Samurai Goal

DAZN


スポンサード リンク





DAZN/ラシュトンCEO「日本にフルコミットしています 会員数も年内にパンデミック前まで回復する見込み」 

スクリーンショット 2020-08-26 6.28.42




1: 2020/08/25(火) 23:04:18.64 _USER9
JリーグがDAZNと放映権契約を2年延長、12年総額2239億円 ラシュトンCEO「日本にフルコミット」

Jリーグとスポーツ専門の定額制動画配信サービスであるDAZNは25日に共同記者会見を行い、
2017年から10年間総額約2100億円で締結していた放映権契約を2年間延長し、2028年までの12年総額約2239億円の新契約を締結したと発表した。

Jリーグの村井満チェアマンは、新型コロナウイルスの影響でJリーグの状況も大きく変わり、DAZNとのWin-Winの関係を維持するためにも、リーグ中断決定後から迅速に議論を重ねてきたとコメント。
「これからJリーグはどう回復、成長できるのか、DAZNは日本でどう展開していくのかを議論して合意しました。まさに今日、結実した内容となっています」と話している。

これまでの契約では2017年から3年間の放映権を定額として支払い、以降は年ごとに増額していく契約だったが、傾斜をかける形ではなく、毎年一定額を支払う契約へと変更となる。

10年2100億円から12年2239億円となるため、金額としては減額となる一方、レベニューシェアの新たなルール導入や、期間延長での安定的な金額の支払いとなることで、メリットの創出となる。
DAZN JAPANの中村俊社長は、「Jリーグの価値が下がったと全く考えていませんし、そう考えていれば、契約延長はありませんでした」と話す。

DAZNグループのジェームズ・ラシュトンCEOは「新型コロナウイルスのパンデミックは世界中へ影響をもたらし、すべてのビジネス、特にスポーツビジネスは大きな影響がありました。
その中でDAZNとしては早い段階で施策を講じてきましたし、皆さまのサポートを得て、スタッフ全員が一丸となって様々な取り組みをしてきました。

日本をはじめとした既存のマーケットを大事にしていますし、日本にフルコミットしています。会員数も年内にパンデミック前まで回復する見込みです。
日本市場を信じていますし、ビジネスの発展を力強く信じています」と感謝とともに、日本マーケットへの信頼を示している。

会員数の面においては、年内に回復する見込みと話しているが、中村社長は中断期間中におけるユーザーへの感謝も述べ、「今回の状況の中でわかったことが、
ユーザーはDAZNがJリーグと一緒に日本サッカーを盛り上げるためにこういった契約をしていると、よくご存じいただいているということです。

『Jリーグ頑張れ』『DAZN頑張れ』と応援をしていただき、スポーツ界にとって難しい時期でしたが、思ったほどの影響がなかった結果につながったと思います」と、
海外との比較はできないとしつつ、日本マーケットの特殊性についても言及している。

8/25(火) 21:01配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/739bcf730a0d4b8f79e46a94260183a2736fc1ed

Jリーグ、DAZNと2年間の契約延長 12年総額2239億円 

dazn-sport-streaming




1: 2020/08/25(火) 19:44:09.37 _USER9
Jリーグと動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)」は25日、オンラインでの共同記者会見を行った。

17年から締結していた10年間で最大約2100億円の契約を延長し、12年総額2239億円の新たな契約を締結したと発表した。

ソース/デイリー
https://www.daily.co.jp/soccer/2020/08/25/0013634623.shtml

DAZN、日本人選手が多数所属する注目の欧州リーグ ベルギーリーグ2020-21シーズン 独占配信決定! 

daznlogo_t1nw2gaizt9e1w5m85qy7p700




1: 2020/08/05(水) 14:51:55.56 _USER9
スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、日本時間8月8日(土)に開幕するジュピラー・プロ・リーグ(以下、ベルギーリーグ)2020-21シーズンの独占放映権を獲得したことをお知らせします。

新型コロナウイルスの影響を受け日程が大幅に変更された欧州サッカーですが、ベルギーリーグの新シーズンが一足早く開幕します。近年のベルギーリーグには多くの日本人選手も参戦して
おり、注目度は高まっています。中でもシント=トロイデンは、シュミット・ダニエル選手、鈴木優磨選手、伊藤達哉選手、松原后選手、中村敬斗選手と、今後の活躍が期待される若手日本人選
手を多く擁しています。加えて、昨シーズン3位と躍進を遂げたクラブを牽引した森岡亮太選手(シャルルロワ)や、日本代表選出経験もあり今季さらなる飛躍を誓う伊東純也選手(ヘンク)、昨年
のコパ・アメリカで2ゴールを挙げた三好康児選手(アントワープ)もプレーしており、サッカーファンにとって目が離せないリーグとなります。

DAZNではプレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグアンなど豊富な欧州サッカーコンテンツを配信しています。南野拓実選手(リヴァプール)、久保建英選手(マジョルカ)、酒井宏樹選手(マル
セイユ)、冨安健洋選手(ボローニャ)など各国リーグで活躍する日本人選手の試合、さらに若手選手を多く擁するシント=トロイデンのベルギーリーグも加わり、海外で活躍するたくさんの注目日
本人選手が観られる充実した欧州サッカーライナップを引き続きDAZNでお楽しみください。


DAZN:
https://media.dazn.com/ja/press-releases-ja/2020/08/05-3/

【詳報】DAZNが欧州CL配信撤退報道を否定 今季は予定通り 

cl-595x334




1: 2020/07/31(金) 10:46:57.37 _USER9
スポーツ動画配信大手「DAZN(ダゾーン)」の日本法人は31日、今季のサッカー・欧州チャンピオンズリーグ(CL)を予定通り配信すると、公式ツイッターで発表した。

 米メディアが27日、ダゾーンがアジア地域でのCL配信からの撤退を申し入れたと報じていた。ダゾーンジャパンのサービスやツイッターからCLのコンテンツが見られない状態になっており、ネット上のサッカーファンから困惑の声が広がっていた。

 ダゾーンは31日午前10時に公式ツイッターを更新。「配信予定のお知らせ」と題し、「2019―20シーズンのUEFAチャンピオンズリーグおよびUEFAヨーロッパリーグを決勝まで予定通り配信いたします」とコメントを出し、報道を打ち消した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5195994f5fef578315d598dd6356be3e64b94d37

【朗報】DAZN、予定通りサッカーCLを放送!!!! 

cl-595x334




1: 2020/07/31(金) 10:51:44.03
【配信予定のお知らせ】
DAZNは、2019-20シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ及びUEFAヨーロッパリーグを、決勝まで予定通り配信いたします。

配信スケジュールは随時番組表にアップデートされます。
お待たせしており申し訳ございません。
https://twitter.com/DAZN_JP_Help/status/1289002912958394368?s=19
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

DAZNが欧州サッカー連盟に契約解除を求めたか 日本でCLが視聴不可能に? 

cl-595x334




1: 2020/07/28(火) 17:50:22.27 _USER9
米ブルームバーグ通信は28日、スポーツ・ストリーミングサービスの「DAZN」がアジア地域でのサッカー・チャンピオンズリーグ(CL)の放映権契約を早期解除することを求めていると伝えている。

世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、大会日程が大きく変更されることが理由とのこと。ブルームバーグによると、DAZN側から大会を主催する欧州サッカー連盟(UEFA)に対し契約を終了することを伝えたという。

同日、SNS上でも日本のサッカーファンがこの件を話題に。DAZN公式サイトの配信コンテンツ一覧に「チャンピオンズリーグ」が見られなくなったり、DAZNのYouTubeチャンネルにアップされていたCLのハイライト映像が非公開になったりしていることを指摘する声が上がっている。


スポーツチャンネルのDAZNと同じDAZNグループに属するサッカーメディア「Goal.com」の紹介ページからも、配信コンテンツのチャンピオンズリーグの項目が削除されている。

7月28日13時半現在、DAZNからの公式アナウンスはなく、報道内容と映像非公開の間に関連があるかはわかっていない。

DAZNは2017年、チャンピオンズリーグに加え、同じUEFAが主催するヨーロッパリーグ、UEFAスーパーカップの2018年以降3シーズンの独占放映権を獲得している。


https://news.livedoor.com/topics/detail/18642984/

【速報】DAZNがサッカーUEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグのアジア放映権を放棄か? 

cl-595x334




1: 2020/07/28(火) 16:07:04.89 0
独占じゃなかった?
日本では見れなくなる?

DAZN、アジアでのCL放映権を契約解除か すでに日本でも映像非公開に?
https://blogos.com/article/474273/

https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=DAZN+cl+el

<DAZN>「スポナビ」と連携! 川崎フロンターレvs鹿島アントラーズの一戦が「スポナビ」で無料配信! 

20200703-00377190-usoccer-000-1-view




1: 2020/07/03(金) 19:10:26.71
スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、スポーツナビ株式会社が運営するスポーツ総合サイト「スポーツナビ」と連携し、7月4日(土)に行われる川崎フロンターレvs鹿島アントラーズの一戦を無料配信することを発表した。

また、DAZNとパートナーメディアがJリーグを盛り上げるために立ち上げた「DAZN Jリーグ推進委員会」では、各メディアが総力をあげてJリーグ全56クラブに取材を実施し、「THIS IS MY CLUB -FOR RESTART WITH LOVE-」と題して「スポーツナビ」上で特設ページを公開している。

先週末の明治安田生命J2再開、明治安田生命J3開幕に続き、明日にはついに明治安田生命J1リーグも再開。スポーツがある日常がようやく戻りつつある中、この興奮をより多くのサッカーファン、そしてスポーツファンと分かち合うため、DAZNは「スポーツナビ」と連携し、7月4日(土)に開催される川崎フロンターレvs鹿島アントラーズの試合を「スポーツナビ」上にて無料配信する。再開節以降もJリーグの魅力をより多くの人に届けるべく、定期的に無料配信を行う予定です。

また、“Jリーグを盛り上げる"というビジョンのもとDAZNとパートナーメディアが昨年立ち上げた「DAZN Jリーグ推進委員会」では、各メディアがクラブのスタッフや選手総勢100人に取材を実施し、全56クラブの魅力に迫ります。DAZNと「スポーツナビ」はJリーグの魅力を共に伝えていくパートナーとして、このインタビュー企画を「THIS IS MY CLUB -FOR RESTART WITH LOVE-」と称し「スポーツナビ」上の特別ページでお届け。超ワールドサッカーも4クラブの選手、関係者へインタビューを実施している。

7/3(金) 18:50
https://news.yahoo.co.jp/articles/b4f1d163139976cf4ee706cbe2e7b46e7a1df93b

Jリーグ全クラブが一安心、DAZN放映権料減額なし…村井チェアマン「大変いい状況」 

20200511-43480191-gekisaka-000-1-view




1: 2020/05/12(火) 07:43:45.58
Jリーグの村井満チェアマン(60)が11日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断したリーグ戦で、放映権契約を結ぶDAZN(ダゾーン)社から中断による減額がないことを明らかにした。クラブの代表者が集まる実行委員会後にオンライン会見し、「契約の見直しや減額の話には至っておりません」と明言した。DAZN社と交わした10年2100億円の契約は、クラブ強化を目的とした配分金の原資。中断による最大の懸念が払拭される。

村井チェアマンが大型の放映権契約を結ぶDAZN社との間で、現状でリーグ戦中断による減額がないことを明らかにした。「良い関係でお話をさせてもらっている。一部で支払いの懸念の声もあったが、ダゾーンさんとは大変いい状況で、そうした契約の見直しや減額の話には至っておりません」。会見の質疑応答終了後、自ら切り出した。

2017年にDAZN社と10年約2100億円の超大型契約を結んだ。Jクラブへ分配される「均等配分金」の原資になる。J1はそれまでの1・8億円から3・5億円、J2は7000万円から1・5億円に増えた。クラブにとって不可欠な資金で、仮に試合数が減って減額されれば配分金への影響も考えられた。J1の上位4チームに分配される「理念強化配分金」にも充てられる。リーグ、クラブの弱体化を招きかねない大きな問題だった。

リーグ戦が中断に入ると、海外では放映権料の減額報道が相次いだ。ただ、日本ではDAZN社はJリーグとともに成長していく考えから4月中旬に基本的には減額なしの方針を決めたという。すべてのサッカー関係者を安堵(あんど)させたのと同時に、DAZN社を意識し、公式戦再開を必要以上に急ぐこともない。より慎重に、より安全な判断を下すことができる。

実行委に先駆けて行われた日本野球機構(NPB)との新型コロナウイルス対策連絡会議では、リーグ再開へ向けた日程が示されることはなかった。新規感染者数は減少傾向にあるが、依然として予断を許さない。村井チェアマンは22日に予定するJリーグの次回実行委で、現在は白紙の再開日程を協議したい考えを明らかにしたものの、コロナの事態収束が進むことが前提条件。「多くの方に支えてもらい、大変感謝している。ダゾーンさんは一緒に価値をつくってきている」と感謝。健康面以外で、中断による最大懸念が払拭されたと言える。

◆DAZN(ダゾーン) 英国のDAZNグループが展開するスポーツコンテンツの定額制動画配信サービス。16年8月10日からオーストリア、ドイツ、スイスでサービスを始め、同年8月23日から日本で展開開始。現在は世界200以上の国・地域で展開。Jリーグとは17~26年までの10年間で約2100億円の大型契約を締結。J1~J3の全リーグ戦が配信されている。

◆均等配分金と理念強化配分金 均等配分金はJリーグに加盟する全クラブに配分。DAZNとの契約締結後、J1は1.8億円から3.5億円、J2は7000万円から1.5億円、J3は1500万円から3000万円と、ほぼ倍額に。理念強化配分金は前年度のJ1の1~4位に配分。使途は強化や普及、若手育成などに限定。1位には3年総額15.5億円、2位には3年総額7億円、3位には2年総額3億5000万円を各年均等に支給。4位は単年1億8000万円。またリーグの賞金は優勝クラブに3億円、2位に1億2000万円、3位に6000万円と設定されており、J1で優勝した場合、2つの配分金と優勝賞金の合計で22億円を手にする。

https://news.yahoo.co.jp/articles/079243cb4a2fac36d4fe74aeaadeaa1a7c99a803
5/12(火) 6:00配信

再開未定もDAZNとの10年2100億円契約に変更なし 村井チェアマン明言 

20200511-43480191-gekisaka-000-1-view




1: 2020/05/11(月) 21:40:25.85
 Jリーグは11日、実行委員会を行い、オンラインでの取材に応じた村井満チェアマン(60)が10年約2100億円の放映権契約を結ぶスポーツチャンネル「DAZN(ダゾーン)」との間で、契約変更などについての要求が出ていないことを明かした。
 
 この日の実行委員会では、具体的な再開日程などについて話し合うことはできなかった。一方で同チェアマンは「多くの皆さまに支えていただいている状況で、大変感謝しています。一部ご懸念の声もあったんですけど、DAZNさんとは大変いい状況で、そうした契約の変更、見直しや減額といったお話には至っておりません」と明言した。試合が行われない中で、DAZN側が契約金の減額を要求すれば、Jリーグから各クラブへの分配金にも影響し、クラブ経営に大きなダメージを与える可能性があった。


報知:
https://hochi.news/articles/20200511-OHT1T50143.html



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索