Samurai Goal

HSV


スポンサード リンク





“酒井高徳&伊藤達哉”コンビで先発フル出場も...結果は完敗!! 

dly1804080005-f1
ハンブルガーSV 0-3 ホルシュタイン・キール ブンデスリーガ2部第1節】

 現地時間3日に行われたドイツ・ブンデスリーガ2部開幕戦で、ハンブルガーSVはホームにホルシュタイン・キールを迎え、0-3で敗れた。酒井高徳伊藤達哉はフル出場している。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180804-00284076-footballc-socc

伊藤達哉“トップクラスのウィング”と高評価!森保JAPANへの招集待ったなし? 

DSsfD-UXcAAAa3R
ハンブルガーSV(HSV)に所属するFW伊藤達哉は、ドイツ誌『キッカー』が選出した昨シーズンのブンデスリーガ後半戦における「攻撃的サイドの選手」の7位タイにランクインした。

昨年秋にHSVの2軍からトップチームに引き上げられた伊藤だが、クリスティアン・ティッツ監督の下ではすっかりレギュラーメンバーに定着。HSVは最終的にはクラブ史上初の2部降格を強いられたなかで、左サイドで輝きを放った。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000026-goal-socc

酒井高徳、強い決意表明!『絶対にピッチに立ちたい』 

GettyImages-874463514-800x533
1 2018/06/11(月) 08:45:39.23 _USER9
日本代表のDF酒井高徳が所属するハンブルガーSV(HSV)の公式ホームページで今月開幕するロシアワールドカップ(W杯)への意気込みを語っている。

 酒井は同ホームページで「チームはリラックスと程よい緊張感がある」と現在の状況について語った。自身のコンディションについては「今回のW杯では絶対にピッチに立ってプレーをしたい。その為に心と身体をベストの状態に持っていくようにする」と前回のブラジルW杯では出番がなかっただけに今回にかける意気込みは相当のようだ。

 続けて27歳は「2002年のW杯は自分にとって特別なものだった。日本国民がサッカーに注目し新しい時代に入った」と自国で開催されたW杯を振り返ったうえで「今回のW杯では素晴らしい結果を残したい」と抱負を述べている。

 酒井は現地時間8日に行われたスイス代表との親善試合ではスタメンでプレーするなど本大会でも先発での起用も予想される。今季リーグ戦28試合に出場したHSVの主将は2大会ぶりのW杯決勝トーナメント進出に導くことは出来るだろうか。

 ちなみにHSVからは酒井の他にスウェーデン代表のMFアルビン・エクダルとボスニア代表のMFフィリップ・コスティッチがW杯に参加する。

フットボールチャンネル6/11(月) 7:00
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180611-00273674-footballc-socc

“伊藤達哉は手放さない”ホッフェンハイムの興味突き返したHSV! 

GettyImages-943651922-1-800x563
1 2018/06/07(木) 23:17:43.52 _USER9
ハンブルガーSV(HSV)に所属するU-21日本代表FWの伊藤達哉に、ホッフェンハイムが興味を示しているようだ。その報道を受けたクラブは、同選手を“非売品“と強調し、売却の可能性を強く否定した。

昨年の秋に2軍からトップに引き上げられた伊藤は、すぐさまそのドリブル能力を示し、HSVのサポーターたちを魅了。冬にはクラブと2021年までとなるプロ契約を結んだ20歳だが、国内ではフランクフルトから、国外ではマンチェスター・シティやインテルからの興味が報じられ続けていた。

そして、ドイツ誌『キッカー』はユリアン・ナーゲルスマン監督率いるホッフェンハイムも同選手を狙っていると報道。新シーズンは降格したHSVとともに2部ではなく、来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得したクラブに移籍する可能性が伝えられた。

だが、HSV側は小柄のドリブラーの売却を即否定。スポーツ部門担当のラルフ・ベッカー取締役は同誌に対し、「タツヤを我々の構想における肝要な存在と見ている。彼を売却の対象とはしていない。彼はしっかりと構想に入っているんだ」と交渉にも応じない構えを示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000035-goal-socc

ゴートク契約延長!!“キャプテンの責任!?”降格のHSVに残留! 

img_f6548e73ca17b3626272a40ebe41d100196289
1   2018/05/31(木) 13:43:47.07 _USER9
 ハンブルガーSV(HSV)は30日、日本代表DF酒井高徳との契約を2年延長し、2020年までとなったことを発表した。

 2015年にシュトゥットガルトからHSVに加入し、2016年11月から主将を務める酒井。クラブ史上初となるブンデスリーガ2部降格が決まった瞬間、今季までとなっている契約を延長してクラブに残留することを宣言していたが、正式に契約延長が決定した。

 その残留宣言について「人間性と責任感への意識」の高さを示したと評価したクリスチャン・ティッツ監督は、「非常に困難な状況へと」チームが陥っても「その模範的な姿勢」により、「特に終盤において彼の落ち着きを持った彼なりのアプローチでチームを牽引してくれた」とコメントしている。

 また、チーム編成担当のヨハネス・シュポルス氏は、先日延長を発表したドイツ人MFルイス・ホルトビーに続き、「高徳という、さらなるリーダー的存在がチームに残留することを宣言し、責任感を示してくれたことを嬉しく思っている」と喜びを語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00767216-soccerk-socc

「ゴートクが欲しい」酒井高徳にベシクタシュが猛プッシュ!!HSVとは契約延長無しか? 

img_cc3a2b5c5bc2d702d1f1a3842ed9b4a4183023
1   2018/05/24(木) 23:12:27.35 _USER9
ハンブルガーSV(HSV)に所属する日本代表DF酒井高徳に対して、依然としてトルコのベシクタシュが興味を示しているようだ。トルコ『ファナティック』が伝えた。

先日行われたブンデスリーガ最終節でHSVはボルシア・メンヒェングラットバッハに勝利を収めるも、順位を上げられずクラブ史上初の2部行きが決定した。HSVでキャプテンを務める酒井だが、試合直後取材陣に向かって今夏に満了となるクラブとの契約を延長することを宣言していた。だがそれ以降、クラブ側は同選手との新契約締結に向けた動きを見せていない。

そんな中、以前から関心が伝えられるベシクタシュへの移籍の可能性が再浮上している。『ファナティック』によれば、今シーズンを4位で終えたベシクタシュは酒井側から「前向きな返答」を得たという。その上で、クラブは正式オファーに向けた準備に入っているとも伝えられている。

トルコ1部リーグでは今シーズン、インテルから期限付きでガラタサライに加入した日本代表DF長友佑都がプレーしている。酒井がベシクタシュに移籍することになれば、新シーズンにはイスタンブール・ダービーで日本人対決が実現するかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000022-goal-socc

HSV“フライング発表!?”「酒井高徳、招集…」と公式に記載!! 

img_cc3a2b5c5bc2d702d1f1a3842ed9b4a4183023
ハンブルガーSV(HSV)の主将を務めるDF酒井高徳は、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた日本代表の予備登録メンバー入りが決定しているようだ。
クラブが公式ヴェブサイトで明かしている。

〈続く〉


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000013-goal-socc

【悲報】伊藤達哉の活躍も虚しくHSV2部降格へ… 

dly1804080005-f1

1   2018/05/13(日) 00:33:32.72 _USER9
◆ドイツ・ブンデスリーガ最終節 ハンブルガーSV―ボルシアMG(12日・ハンブルク)

 日本代表DF酒井高徳(27)が主将を務めるハンブルガーSVが、クラブ史上初めてブンデスリーガ2部に降格した。

 入れ替え戦枠を争うヴォルフスブルクが勝利。ハンブルガーSV―ボルシアMG戦は発煙筒が投げ込まれて終了間際に試合が中断したが、この一戦の終了を待つことなく降格が決まった。

 ブンデスリーガは63年に創設。ハンブルガーSVはリーグ54年の歴史で唯一、降格したことがないクラブとして知られていた。前節まで勝ち点28で自動降格圏の17位。入れ替え戦へ進む16位ヴォルフスブルクとは勝ち点2差。ヴォルフスブルクが1FCケルンに敗れ、ハンブルガーSVが勝つことだけが、得失点差との関係から残留へ望みをつなぐことができる唯一の条件だった。

 酒井は右サイドバックで、伊藤達哉(20)が左MFで日本勢はダブル先発。ドリブラーの伊藤がトップチームに定着した3月中旬以降、チームは3勝1分け3敗と持ち直し、地元メディアからは“救世主”とも言われていた。伊藤はチーム2点目のゴールをアシストし活躍したが、逆転残留とはならなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00000326-sph-socc

酒井高徳、“小さなファン”にサプライズプレゼント!! 

DGJM4hJV0AM_MYn

 ブンデスリーガ残り1試合で降格圏内の17位に沈んでいるハンブルガーSV(HSV)。最終節での16位浮上を目指す中、キャプテンの日本代表DF酒井高徳がトレーニング場で粋な計らいを見せたようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が9日に伝えている。

 ハンブルガーSVは前節、フランクフルトに0-3と完敗。自動降格圏内の17位に沈んでいる。残りは1試合、12日の最終節ボルシアMG戦だ。16位ヴォルフスブルクとは2ポイント差。ハンブルガーSVが勝利を収め、ヴォルフスブルクが敗れた場合は逆転で16位に浮上する。2部3位との昇降格プレーオフに回ることとなり、残留の可能性を残すことができる。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00755076-soccerk-socc

【ブンデスリーガ】HSVの“2部降格”が現実味を帯びてきた!!耐え切れるのだろうか 

img_f0797567a8e0f98b27a0be0c1898e540242280
1   2018/05/07(月) 01:50:12.60 _USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3173546?cx_position=25

2018年5月6日 13:30 発信地:ベルリン/ドイツ
【5月6日 AFP】17-18ドイツ・ブンデスリーガ1部は5日、第33節の試合が行われ、ハンブルガーSV(Hamburger SV)は0-3でフランクフルト(Eintracht Frankfurt)に完敗し、1963年のリーグ創設以降、常に1部で戦ってきた唯一のクラブの2部降格が現実味を帯びてきた。

 フランクフルトはマリウス・ヴォルフ(Marius Wolf)とオマール・マスカレル(Omar Mascarell)がゴールを決めると、2014-15シーズンの得点王ながら、今季初出場となる元主将のアレクサンダー・マイアー(Alexander Meier)が交代出場から終了間際に3点目を決め、ファンを喜ばせた。

 敗れたハンブルガーは18チーム中17位にとどまり、残り1節で15位のSCフライブルク(SC Freiburg)に追いつくことは不可能となった。残留への残された道は、2部で3位のチームとのプレーオフに回れる16位浮上のみで、ハンブルガーは2014年と2015年にもプレーオフを制して1部に生き残っている。

 ただし、現在16位のVfLボルフスブルク(VfL Wolfsburg)とハンブルガーとの勝ち点差は2ポイントだが、最終節の対戦相手はハンブルガーが中位のボルシア・メンヘングラッドバッハ(Borussia Moenchengladbach)なのに対し、ボルフスブルクはすでに降格の決まっている最下位ケルン(1. FC Cologne)となっている。

 ボルフスブルクは今節勝利していれば勝ち点を逆転不可能な差に広げることができたが、こちらもRBライプツィヒ(RB Leipzig)に1-4で大敗し、ライプツィヒに公式戦6試合ぶりの勝利を献上した。(c)AFP/Ryland JAMES



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索