Samurai Goal

FIFA


スポンサード リンク





【サッカー】<FIFAの最高商業責任者>「世界中の人々はワールドクラスのサッカーには飽くことがない」  

jh1zeimplti6sztkjnw8




1: 2018/12/22(土) 12:03:13.20 _USER9
 FIFAの調査によると、今年の夏、世界の人口のほぼ半分が2018 FIFA ワールドカップ ロシアを見たようだ。FIFAが調査会社から受け取ったデータを発表し、その模様をイギリスメディア『BBC』が伝えている。

 イギリスのデータ分析会社『Publicis Media Sport and Entertainment』は今夏のロシアW杯のデータを調査。その結果、同大会が35.7億人に見られたことがわかった。

 また、3億2750万人が、イングランド代表がクロアチア代表に敗れた準決勝を見た模様。そして、フランス代表とクロアチア代表の決勝戦は10億人以上がライブで見たようだ。そして、過去のどんなワールドカップよりも長い間、多くの人に大会が視聴されていたこともわかっているという。

 FIFAの最高商業責任者を務めるフィリップ・ル・フロック氏は「『世界中の人々はワールドクラスのサッカーには飽くことがない』と数字が示している。この数字は、ロシアW杯が史上最高のワールドカップであったという主張を明らかに証明している」と話している。

 なお、ロシアW杯は6月14日から7月15日まで64試合が実施。最終的にフランス代表が優勝を果たしている。

12/22(土) 9:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00879810-soccerk-socc

【サッカー】<FIFA>W杯ロシア大会の視聴者数が推定35億7200万人だったと発表!地域別ではアジアが最多の43.7%
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1545405733/

<FIFA会長>G20で講演「サッカー業界は一つの大国レベル」22兆円の収入..世界経済の2倍の速さで成長 

news_174968_1




1: 2018/12/05(水) 12:49:30.72 _USER9
現在アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われている「G20」会議。世界の主要国と地域の重要人物が集まり、経済の安定と成長をはかるための国際会議である。

そこには国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長も参加しており、講演を行ったとのこと。

『Inside』によれば、その演説では以下のように話されていたそうで、インファンティーノ氏はサッカーがインフラ開発に貢献できると強調したとのことだ。

🌑ジャンニ・インファンティーノ

「まず、サッカーは経済的成長をもたらします。

この10年間、サッカー業界は成長してきました。経済危機が広がる中で、世界経済の2倍の速さで成長してきたのです。

2000億ドル(およそ22兆円)の収入、1300億ドル(およそ14兆円)の価値を生み出しました。サッカーの経済は、中~大規模の国家と同等の規模になっています。

おそらく、いつかG20に入ることができるでしょう!

世界のサッカー経済の70%はヨーロッパで生成されています。それは、まだまだ拡大の可能性があることを思い起こさせる数字です。もし、我々が正しい判断をしていけば。

G20の目的を思い出してください。それはインフラの開発だったはずです。我々はそれにもわずかながら貢献しています。

ワールドカップの収益をもとに、我々FIFAは毎年6億ドル(およそ674.6億円)を投資しています。多くの発展途上国を含む、世界中の新しいピッチ、サッカー施設に。それは我々の若者たちに利益となります!

そうです。サッカーは経済成長なのです。そしてインフラ開発に寄与できるのです」

2018年12月5日 7時0分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15692906/

<UEFA>チャンピオンズリーグを週末に開催も?欧州スーパーリーグ構想への対抗策として検討!  

news_174968_1





1: 2018/11/11(日) 23:06:14.25 _USER9
欧州サッカー連盟(UEFA)は、メディアで報じられた「欧州スーパーリーグ」構想に対抗するための改革案のひとつとして、チャンピオンズリーグ(CL)の試合を週末に開催することも検討しているという。スペイン紙『アス』が11日付で伝えている。

 以前からたびたび話題となっていたスーパーリーグ構想の実現に向け、水面下で具体的な交渉が行われていることを示す情報がリークされたと先日報じられた。その構想によれば、バルセロナやレアル・マドリーなどを含めた欧州のエリートクラブは、各国リーグやCLから離脱して独自のリーグを立ち上げるとされている。

 当然ながらこの構想に対抗する立場となるUEFAは、CLの魅力を高めるための方策として、試合を週末に開催することも検討しているとスペイン紙は伝えている。現状では決勝を除く試合は火曜日と水曜日に開催されているが、CLの試合を週末に開催し、各国リーグの試合をミッドウィークに開催させる考えだという。

 各国リーグにとっては受け入れがたい案であることは想像に難くない。スペイン、イングランド、ドイツ、イタリアの主要リーグでは、UEFAに対して「週末を明け渡す」ことに反対する合意を交わしているとも報じられている。

 スーパーリーグ構想に対しては、国際サッカー連盟(FIFA)も反対する立場を取っている。FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は、スーパーリーグに参加するクラブの選手はワールドカップなど代表チームの国際大会への出場を認めないという考えを示した。

11/11(日) 21:02 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00296719-footballc-socc

FIFA会長の新大会提案、UEFAは拒否で議事会をボイコットか?ソフトバンクが新大会に約2兆8千億円を出資  

news_174968_1




1: 2018/10/26(金) 16:17:12.94 _USER9
ヨーロッパサッカー連盟(UEFA)は国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が新大会提案の可決を推し進めるのであれば、現地時間26日の会議への不参加と議事会のボイコットをすると話したと米メディア『ESPN』などが現地時間の25日に報じた。

 インファンティーノ会長の新大会案は昨年2017年を最後に幕を閉じたコンフェデレーションズカップの代わりに、2021年から4年ごとに24チームでFIFAクラブワールドカップを行うというもの。さらに、2年ごとに8か国で行うミニワールドカップの開催も提案した。

 日本の通信事業者ソフトバンクが2つの新大会に250億ドル(約2兆8000億円)を出資するとも言われているが、UEFAとFIFAの意見対立が解決されないのであれば出資を取りやめるという。

 ヨーロッパクラブ協会(ECA)もインファンティーノ会長の提案に否定的と言うが、FIFAはUEFAを説得し新大会を実現できるのだろうか。

10/26(金) 14:36配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181026-00294692-footballc-socc

FIFAが女子選手数の倍増を計画、目標は26年までに6000万人 

20181011-00000035-jij_afp-000-view

“ホニ問題”遂に新潟が選手登録抹消を行う!!FIFAへの提訴も視野に! 

81b8020f-881b-4783-896a-8d09904d71ed
J2アルビレックス新潟は14日、ブラジルに一方的に帰国した上、再来日せず、ブラジル全国選手権1部のアトレチコ・パラナエンセでプレーを続けるFWホニ(23)の選手登録を抹消したと発表した。

今後、暫定的に国際移籍証明書(ITC)を発行した国際サッカー連盟(FIFA)への提訴も視野に入れているという。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00330367-nksports-socc

【画像】ゲーム「FIFA」の日本人選手の評価がシビアだと話題に!!! 

HideNakata20160703-thumb-500x366-132647

2030年W杯開催地に『スペイン』が立候補!スペイン連盟会長とFIFA会長が会談 

ea9ec9b6aea6540d329a9c1066963e02_1526900854_1
1 2018/09/13(木) 23:20:50.11 _USER9
スペインにおいてFIFAワールドカップが行われた1982年から長い年月が過ぎた。次なる開催を目指して、マドリードのモンクロアにおいてスペインサッカー連盟(RFEF)会長ルイス・ルビアレス、スペイン首相ペドロ・サンチェス、FIFA会長ジャンニ・インファンティーノによる会談が行われた。

会合の目的はスペインが2030年W杯の開催国として立候補するためだ。2つの可能性が検討されており、1つはスペイン単独開催、もう1つはポルトガル、モロッコとの共同開催だ。

ルビアレスは後者の選択肢が他の立候補国を上回るための有効なプランだと考えている。

インファンティーノにとってはここ2か月で2度目のスペイン公式訪問となった。前回は現会長のお披露目となったRFEFの全体総会だった。

32年前、イタリアが西ドイツを3-1で下した82年大会決勝はサンティアゴ・ベルナベウで行われた。12か国で分散開催される次回2020年のユーロでは、ビルバオが開催地の一つとなっている。

次回2020年W杯はカタール、2026年はアメリカ、メキシコ、カナダでの3か国共催が決まっている。

9/13(木) 17:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00010012-sportes-socc

グリーズマンがFIFAに苦言!!『W杯王者から選出されないなんて…』 

20180910-00828135-soccerk-000-1-view

『ロナウド・モドリッチ・サラー』FIFA最優秀選手に輝くのは誰だ!! 

7e09f7ef4c4630e02ba7cce8542350f8_content


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索