Samurai Goal

EU圏外枠


スポンサード リンク





久保建英の来季レアル復帰を示唆…「今季EU圏外枠ではなかったら残っていた。来季は空きが出る」 スペイン紙 

1: 2021/01/17(日) 05:30:17.83 _USER9
1/16(土) 23:33
配信
GOAL
スペイン紙、久保建英の来季レアル復帰を示唆…「今季EU圏外枠ではなかったら残っていた。来季は空きが出る」

スペインのスポーツ紙『マルカ』は、レアル・マドリーMF久保建英がレンタル先をビジャレアルからヘタフェに変えた経緯を説明している。

昨夏にビジャレアルに加入しながらも出場機会が限定され、この冬にヘタフェに加わることになった久保。マドリーは久保と定期的にコンタクトを取っているようだが、ビジャレアル加入の初期段階から選手側がビジャレアルで良い感触をつかんでいないことを把握していたようだ。そしてマドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が今季、数年ぶりにビジャレアルとのアウェー戦に赴いたのは、久保から直接的に意見を聞くためだたったという。

久保がビジャレアルで厳しい状況に陥っていることを悟ったマドリーは、すぐさま同クラブとの契約解消に動いたとのこと。そして『マルカ』はマドリーが素早い動きを見せた理由について、久保に大きな期待をかけているためと説明する。マドリーは日本人MFが、クラブの将来のプロジェクトにおける中軸になると考えており、昨季マジョルカで見せたような活躍を継続することを望んでいた模様だ。

『マルカ』曰くマドリーは今季、もしEU圏外枠が埋まっていなければ、久保を自チームに残していたという。久保に対する信頼は「際限がない」ほどであり、その成長を止めさせないため、また出場時間の確保や責任を背負わせるためにヘタフェへと貸し出したとのことだ。同紙はさらに、マドリーが自チームのEU圏外枠を占めるDFエデル・ミリトン、FWロドリゴ、FWヴィニシウス・ジュニオールのいずれか一選手を、来夏に放出することを予測(特にミリトンの可能性が高い模様)。久保が来季マドリーに復帰することも示唆している。

なお昨夏とこの冬に久保についての交渉を行ったレアル・マドリーとビジャレアルの関係は、悪化するどころかより良好なものとなり、ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレスの移籍などについても話し合っているようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/89ac9a301c8cbbd46622d32aa864c703b1568d74
no title

<サラゴサ>香川真司との契約を解除へ!「EU圏外枠はカガワを選ばず」と地元メディアが報道 

1: 2020/09/25(金) 06:22:25.29 _USER9
EU圏外選手の登録は9月25日まで

写真
no title


スペイン2部のサラゴサに所属する香川真司は、退団が決定的となったようだ。

スペイン・メディア『ElDesmarque』のサラゴサ版は、「サラゴサはライを選んだ。カガワとの契約を解除する」と見出しを打ち、最新の動向を伝えた。

2部では2人しか登録できない「EU圏外」の選手は、今月25日までに申請する必要があるが、記事よれば、クラブはブラジル人FWライ・ナシメントとセルタから新加入のウルグアイ人FWガブリエル・フェルナンデスにその枠を割り当てることを決めたようだ。

そのため、「2021年6月まで残っているカガワとの契約を、60万ユーロ(約7500万円)を支払って解除する」と伝えている。香川が退団すれば、サラリーキャップ制のためまだ登録できなかったフェルナンデスをスカッドに入れられる、と伝えている。

昨夏に大きな期待を受けてサラゴサに加入した香川だが、コンディションの問題やシステム変更、ライバルの途中加入などが重なり、満足のいく結果を残せなかった。チームもプレーオフで敗れて1部昇格が叶わず、年俸の高い日本代表MFの放出が取り沙汰されていた。

本人はリーガでのプレーを望んでいるようだが、スペインの移籍市場の締め切りは10月5日。同じく2部のログロニェスやラージョ・バジェカーノ、柴崎岳が所属するレガネスなどが興味を持っているとされるなか、31歳はどんな決断を下すのだろうか。

9/25(金) 5:10配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/208442f9ca6c0ca71e77d346b142e2bedf1c8b44

久保建英、リーガでロドリゴが優先的に起用された場合、カップ戦でのトップチーム出場が有力!  

1: Egg ★ 2019/08/07(水) 09:34:20.12 ID:MTmcf/Pg9
 レアル・マドリーに所属するウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデのスペイン国籍取得の申請が正式に受理されたようだ。これにより、チームのEU圏外枠に1つ空きができることが決まった。スペイン『マルカ』は新たなEU圏外枠選手として、FW久保建英ではなくFWロドリゴ・ゴエスが登録されることになるだろうと報じている。

 トップチームのEU圏外枠選手は、これまでブラジル人のDFエデル・ミリトンとFWビニシウス・ジュニオール、バルベルデの3人で埋まっていた。かねてから申請していたウルグアイ人MFのスペイン国籍取得により、晴れてEU圏外枠が1つ空くことになったが、同紙は「ジネディーヌ・ジダンが選出するのはロドリゴであることに疑いの余地はない」と伝えている。

 一方でロドリゴのライバルと目された久保については「彼は待つ必要がある」とし、「この結果によって犠牲となった選手だ」とレポート。プレシーズンで優れたパフォーマンスを見せた久保だが、ジダン監督とクラブは焦らずにじっくり育てていく方針のようだ。

 ただ、EU圏外選手が3人までとなるリーガ・エスパニョーラと違い、コパ・デル・レイはEU圏外選手の制限がない。リーガでロドリゴが優先的に起用された場合、久保はカップ戦でのトップチーム出場が有力と見られている。

写真
no title


8/7(水) 8:04 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-43470208-gekisaka-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索