Samurai Goal

EL


スポンサード リンク





UEFA-EL GS第4節 5クラブが決勝トーナメント進出!日本人は長谷部、堂安、鎌田、菅原、浅野が出場  

1: Egg ★ 2019/11/08(金) 09:23:32.17 ID:54v22u+C9
写真
no title


ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第4節が6日と7日に各地で行われた。

 グループLのマンチェスター・Uは浅野拓磨が所属するパルチザンとホームで対戦。アントニー・マルシャルやマーカス・ラッシュフォードのゴールで3-0と快勝し、決勝トーナメント行きを確定させた。

 グループAではセビージャがデュドランジュの本拠地に乗り込んだ。ムニル・エル・アダディがハットトリックを達成するなど敵地で5得点を奪い、大会開幕から無傷の4連勝を記録。決勝トーナメント行きの切符を掴んだ。

 他にも、グループCのバーゼル、グループEのセルティック、グループHのエスパニョールが揃って勝利。今節を終えて、合計5クラブがグループステージ突破を決めている。

 開幕から3連勝と好スタートを切ったアーセナルは、敵地でヴィトーリア・ギマランイスと激突。試合を通して主導権を相手に渡す展開となったものの、81分にシュコドラン・ムスタフィがゴールを決め、かろうじてドローに持ち込んだ。

 日本人選手はPSVの堂安律、フランクフルトの長谷部誠、パルチザンの浅野がスタメン出場。AZの菅原由勢とフランクフルトの鎌田大地は途中出場を果たした。ポルトの中島翔哉はベンチ入りしたものの出場機会は訪れず。ヘントの久保裕也、CSKAモスクワの西村拓真はメンバー外となった。

11/8(金) 8:47配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00996247-soccerk-socc

AZ菅原由勢がEL初得点!…途中出場からPK獲得&今季2点目で完勝に貢献  

20191025-00992076-soccerk-000-4-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/10/25(金) 05:22:17.87 ID:XT+dOrfy9
AZ菅原由勢がEL初得点!…途中出場からPK獲得&今季2点目で完勝に貢献

 AZに所属するU-22日本代表DF菅原由勢が、24日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第3節のアスタナ戦で、今シーズン2点目を決めた。

 ベンチスタートの菅原は71分に右サイドハーフで途中出場した。3点リードの82分には、菅原がフレドリク・ミットシエのクロスに頭で合わせると、相手のハンドを誘ってPKを獲得しガッツポーズ。そして最大の見せ場は85分、ヨナス・スヴェンソンとのワンツーでペナルティエリア右に抜け出すと、フリーで右足を振り抜いてEL初得点を決めた。

 なお、チームはその後1点を追加して、6-0で完勝。ELグループステージ初白星を飾り、1勝2分けでグループL2位に浮上した。

 現在19歳の菅原は、今夏に名古屋グランパスからAZへ期限付き移籍で加入。8月4日に行われたエールディヴィジ開幕戦のフォルトゥナ・シッタート戦に先発出場すると、いきなり移籍後初得点を決めていた。

10/25(金) 4:16配信 SOCCER KING
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-00992076-soccerk-socc

強豪参戦のELグループステージ組み合わせ決定! 8選手の日本人所属クラブの相手は?  

20190830-00010040-goal-000-4-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/30(金) 20:58:09.12 ID:SNqYlFkl9
2019-20シーズンのヨーロッパリーグ(EL)グループステージ組み合わせ抽選会が30日に開催された。

昨シーズンはアーセナルとの同国対決を制したチェルシーの優勝で幕を閉じたEL。今シーズンは、マンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、セビージャ、ローマなどの強豪クラブが参加する。また日本人も、ポルトMF中島翔哉、CSKAモスクワFW西村拓真、PSVのMF堂安律、ヘントFW久保裕也、フランクフルトMF長谷部誠とFW鎌田大地、パルチザンFW浅野拓磨、AZのDF菅原由勢と8選手が参戦する。

グループ分け、注目はグループFで長谷部と鎌田所属のフランクフルトがアーセナルと同居。スタンダール・リエージュ、ヴィトーリア・ギマランエスと決勝トーナメント行きを争う。また、グループLでは菅原所属のAZと浅野所属のパルチザンがマンチェスター・Uと同組となっている。

ELグループステージ第1節は、9月19日に開催。決勝は、来年5月27日にポーランドのスタディオン・エネルガ・グダニスクで行われる。

ELグループステージの組み合わせは以下のとおり。

【グループA】
セビージャ(スペイン)
アポエル(キプロス)
カラバフ(アゼルバイジャン)
デュドランジュ(ルクセンブルク)

【グループB】
ディナモ・キエフ(ウクライナ)
コペンハーゲン(デンマーク)
マルメ(スウェーデン)
ルガーノ(スイス)

【グループC】
バーゼル(スイス)
クラスノダール(ロシア)
ヘタフェ(スペイン)
トラブゾンシュポル(トルコ)

【グループD】
スポルティング・リスボン(ポルトガル)
PSV(オランダ)
ローゼンボリ(ノルウェー)
LASKリンツ(オーストリア)

【グループE】
ラツィオ(イタリア)
セルティック(スコットランド)
レンヌ(フランス)
CFRクルージュ(ルーマニア)

【グループF】
アーセナル(イングランド)
フランクフルト(ドイツ)
スタンダール・リエージュ(ベルギー)
ヴィトーリア・ギマランエス(ポルトガル)

【グループG】
ポルト(ポルトガル)
ヤングボーイズ(スイス)
フェイエノールト(オランダ)
レンジャーズ(スコットランド)

【グループH】
CSKAモスクワ(ロシア)
ルドゴレツ(ブルガリア)
エスパニョール(スペイン)
フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)

【グループI】
ヴォルフスブルク(ドイツ)
ヘント(ベルギー)
サンテティエンヌ(フランス)
オレクサンドリア(ウクライナ)

【グループJ】
ローマ(イタリア)
ボルシアMG(ドイツ)
イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)
ヴォルフスベルク(オーストリア)

【グループK】
ベシクタシュ(トルコ)
ブラガ(ポルトガル)
ウォルヴァーハンプトン(イングランド)
スロバン・ブラチスラバ(スロバキア)

【グループL】
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
アスタナ(カザフスタン)
パルチザン(セルビア)
AZ(オランダ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00010040-goal-socc

ELラウンド16の組み合わせ決定! 長谷部フランクフルトと南野ザルツブルクがセリエAの強豪と激突  

a50c6d9e0ba23410267bf2e80ba07d3a
1: 豆次郎 ★ 2019/02/22(金) 21:24:09.10 ID:mFVIRtud9
2/22(金) 21:21配信
ELラウンド16の組み合わせ決定! 長谷部フランクフルトと南野ザルツブルクがセリエAの強豪と激突

2018-19シーズンのヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の組み合わせ抽選会が22日にスイスで開催され、8カードが決定した。


21日にラウンド32が終了し、アーセナルやチェルシー、ナポリ、インテル、セビージャ、バレンシアといった強豪のほか、長谷部誠が所属するフランクフルトと南野拓実が所属するザルツブルクが16強入りを決めた。

注目のラウンド16抽選会、優勝候補筆頭のチェルシーはディナモ・キエフと激突。アーセナルはレンヌと8強を争う。また、長谷部が主力を務めるフランクフルトは、イタリアの強豪であるインテルと対戦。南野が在籍するザルツブルクは、同じくセリエAで2位につけるナポリと相まみえる。日本人2選手の所属クラブがいずれも強敵と戦うことになった。

ラウンド16のファーストレグは3月7日、セカンドレグは14日に開催。なお、決勝は5月29日にアゼルバイジャン・バクーのバクー・オリンピックスタジアムで開催される

【ELラウンド16組み合わせ】
チェルシー(イングランド)vsディナモ・キエフ(ウクライナ)
フランクフルト(ドイツ)vsインテル(イタリア)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア)vsベンフィカ(ポルトガル)
ナポリ(イタリア)vsザルツブルク(オーストリア)
バレンシア(スペイン)vsFCクラスノダール(ロシア)
セビージャ(スペイン)vsスラビア・プラハ(チェコ)
アーセナル(イングランド)vsレンヌ(フランス)
ゼニト(ロシア)vsビジャレアル(スペイン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00010028-goal-socc

UEFA-EL ベスト32 1st 日本人所属クラブは苦戦…強豪が軒並み勝利するなか、アーセナルはまさかの敗戦  

20190214-00010009-goal-000-2-view




1: 久太郎 ★ 2019/02/15(金) 10:37:15.16 ID:poITXmMv9
2月14日(現地時間)、ヨーロッパリーグ(EL)のラウンド・オブ32の第1レグが行なわれ、欧州各国で16の熱戦が展開された。
 
 ついに幕を開けたノックアウトステージ。グループステージを勝ち抜いた24チーム(各グループの上位2チーム)に加え、チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループ3位8チームを加えた32チームが5月29日(決勝)まで続くトーナメントで頂点を争う。
 
 まず日本人選手だが、今回、参戦しているのは、フランクフルトの長谷部誠、レッドブル・ザルツブルクの南野拓実、CLから移行したガラタサライの長友佑都、そして今冬にヘンクに加入した伊東純也の4人。今月2日に入団が発表された伊東は、先週末の国内リーグに続いてベンチ外となり、欧州デビューはお預けとなっている。
 
 先発出場は長谷部と長友。前者は3バックの中央で守備を統率し、チームは7分にFKからヒンターエッガーのヘッド弾で先制したが、3分後にPKでシャフタール・ドネツクの同点を許す。その1分後、ステパネンコが2度目の警告を受けて退場となり、フランクフルトは数的優位を得た。
 
 ホームチームを押し込み続け、50分にはヨビッチのクロスをコスティッチがダイレクトで押し込んで勝ち越しに成功したフランクフルトだったが、ここからシャフタールの反撃を許し、67分にパスワークで守備を破られ、タイソンの同点ゴールを喫する。この時、長谷部はJ・モラエスに寄せたものの、ラストパスを止めることはできなかった。
 
 一方、長友も定位置の左SBとして攻守に躍動したが、ガラタサライは27分にPKでベンフィカに先制される。54分、長友のクロスからリュインダマがヘディングシュートを決めて追いつくも、64分にセフェロビッチに抜け出されて勝ち越され、先勝を許した。長友は先週末のリーグ戦に続いてのアシストを決めたが、チームは厳しい状況に追い込まれた。
 
 最後に南野は、ザルツブルクの今年最初の公式戦に85分から出場。17分に先制するも、81分にクラブ・ブルージュに逆転を許したチームを救うべく積極的な動きを見せたものの、同点ゴールが生まれることなく、アウェーマッチは敗戦に終わった。
 
 続いてその他の試合では、インテル、チェルシー、ナポリ、バレンシア、ビジャレアルといった強豪国のクラブは軒並み勝利を飾ったが、そのなかで唯一、格下相手の試合を落としたのがアーセナルだった。
 
 BATEボリソフ(ベラルーシ)とは昨シーズンもELで対戦し、その時は2戦とも勝利を挙げたアーセナルだが、今回は敵地でフラストレーションの溜まる90分間を過ごすことになった。
 
 前半終了間際にセットプレーからドラグンの先制ヘッドを浴び、後半は攻めながらもカウンターの脅威にさらされ、85分にラカゼットがマーカーに手を出して一発退場……まさに敵の術中に嵌ってしまった。
 
 最後に、今ラウンドで強豪同士の対戦となったのはラツィオ対セビージャ戦だが、ローマ・オリンピコでの一戦は、22分に速攻からサラビアのクロスをベン・ヤーデルが押し込んでアウェーチームが先制。セビージャはボールポゼッションでは下回るも、ラツィオの倍の14本のシュートを放ちながら、リードを守り切った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00054156-sdigestw-socc

ラピッド・ウィーン 0-1 インテル
スラヴィア・プラハ 0-0 ヘンク
FKクラスノダール 0-0 レバークーゼン
レンヌ 3-3 ベティス
オリンピアコス 2-2 ディナモ・キエフ
ラツィオ 0-1 セビージャ
BATEボリソフ 1-0 アーセナル
ガラタサライ 1-2 ベンフィカ
ヴィクトリア・プルゼン 2-1 ディナモ・ザグレブ
クラブ・ブルージュ 2-1 ザルツブルク
FCチューリヒ 1-3 ナポリ
マルメFF 1-2 チェルシー
シャフタール・ドネツク 2-2 フランクフルト
セルティック 0-2 バレンシア
スポルティングCP 0-1 ビジャレアル

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00309531-footballc-socc

ELでもフル稼働! フランクフルト長谷部誠は驚異のパス成功率94.5%を記録 

20190215-28797138-gekisaka-000-2-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索