Samurai Goal

FIFA


スポンサード リンク





【ACL終焉】コンフェデ杯廃止、クラブW杯4年毎の開催によりACLの価値がゼロに!! 

20180419-00000011-jij_afp-000-7-view
1   2018/04/19(木) 11:26:46.36 _USER9
【AFP=時事】国際サッカー連盟(FIFA)が、コンフェデレーションズカップ(Confederations Cup)を廃止し、その代替大会として2021年から4年に1度クラブW杯(FIFA Club World Cup)を開催する方針であることが分かった。18日、消息筋がAFPに明かした。

 FIFAのジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長が各大陸の連盟に送った書簡によると、コンフェデレーションズカップは廃止され、今年の12月を最後にクラブW杯は毎年の開催ではなくなるという。このため、コンフェデレーションズカップはドイツが優勝した昨年のロシア大会(Confederations Cup 2017)が最後となる。

 今後クラブW杯は、コンフェデレーションズカップと同様、W杯が行われる前年の6月に18日間の日程で行われるという。新方式により、大会がこれまでのように特に欧州など各国のリーグ戦に干渉することはなくなる。

 W杯は利益、人気の面で絶大なものがあるが、コンフェデレーションズカップもクラブW杯もファンやスポンサーの支持が得られていないという問題をFIFAは抱えていた。

 クラブW杯は6大陸の連盟に所属するクラブが参加するが、大陸間の力の差は歴然としており、過去の優勝は欧州と南米のクラブが独占している。

 最初の3大会はブラジル勢が優勝したが、その後は初代王者のコリンチャンス(Corinthians)が優勝した2012年以外はすべて欧州勢が頂点に立っている。

 アラブ首長国連邦(UAE)で開催された前回大会では、クリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)のゴールにより決勝でグレミオ(Gremio)に1-0で勝利したレアル・マドリード(Real Madrid)が初の大会連覇を達成した。

 FIFAの変革は、国際親善試合の代わりに「ネーションズリーグ」の開催を決めた欧州サッカー連盟(UEFA)と北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)の動きと一致する。

 UEFAネーションズリーグ(UEFA Nations League 2018-19)の第1回大会は今年9月に始まり、各グループ上位4チームが2019年に行われる決勝トーナメントに進むことになる。

 FIFAは各大陸の連盟に同様の大会を開催するよう求めおり、偶数年の9月、10月、12月にグループリーグが実施され、その翌年に行われる上位8チームによるトーナメント戦でクライマックスを迎えるのが望ましいとしている。

 ネーションズリーグに出資してクラブW杯を改革するため、FIFAはコンソーシアムを立ち上げて、2021年から2033年にかけて投資家から250億ドル(約2兆7000億円)を募りたいとしている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000011-jij_afp-socc

【FIFA】コンゴ協会会長が横領の疑いで拘束 この影響で国内一部リーグも一時中断に 

9fif_9-7e1f8
1   2018/04/19(木) 01:14:55.83 _USER9
 【ロンドン時事】国際サッカー連盟(FIFA)の理事でコンゴ(旧ザイール)協会の会長を務めるコンスタント・オマリ氏が、横領の疑いで同協会の副会長やスポーツ省の高官らとともに拘束されたことが18日、明らかになった。ロイター通信が報じた。これに伴い、同国1部リーグは一時中断された。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000003-jij-spo

「バロンドール」が元の形式に戻ることが決定、FIFAと仏サッカー誌が発表 !! 

1: 名無しさん 2016/09/17(土) 17:05:30.19 ID:CAP_USER9
AFP=時事 9月17日 16時46分

【AFP=時事】仏サッカー専門誌「フランス・フットボール(France Football)」と国際サッカー連盟(FIFA)は16日、世界年間最優秀選手「FIFAバロンドール(FIFA Ballon d'Or)」の契約が満了を迎え、現行形式の終了を発表した。
選手が熱望する「バロンドール」の受賞者は、以前の形式に戻って記者の投票で選出され、選手(代表チームの主将)と監督の意見は反映されなくなる。

 今後も独自で男女の年間最優秀選手を選出するとしているFIFAは、「FIFAとフランス・フットボールの合意は今年1月に満了した。フランス・フットボールに対しては、8月上旬に契約を更新しないと伝えていた」と明らかにしている。

 2015年にはアルゼンチン代表でFCバルセロナ(FC Barcelona)に所属するリオネル・メッシ(Lionel Messi)が、史上最多となる通算5回目のバロンドールを受賞。
FIFAとフランス・フットボールが2010年に統合させて以降、FIFAバロンドールを受賞した選手はメッシとクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)しかいない。

 1956年に創設されたバロンドールでは、当時イングランドンのブラックプール(Blackpool FC)でプレーしていたスタンリー・マシューズ(Stanley Matthews)が、アルフレッド・ディ・ステファノ(Alfredo di Stefano)を抑えて初代受賞者に輝いた。

 それ以降、1994年までの候補者は欧州国籍の選手のみに限られていたが、その規定が変更された翌年には、ACミラン(AC Milan)でプレーしていたリベリア人選手のジョージ・ウェア(George Weah)が、欧州以外の選手では初めてバロンドールを受賞した。

 2007年に選考対象が全世界に広げられたバロンドールは、FIFA前会長のジョセフ・ゼップ・ブラッター(Joseph Sepp Blatter)氏がフランス・フットボール誌と手を結んだことにより、2010年からFIFA最優秀選手賞(FIFA World Player of the Year)に統合された。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00000027-jij_afp-socc
http://amd.c.yimg.jp/im_siggchWkcG4U32QeTtnvVTWNOA---x900-y586-q90/amd/20160917-00000027-jij_afp-000-2-view.jpg

FIFA会長インファンティーノがW杯の出場国数拡大について言及、アジアは1.5増を示唆!! 

1: 名無しさん 2016/04/14(木) 14:04:31.04 ID:CAP_USER*.net
【AFP=時事】国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長は13日、
サッカーW杯(World Cup)の出場数を40か国に拡大するという、物議を醸している自身の計画について、
大会の質が低下するのではないかという批判をはねつけた。

米フォックス・スポーツ(Fox Sports)のインタビューでインファンティーノ会長は、
欧州選手権2016(UEFA Euro 2016)での出場国数の拡大が、
現在32か国で争われているW杯がより多くの出場国を迎えることができるという証拠だと指摘した。

 サッカー元米国代表のアレクシー・ララス(Alexi Lalas)氏とのインタビューでインファンティーノ氏は、
「当時は欧州サッカー連盟(UEFA)も批判された。『(欧州選手権の本大会出場国は)参加国のほぼ半分だ。
これまでで一番退屈な予選になる。だれも気にはしない』だろうと」と語った。

「すると、全く逆のことが現実になった。ポーツ的な側面から言えば、予選を突破するチャンスが増えれば、
より多くのチームが本戦出場を夢見ることができる。それは素晴らしいことだし、
人気の面でもW杯にとっては素晴らしいことになるだろう。より多くの国が関わることになるのだから。質の面でも十分だ」

「前回のW杯を振り返ってほしい。コスタリカはイングランドやイタリアを追いやった。それがサッカーだ」

 インファンティーノ会長は、拡大される八つの出場枠の割り振りがどのようになるかは未定だとしているものの、
その恩恵を最も受けるのは枠が二つ増えるアフリカだと示唆した。
また、アジアには出場枠一つと、プレーオフ枠一つが与えられる可能性を示した。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160414-00000028-jij_afp-socc
no title

ワールドカップ招致で買収=FIFAが公表 

1: 名無しさん 2016/03/16(水) 22:27:16.18 ID:CAP_USER*.net
 【ロンドン時事】国際サッカー連盟(FIFA)は16日、過去のワールドカップ(W杯)の開催国選定に関し、投票権を持つ複数の理事が買収されていたとする文書を公表した。
 2010年の南アフリカ大会が含まれるという。
 一連のFIFA汚職事件に絡んで、FIFAの資金から数千万ドルが不正に使われたとして、米司法省から起訴されたチャック・ブレーザー元理事(米国)、ジャック・ワーナー元副会長(トリニダード・トバゴ)ら元幹部に資金の返還を求める文書を米当局に提出したことも明らかにした。  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160316-00000188-jij-spo

FIFA
http://www.fifa.com/

no title

FIFA新会長のW杯改革プラン! 参加40カ国に拡大、隣接2カ国共催の原則 

1: 名無しさん 2016/03/02(水) 16:57:39.69 ID:CAP_USER*.net
FIFA公式サイトで明かす
 
ゼップ・ブラッター前会長ら多数の高官の汚職問題で激震が走った国際サッカー連盟(FIFA)の新会長に就任した
ジャンニ・インファンティノ氏が、ワールドカップの出場チームを40チームに拡大する案を明らかにしている。FIFA公式サイト上で公開されたインタビューによるもの。

1970年にスイスで生まれイタリアとの二重国籍を持つインファンティノ氏は、2000年に欧州サッカー連盟(UEFA)の事務局に入ると、
07年に理事、08年から事務局長を務めていた。UEFAチャンピオンズリーグの組み合わせ抽選会などで、常に司会を務めるスキンヘッドの男性という形で記憶しているサッカーファンも多いかもしれない。

そのインファンティノ氏は、このFIFA会長選で公約として掲げていたワールドカップの出場国を40に拡大する案について、あらためて意欲を示している。

「私の目標の一つがワールドカップ本大会に出場する国を40に増やすことであることは、秘密でも何でもない。
出場を夢見る多くの国や選手たちの希望を叶えるためにも、8チームを増やすことは正しいことだと考えている。私自身、サッカーファンであり、このスポーツを愛している」

UEFA事務局長時代にEURO出場枠拡大の実績

新会長はこのように語っている。UEFA事務局長時代にも、16チームで争われていた欧州選手権(EURO)の出場枠拡大を提唱し、実現させた辣腕の持ち主だ。
グループ分けやトーナメントの組み方など、問題点が多いとみられるこの出場枠拡大も押し通す覚悟を持っているようだ。

また、会長選の時点ではワールドカップの開催国について大陸間の持ち回りのルールを明文化すること、隣接する2カ国共催を原則とするなど、改革案を語っている。
ワールドカップでは2002年に日本が韓国と史上初めて共催した。

EUROは2000年のオランダとベルギーの共催を皮切りに、08年のオーストリアとスイス、12年のポーランドとウクライナと3回の共催が実現している。

サッカー界の最高峰にある大会は、新会長の手によって大きく変貌していくことになりそうだ。

サッカーマガジンZONE 2016.03.02 (Wed)
http://www.soccermagazine-zone.com/archives/27672

写真
no title


FIFA 国際サッカー連盟公式サイト
http://www.fifa.com/

FIFA新会長はインファンティーノ氏に決定!W杯出場国を40カ国までに拡大し、新興国にサッカーを普及することを公約… 

1: 名無しさん 2016/02/27(土) 02:10:03.52 ID:CAP_USER*.net
 FIFA(国際サッカー連盟)は26日、スイス・チューリッヒで会長選を行い、イタリアとスイスの二重国籍を持つジャンニ・インファンティーノ氏が新会長に選出された。

 2015年5月29日に行われた前回の会長選では、ゼップ・ブラッター氏が5期目となる再選を果たした。しかし、直前に発覚したFIFA幹部の汚職問題などで多くの批判を浴びたため、同会長は4日後に「FIFAには大きな改革が必要だ」とし、辞意を表明。後任を決める選挙が実施されることになった。

 選挙は、当初5名が立候補していたものの、投票直前に南アフリカのトーキョー・セックスウェール氏が辞退し、4名の候補者によって争われた。

 2度に渡る投票の結果、インファンティーノ氏が207票中115票を集め、初当選を遂げた。同新会長はUEFA(欧州サッカー連盟)の事務局長を務めており、同連盟が就任を支持。W杯出場国を40カ国までに拡大し、新興国にサッカーを普及することを公約に掲げていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160227-00405646-soccerk-socc
no title

ベッケンバウアー氏もFIFA汚職調査対象に 2018、2022年W杯招致の買収疑惑に関与か 独ビルト紙報道[10/22] 

1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 2015/10/22(木) 08:37:05.00 ID:???*.net
国際サッカー連盟(FIFA)の倫理委員会は21日、元FIFA理事で西ドイツ(当時)代表の名選手だったベッケンバウアー氏と、ビリャルリョナ副会長(スペイン)が調査対象になっていると発表した。

ドイツの大衆紙ビルトによると、ベッケンバウアー氏は2018、22年のワールドカップ(W杯)招致の買収疑惑に関係しているという。

倫理委は、既に暫定的な90日間の活動停止処分を科しているブラッター会長とプラティニ副会長の調査内容も言及。
11年2月にプラティニ副会長に支払われた200万スイスフラン(約2億5000万円)の経緯を詳しく調べていると認めた。


◆スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/soccer/world/20151022-OHT1T50004.html
no title

FIFA、クウェートサッカー協会に資格停止処分…W杯予選G組では韓国に次ぐ2位 

1: そまのほ ★@\(^o^)/ 2015/10/17(土) 11:45:39.57 ID:???*.net
国際サッカー連盟(FIFA)は16日、クウェートサッカー協会(KFA)の資格停止処分を発表した。

 処分の理由としては政府の干渉によって独立性が損なわれているとされている。
クウェート代表は現在ワールドカップ・アジア予選を戦っており、グループGで韓国に次ぐ2位につけている。
しかしながら、今回の処分によって今後のW杯予選を継続する資格がないことを意味している。

 クウェートはこれまで2007年と2008年にも同じく政府の干渉によって資格停止処分を受けている。

http://www.footballchannel.jp/2015/10/17/post114428/

no title

FIFAが韓国のチョン・モンジュンに計19年の制裁を推進!処分が決まれば会長選出馬は不可能に 

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/10/06(火) 17:19:23.96 ID:???*.net
鄭夢準氏「FIFAが自身への処分推進」 会長選出馬危機か

【ソウル聯合ニュース】国際サッカー連盟(FIFA)の次期会長選への出馬を表明している
鄭夢準(チョン・モンジュン)FIFA元副会長は6日、ソウル市内で記者会見を開き、
「FIFAが私に計19年の資格停止という制裁を推進している」と主張した。資格停止処分を
受ければ、来年2月の会長選に立候補できなくなる。

 鄭氏は会見で、FIFA倫理委員会が調査を進めている鄭氏の過去の寄付金に関する疑惑に
ついて、「私がFIFA内部の核心を正面から狙ったため攻撃の対象になった」との認識を示した。

 鄭氏の説明によると、FIFA倫理委は鄭氏が2010年のワールドカップ(W杯)招致の
過程で7億7700万ドル(現在のレートで約935億8000万円)相当の基金を創設し
サッカーの発展のために使うとする書簡を世界のサッカー関係者らに送ったことについて、
15年の資格停止を推進している。さらに、鄭氏が倫理委を批判したことについて4年の
資格停止を科そうとしているという。

 鄭氏は今回の選挙で自身の候補資格が脅かされる可能性が高いとしながら、「彼ら
(ブラッター会長側)は私の候補資格を毀損(きそん)することにとどまらず、FIFA
会長選挙を毀損し、FIFAそのものを破壊している」と語気を強めた。

 これに先立ち、FIFA倫理委は鄭氏が10年に洪水被害に遭ったパキスタンと地震に
見舞われたハイチに贈った寄付金のほか、W杯誘致過程で7億7700万ドルの基金を
創設しサッカーの発展に尽くすとする公約を掲げたことについて調査を始めた。

 一部で鄭氏がパキスタンに寄付金を贈った時期がFIFA副会長選挙を控えた時期だったと
指摘されたことに対し、鄭氏は「1990年代から人道的な支援を続けてきた」と疑惑を
否定した。

 また、「倫理委は絶対にブラッター会長を攻撃しない。倫理委はブラッター会長の殺人
請負業者と言われている」と激しい表現で非難した。

聯合ニュース
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/06/2015100602263.html
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索