Samurai Goal

FC大阪


スポンサード リンク





<どうなる花園ラグビー場>東大阪市、運営委託先にFC大阪を候補に選んだと発表! 

1: 2020/05/01(金) 07:40:24.28
花園ラグビー場を所有する大阪府東大阪市は4月10日、ラグビー場とその周辺の公園の運営委託先に、サッカーJFL「FC大阪」を含む事業者を、候補に選んだと発表した。議会の承認を経て、10月から運営が始まる。期間は2040年まで。日本ラグビー協会は複数の団体でつくる「ワンチーム花園」で手を挙げたが、2者の戦いに敗れ「次点」になった。19年W杯会場にもなった専用グラウンドを含む施設を、他の競技が運営するという極めて異例の事態。日本初のラグビー場として開場された「聖地」は今後どうなるのか。関係者に話を聞いた。

 サッカー側から見ても花園ラグビー場は、かなり魅力的な競技場だ。東大阪スタジアムと組み、指定管理者の第一候補になったFC大阪の疋田晴巳社長は「C大阪が試合をしたことがあり、サッカーの可能性があると思って以前から本拠地として考えていた。駅からのアクセスが良く、トラックがなくて観戦環境もいい」と語った。

 東大阪市を拠点にして、現在はJFLに身を置く。将来的なJ1参入のためには、各クラスごとに競技場の収容人数の条件をクリアする必要がある。J3は5000人以上、J2は1万人以上、J1は1万5000人以上が求められる。

 当面の目標であるJ3をにらみ、昨秋、第2グラウンドに5000席の寄贈を表明した。老朽化と席の少なさが問題の場所だけに、ここを多く使う高校生の「冬の花園」には朗報だ。将来的には「当面は第2が中心になると思うけど、J2まで上がれば、第1を使う選択肢しかなくなると思う」と青写真を描く。J2まで、最速2年で上がれる。

 入札ではバーベキューエリアの設置、ナイトイベントの開催、飲食店の整備などを提案。現在年62万人の公園有料施設利用者を、200万人にする計画を掲げた。目指すのは、サッカーとラグビーの共存共栄だ。「どちらも栄えていくことを念頭に置いている。全国高校ラグビーは野球で言えば甲子園と一緒で、それを開催することが大前提。トップリーグなどは、サッカーと重なることもあるだろうけど、その都度調整するだろう。自分たちはラグビーを愛する人の気持ちを踏みにじることはしない。リスペクトを持って対応したい」。花園の新しいカタチをつくっていく。

 グラウンド問題はFC大阪のJ2昇格後の話とはいえ、ラグビー側は戦々恐々だ。年末年始の全国高校大会はシーズンが重ならないものの、9~12月が旬のトップリーグと関西大学リーグは影響を受ける可能性がある。

 21年発足の新トップリーグは、各チームにホーム競技場を持つことが求められる。かつての所有者の近鉄は、本拠地使用が既定路線。中川善雄部長は「今まで通りの運営を願っています」と厳しい表情を浮かべた。他チームへの影響も大きい。大学側、関西協会の中尾晃大学委員長は「指定管理を日本協会が取って、もっと使えるようになると思っていた」と不安を募らせた。 日本協会は、サンウルブズのスポンサー、ヒト・コミュニケーションズらと組んで「ワンチーム花園」で手を上げた。関係者の話を総合すると、清宮氏が中心になり、指定管理の専門業者をブレーンにして戦ったという。

 ただ、お膝元の近鉄が当初メンバーから離脱。「ワンチーム」は一枚岩でなかった可能性がある上に、「コストがかかる提案だった」という声が伝わる。

 今後20年、花園の運営の主導権が握れないことについて、日本協会は「ラグビーの聖地としての価値が損なわれることなく、W杯の盛り上がりをしっかりとつないでいただけるものと考え、さらなる発展を願っています」と回答した。

 ラグビー界の懸念について東大阪市の担当者は「聖地の存在はなくてはならないもので、守っていくこと。花園はラグビー場。その名称が全て」と、従来通りラグビーの使用が優先されると語った。

 サッカーが運営に参画しても、“浸食”できない理由があるという。「東大阪市花園ラグビー場条例」には「使用目的がラグビー場の設置目的にそぐわないとき」は「施設の使用を許可してはならない」と明記してある。

 グラウンドの優先利用も条例で約束されている。「特別扱い」は今後も変わらず、サッカーが割って入ろうとするならば、市の許可が必要だ。それゆえ、担当者は「サッカーの人気が出たからといって、他が納得しなければ受ける話ではない」と、現在の条例が防波堤になるとした。

つづく

5/1(金) 5:30配信スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200501-00000086-spnannex-spo

写真
no title

「Jリーグ百年構想クラブ」新たに認定!いわきFC、VONDS市原、南葛SC、ヴィアティン三重、FC大阪 

20191208-00351888-footballc-000-2-view[1]




1: 2020/02/25(火) 19:52:27.94
Jリーグは26日、Jリーグ百年構想クラブの審査結果を発表した。

26日に行われた理事会にて、「Jリーグ百年構想クラブ」として5クラブを認定。今回認定されたのは、いわきFC、VONDS市原、南葛SC、ヴィアティン三重、FC大阪となる。

日中韓では試合延期…ヨーロッパにも波及する新型コロナウイルスの影響はどこまで?

「Jリーグ百年構想クラブ」は、J3リーグへの新規参入条件の1つとなっており、その他JFLでの順位や平均入場者数、年間事業収入などの条件が揃った場合に審議が行われる。

なお、現在は、ラインメール青森(JFL)、栃木シティフットボールクラブ(関東1部)、東京武蔵野シティFC(JFL)、テゲバジャーロ宮崎(JFL)の4クラブがJリーグ百年構想クラブに認定。奈良クラブは観戦者の水増し問題により、解除条件付きの失格となっている。

・いわきFC(JFL)
株式会社いわきスポーツクラブ
代表取締役:大倉智
ホームタウン:いわき市、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村

・VONDS市原(関東リーグ1部)
株式会社VONDS市原
代表取締役:永野 祐太郎
ホームタウン:市原市

・南葛SC(東京都リーグ1部)
株式会社南葛SC
代表取締役:高橋 陽一
ホームタウン:葛飾区
※「葛飾区を中心とした東京都全域」とする構想あり

・ヴィアティン三重(JFL)
株式会社ヴィアティン三重ファミリークラブ
代表取締役社長:後藤 大介
ホームタウン:桑名市、東員町、いなべ市、木曽岬町、朝日町、川越町、菰野町

・FC大阪(JFL)
株式会社FC大阪
代表取締役社長:疋田 晴巳
ホームタウン:東大阪市

2/25(火) 18:35配信

<FC大阪>J参入へ本格挑戦「花園をフットボールの聖地としてサッカーでも盛り上げていきたい」  

1: Egg ★ 2019/12/20(金) 19:51:07.92 ID:PzhsrWZA9
大阪から3番目のJリーグ入りを目指すJFL・FC大阪の吉沢正登会長、岡崎将太副社長が20日、神戸市中央区のデイリースポーツを訪れ、8位に終わった今季を振り返り、J3参入へ本格挑戦となる来季への意気込みを語っ

 JFL参戦5年目の今季は10勝10分け10敗の勝ち点40で8位。昨季の2位から順位を下げた。吉沢会長は「昨季は勢いで2位までなったが、チームとして育ちきっていなかった。主力選手はほぼ残留するので今季の成績を反省して、チームの育成を重視していきたい」と話した。4季指揮した和田治雄監督が今季限りで退任。後任監督は近日中に発表できると明らかにした。

 クラブは11月にJリーグ百年構想クラブ申請を行い、現在審議中。JFLのクラブがJ3に入会するためには、Jリーグが参加要件としている「Jリーグ百年構想クラブ」に認定され、「J3クラブライセンス」を交付されなければならない。そしてJリーグ理事会で入会を承認された上で、JFLで定められた競技成績(今季は年間4位以内)、ホームスタジアム・平均観客動員数などの基準をクリアすることが条件となる。

 また、ホームタウン東大阪市の花園ラグビー場第2グラウンドをFC大阪がJ3基準を満たす5000人収容のスタジアムに改修し、市に寄付する協定も締結した。吉沢会長は「花園をフットボールの聖地として、ラグビーだけでなく、サッカー、アメフトなどでも盛り上げていきたい。1試合あたり5000人の観客動員を目指したい」と力を込めた。スタジアム改修は21年シーズンの開幕前に完了予定だが、改修中の来季も試合を開催する方向で進めている。

12/20(金) 18:58配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-00000117-dal-socc

写真no title

“大阪第3のクラブ”「FC大阪」、花園第2の改修(5000人以上収容)発表 費用全額負担し東大阪市に寄付  

1: れいおφ ★ 2019/11/27(水) 05:52:23.39 ID:j32GQIZe9
老朽化が進んでいる大阪・東大阪市の花園ラグビー場の第2グラウンドについて、
東大阪市は、サッカーJFLのFC大阪が、5000人以上の観客席を備えたスタジアムに整備すると発表しました。

花園ラグビー場には、ワールドカップに向けて改修された第1グラウンドのほか、高校ラグビーの試合や近鉄の練習に使われている第2グラウンドがあります。
このうち、観客席などの老朽化が進んでいる第2グラウンドについて、東大阪市と将来的なJリーグ入りを目指すFC大阪は、
J3の公式戦が開催できる5000人以上の観客席を備えたスタジアムに整備することで協定を結んだと発表しました。

発表によりますと、正面のスタンドには屋根をつけるほか、ゴール裏にも傾斜をつけたスタンドを設置することを検討していて、
FC大阪が費用の全額を負担し、完成後は東大阪市に寄付するということです。

東大阪市を拠点とするFC大阪は、ことし5月に花園ラグビー場に隣接する多目的球技広場を使って
初めて試合を開催していて、今後は花園ラグビー場の利用を増やしていきたいとしています。

東大阪市の野田義和市長は「ラグビーの聖地に新たな魅力が加わり、ラグビーの発展にもつながる。ますます花園がスポーツで盛り上がることを期待したい」とコメントしています。
FC大阪の吉澤正登会長は「サッカーが持つポテンシャルをいかして、さらに花園の地を魅力あるものにしていきたい」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20191126/2000022760.html
https://www.asahi.com/articles/ASMCV4G68MCVPPTB008.html

スタジアムのイメージ図(大阪府東大阪市提供)
no title


大阪府Jリーグクラブのホームタウン勢力図
https://i.imgur.com/cZldbzY.jpg

FC大阪
https://fc-osaka.com/

<FC大阪>大阪から3番目のJリーグ入り目指す!東大阪市にホームタウン申請へ 

625591da482c9cc8863b410c32a1fc81




1: 2018/11/17(土) 18:57:03.68 _USER9
大阪から3番目のJリーグ入りを目指すサッカーJFLのFC大阪が21日に東大阪市の野田義和市長を訪問し、ホームタウン申請にかかる申し入れを行うと17日、発表した。

 FC大阪はJFL参戦4年目となる今季、最終節を残して年間2位に付けている。目標の優勝には届かなかったが、最終節・ラインメール青森戦(18日・ヤンマースタジアム長居)に勝てば、過去最高の年間2位が確定する。

 JFLのクラブがJ3に入会するためには、Jリーグが参加要件としている「Jリーグ百年構想クラブ」に認定され、「J3クラブライセンス」を交付されなければならない。そしてJリーグ理事会で入会を承認された上で、JFLで定められた競技成績(今季は年間4位以内)を収めることが条件となる。

 今後、FC大阪がJリーグ入りへの手順を踏んでいく上で、「百年構想クラブ」の条件を満たすスタジアムや観客動員などホームタウンを選定することが前提となる。東大阪市には2019年のラグビーW杯を前に大改修を終えた花園ラグビー場などがある。

 FC大阪は今回の申し入れを前に「クラブの想い」として「『サッカーを通じた地域社会への貢献』をクラブ経営方針にも掲げており、東大阪市における地域振興とラグビーをはじめとするスポーツ振興の取り組みを推進し、社会の成長と発展の原動力となるよう努力を致す所存であります」と表明している。

11/17(土) 15:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000060-dal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索