Samurai Goal

CSKAモスクワ


スポンサード リンク





<CSKA西村拓真>ポルティモネンセへ期限付き移籍!GK権田 DF安西とチームメートに..得点源として期待 

1: Egg ★ 2020/01/11(土) 00:49:14.27 ID:GLMnqEaW9
サッカーのロシア1部リーグのCSKAモスクワは10日、FW西村拓真(23)がポルトガル1部のポルティモネンセに期限付き移籍することで合意したと発表した。移籍期間は今季末まで。西村は2018年8月にJ1仙台からCSKAモスクワへ完全移籍。昨季はロシア1部で2得点を挙げ、欧州チャンピオンズリーグでもプレーしたが、今季は出場機会を得られず、今冬の移籍が確実視されていた。

 ポルティモネンセには日本代表GK権田修一(30)、同DF安西幸輝(24)が在籍しており、西村の加入で日本人選手は3人となる。チームはリーグ17位(全18チーム)と低迷しており、西村は新たな得点源として期待されている。

1/10(金) 23:32配信 中日スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00010072-chuspo-socc

写真no title

CSKAモスクワ西村拓真がロシアカップで今季初得点を含む2ゴール!チームは16強進出 

20190926-00010021-goal-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/26(木) 15:32:47.87 ID:IKUPLaDE9
CSKAモスクワのFW西村拓真が、今シーズン初ゴールを記録した。

現地時間25日に行われた19-20ロシアカップのラウンド32で、CSKAモスクワはFCアラニア・ウラジカフカスとアウェーで対戦。この試合で西村拓真は先発出場を果たしている。

開始2分にCSKAはPKで先制すると、アラニアも19分にPKで1点を返し、前半20分で1-1に。

ここから西村の活躍が際立つ。34分、味方のパスに反応して裏に抜けた西村は相手GKの位置を見極めて右足でゴールを決め、CSKAは1-2とリード。西村はこれが今シーズンの公式戦初ゴールとなった。

後半に入り、72分にはゴール前で再び西村が裏に抜け、飛び出してきた相手GKをキックフェイントでかわしてからゴールへと流し込んで1-3に。西村は86分にお役御免でベンチに退いている。

試合は西村2ゴールの活躍もあり1-3で勝利したCSKAモスクワが、ラウンド16へと駒を進めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00010021-goal-socc

西村拓真がロシアから帰国「すべての試合が印象的」 

20190527-05270543-nksports-000-9-view[1]

西村拓真、待望の公式戦初ゴールでCSKAモスクワの完勝に貢献!!  

無題




1: 久太郎 ★ 2019/03/10(日) 00:32:54.26 ID:k7FHbrjW9
「さすがサムライ!」「素晴らしいゴール」西村拓真、待望の公式戦初ゴールでCSKAモスクワの完勝に貢献!!

現地時間3月8日にロシア・リーグ第19節が行なわれ、CSKAモスクワはルピンカザンをホームに迎えた。試合は3-0で勝利。先制点は、昨夏J1ベガルタ仙台から加入した西村拓真が決めた。西村にとっては、ロシアでの公式戦初ゴールとなる。

 長いウインターブレークから開けた前節、CSKAモスクワはアルセナル・トゥラに0-2で完敗。攻撃陣が度重なる決定機を逃し、1点も奪うことができなかった。

 攻撃陣の不振が嘆かれるなか、指揮官のヴィクトル・ゴンチャレンコは翌週のホームでの一戦に、西村を3トップ左に起用。これがピタリとハマった。

 西村はリーグ中断期間中のスペイン合宿で行なわれたテストマッチで、ゴールやアシストを記録するなど、好調を維持していた。この試合ではDFの裏を狙う動き出しと豊富な運動量で前線を活性化。試合開始早々から積極的な攻め上がりを見せ、得点の気配を漂わせた。

 16分、右ウイングバック・マリオ・フェルナンデスからのスルーパスを中央で受けた西村は、DFを引きはがしフリーでシュート。しかしこれはゴール右に切れる。3分後の19分にはFWヒョードル・チャロフのシュートをGKが弾いたボールを右で蹴り込むが、これはゴール左に外れてしまった。

 三度目の正直は24分、左サイド・ゲオルギ・シェンニコフのクロスをフェルナンデスが頭で折り返したボールを、中央のチャロフがスルー。空いたスペースに転がったボールを、走り込んだ西村が冷静に蹴り込み、ゴールネット右隅に突き刺した。

 ロシアに渡ってから、公式戦では初となるゴールを決めた西村は喜びを爆発。仲間からの手荒な祝福を受けた後はベンチのスタッフとハイタッチ。スタジアムには大勢のサポーターの叫ぶ「タクマ!」「ニシムラ!」の声が響き渡った。

 西村のゴールで完全に勢いづいたCSKAは、その後も攻め手を緩めないものの、決定機をものにすることができず、1点リードで折り返した。

 後半もホームチームの攻勢が続く。西村はゴール前で惜しいシュートを放つシーンもあったが、追加点を奪うことはできずに、66分でベンチにさがった。

 CSKAは83分にチャロフ、後半アディショナルタイムにヤカ・ビョルが追加点を決めて3-0とし、ウインターブレイク明け初の勝利をホームで記録した。

 試合後、日本人選手の初ゴールを報告する公式SNSアカウントには、完勝を喜ぶ現地サポーターから「さすがサムライ!賢い!」「タクマ!素晴らしい!」といった称賛の声が多数寄せられた。

 ロシアに渡って半年余り、ようやく待望の初ゴールを記録した西村。CSKAモスクワでの定位置確保へ、大きな一歩を踏み出したと言えるだろう。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=55269

<UEFA-CL>王者レアル・マドリード、CSKAモスクワに2戦連続の完封負け…主力温存でホーム3失点  

isco-alarcon-real-madrid-cska




1: 2018/12/13(木) 05:49:53.21 _USER9
チャンピオンズリーグ・グループステージ第6節が12日に行われ、レアル・マドリードはホームでFW西村拓真が所属するCSKAモスクワに0-3で敗れた。西村はベンチスタートで後半アディショナルタイム4分に途中出場した。

 すでに首位通過が決まっているため主力を温存したレアルは、立ち上がりから主導権を握るが、なかなかチャンスを生かせず。31分にはマルコ・アセンシオがペナルティエリア中央に抜け出しシュートを放ったが、GKに正面でセーブされた。すると逆にCSKAモスクワは37分、カウンターからフョードル・チャロフが左足シュートをゴール左隅に沈めて先制に成功。43分にはマリオ・フェルナンデスがエリア右に抜け出しシュートを放つと、GKに阻まれたこぼれ球をゲオルギ・シュチェンニコフが押し込みリードを広げた。

 2点を追うレアルは46分にギャレス・ベイル、58分にトニ・クロースを投入し反撃を狙うが、引いて守る相手をなかなか崩せず。するとCSKAモスクワは73分、アルノール・シグルドソンがエリア右からシュートをゴール左隅に沈め、決定的な3点目を奪った。レアルはグループステージでCSKAモスクワに0-1と0-3で2試合連続の完封負け。CSKAモスクワは欧州王者から2度の金星を挙げたが、グループ最下位で大会を終えた。

 決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会は17日に行われる。

【スコア】
レアル・マドリード 0-3 CSKAモスクワ

【得点者】
0-1 37分 フョードル・チャロフ(CSKAモスクワ)
0-2 43分 ゲオルギ・シュチェンニコフ(CSKAモスクワ)
0-3 73分 アルノール・シグルドソン(CSKAモスクワ)

【スターティングメンバー】
レアル・マドリード(4-3-3)
クルトワ;オドリオソラ、バジェホ、J・サンチェス、マルセロ(74分 カルバハル);F・バルベルデ、イスコ、M・ジョレンテ(58分 クロース);アセンシオ、ベンゼマ(46分 ベイル)、ヴィニシウス

CSKAモスクワ(5-4-1)
アキンフェエフ;フェルナンデス、ナバブキン、ベコン、マグヌソン、シュチェンニコフ;シグルドソン(90+4分 西村)、オブラヤコフ(89分 クチャエフ)、ビストロヴィッチ、ヴラシッチ;チャロフ(84分 エルナンデス)

12/13(木) 4:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00876295-soccerk-socc

【衝撃】 欧州CL、CSKAがレアル下す…西村出番なし  

46715_ext_04_0




1: 2018/10/03(水) 10:51:57.93 _USER9
サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は2日、各地でグループリーグ第2節が行われ、西村拓真が所属するCSKAモスクワ(ロシア)はホームでレアル・マドリード(スペイン)を1―0で下し、1勝1分けの勝ち点4でG組首位に立った。

西村は出場機会がなかった。

H組のユベントス(イタリア)はヤングボーイズ(スイス)を3―0で下して2連勝。
E組のバイエルン・ミュンヘン(独)はホームでアヤックス(オランダ)と1―1で引き分け、ともに1勝1分けの勝ち点4。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00050049-yom-socc

CSKAモスクワ・西村拓真“Jリーグ”との違いを明かす 

キャプチャ
 CSKAモスクワに加入したFW西村拓真が新天地で意気込みを語っている。『CSKATV』が伝えた。

 8月31日、CSKAモスクワへの完全移籍が発表され、さっそくUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバー入りを果たした西村。

クラブの公式インタビューを受け、英語で「とても幸せです。ここに来て興奮しています」と述べ、その後は日本語で新天地の印象を語った。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-01790951-gekisaka-socc

【朗報】CSKAモスクワ移籍の西村拓真、早速“CL登録メンバー入り” 

Dl6e4fwX4AAlgZL
1 2018/09/04(火) 12:35:49.83 _USER9
CSKAモスクワに移籍したFW西村拓真(21)が、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバー入りを果たした。

 2015年に富山一高からベガルタ仙台に加入した西村は、昨季のルヴァン杯でチームを史上初のベスト4に導き、“若手の登竜門”ニューヒーロー賞を受賞。今季はJ1リーグで24試合に出場し、チーム最多となる11得点を記録した。

 8月31日、CSKAへの完全移籍が発表された西村。まだ、新天地デビューを果たしていないが、クラブ公式サイトによると、GKイゴール・アキンフェエフやMFアラン・ザゴエフらと共にCL登録メンバーを果たした模様。欧州最高峰の舞台に立つ権利を得た。

 CSKAはグループGに所属し、3連覇中のレアル・マドリー(スペイン)、ローマ(イタリア)、ビクトリア・プルゼニ(チェコ)と決勝トーナメント進出をかけて戦う。

9/4(火) 10:27配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-01763471-gekisaka-socc

【動画】CSKAモスクワが公開した西村拓真“歓迎動画”が色々ぶっ飛んでるw 

Dl6e4fwX4AAlgZL
1 2018/09/02(日) 18:39:47.74 _USER9
 J1のベガルタ仙台に所属していたFW西村拓真は、ロシアの強豪CSKAモスクワへ完全移籍することが先月31日に発表された。ロシア『championat.com』は1日付で、CSKAのロマン・ババエフGD(ゼネラルディレクター)が西村について述べたコメントを伝えている。

 仙台でプロキャリアをスタートさせた21歳の西村は順調に成長を遂げ、今季のJ1では現時点で得点ランク4位タイとなる二桁の11ゴールを記録。その活躍を評価され、かつて本田圭佑も所属したロシアの強豪へ移籍することになった。

 ババエフGDは「多くの選手たちを見てきた。タクマは我々にとって興味深い選手だと思えた。貢献してくれると感じられた」とコメント。「我々は別の日本人選手でポジティブな経験をしたこともあった」と本田にも言及している。

「日本のリーグで点取り屋のひとりだった。トップレベルのリーグではないとしても、日本が興味深いプレーをできることはワールドカップでも見せていた。あの国からは面白い選手たちが出てきている」と日本サッカーへの評価を述べた。

 金銭面については、獲得を検討した選手たちの中で「最もリーズナブルな選択肢だった」とも明かしている。起用法の見通しについては「前線の3つのポジションの中のひとつでプレーできるアタッカーだ」と語った。

 昨季リーグ2位のCSKAは、今季は6試合を終えた時点で暫定6位。チャンピオンズリーグ出場権も獲得しており、先日行われた抽選の結果グループステージでレアル・マドリー、ローマ、プルゼニ(チェコ)と対戦することが決まっている。

9/2(日) 17:02配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180902-00287821-footballc-socc

本田圭佑と“同じ夢”を持つ西村拓真!海外移籍はあくまで通過点なのか 

1 2018/09/02(日) 09:19:03.22 _USER9
「そこは譲れなかったので、即決でした」

ロシアのCSKAモスクワへの完全移籍が発表された西村拓真が、9月1日の清水戦後(2-1)にユアテックスタジアム仙台でメディア対応を行なった。
 
 まず西村は今回の移籍に際し、渡邉晋監督などのスタッフ陣、仙台の関係者、そしてサポーターへ感謝の気持ちを述べた。
 
「多くの方々に応援されて、出させてもらって、応援を頂いて、自分は幸せだなと思います。思っていた以上に温かく送ってくれて凄く嬉しかったです」
 
 そして、電撃的に決まったCSKAモスクワへの移籍については、次のように語る。
 
「正直、オファーを頂いた時に、そこまで悩む時間はありませんでした。個人として上に行きたいという気持ちがあったので、チームには迷惑をかけますけど、そこは譲れなかったので、即決でした」
 そのほか海外移籍について「簡単に行くほど甘くない世界」と述べるなど、冷静に話しを進めたが、日本代表についての想いを聞かれると、こんなコメントを残した。
 
「小さい頃からずっと(なりたいと)思っていますし、ワールドカップで4年後に活躍するために、今回の挑戦を決めました。やっぱり高いレベルでやっていくことが代表で活躍できる要因だったので、ずっと代表は意識しています」
 
 さらに西村は、報道陣から「海外でのプレーは夢が叶いましたか?」との質問に、こう切り返した。
 
「まあ、夢はワールドカップで優勝することなので。そこに向けて、また一からやりたいです」
 
 2010~13年にCSKAモスクワに所属し、ビッグマウスでも知られる本田圭佑も「ワールドカップの優勝」を何度も口にしていた。西村の真剣な眼差しからも強い意気込みが感じられた

9/1(土) 23:08サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180901-00046612-sdigestw-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索