Samurai Goal

FIFA


スポンサード リンク





【FIFA】W杯と国別対抗戦について協議 火付け役はソフトバンク!? 

2493191_xbig-lnd
1   2018/05/01(火) 17:49:30.83 _USER9
国際サッカー連盟(FIFA)は30日、6大陸連盟の代表とスイス・チューリヒのFIFA本部で会合を開き、クラブ・ワールドカップ(W杯)の刷新と各国代表チームによる国別対抗戦の新設について話し合ったと発表した。

 今後、FIFAと6大陸連盟の事務局長による作業部会で議論を深める。

 FIFAは協議内容を明らかにしていないが、4月に英米メディアが報じたところによると、現在、6大陸連盟の王者と開催国代表の7チームで毎年争われているクラブW杯は出場チームを24に拡大、開催は4年に一度にし、2021年からの開催をめざす。国別対抗戦は、「ネーションズリーグ」と呼ばれ、W杯や欧州選手権を避けて隔年で開催されることが検討されているという。

 国際的な試合日程を大きく変える改革で、実現すればクラブや各代表チームに与える影響は大きい。

 世界最高峰の大会として定着する欧州チャンピオンズリーグを毎年主催する欧州連盟、さらに選手を供出するビッグクラブからは反発が必至だ。国別対抗戦は、欧州と北中米カリブ海がすでに今秋から実施を決めていて、調整が必要だ。日本にとっては、強化のために欧州や南米の強豪国と親善試合をする頻度が減る弊害が出そうだ。

 英フィナンシャル・タイムズ紙などによると、この大胆な改革案の火付け役は世界の投資家連合。ソフトバンクをはじめ、米国、中国、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)の投資家たちが、250億ドル(約2兆7250億円)という破格の財務保証をFIFAに約束したという。

 投資家連合はFIFAに5月中に結論を出すよう求めているとされ、動きが加速する可能性がある。(ロンドン=稲垣康介)

2018年5月1日 10時54分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14655143/

サッカー=FIFA、クラブW杯拡大と大会新設を協議
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000036-reut-spo

『サッカーファンは不幸せ』研究結果をイギリスの大学が発表 

1   2018/05/01(火) 12:51:24.73 _USER9
◆「サッカーファンは幸せになれない」という研究結果が発表される

2018年6月14日、4年に1度のサッカーの祭典FIFAワールドカップがロシアで開催されます。
世界中から何万人ものサポーターたちがロシアの地を訪れ、自分の応援するチームの試合結果に一喜一憂することとなります。
そんなサッカーの試合において、自分の応援するチームが勝利することは最高の喜びですが、「敗北した際に心に負う痛みは勝利の喜びの2倍以上である」という研究結果をイギリスのイースト・サセックス州にあるサセックス大学の研究者たちが発表しました。

研究チームはスマートフォンアプリの「Mappiness」を用いて、定期的にサッカーの試合観戦を行う約3万2000人の被験者に対して「試合後どのように感じているか」「何をしているか」「どこにいるか」「誰といるか」などの質問を継続して尋ね、回答を分析するという調査を行いました。
「Mappiness」は、利用者に質問を投げかけ、利用者が回答時点の幸福度合いを自身で判断するというアプリです。
調査を通して集まった回答件数はなんと300万以上で、これらをサッカースタジアムの位置情報や、過去3年間のサッカーの試合結果などと組み合わせることで、サッカーファンたちの試合後の気分の変化を分析しています。

分析結果から明らかになったのは、「サッカーファンを続けることにより受ける累積的影響は、圧倒的に負のものである」というものでした。
Mappinessはランダムにユーザーに通知して質問を尋ねるので、従来の研究よりも「よりその瞬間の幸福度」を正確に測定することが可能となります。

応援しているチームが試合に勝利した場合、サッカーファンの幸福度は1時間で平均3.9ポイント上昇しますが、2時間後には1.3ポイント、3時間後は1.1ポイントにまで低下します。
対して、チームが敗北した場合の幸福度は1時間後に平均7.8ポイントも下がり、2時間後には3.1ポイント、3時間後は3.2ポイント下がります。
つまり、試合に勝利した際に上昇する幸福度よりも、敗北した際に低下する幸福度の方がファンに与える影響は大きいというわけ。

さらに、試合結果によって得られる幸福度の変化は、実際の試合会場で観戦していたファンの場合、より大きくなります。
スタジアムで試合を観戦した際に得られる勝利の喜びは、なんと平均で10ポイントも幸福度を高め、自宅などのTVで試合を観戦している人よりも3~4倍高いものとなります。

なお、Mappinessによるとスタジアムでのサッカー観戦&勝利よりも大きな幸福度が得られる行為は、性行為と求愛行動以外にはなかったそうです。
もちろん敗北した際のダメージもスタジアム観戦者の方が大きく、平均で14ポイントも幸福度が低下します。

サセックス大学のビジネススクールで働く行動経済学者であり、Mappinessの共同創業者でもあるジョージ・マカロン博士は、「大部分のファンはサッカーが彼らを幸せにしてくれると考えていますが、ユニークなデータはそのようなことは示していません。
喜びよりも痛みの方が大きいにも関わらずチームを応援し続けるというのは、伝統的な経済的見地からは非合理に見える」と述べています。

それではなぜファンがサッカーを応援するのかというと、答えは試合開始前に得られる高揚感にあるかもしれません。
研究チームによると、試合開始のホイッスルが吹かれる前、スタジアムに観戦に訪れたファンの幸福度はなんと7.9ポイントも上昇するそうです。

自宅のTVで観戦している場合は0.2ポイントしか上昇しないので、これはまさに「なぜサッカーを現地観戦するのか?」という謎への回答のようにも感じられます。
もうひとつの仮説として、研究チームはサッカーファンが応援するチームが勝利した際に得られる幸福感には中毒性があるのかもしれない、としています。

研究チームの一員であるピーター・ドルトン教授は、「サッカーファンは全体的に見れば幸せにはならないにも関わらず、チームが勝利したときの喜びを味わうために、敗北によるより大きな苦痛に耐えようとしているようだ」と語っています。
なお、サッカーのチームが「試合に敗北しない」ということはなかなかないのですが、「インビジブルズ」として知られる黄金期のアーセナルは、2003-2004シーズンにプレミアリーグで初めての無敗優勝を達成しています。
「無敗」ということで、当時のアーセナルファンは1年間で想像を絶する幸福感を体験したのかもしれません。

写真:no title


GIGAZINE 2018年05月01日 07時00分
https://gigazine.net/news/20180501-football-makes-fans-less-happy/

FIFAがトランプ大統領に注意 W杯招致に関するツイートが原因 

20180422052252k
1   2018/04/30(月) 09:14:48.17 _USER9
2018年4月28日、網易体育は、トランプ米大統領のサッカー・ワールドカップ(W杯)招致をめぐるどう喝に、国際サッカー連盟(FIFA)が注意を促したと報じた。

記事によると、26年のW杯には米国とカナダ、メキシコの3カ国が共同開催で立候補する意向を示したが、トランプ大統領のツイッターへの書き込みが波紋を広げている。

トランプ大統領は、ツイッターで「米国のワールドカップ招致に反対するなら、米国は国連でそうした国を支持しない」と明らかなどう喝とも思える内容の発言をした。

政治とスポーツを一緒くたにしたこの発言に、FIFAはトランプ大統領に規範の順守を求めた。
FIFAはいかなる形式であってもサッカーの試合に政治的行動を持ち込むことを禁じており、過去にはパキスタンとグアテマラが政治がらみの問題で資格停止などの処分を受けている。

26年W杯にはモロッコも立候補を表明しており、ロシアやフランス、ベルギーなどが支持を明らかにしている。さらにアフリカ諸国もモロッコの開催を支持する可能性が高い。

記事は「今回のトランプ統領のツイッターへの書き込みでは『米国の開催』が強調されており、こうしたむげな発言は共同開催に亀裂を生じさせかねない」と伝えている。

http://news.livedoor.com/article/detail/14649377/

(CNN) トランプ米大統領は28日までに、同国とカナダ、メキシコが共同招致を目指すサッカーの2026年ワールドカップ(W杯)本大会に触れ、「我々が常に支える諸国が我々の招致に反対するなら恥ずべきことだ」との考えを示した。

ツイッターに書き込んだもので、「我々に賛同しないのならなぜこれらの諸国を我々が支持しなければならないのか?(国連の場でも)」と続けた。

一方、国際サッカー連盟(FIFA)の報道担当者はトランプ氏の発言を受け、「一般的な規定に従い招致手続きにおける特定の声明にはコメントしない」との声明を発表。その上で26年大会の開催地選出におけるFIFA規定、特に行動規範の定めへの注意を促すだけだと説いた。

ロイター通信によると、これら規定の中には招致過程において適切でない影響力を及ぼそうとする活動制限などが含まれている。

米国などの3カ国は昨年4月、ニューヨークでの記者会見で共同開催案を発表。米国サッカー連盟のスニル・グラティ会長(当時)は「米大統領は共同招致を全面的に支援している」と述べていた。

2018年のW杯本大会はロシアで開催予定。ただ、米国代表は予選で敗退したため出場資格はない。

https://www.cnn.co.jp/showbiz/35118518.html
http://www.sanspo.com/soccer/news/20180427/sci18042723100019-n1.html

【永久資格停止】ブラジル・デルネロ会長、企業から賄賂貰っていた!! 

spo1804270060-p1
1   2018/04/28(土) 00:28:01.67 _USER9
ブラジル会長を永久停止
FIFA倫理委員会
2018/4/27 23:33
c一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/362607699202147425

【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)倫理委員会裁定部門は27日、FIFAの倫理規定に違反したとして、ブラジル連盟のデルネロ会長に永久資格停止処分を科すと発表した。
2015年に発覚したFIFAの汚職事件に関与した疑いで、昨年12月から暫定的な活動停止処分を受けていた。

同委員会は15年11月に調査を開始し、南米選手権やリベルタドーレス杯などの大会の放送権や販売権の便宜を図る見返りに、企業から賄賂を受け取ったと認めた。
100万スイスフラン(約1億1千万円)の罰金も科した。

【新クラブW杯】スポンサー総額2兆7500億円!!日本企業が中心に! 

1   2018/04/24(火) 17:50:17.76 _USER9
FIFA(国際サッカー連盟)は来月に緊急会合を開き、毎年年末に開催されているクラブワールドカップの改革案について話し合うようだ。12年間のスポンサー総額は250億ドル(約2兆7500億円)に上ると、英紙『The Guardian』や米メディア『ESPN』などが報じている。
 
 ジャンニ・インファンティーノFIFA会長は、ナショナルチームの各大陸王者を一堂に会して開催されてきたコンフェデレーションズ・カップを廃止する意向。代わって2021年からクラブワールドカップの規模を拡大し、4年に一度、ワールドカップのプレ大会として実施する案を提唱している。現行のクラブワールドカップは今年末の大会(UAE開催)でいったん終了し、2021年の6月まで行なわれない予定だ。
 
 新たなレギュレーションの下で、クラブワールドカップは大きく生まれ変わる。出場クラブ数は現在の7チームから24チームに増加。欧州はチャンピオンズ・リーグ王者やヨーロッパリーグ王者を含めた最多12クラブがエントリーされ、南米から4クラブ、アジア、北中米・カリブ、アフリカら各2クラブ、オセアニアから1クラブ、そして開催国から1クラブが出場できる。

英紙『Financial Times』によると、12年間(3大会)のスポンサードを担うのは日本のソフトバンクを中心とするコンソーシアム(投資グループ)で、UAEやサウジアラビア、中国といった国々が参画しているという。テレビ放映権やチケットセールス、さらには開催地の選定などを共同で管理・運営していくのだ。2021年大会は翌年のワールドカップがカタール開催となるため、アジアで“新生クラブワールドカップ”がお披露目となる。日本開催の可能性も低くないだろう。
 
 インファンティーノ会長にとっては、来年に控える会長選に向けて大いにアピールしたいところ。『ESPN』は「FIFAとしての収益が飛躍的に向上すれば、サッカー後進国への配当金も上がり、得票に好影響を及ぼすだろう」と見立てる。ただ、UEFA(欧州サッカー連盟)はシーズン終了直後に行なわれるカレンダーに難色を示しており、各国のメガ・有力クラブの反発も予想されるだけに、今後の調整はひと筋縄ではいかないだろう。
 
 もしクラブワールドカップの毎年開催が今大会で終了となれば、1960年に第1回インターコンチネンタルカップとして始まった伝統の風物詩がついに途切れることとなる。トヨタカップの名で親しまれた時期が長く、その馴染みが深い日本のサッカーファンにとっては寂しい限りだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180424-00039327-sdigestw-socc

写真
no title

FIFAとUEFAが掲げた政策は日本代表にとって悪なのでは? 

FIFA Logo
1   2018/04/19(木) 21:41:49.22 0
コンフェデ杯廃止→代表の露出が減る
UEFAネーションズカップ始動→実質欧州鎖国政策により欧州との親善試合のチャンス激減
クラブW杯が4年に1度に→ACLの存在価値低下、露出大幅減の可能性
W杯予選枠拡大→最終予選すらヌルゲーで緊迫感が一切ない試合増加

【悲報】アルビレックス新潟、ホニ選手に訴えられる!!! 

81b8020f-881b-4783-896a-8d09904d71ed

【ACL終焉】コンフェデ杯廃止、クラブW杯4年毎の開催によりACLの価値がゼロに!! 

20180419-00000011-jij_afp-000-7-view
1   2018/04/19(木) 11:26:46.36 _USER9
【AFP=時事】国際サッカー連盟(FIFA)が、コンフェデレーションズカップ(Confederations Cup)を廃止し、その代替大会として2021年から4年に1度クラブW杯(FIFA Club World Cup)を開催する方針であることが分かった。18日、消息筋がAFPに明かした。

 FIFAのジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長が各大陸の連盟に送った書簡によると、コンフェデレーションズカップは廃止され、今年の12月を最後にクラブW杯は毎年の開催ではなくなるという。このため、コンフェデレーションズカップはドイツが優勝した昨年のロシア大会(Confederations Cup 2017)が最後となる。

 今後クラブW杯は、コンフェデレーションズカップと同様、W杯が行われる前年の6月に18日間の日程で行われるという。新方式により、大会がこれまでのように特に欧州など各国のリーグ戦に干渉することはなくなる。

 W杯は利益、人気の面で絶大なものがあるが、コンフェデレーションズカップもクラブW杯もファンやスポンサーの支持が得られていないという問題をFIFAは抱えていた。

 クラブW杯は6大陸の連盟に所属するクラブが参加するが、大陸間の力の差は歴然としており、過去の優勝は欧州と南米のクラブが独占している。

 最初の3大会はブラジル勢が優勝したが、その後は初代王者のコリンチャンス(Corinthians)が優勝した2012年以外はすべて欧州勢が頂点に立っている。

 アラブ首長国連邦(UAE)で開催された前回大会では、クリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)のゴールにより決勝でグレミオ(Gremio)に1-0で勝利したレアル・マドリード(Real Madrid)が初の大会連覇を達成した。

 FIFAの変革は、国際親善試合の代わりに「ネーションズリーグ」の開催を決めた欧州サッカー連盟(UEFA)と北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)の動きと一致する。

 UEFAネーションズリーグ(UEFA Nations League 2018-19)の第1回大会は今年9月に始まり、各グループ上位4チームが2019年に行われる決勝トーナメントに進むことになる。

 FIFAは各大陸の連盟に同様の大会を開催するよう求めおり、偶数年の9月、10月、12月にグループリーグが実施され、その翌年に行われる上位8チームによるトーナメント戦でクライマックスを迎えるのが望ましいとしている。

 ネーションズリーグに出資してクラブW杯を改革するため、FIFAはコンソーシアムを立ち上げて、2021年から2033年にかけて投資家から250億ドル(約2兆7000億円)を募りたいとしている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000011-jij_afp-socc

【FIFA】コンゴ協会会長が横領の疑いで拘束 この影響で国内一部リーグも一時中断に 

9fif_9-7e1f8
1   2018/04/19(木) 01:14:55.83 _USER9
 【ロンドン時事】国際サッカー連盟(FIFA)の理事でコンゴ(旧ザイール)協会の会長を務めるコンスタント・オマリ氏が、横領の疑いで同協会の副会長やスポーツ省の高官らとともに拘束されたことが18日、明らかになった。ロイター通信が報じた。これに伴い、同国1部リーグは一時中断された。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000003-jij-spo

「バロンドール」が元の形式に戻ることが決定、FIFAと仏サッカー誌が発表 !! 

1: 名無しさん 2016/09/17(土) 17:05:30.19 ID:CAP_USER9
AFP=時事 9月17日 16時46分

【AFP=時事】仏サッカー専門誌「フランス・フットボール(France Football)」と国際サッカー連盟(FIFA)は16日、世界年間最優秀選手「FIFAバロンドール(FIFA Ballon d'Or)」の契約が満了を迎え、現行形式の終了を発表した。
選手が熱望する「バロンドール」の受賞者は、以前の形式に戻って記者の投票で選出され、選手(代表チームの主将)と監督の意見は反映されなくなる。

 今後も独自で男女の年間最優秀選手を選出するとしているFIFAは、「FIFAとフランス・フットボールの合意は今年1月に満了した。フランス・フットボールに対しては、8月上旬に契約を更新しないと伝えていた」と明らかにしている。

 2015年にはアルゼンチン代表でFCバルセロナ(FC Barcelona)に所属するリオネル・メッシ(Lionel Messi)が、史上最多となる通算5回目のバロンドールを受賞。
FIFAとフランス・フットボールが2010年に統合させて以降、FIFAバロンドールを受賞した選手はメッシとクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)しかいない。

 1956年に創設されたバロンドールでは、当時イングランドンのブラックプール(Blackpool FC)でプレーしていたスタンリー・マシューズ(Stanley Matthews)が、アルフレッド・ディ・ステファノ(Alfredo di Stefano)を抑えて初代受賞者に輝いた。

 それ以降、1994年までの候補者は欧州国籍の選手のみに限られていたが、その規定が変更された翌年には、ACミラン(AC Milan)でプレーしていたリベリア人選手のジョージ・ウェア(George Weah)が、欧州以外の選手では初めてバロンドールを受賞した。

 2007年に選考対象が全世界に広げられたバロンドールは、FIFA前会長のジョセフ・ゼップ・ブラッター(Joseph Sepp Blatter)氏がフランス・フットボール誌と手を結んだことにより、2010年からFIFA最優秀選手賞(FIFA World Player of the Year)に統合された。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00000027-jij_afp-socc
http://amd.c.yimg.jp/im_siggchWkcG4U32QeTtnvVTWNOA---x900-y586-q90/amd/20160917-00000027-jij_afp-000-2-view.jpg



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索