Samurai Goal

DAZN


スポンサード リンク





異例の「減額更改」、JリーグとDAZNの窮状 

dazn-20180104-rs




1: 2020/12/22(火) 08:37:40.34 _USER9
8月、Jリーグはインターネット動画配信「DAZN(ダ・ゾーン)」との、2017年から結ぶ国内最大級の放映権契約の2年間延長を発表した。
10年総額2100億円が総額2239億円に。表面上、合計の数字は増えるが、今後の年間平均額は30億円以上減る。

異例の「減額更改」の裏にはJリーグとDAZN双方の窮状があった。

新型コロナウイルスの影響で世界中のプロスポーツが中断した影響もあるものの、DAZNの苦戦が透けて見える。

加入者数は非公表だが、インターネット行動分析サービスを提供するヴァリューズ(東京都港区)によると、昨年のウェブ版の月間利用者数は平均125万人。
今年3~5月はさらに半分に減ったという。赤字計上が続く中、目標とする22年度の黒字転換は厳しい状況だ。

DAZNは加入者からの原則1750円の月会費で放映権料を賄うが、Jリーグへの投資を回収できるレベルには程遠い。
関係者によると「契約延長前に日本事業の一部売却が議論された」という。

海外では放映権契約の一部打ち切りが相次ぎ、3月には従業員2600人を一時帰休。

関係者はJリーグへの巨額投資が重荷になっていると指摘する。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020122200221&g=spo

【サッカー】欧州CL配信されず ダゾーンが日本での放映権を手放す ★3
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1603349683/

DAZNのCL放映権放棄は大迷惑。四半世紀前に戻った日本のサッカー視聴環境 

cl-595x334




1: 2020/10/30(金) 08:00:34.73 _USER9
2020年10月28日 9時17分

 チャンピオンズリーグ(CL)は、2018-19シーズンからDAZNが日本での放映権を保持していた。それまでスカパーが持っていたものを奪取した格好だった。「CLの放映権を獲得しました!」と、DAZNはその時、はしゃぐように宣伝した。

(中略)

 だが今回は、これまでとは比較にならないほど迷惑な話に発展している。DAZNは次なる通信事業体に放映権を奪われたわけではない。単純に放棄した格好だ。日本で視聴できるのはUEFAの公式動画無料配信サービス=UEFA.tvのみ。視聴は毎節16試合中4試合(各日2試合)に限られる。しかもUEFA側が独自にセレクトした4試合だ。こちらの希望は通らない。無料サービスなので当然といえば当然だが、視聴環境は過去最低レベルを示している。

 WOWOWの前にCLの放映権を持っていたのはスポーツアイESPNで、生中継はなかったと記憶するが、トータルな視聴環境では、UEFA.tvで2試合しか見られない現在より、上々だった。いまは、四半世紀以上前に逆戻りした状態にある。

 事件と言わずして何と言おう。サッカー協会に文句を言っても、埒が明かないまさに解決不能な話であることも、問題を大きくしている。

 サッカー界におけるCLのステイタスは、W杯の次に位置するビッグイベントだ。4年に1度のW杯に対して、日常的に開催されているW杯と言う位置づけになる。出場選手のレベルはW杯と遜色ない。国対国で争われるW杯に出場した選手を、街対街の対抗戦に振り分け直した戦いになる。サッカーそのものの質では、W杯を凌ぐレベルにある。

 いま現在、世界のトップはどのレベルにあるのか。どんなサッカーをしているのか。4年に1度のW杯でベスト8入りを狙おうとしている日本にとっては、CLは文字通り必見のイベントになる。

 CLの放映権を持っている通信事業体は、そうした認識と自覚及び責任感を備えていなくてはならない。キチンと大真面目に伝えるべく、社会的責務を授かったことになる。そうした背景を知れば、身震いはしても「獲ったぞー!」と、はしゃぎたくなる気持ちは抑えられるはずだ。自分たちの都合だけで考えるなと言いたくなる。放映権を失った場合は、その経緯や事情を詳らかにすることが、この世界に生きるものにとっての礼儀ではないのか。

 DAZNは今回、そうした責務を怠った。最後の最後まで、何も発しなかった。「獲ったぞー!」とはしゃぎ人を惹きつけておきながら、放映権を失うと沈黙。契約者への報告義務を怠った。UEFA.tvという特殊な媒体からしか視聴できなくなったにもかかわらず。これでは契約者のみならず、一般的のファンからも信頼を失う。DAZNこそCLの偉大さが分かっていない張本人になる。

 CLが満足に視聴できない日が訪れようとは、驚きである。

 いつかもこの欄で述べたが、日本はCLの視聴者の数が少ない国だ。CLへの関心は他国に比べ、けっして高くない。たとえばアジアでは、東南アジアや中国に大きく劣っている。日本におけるDAZNの加入者は100万に届いていない。その中でサッカーファンは何割いるのか。3割いたとしても30万弱。CLの視聴者に限るとその数はさらに減る。DAZNは確かに最新式の視聴方法かもしれないが、世の中的には圧倒的にマイナーだ。 CLは、知る人ぞ知るコンテンツに過ぎなかったのだ。W杯に次ぐビッグイベントであるにもかかわらず。これではファンの目は肥えない。サッカーのレベルは上がらない。より多くの人に見てもらうための方策について、考えるべき時を迎えていると思っていたら、今季の視聴環境がよりいっそう悪化することになった。この状態はあくまでも一時的であって欲しい。そうでないと日本のサッカーのレベルは停滞あるいは後退する。CLを満足に視聴できない国が、W杯でベスト8に進む可能性は限りなくゼロに近いのだ

全文はソースで

https://news.livedoor.com/article/detail/19128966/

サッカー欧州最高峰の大会の裏で起きていた「DAZN騒動」って何だ! 

cl-595x334




1: 2020/10/27(火) 10:03:46.58 _USER9
2020年10月27日 05:59

 サッカーのヨーロッパナンバーワンクラブを決める欧州チャンピオンズリーグ(CL)が10月20日に開幕した。

 世界最高峰の舞台でリバプール(イングランド)の南野拓実やマルセイユ(フランス)の酒井宏樹ら日本人選手の活躍に注目が集まる中、開幕戦からネット上では「DAZN騒動」が起きていた。サッカーライターがこう説明する。

「前回大会までの3シーズンは、スポーツ専門の定額制動画配信サービスのDAZN(ダゾーン)が独占放映権を獲得し、試合を放送していました。日本のサッカーファンは今年もDAZNで放送されると思っていたところ、試合時間が近づくにつれて放送がないことに気づき、ネット上で、〈CLの放送権ないことアナウンスしてください〉、〈CLが見たくてDAZN入ってる〉、〈解約しようかな〉などユーザーの批判が噴出する騒ぎとなったのです」

 戸惑うユーザーが続出の異常事態にいち早く反応したのは、朝日新聞デジタルだった。21日の夜に「欧州CL配信されず ダゾーンが日本での放映権を手放す」というタイトルの記事を配信すると、

「記事内でDAZN日本法人の広報担当が『現状、日本と東南アジアでCLの権利は保持していません』というコメントを紹介すると、ユーザーの怒りが再び着火。なぜDAZNは公式発表しないのか、誠意を感じない対応に炎上騒ぎになっているのです」(前出・サッカーライター)

 開幕戦から各地で好勝負や番狂わせが起き、結果だけを知らされるDAZNユーザーの怒りはしばらく収まりそうにない。

https://www.asagei.com/excerpt/161359

内田篤人氏、初冠番組がDAZNで配信決定!「少しでも日本サッカーへの恩返しが出来れば」 

スクリーンショット 2020-09-30 21.59.03




1: 2020/09/30(水) 15:24:52.29 _USER9
スポーツ専門定額制動画配信サービス『DAZN』は30日、先月現役を引退した元日本代表DF内田篤人氏の初冠番組「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」を10月1日からレギュラー配信することを発表した。

「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」は海外日本人選手のプレーを内田氏独自の視点で解説する番組。内田氏自らが、海外選手のプレーを選び、解説を加えていくという。


 さらに、内田氏と親交がある現役海外日本人選手とオンラインで退団し、裏話を届ける「Astuto ×(かける)」 も今後配信予定。内田氏は自身の初冠番組を配信するに当たって以下のようにコメントしている。

「この度、DAZNと一緒に番組をやらせて頂くことになりました。生まれて初めての内田の冠番組です!僕が経験してきたことを番組を通して届けることで少しでも日本サッカーへの恩返しが出来れば嬉しく思います。DAZNで今までJリーグを中心に応援頂いていた方々にも海外サッカーに触れて頂き、また違った視点でサッカーを見ることでよりJリーグも楽しむことが出来るのではないかと思っています。かつての仲間たちにもビシバシ言っていきます!将来プロサッカー選手を目指す子供達にも観てもらえる番組にしたいと思っていますので是非親子でも見てください」

 初回配信日は10月1日。以降毎週木曜日に配信予定。内田氏の他には、DAZN実況でおなじみ野村明弘氏が出演。また、サッカー好きで知られる日向坂46の影山優佳氏が特別ゲストとして出演する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3b14aab6230ba545dd31b6c594e0db589ba12a48

DAZN/ラシュトンCEO「日本にフルコミットしています 会員数も年内にパンデミック前まで回復する見込み」 

スクリーンショット 2020-08-26 6.28.42




1: 2020/08/25(火) 23:04:18.64 _USER9
JリーグがDAZNと放映権契約を2年延長、12年総額2239億円 ラシュトンCEO「日本にフルコミット」

Jリーグとスポーツ専門の定額制動画配信サービスであるDAZNは25日に共同記者会見を行い、
2017年から10年間総額約2100億円で締結していた放映権契約を2年間延長し、2028年までの12年総額約2239億円の新契約を締結したと発表した。

Jリーグの村井満チェアマンは、新型コロナウイルスの影響でJリーグの状況も大きく変わり、DAZNとのWin-Winの関係を維持するためにも、リーグ中断決定後から迅速に議論を重ねてきたとコメント。
「これからJリーグはどう回復、成長できるのか、DAZNは日本でどう展開していくのかを議論して合意しました。まさに今日、結実した内容となっています」と話している。

これまでの契約では2017年から3年間の放映権を定額として支払い、以降は年ごとに増額していく契約だったが、傾斜をかける形ではなく、毎年一定額を支払う契約へと変更となる。

10年2100億円から12年2239億円となるため、金額としては減額となる一方、レベニューシェアの新たなルール導入や、期間延長での安定的な金額の支払いとなることで、メリットの創出となる。
DAZN JAPANの中村俊社長は、「Jリーグの価値が下がったと全く考えていませんし、そう考えていれば、契約延長はありませんでした」と話す。

DAZNグループのジェームズ・ラシュトンCEOは「新型コロナウイルスのパンデミックは世界中へ影響をもたらし、すべてのビジネス、特にスポーツビジネスは大きな影響がありました。
その中でDAZNとしては早い段階で施策を講じてきましたし、皆さまのサポートを得て、スタッフ全員が一丸となって様々な取り組みをしてきました。

日本をはじめとした既存のマーケットを大事にしていますし、日本にフルコミットしています。会員数も年内にパンデミック前まで回復する見込みです。
日本市場を信じていますし、ビジネスの発展を力強く信じています」と感謝とともに、日本マーケットへの信頼を示している。

会員数の面においては、年内に回復する見込みと話しているが、中村社長は中断期間中におけるユーザーへの感謝も述べ、「今回の状況の中でわかったことが、
ユーザーはDAZNがJリーグと一緒に日本サッカーを盛り上げるためにこういった契約をしていると、よくご存じいただいているということです。

『Jリーグ頑張れ』『DAZN頑張れ』と応援をしていただき、スポーツ界にとって難しい時期でしたが、思ったほどの影響がなかった結果につながったと思います」と、
海外との比較はできないとしつつ、日本マーケットの特殊性についても言及している。

8/25(火) 21:01配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/739bcf730a0d4b8f79e46a94260183a2736fc1ed

Jリーグ、DAZNと2年間の契約延長 12年総額2239億円 

dazn-sport-streaming




1: 2020/08/25(火) 19:44:09.37 _USER9
Jリーグと動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)」は25日、オンラインでの共同記者会見を行った。

17年から締結していた10年間で最大約2100億円の契約を延長し、12年総額2239億円の新たな契約を締結したと発表した。

ソース/デイリー
https://www.daily.co.jp/soccer/2020/08/25/0013634623.shtml

DAZN、日本人選手が多数所属する注目の欧州リーグ ベルギーリーグ2020-21シーズン 独占配信決定! 

daznlogo_t1nw2gaizt9e1w5m85qy7p700




1: 2020/08/05(水) 14:51:55.56 _USER9
スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、日本時間8月8日(土)に開幕するジュピラー・プロ・リーグ(以下、ベルギーリーグ)2020-21シーズンの独占放映権を獲得したことをお知らせします。

新型コロナウイルスの影響を受け日程が大幅に変更された欧州サッカーですが、ベルギーリーグの新シーズンが一足早く開幕します。近年のベルギーリーグには多くの日本人選手も参戦して
おり、注目度は高まっています。中でもシント=トロイデンは、シュミット・ダニエル選手、鈴木優磨選手、伊藤達哉選手、松原后選手、中村敬斗選手と、今後の活躍が期待される若手日本人選
手を多く擁しています。加えて、昨シーズン3位と躍進を遂げたクラブを牽引した森岡亮太選手(シャルルロワ)や、日本代表選出経験もあり今季さらなる飛躍を誓う伊東純也選手(ヘンク)、昨年
のコパ・アメリカで2ゴールを挙げた三好康児選手(アントワープ)もプレーしており、サッカーファンにとって目が離せないリーグとなります。

DAZNではプレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグアンなど豊富な欧州サッカーコンテンツを配信しています。南野拓実選手(リヴァプール)、久保建英選手(マジョルカ)、酒井宏樹選手(マル
セイユ)、冨安健洋選手(ボローニャ)など各国リーグで活躍する日本人選手の試合、さらに若手選手を多く擁するシント=トロイデンのベルギーリーグも加わり、海外で活躍するたくさんの注目日
本人選手が観られる充実した欧州サッカーライナップを引き続きDAZNでお楽しみください。


DAZN:
https://media.dazn.com/ja/press-releases-ja/2020/08/05-3/

【詳報】DAZNが欧州CL配信撤退報道を否定 今季は予定通り 

cl-595x334




1: 2020/07/31(金) 10:46:57.37 _USER9
スポーツ動画配信大手「DAZN(ダゾーン)」の日本法人は31日、今季のサッカー・欧州チャンピオンズリーグ(CL)を予定通り配信すると、公式ツイッターで発表した。

 米メディアが27日、ダゾーンがアジア地域でのCL配信からの撤退を申し入れたと報じていた。ダゾーンジャパンのサービスやツイッターからCLのコンテンツが見られない状態になっており、ネット上のサッカーファンから困惑の声が広がっていた。

 ダゾーンは31日午前10時に公式ツイッターを更新。「配信予定のお知らせ」と題し、「2019―20シーズンのUEFAチャンピオンズリーグおよびUEFAヨーロッパリーグを決勝まで予定通り配信いたします」とコメントを出し、報道を打ち消した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5195994f5fef578315d598dd6356be3e64b94d37

【朗報】DAZN、予定通りサッカーCLを放送!!!! 

cl-595x334




1: 2020/07/31(金) 10:51:44.03
【配信予定のお知らせ】
DAZNは、2019-20シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ及びUEFAヨーロッパリーグを、決勝まで予定通り配信いたします。

配信スケジュールは随時番組表にアップデートされます。
お待たせしており申し訳ございません。
https://twitter.com/DAZN_JP_Help/status/1289002912958394368?s=19
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

DAZNが欧州サッカー連盟に契約解除を求めたか 日本でCLが視聴不可能に? 

cl-595x334




1: 2020/07/28(火) 17:50:22.27 _USER9
米ブルームバーグ通信は28日、スポーツ・ストリーミングサービスの「DAZN」がアジア地域でのサッカー・チャンピオンズリーグ(CL)の放映権契約を早期解除することを求めていると伝えている。

世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、大会日程が大きく変更されることが理由とのこと。ブルームバーグによると、DAZN側から大会を主催する欧州サッカー連盟(UEFA)に対し契約を終了することを伝えたという。

同日、SNS上でも日本のサッカーファンがこの件を話題に。DAZN公式サイトの配信コンテンツ一覧に「チャンピオンズリーグ」が見られなくなったり、DAZNのYouTubeチャンネルにアップされていたCLのハイライト映像が非公開になったりしていることを指摘する声が上がっている。


スポーツチャンネルのDAZNと同じDAZNグループに属するサッカーメディア「Goal.com」の紹介ページからも、配信コンテンツのチャンピオンズリーグの項目が削除されている。

7月28日13時半現在、DAZNからの公式アナウンスはなく、報道内容と映像非公開の間に関連があるかはわかっていない。

DAZNは2017年、チャンピオンズリーグに加え、同じUEFAが主催するヨーロッパリーグ、UEFAスーパーカップの2018年以降3シーズンの独占放映権を獲得している。


https://news.livedoor.com/topics/detail/18642984/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索