「2」をつけ、「この調子ならワールドカップにも行ける」と、サプライズ枠での大抜擢に猛プッシュしている。(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)

大迫勇也の所属する最下位ケルンは、残留を争う16位フライブルクに敵地で2-3と競り負け、2試合を残して5季ぶりの降格が決定した。

先発の大迫は78分までプレーしたが、クラブの命運がかかった試合で仕事ができず、『Koelner Stadt-Anzeger』は、
採点&寸評の見出しの一部に「大迫はやる気なし」と 書き、チーム単独最低の「5.5」点をつけている。

採点と寸評は以下の通り。

■伊藤達哉
対ウォルフスブルク(1-3)〇先発出場、84分交代
『Hamburger Morgenpost』紙
採点:「2」
寸評:「俊足サイドアタッカーは止まることを知らず、いきなりの2アシスト。この調子ならワールドカップ・ロシア大会にも行ける」

●伊藤達哉、2ゴール演出で独メディアの評価は軒並みチーム最高タイ「この調子だとW杯も…」

ハンブルガーSV(HSV)は28日に行われたブンデスリーガ第32節でヴォルフスブルクと対戦し、アウェーで3-1の勝利を収めている。
2ゴールを演出したFW伊藤達哉は各ドイツメディアでチームトップタイの評価を得た。

HSVのクリスティアン・ティッツ監督は、この試合でも伊藤をキャプテンのDF酒井高徳らとともに先発起用。
すると、左ウィングは43分にPKを獲得してFWボビー・ウッドによる先制弾を演出。

さらにその直後にはMFルイス・ホルトビーがヘッドで流し込んだ絶妙なクロスを送り込み、初の“公式アシスト”を記録。
シーズン序盤以来となるチームの連勝に大きく貢献し、残留に望みをつなぐ活躍を見せた。

そのパフォーマンスを受けたドイツメディアはやはり85分までプレーした伊藤を高く評価。
マッチレポートでは「日本人ドリブラーはヴォルフスブルクのDF陣を完全に狂わせた」などと絶賛する『ビルト』は、
伊藤に得点者のウッドやホルトビーと並びチーム最高タイの「2」を与え、第32節のベストイレブンにも選出した。

サッカー専門誌『キッカー』でも伊藤に対する評価は「2」となり、『ビルト』同様、ウッドとホルトビーとともにチーム最高タイに輝いた。
ここでは、最近5試合で4ゴールを決めるなどティッツ監督の下で絶好調を維持するホルトビーがマン・オブ・ザ・マッチ、第32節のベストイレブンに選ばれている。

また地元紙『ハンブルガー・アーベントブラット』では伊藤とホルトビーは最高点の「1」。伊藤のパフォーマンスについては「貴重なPKを獲得し、
ホルトビーの頭へのクロスも成功。この20歳を見ていると、楽しくなる。この調子で続ければ、今夏のワールドカップでも見れるかもしれない」との寸評が記されている。

なお酒井は『ビルト』では「4」、『キッカー』では「3.5」、『アーベントブラット』では「3」とつけられ、やや低めな評価となった。
(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

写真
no title


GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00000021-goal-socc

〈天才ドリブラー〉伊藤達哉、HSV残留の救世主になれるのか 

GettyImages-876375520-800x600
1   2018/04/29(日) 00:34:56.75 _USER9
【ヴォルフスブルク 1-3 HSV ブンデスリーガ第32節】
 
 現地時間28日にブンデスリーガ第32節の試合が行われ、17位ハンブルガーSVは14位ヴォルフスブルクのホームに乗り込んで対戦。

 HSVに所属する伊藤達哉とキャプテンを務める酒井高徳は共に先発出場を果たした。試合開始して43分、ドリブルで仕掛けた伊藤がペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。PKキッカーを務めたボビー・ウッドがゴールを決めてHSVに先制点が入る。続く44分にも伊藤がチャンスを作り出したが追加点はならず。

 それでも前半アディショナルタイム、伊藤のクロスにルイス・ホルトビーが頭で合わせてHSVに2点目が入った。しかし78分、フリーキックからヨシップ・ブレカロに直接ゴールを決められ1点を返されてしまう。

 ただ、後半アディショナルタイムにルカ・ヴァルトシュミットが追加点を決めて、HSVは3-1の勝利をおさめた。この結果、ヴォルフスブルクとの勝ち点差は2に。HSVは逆転残留に向けて望みを繋いでいる。

【得点者】
43分 0-1 ウッド(HSV)
45分+1分 0-2 ホルトビー(HSV)
78分 1-2 ブレカロ(ヴォルフスブルク)
90分+3分 1-3 シュミット(HSV)

https://www.footballchannel.jp/2018/04/29/post267251/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索