Samurai Goal

EL敗退


スポンサード リンク





オーバメヤン、EL敗退でアーセナル退団が濃厚に…バルサ、インテルが関心 

20200301-01041674-soccerk-000-1-view




1: 2020/03/01(日) 21:43:33.79
 アーセナルに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが、今シーズン限りでクラブを離れるかもしれない。イギリスメディア『エクスプレス』が3月1日に報じている。

 オーバメヤンとアーセナルの現行契約は2021年6月で満了となるが、現時点で新契約は締結されていない。アーセナルとしては今季のプレミアリーグで25試合に出場し17ゴールを挙げている同選手の慰留に動きたいが、高額な年俸がネックとなっている模様だ。オーバメヤン自身もチャンピオンズリーグ(CL)出場を希望していることから、今季クラブが同大会の出場権を獲得できなければ移籍を決断すると報じられている。

 今季のプレミアリーグで暫定10位(第27節終了時点)と沈んでいるアーセナルにとって、EL優勝はCL出場権を獲得する絶好の機会だった。しかし、クラブは2月27日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグでオリンピアコスに延長戦の末1-2で敗北。合計スコアを2-2とされ、アウェイゴール差で敗退が決まっていた。来季のCL出場権獲得が厳しくなった今、オーバメヤンの退団が現実味を帯びてきている。

 オーバメヤンの獲得に関心を持っているのがバルセロナとインテルだ。新たなストライカー探しに奮闘しているバルセロナは、安定したCL出場権と同大会での実績を持っていることから、オーバメヤンの獲得に自信を示しているという。一方、インテルに関しては“10番”を背負っているアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスのバルセロナ行きが噂されている。同選手の後釜として、オーバメヤンに注目している模様だ。

 果たして、“ガナーズ”のキャプテンを務めているオーバメヤンは今季限りでクラブを去ることとなるのだろうか。今後の動向に注目が集まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-01041674-soccerk-socc

<アーセナル>屈辱のEL敗退で英メディアから非難殺到!「プロとは言えない」「エクスタシーが絶望へ」 

1: 2020/02/29(土) 08:08:55.21
 現地時間2月27日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド・オブ32の第2レグが行なわれ、本拠地エミレーツにオリンピアコスを迎えたアーセナルは、延長戦の末に1-2で敗戦。2戦合計スコアは2-2だったものの、アウェーゴールの差で敗退が決定した。

 ホームサポーターからも怒号が飛び交った。53分にCKからオリンピアコスにゴールを許し、トータルスコアで追いつかれたアーセナルは、113分にエース、ピエール=エメリク・オーバメヤンの鮮やかなバイシクルシュートで勝ち越したものの、試合終了間際の119分にセットプレーの流れから失点……。ショッキングな敗退が決まった。

 まさかの結果に茫然自失といった様子だ。勝ち越しゴールを決めたオーバメヤンは、「とてもショックだ」と絞り出した。

「とても失望しているよ……。試合のペースを掴めなかったから、今日は無駄に消費してしまった。土壇場でのゴールは僕たちにとって不運だった。今は凄く、凄く悪い気分だ。どうしてチャンスを逃してしまったのかは分からない。彼らはとても深い位置でプレーしアタッキングサードで解決策を見つけるのは難しかった。大変だったとしか言えないね」

 アーセナルは優勝候補の一角にも挙げられていただけに、英メディアも驚きを隠せない。英紙『The Sun』は、「ヒーローから涙」と銘打ち、次のように続けた。

「鮮やかなバイシクルシュートを決めたオーバメヤンは、その瞬間、間違いなくヒーローだった。しかし、そのエクスタシーはわずか8分間で絶望へと変わった。試合終了後、エースは手袋で自分の顔を覆い、膝をついて涙を流していたように見えた」

 さらに元アーセナルのマーティン・キーオンは、試合中継を行なっていた『BT Sport』の番組内で、辛辣に古巣をこき下ろした。

「アーセナルがやるべきことはたくさんある。今すぐに再建を始めなければならない。こんな夜は初めてだ。選手たちが監督に応えようとせず、監督にも答えがない。非常に失望しているし、およそプロとは言えないパフォーマンスだった。

 アルテタは良いコーチではあるが、監督としてはどうだろう? 今彼は自分自身に自問自答していることだろう。よくチームを見直したうえで、月曜日のFAカップ(ポーツマス戦)で何か表現してもらいたいね」

 屈辱の敗戦からノースロンドンの雄はいかに立ち上がるのか。若き指揮官ミケル・アルテタの手腕が問われている。

2020年2月28日 15時57分サッカーダイジェスト
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17887527/

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索