Samurai Goal

DCユナイテッド


スポンサード リンク





【動画】ルーニーのスーパープレーがMLSで炸裂!話題騒然に!! 

wayne-rooney-dc-united_bgjql7ifosr91j69pnvzzvhu2
1 2018/08/13(月) 18:03:45.40 _USER9
12日に行われたメジャーリーグ・サッカー(MLS)のレギュラーシーズンでDCユナイテッドとオーランド・シティが対戦し、3-2でDCユナイテッドが勝利した。同試合で見せた元イングランド代表FWウェイン・ルーニーのプレーが話題となっている。

同試合にスタメン出場したルーニーは、2-2で迎えた後半アディショナルタイムに驚愕のプレーを見せる。DCユナイテッドはコーナーキックのチャンスを得ると、GKデイヴィッド・オーステッドまでもが前線に上がり、逆転ゴールを狙う。しかし、ボールは相手DFにクリアされ、一転してDCユナイテッドはピンチに。クリアされたボールはオーランド・シティの選手が先に触り、無人のゴールにシュートするかに思われた。しかし、全速力で自陣に戻ったルーニーが正確なスライディングタックルでシュートを阻止し、ボールを奪取。チームのピンチを救った。

 そして、奪ったボールをそのまま持ち運んだルーニーは右足で正確なクロスを供給。このボールをルチアーノ・アコスタが頭で沈め、後半アディショナルタイムにDCユナイテッドは逆転に成功した。

 このプレーは各メディアで称賛の嵐に。MLSの公式サイトは「ルーニーがDCユナイテッドに劇的な勝利をもたらす」と報じ、イギリスメディア『スカイスポーツ』も「ルーニーのアメイジングなアシストが飛び出す」と紹介している。
https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20180813/811424.html

ルーニー“最終交渉”でアメリカ入り!!移籍金は18億超か? 

small
1   2018/05/24(木) 14:27:24.89 _USER9
エヴァートンに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッド移籍に向けた最終交渉に臨むようだ。同選手は23日にアメリカへ到着したという。イギリスメディア『スカイスポーツ』が同日付で報じた。

 報道によると、ルーニーはワシントンに到着したとのことで、DCユナイテッドの幹部と会談の場を設けるという。同クラブの本拠地であるアウディ・フィールドも訪れる予定となっているようだ。

 ルーニーは移籍に向けた最終交渉を行うとともに、メディカルチェックも受ける見通しとなっている模様。移籍金に関する合意にはまだ至っていないようだが、同選手の48時間に渡るアメリカ滞在中に交渉が成立する可能性が高いと報じている。

 今月10日付のイギリスメディア『BBC』は、ルーニーがDCユナイテッドへ移籍することで原則的合意に達し、移籍金1250万ポンド(約18億5000万円)でアメリカへ新天地を求めると報じていた。

 ルーニーは現在32歳。下部組織からエヴァートンでプレーし、2004年夏にマンチェスター・Uへ移籍した。そして昨年夏にエヴァートンへ復帰。今シーズンはプレミアリーグ全38試合中31試合に出場し、チームトップの10得点を挙げた。契約は来年夏まで残っているものの、チームでの役割に不満を抱いているとも報じられ、移籍が有力視されていた。

 国内でのプレーを続けてきたルーニーのMLS移籍決定が迫っている。新たなチャレンジに注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00763421-soccerk-socc

【驚嘆】“ルーニー移籍”アメリカへ18.5億円で移籍!!チームはDCユナイテッド 

20180510_wayne-rooney6744
1   2018/05/11(金) 00:26:05.13 _USER9
エバートンFWルーニーがMLS移籍へ D.C.ユナイテッドと移籍金18.5億円で大筋合意
5/10(木) 22:31配信 Football ZONE web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180510-00103116-soccermzw-socc

■今季古巣エバートンへ13年ぶりに復帰するも、わずか1年で再びチームを離れることに

エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、米MLS(メジャーリーグサッカー)のD.C.ユナイテッド移籍で大筋合意に達したことが分かった。
英公共放送「BBC」によれば、移籍金は1250万ポンド(約18億5000万円)とされている。

イングランド代表とマンチェスター・ユナイテッドで歴代最多得点記録を持つルーニーは、今季エバートンへ13年ぶりに復帰。プロデビューを果たした古巣で再スタートを切っていた。

しかし、わずか1年で再びグディソン・パーク(エバートンの本拠地)に別れを告げることになりそうだ。
ルーニーの代理人はすでにアメリカで交渉を行っており、ついに大筋で合意に達したと報じられている。ルーニーも移籍の意志を固めているようだ。

ルーニーは2020年までの契約でオファーを受けているという。サッカー界のスターがまた一人、アメリカに活躍の場を移すことになりそうだ。



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索