Samurai Goal

FC琉球


スポンサード リンク





<J2/FC琉球>開幕4連勝!ホーム“不敗神話”継続 24戦無敗  

13216




1: Egg ★ 2019/03/16(土) 23:19:12.83 ID:g8E36L709
◇明治安田生命J2第4節 琉球2―1徳島(2019年3月16日 タピスタ)

開幕から負け知らずの首位・琉球が徳島を2-1で下して開幕4連勝。J3時代の2017年9月から続くホーム無敗記録を24試合に伸ばした。
序盤から徳島に押し込まれる展開が続いた琉球。だが、前半37分にMF上門が左サイドからクロスを上げると、これが直接ゴールへ。上門本人も苦笑いのラッキーゴールで先制した。

後半立ち上がりにセットプレーから失点したが、後半30分に左サイドを崩し、MF河合のシュートのこぼれ球をDF西岡が押し込んで勝ち越し。2―1で開幕4連勝を飾った。
琉球はこれで昨年からホーム戦は10連勝。17年9月16日鹿児島戦(0―1)から続くホーム無敗記録を24試合に伸ばした。

スポニチアネックス / 2019年3月16日 19時59分
https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20190316_0178/

最新J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/

【サッカー】<3試合を終えて最下位!>10年目のJ2でジェフユナイテッド千葉が苦戦する要因とは?
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552559629/

播戸竜二(39)がJ2昇格の琉球退団「これがプロの世界」  

39802_ext_04_0




1: 2018/12/30(日) 19:49:00.20 _USER9
来季J2に昇格するFC琉球は30日、元日本代表FW播戸竜二(39)が契約満了のため退団することを発表した。

琴丘高から98年にガンバ大阪に加入。
北海道コンサドーレ札幌、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪、サガン鳥栖、大宮アルディージャでプレーし、今季は琉球に所属。
19試合2得点でチームのJ3優勝とJ2昇格に貢献していた。
J1通算325試合87得点、J2通算52試合20得点。国際Aマッチ7試合2得点。

播戸はクラブを通じ「J3で優勝するというミッションを達成し、素晴らしい仲間とサッカーができ、本当に満足感があります。
このままJ1までの道のりを一緒に歩みたかったですが、これがプロの世界です。
これからの僕の事は、ブログやインスタグラムで、チェックしてください」と前を向くコメントをつづった。

また「琉球というチームには、本当に高いポテンシャルがあると思います。
沖縄の人達がチカラを合わせて進んでいけば、J1で優勝争いが出来るチームになると思います。
その為には、沖縄の人達、沖縄の企業、沖縄県全体で、クラブを応援していかないといけないと思いますし、それが出来ると思います! 
プロ選手としては、沖縄との縁が切れますが、播戸竜二としては、一生、沖縄と繋がっています」とエールも送った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00432358-nksports-socc
12/30(日) 13:57配信

https://f.image.geki.jp/data/image/member/300/34000/33764/member_33764_1.jpg

元日本代表FW播戸竜二、琉球の退団が決定「いちゃりばちょーでー!」 

20181230-00883658-soccerk-000-3-view

J3優勝の琉球に衝撃…金鍾成監督が退任「今年を持ってひと区切りし…」 

20181212-00875973-soccerk-000-2-view

9月に契約解除→即入居…元琉球FWがテラスハウスに登場!! 退団時は「新たな可能性にかけて…」 

20181106-04520229-gekisaka-000-1-view

FC琉球、クラブ史上初のJ3優勝&J2昇格が決定/J3第30節 

20181103-00010013-goal-000-4-view

沖縄のJリーグクラブ「FC琉球」、J2に王手 次戦ホーム引き分け以上で悲願の昇格 

e4907049-f9d7-b833-334b-1fbd4021dbe9




1: 2018/10/29(月) 10:26:59.06 _USER9
サッカーの明治安田J3の第29節、2位以下を引き離してトップを走るFC琉球は28日、
長野県長野市の長野UスタジアムでAC長野パルセイロと対戦し、1―1で引き分けた。
この試合でのJ2昇格確定はならなかったが、J3参入5年目の悲願の優勝、J2昇格に王手を懸けた。

ザスパクサツ群馬とのホーム戦(11月3日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアム)で、
琉球が引き分け以上ならば、自力優勝と昇格が同時に確定する。

(中略)

GKの朴は自力で目標が遂げられる次戦について、
「良い条件になった。サポーターの前でしっかり勝って(J2昇格、J3優勝を)決めたい」と力を込めた。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-825733.html

ゴール裏に陣取った関東近郊のサポーターで作る「FC琉球関東隊」。
大挙した長野サポーターに負けじと、琉球カラーのベンガラ色のユニホームやタオルマフラーを着けて声援を送った。
那覇市出身で埼玉県在住の会社員は「徐々に強くなってきて本当にうれしい。J2昇格でサポーターの輪も広がればいい」。

この日のJ2昇格はお預けとなり、那覇市から駆け付けた公務員は
「関東隊の皆さんと喜びを分かち合いたかったが、ポジティブに捉えたら優勝も昇格も次のホーム戦で決まる。
最高の舞台ができた」と期待した。

那覇市牧志のフットボールカフェ「カンプノウ」には10人ほどが集い、テレビ画面にくぎ付けになってイレブンを鼓舞し続けた。
試合終了間際の同点ゴールに歓喜。「次のホーム戦でたくさんのサポーターの前で昇格と優勝を決めてほしい。
サポーターで監督を胴上げしたい」と話した。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/336467

FC琉球
http://fcryukyu.com/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索