Samurai Goal

FW


スポンサード リンク





鳥栖豊田 FW最年長J1通算100発へM2 

news_235269_1




1: 2020/06/02(火) 13:58:28.33
no title


再開まで待ち切れない。新型コロナウイルスの影響で今シーズンのJリーグは2月23日の試合を最後に中断していたが、J1は7月4日、J2は6月27日から再開することが決まった。
スポーツのデータを重視する日刊スポーツでは、これまでの好記録や今季達成されそうな記録など知っておいて損はないJリーグの注目すべき数字を取り上げ、数々の見どころを随時紹介します。

サガン鳥栖FW豊田陽平(35)は史上15人目のJ1通算100得点にあと2点と迫っている。278試合の出場で98得点。
35歳での大台到達となれば、MF藤田俊哉、MF遠藤保仁を除くFWでは史上最年長記録となる。
J2でも通算53ゴールを挙げており、J2で50点以上&J1で100点以上となれば、FW佐藤寿人、FWジュニーニョに次いで史上3人目。
これまでの苦難のプロサッカー人生を象徴するような記録が並ぶ。

04年に星稜からJ1名古屋グランパスに入団するも結果を残せず、07年にJ2モンテディオ山形へ移籍。
09年に1度はJ1に復帰したものの、わずか1得点で再びJ2に“降格”した。だが、その後は11年のJ2鳥栖で23得点を決めて得点王を獲得。
J1“再昇格”を果たすと、12年からは4年連続15ゴール以上というFWカズ(三浦知良)に並ぶ快記録を達成した。

16年にも13ゴールをマークしたが、その後は17年5点、18年0点、19年4点と低迷。チームが経営危機に揺れる今季、大黒柱の完全復活が待たれる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8eb9f9dcababc97219308f38b68410c19a59f8e2
6/2(火) 7:13配信


https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/236000/235269/news_235269_1.jpg

「一見何の努力もしてないようだが…」シアラーが語るPL史上最高のフランス人FWは? 

20200601-00010017-goal-000-2-view

<15歳のドルトムントFW>U-19リーグ最多得点記録樹立!15シーズンぶりの快挙 

20200309-00366108-footballc-000-2-view




1: 2020/03/10(火) 07:49:26.05
ボルシア・ドルトムントの下部組織(U-19)に所属するFWユスファ・ムココが新記録を樹立した。

 現地時間8日に行われたU-19ブンデスリーガ第20節でドルトムントはU-19オーバーハウゼンと対戦した。この試合でムココは2ゴールを決め3-0の勝利に貢献した。

 この日の2得点で今季のゴール数を「34」としたムココは、2004/05シーズンにFWハルク・トゥルケリ(当時・U-19ボーフム)が記録した1シーズンの最多得点記録「33」を更新した。

 ムココは2004年11月にカメルーン人の両親から生まれたドイツ国籍を持つ少年だ。11歳にしてザンクト・パウリのU-15カテゴリーでチームの中心としてゴールを量産し、2016年5月にドルトムントの下部組織へ移籍する。そして昨季はドルトムントU-17でリーグ戦25試合に出場し46得点8アシストを記録。当時13歳ながらU-17ブンデスリーガの最多得点記録を樹立した。

 今季は15歳ながら、開幕戦で6得点を決め、これまで5度のハットトリックをマーク、リーグ戦8試合連続得点中と絶好調だ。果たしてムココはシーズン残り6試合で何ゴール決める事が出来るだろうか

3/9(月) 9:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200309-00366108-footballc-socc

【森保ジャパン最新序列|MF&FW編】初選出の久保の立ち位置は?注目は南野と香川のバトル 

20190524-00059007-sdigestw-000-9-view[1]

ベイルの市場価値は…レアル、今夏売却で44億円の損失か  

1: 豆次郎 ★ 2019/03/05(火) 11:28:21.74 ID:jr2e8tzz9
3/5(火) 10:22配信
ベイルの市場価値は…レアル、今夏売却で44億円の損失か

 レアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイル(29)の市場価値はかなり下がっているようだ。英『ミラー』が伝えている。

 2013年9月にトッテナムから加入したベイル。圧倒的なスピード、フィジカルに優れ、ここまで公式戦222試合に出場し、101ゴールを記録している。しかし、怪我が多いこと、5年半在籍もスペイン語を習得できておらず、チームメイトとのコミュニケーションに難があることが報じられ、退団の噂が絶えないでいる。

 同紙によると、ベイルは24歳でトッテナムから9000万ポンド(現在のレートで約132億6000万円)でレアルに加わったが、現在の市場価値は6300万ポンド(約92億8000万円)となっているという。仮にレアルが今夏に売却した場合、3000万ポンド(約44億2000万円)ほどの損失となるだろうと同紙は予想している。

 なお、ベイルに対して、マンチェスター・ユナイテッドや古巣トッテナムへの移籍が噂されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-34965297-gekisaka-socc
no title

【清水】ドウグラスに中国2部からオファー すでに長春亜泰が具体的提示 

20190221-00000203-sph-000-2-view

J1全18クラブ戦力分析「FW」編 名古屋がリーグ最高評価、爆発の可能性を秘めるのは? 

20190221-00171627-soccermzw-000-5-view

開幕直前のJリーグで起きた5人のFWシャッフル。成功するのは誰? 

20190214-00010001-wordleafs-000-1-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索