Samurai Goal

FFP


スポンサード リンク





「意味がないからFFPは終わりを迎える」…モウリーニョ監督がCASの声明を受け見解を示す 

20200715-01096593-soccerk-000-2-view

「FFPは死んだ」。マンCの処分撤回に厳しい声続出。ペップはスタッフと歓喜 

20200713-00380671-footballc-000-2-view

マンC、CL出場権剥奪の危機迫る?FFP違反の疑いでUEFA機関が裁定へ  

20190516-00321782-footballc-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/05/16(木) 21:43:28.27 ID:wsyauZGB9
 欧州サッカー連盟(UEFA)のクラブ財務管理機関(CFCB)は、マンチェスター・シティがファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の基準に違反した疑いがあるとして、同機関の裁定室に調査結果の報告を行ったことを発表した。クラブ公式サイトや英複数メディアなどが伝えている。

 今季プレミアリーグで優勝を飾り、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権も獲得しているシティだが、FFP違反により出場権剥奪の可能性もあると報じられていた。報道の通り、UEFAが財務調査を行っていたことは事実であったことが明らかになった。

 UEFAの発表を受けて声明を出したシティは、「残念」であるとしながらも、メディアで報じられていたため「残念ながら驚きではない」とコメント。その上で、シティがFFPに違反したという疑いは「全くの虚偽」であり、裁定により「ポジティブな結果が出ることに全面的な自信を抱いている」と述べている。

 仮にシティがFFPに違反したと判断されたとしても、クラブはスポーツ仲裁裁判所(CAS)への上訴を行うことが可能であり、判定が覆る可能性もある。まずはUEFAからのどのような裁定が下されるのか、今後の動きを見守る必要がありそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190516-00321782-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索