Samurai Goal

FC東京


スポンサード リンク





<代々木スタジアム争奪戦」激化!>都心移転狙う3クラブの“東京ダービー” 東京V、FC東京、町田も色気 

1: 2021/01/09(土) 18:47:12.64 _USER9
コロナ不況に打ちのめされた、サッカーJリーグの救世主となるのか。
1991年のリーグ設立以来、30年にわたり空白地帯だった東京23区内に計画されているのが、代々木公園(東京都渋谷区)内のサッカー専用スタジアムだ。

昨年末に破綻の危機に瀕したJ2・東京ヴェルディに手を差し伸べ、買収に踏み切ったスポーツ用品大手のゼビオ・ホールディングス(HD)にとって、このスタジアムへの移転は名門再建の起点となり得る。
ただし、新ホームを巡る争奪戦はライバルが多い。人気や経営面ではJ1・FC東京がリードしており、親会社のサイバーエージェントが渋谷にあるJ2・町田ゼルビアも色気を見せそうだ。
都下3クラブのどこが都心への進出を果たすのか。

年明け早々から緊急事態宣言の発令が不可避となり、今年も続くコロナ禍のなかでJクラブの経営は正念場だ。とりわけ東京Vは「(昨年末に)対策を取らなければ確実に破綻していた」(Jリーグ関係者)。
2010年からスポンサーを務めてきたゼビオHDが、昨年12月25日に筆頭株主となり、10億円近い赤字も7億5000万円の特別損失として計上。当座の危機を脱した。

上場企業として株主から強い反発も予想されるなか、コロナ禍で大打撃を受けるスポーツ事業の買収にあえて踏み切った背景にあるのが、首都東京の新スタジアム構想だ。
スポーツ庁が全国規模で掲げる「スタジアム・アリーナ新設・建て替え構想」のひとつとして、「代々木公園サッカー専用スタジアム」はしっかり明記されている。

候補地は同公園内のサッカー・ホッケー場で、収容人員は最大4万人を計画。ネックは土地の所有者の国、管理者の東京都ともに建設資金を出す予定が全くないことだ。
そこで「一般社団法人渋谷未来デザイン」(代表理事・小泉秀樹東京大学教授)が音頭をとり、渋谷区が賛同。東急、ソニーや東京Vのスポンサーを務めるゲーム会社「アカツキ」など多くの企業が参画中で、27年の完成を目指すとしている。

Jリーグにとっても悲願だった都心進出。ホームにできればメガクラブへの成長が期待できるだけに、名門から凋落して久しい東京Vにとっては起死回生の起爆剤となり得る。
昨年末のお家騒動では、11年間もトップに君臨した羽生英之前社長(56)と対立するなかで悪者に仕立てられたゼビオHDだが、クラブOBは「ゼビオさんには今後のヴェルディ再建に向けて多くのアイデアがあります」と期待を寄せる。

東京Vは現在、15競技17チームを所有する総合スポーツクラブに進化中で、ビーチサッカーは世界4位の実力を誇る。肝心のサッカーが成績も観客動員も鳴かず飛ばずだが、
ゼビオHDは地方自治体と組み、スポーツ施設を運営するノウハウを持っているのが強みだ。仙台市所有の土地に30億円を投じて12年に多目的アリーナを建設し、運営にも参画。バスケットボール男子Bリーグ・仙台の本拠地となっている。

近年はプロ野球・DeNAを黒字にしたDeNA、J1・鹿島を買収したメルカリなど、IT企業のスポーツ事業への参入が目立つ。前出のアカツキもその一角だが、東京Vのお家騒動では前社長側だったとされる。
都心の新スタジアムを確保するうえでも、ゼビオHDとの今後の関係が注目されるところだ。

つづく
1/9(土) 16:56配信 夕刊フジ
https://news.yahoo.co.jp/articles/10f2f7317234af566273fe76897382090a6114b2

写真
no title

<FC東京>2021シーズンの新ユニフォーム発表!21年からは新たにニューバランスとサプライヤー契約を締結 

1: 2021/01/08(金) 19:59:24.81 _USER9
FC東京は8日、2021シーズンに着用する新ユニフォームのデザインを発表した。1999年から2014年はアディダス、15年からはアンブロ、そして21年からは新たにニューバランスとサプライヤー契約を締結している。

【画像】FC東京の新ユニフォーム
no title


クラブは昨季、J1リーグで6位にとどまったものの、4日に行われたルヴァンカップで11季ぶりの優勝を果たした。今回、悲願のリーグ戦制覇を狙う新シーズンに向けて、新たなユニフォームデザインのお披露目となった。

デザインコンセプトについては、「ニューバランスフットボールのテーマである『REINVENTION(再発明)』、『NEW YOUTH』をキーワードに、フットボールの母国であるUKチームがデザインワークを行い、
シンプルながら機能性を盛り込んだデザイン、クラブの魂が随所にインスパイアされたデザイン」と説明した。

1stユニフォームは「クラブのシグネチャーである青赤のストライプ」、2ndユニフォームは「味の素スタジアムからインスピレーションを得たデザインを採用」し、白地に赤と青のストライプを配したデザインとなった。
なおエンブレムの裏には、「You’ll Never Walk Alone」のメッセージがプリントされている(オーセンティックのみ)。

なお今回発表されたユニフォームは、1月8日よりオフィシャルオンラインショップおよびオフィシャルショップ8店舗にて先行受注販売を開始する。

1/8(金) 18:53配信 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/07cdd71512bbd831f5ab595c260e9c4104dd8c38

2021シーズン新ユニフォームデザイン決定!
https://www.fctokyo.co.jp/news/12004

オルンガ封じたFC東京…アンカー森重「うまく封じられた」渡辺「抑えられて報われた」ルヴァン杯決勝 

1: 2021/01/04(月) 22:08:42.75 _USER9
[1.4 ルヴァン杯決勝 柏1-2FC東京 国立]

 アンカー起用で無失点に貢献したFC東京のDF森重真人は試合後のオンライン取材で、「長かった。やっと優勝できたということで嬉しかったし、決勝で負けてしまったら嫌だなと思っていたので、勝って終わることができてほっとしている」と優勝の喜びを語った。

 日本代表のセンターバックとしてブラジルW杯のピッチにも立った森重だが、ACLを含む今季の終盤戦は中盤の底で奮闘していた。「コンバートしてから安定して落ち着いたゲーム運びができるようになった」(長谷川健太監督)。短期決戦を意識したオプション布陣は、ルヴァン杯決勝という大一番でも完璧に機能した。

 対戦相手の柏レイソルはリーグMVPと得点王をダブル受賞したFWオルンガを筆頭に、周囲を動き回るMF江坂任、FWクリスティアーノが攻撃のキーマン。長谷川監督も「分かっていてもなかなか止められない」と警戒は隠さず、オルンガを自由にさせないことと、配球役に警戒することの両方を意識して試合に入ったという。

 そこで存在感を放ったのがアンカーの森重だった。オルンガにボールが入る際は必ずといっていいほどトップ下の江坂が絡んでいくが、的確な読みと対人の強さでここを封鎖。さらにDFジョアン・オマリ、DF渡辺剛が最終ラインで粘り強い対応を繰り広げることで、オルンガにほぼ仕事をさせないまま試合を締めた。

「攻めているときのリスク管理とカウンターに注意をして、ジョアンと剛と自分の真ん中3人でコミュニケーションを取りながらうまく封じられた」(森重)。

「オルンガ選手はスキを与えたら得点を取るのはわかっていた。どの選手よりも能力がある。スキを与えず、相手が嫌がるプレーをやること。一発目に強くいくのは嫌だろうし、あとは気持ちでなんとかなった。今シーズンは苦しいシーズンだったので、Jリーグナンバーワンのストライカーを抑えられて報われた」(渡辺)。

 そう振り返った守備陣について、長谷川監督も「オルンガのシュートの迫力を減らせるかが大きなポイントだった。選手たちが理解して今日の試合でやってくれた。もちろん危ない場面もあったが、集中して最後までやれた」と称えていた。

no title


1/4(月) 19:48
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210104-43915267-gekisaka-socc

FC東京、柏下して11季ぶりのルヴァン杯制覇! アダイウトンが値千金の勝ち越し弾 

スクリーンショット 2021-01-04 18.49.19




1: 2021/01/04(月) 16:42:05.26 _USER9
 2020JリーグYBCルヴァンカップ決勝が4日に行われ、柏レイソルとFC東京が対戦した。

 優勝した2013年大会以来7シーズンぶりのルヴァン杯決勝進出を果たした柏は、2020シーズンの明治安田生命J1リーグで得点王と年間MVPに輝いたオルンガや江坂任、クリスティアーノらがスタメン入り。一方、2009年大会以来11シーズンぶりの大会制覇を目指すFC東京は、永井謙佑やレアンドロ、東慶悟らが先発に名を連ねた。

 試合が動いたのは16分、FC東京が先制に成功した。左サイドを駆け上がったレアンドロがドリブルで中へと切り込むと、DFのタイミングを外しながら右足を振り抜いてゴール右隅へと流し込んだ。

 追いかける柏は45分、左サイドのCKからオルンガが競り合いに勝つとボールは高く上がりクロスバー付近へ落下。GK波多野豪はボールに触れたものの、弾き出すことができず。こぼれ球に素早く反応した瀬川祐輔が押し込み、試合を振り出しに戻した。

 1-1のタイスコアで折り返すと、柏は59分にセットプレーから決定機を迎える。クリスティアーノは左CKからサインプレーを仕掛け、エリア外の川口尚紀に柔らかい浮き球のパスを供給する。川口はダイレクトボレーを放ったが、シュートは惜しくもクロスバーをかすめて外れた。

 対するFC東京は63分、エリアの手前でレアンドロが倒されてフリーキックを獲得する。レアンドロ自らキッカーを務めると、ゴール左上隅を狙ってコントロールショットを放ったが、惜しくもポストに阻まれた。

 すると74分、FC東京が勝ち越し点を獲得する。後方からレアンドロを狙ったロングフィードは相手DFにカットされるが、こぼれ球を永井謙佑が頭でつなぐ。反応した途中出場のアダイウトンが右足を伸ばして強引にコースを変え、ボールはゴール右に吸い込まれた。

 試合はこのまま終了し、FC東京が2020シーズンのルヴァン杯を制した。

【スコア】
柏レイソル 1-2 FC東京

【得点者】
0-1 16分 レアンドロ(FC東京)
1-1 45分 瀬川祐輔(柏レイソル)
1-2 74分 アダイウトン(FC東京)

https://news.yahoo.co.jp/articles/72a2440aff7276391a7ec226fd0fc4b429f75ed7

FC東京FWディエゴオリベイラ欠場へ 長谷川健太監督「穴を一人では埋められない…」【ルヴァン杯】 

スクリーンショット 2021-01-04 0.02.20

【FC東京】「あのシーンだけ…」ACL敗退に長谷川監督が失点場面を悔やむ「アジアの大会に慣れていない選手もいた」 

スクリーンショット 2020-12-07 15.42.15

FC東京、3度目のACL挑戦も16強で散る… “無敗”北京国安の守備を崩せず0-1敗退 

スクリーンショット 2020-12-06 21.17.30




1: 2020/12/06(日) 20:54:45.57 _USER9
後半14分にアランに被弾、ゴール前の精度を欠き無得点で敗れる

 FC東京はまたしてもアジア16強の壁を破れなかった。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメント1回戦で北京国安(中国)と対戦したFC東京は、後半に喫した1点を奪い返せず0-1で敗れた。

 新型コロナウイルスの影響で3月に中断し、カタールでの集中開催として11月下旬に再開した今大会で、グループFを2位通過したFC東京は、E組を5勝1分の無敗で勝ち上がってきた北京国安とラウンド16で顔を合わせた。

 前半からFC東京は相手を押し込む時間帯も作り、FWレアンドロにはペナルティーエリア内や、すぐ外の位置からのFKなどチャンスもあったがゴールにはならず。一方の北京国安も中盤のブラジル代表MFレナト・アウグストや、元スペイン代表MFジョナタン・ビエラを軸に鋭い攻撃を見せ、どちらも譲らず0-0で前半を終えた。

 後半も一進一退の様相のなかで、FC東京は先にゴールを破られる。立ち上がりからややリズムの悪い時間が続いた同14分、ビエラからのパスを受けたアウグストがペナルティーエリア内の右サイドに進出すると、ラストパスを受けたFWアランのシュートはGK波多野豪が体に当てたもののゴールへ。警戒していた外国人トリオのコンビネーションにより失点してしまった。

 FC東京の長谷川健太監督はFWアダイウトンを交代出場でピッチに送り込むなど打開を図ったが、北京国安の最終ラインを崩せずこのまま試合終了。FC東京は2012年、16年に続いて16強での敗退になった。

 追いかける展開になり、グループステージでの上海申花(中国)戦での相手のラフプレーによりFWディエゴ・オリヴェイラを負傷で欠いたことが、最後まで得点力不足という形で響いてしまった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/12fd379a4c2a24ff4815278ff0e58f1b99cf1d88

<ACL>FC東京、決勝トーナメント進出決定!F組を2位通過 日本勢3チームが決勝T進出 

スクリーンショット 2020-12-03 21.09.57




1: 2020/12/03(木) 20:54:38.20 _USER9
[12.3 ACLグループF第6節 パース・グローリー 0-1 FC東京 ドーハ]

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は3日、グループリーグ最終節を行い、F組2位のFC東京はパース・グローリー(豪州)と対戦し、1-0で勝利した。勝ち点7で並んでいた3位上海申花(中国)は蔚山現代(韓国)に1-4で敗れ、勝ち点を10に伸ばしたFC東京の2位通過が決定。ヴィッセル神戸、横浜F・マリノスに続いて決勝トーナメント進出を決めた。

F組は最終節を残して蔚山現代の首位通過が決定。FC東京は11月27日の上海申花戦でラフプレーを受けたFWディエゴ・オリヴェイラを負傷で欠く中、今大会はアンカーの位置で活躍していたDF森重真人が累積警告で出場停止となり、攻守の要を欠く事態。11月30日の蔚山現代戦から6人を入れ替えながらも、幸先良く試合を動かした。

前半8分、アンカーを務めたMF品田愛斗がロングボールを供給すると、快速を飛ばしたMFアダイウトンがDFラインの裏に抜け出す。アダイウトンは左サイドからカットインしてペナルティエリア内に侵入し、右足シュートを突き刺した。MF三田啓貴のFK、CKからもチャンスを創出し、1-0で前半を折り返した。

FC東京は交代カードを切りながら試合を進め、後半13分にMF安部柊斗とFW原大智を投入。原が起点となってチャンスを創出しつつ、後半24分にはMF高萩洋次郎とMFレアンドロ、後半39分にはMF紺野和也を送り込んだ。次の一点は生まれなかったが、1-0で勝利したFC東京がF組2位でグループリーグを突破。6日に行われる決勝トーナメント1回戦で北京国安(中国)と対戦する。

12/3(木) 20:52配信 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/01e93e8418a01d2995edbe45f1a95d6366f12f58

FC東京が来季からニューバランスのユニフォーム着用 

スクリーンショット 2020-12-02 14.46.25

ACL第5節 FC東京、韓国強豪・蔚山に逆転負け 永井が先制弾も…決勝トーナメント進出へ痛恨敗戦 

スクリーンショット 2020-12-01 10.46.42




1: 2020/11/30(月) 20:54:09.47 _USER9
前半終了間際にFKで同点にされ、後半40分に逆転被弾
GL突破が厳しくなったFC東京【写真:Getty Images】

 FC東京は30日、カタールでの集中開催のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第5節で蔚山現代(韓国)と対戦。先制点を生かせずに1-2で逆転負け。突破は最終節に勝利したうえで、他カードの結果次第となった。

 FC東京は前の上海申花(中国)戦でエース格のFWディエゴ・オリヴェイラが相手選手のラフプレーによる負傷。中2日のこのゲームでも復帰はできず、苦しい台所事情となった。

 それでも開始直後の1分、FC東京はゴールをものにする。敵陣のコーナーフラッグ付近まで相手を追いかけてプレスを行うと、そこで無理につなごうとした相手からボールを奪い、MF三田啓貴、MF安部柊斗と経由したボールはFW永井謙佑へ。ペナルティーエリアのすぐ外から思い切り腰をひねってファーサイド方向を狙ったシュートは、相手GKの届かないコースへ転がりゴールとなった。

 その後もFC東京はFWレアンドロに決定機が訪れるなど上手くコントロール。相手にチャンスを与えなかった。しかし、前半終了間際の44分、ゴール正面の約20メートル絵与えたフリーキックを、MFユン・ビッカラムに直接狙われると、GK波多野豪は呼んでいたコースと全く反対に飛んだボールに対して逆モーションになってしまい、そのままゴールに吸い込まれるボールを見送るしかなく失点。1-1に追いつかれての後半となった。

 後半は逆に蔚山にボールを支配される展開になった。FC東京は交代も行いながらゲームを進めたものの、敵陣でボールが収まらずに苦戦。訪れたカウンターのチャンスも焦りからかオフサイドで逸するなど苦しい展開になった。

 すると後半40分、右サイドからビッカラムに切り込まれるとニアサイドへのシュートで失点。残り時間でビハインドを跳ね返すことはできず、1-2での逆転負けとなった。

 この結果、蔚山が勝ち点13で決勝トーナメント進出。FC東京は勝ち点7となった。この後の時間帯で、現時点で勝ち点6の上海申花と勝ち点0のパース・グローリー(オーストラリア)が対戦する。最終戦ではパース・グローリーと対戦するFC東京は最低でも勝利だが、他会場の結果次第ではそれでも敗退する苦しい立場に追い込まれた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8a1fbdcaddf60fa58800abb3cd10af90a40e7383



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索