Samurai Goal

Bチーム


スポンサード リンク





久保建英に好機 ジダン監督希望でアウディ杯出場も 

20190728-07280983-nksports-000-4-view[1]

久保建英、トップかBチームか結論持ち越し…ジダン監督「マドリードに戻ってから見極め」  

1: Egg ★ 2019/07/28(日) 06:35:57.80 ID:i+FgDAOG9
◆インターナショナル・チャンピオンズ杯 Aマドリード7―3Rマドリード(26日、米ニュージャージー州)

 【ニュージャージー州(米国)26日(日本時間27日)=岡野誠子】Rマドリードの日本代表MF久保建英(18)が、Aマドリード戦の後半17分から途中出場した。前半だけで5失点する荒れた展開の中、後半44分に自身のミドルシュートが起点となり得点を呼び込んだ。だが同25分には自身のパスミスから失点するなど課題も残した。ジダン監督(47)は「マドリードに戻ってから見極めたい」とトップチーム残留の可否など、今後については明言を避けた。

 最後に光り輝いた。2―7の後半44分、ショートコーナーからのボールを受けた久保は、相手DFを1人かわすと左足を振り抜いた。強烈なシュートは相手GKが辛うじてはじいたが、その流れから味方が押し込んだ。両チーム合わせて10得点という乱打戦の最後の得点を呼び込んだ。

 評価の難しい試合だった。開始45秒でいきなり先制点を奪われると、前半だけで5失点。久保は1―6となった後半17分に攻撃的MFで投入されたが、3分後に両チームに退場者が出て、以降は慣れない守備的MFでのプレーを余儀なくされた。後半25分には縦パスをMFビトロに奪われると、そのまま自身もかわされ、70メートルの独走ゴールを許した。それでも試合終了間際のミドルシュートで一矢を報いた久保について、ジダン監督は「状況が悪いときに試合に入って難しかったと思う。それでもその後はいつものようにボールを使ってしたいプレーをしていた」と一定の評価を与えた。

 大きな財産となった。9日から北米ツアーに参加し、ベルギー代表MFのE・アザールら世界トップレベルの選手たちと日々トレーニングをこなした。さらに20日のバイエルン戦、この日のAマドリード戦と計73分に出場。バイエルン戦後には「(レアルは)当たり前のように速いし、当たり前のようにうまい。ゆっくり焦らずに徐々に同じレベルに上がっていければ」と話したようにこの2週間で自身の現在地を測ることができたはずだ。

 指揮官が「マドリードに戻ってから(今後)どうなるか見極めたい」と話したように、30日からのアウディ杯(ドイツ)に帯同するか、カスティージャ(Bチーム)に合流するか、結論は持ち越しとなった。それでも日本の18歳が世界に大きなインパクトを残した。

7/28(日) 6:04配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190727-00000313-sph-socc

写真no title


【サッカー】<レアル7失点> 途中出場した久保建英への評価は?鋭いミドルシュートが3点目の起点に
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1564218945/

久保建英に想定以上の好評価。 現地記者が明かすレアルの内部事情 

20190719-00865870-sportiva-000-1-view[1]

久保建英、他のスペイン1部チームへ武者修行も?Bチームかレンタルか、クラブ内で意見が二分 

20190718-00010007-goal-000-8-view[1]

<久保建英>レアルの至宝より評価上?「スタートはBでも、すぐにトップチームの試合に出ることに」  

20190715-00010000-sdigestw-000-5-view[1]




1: Egg ★ 2019/07/16(火) 19:10:26.38 ID:EMSzQjZK9
スペイン1部の名門レアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英(18)の評価がうなぎ上りだ。

 今季はBチーム(スペイン3部)でのプレーからスタートするが、カナダ・モントリオールで行われている合宿ではトップチームの選手に交じって猛アピールを続けている。

 14日には今夏にチェルシー(イングランド)から移籍加入したベルギー代表FWエデン・アザール(28)との会話が「レアル・マドリードTV」で公開され、久保が世界的スターに向けて「いつも試合前にあなたのビデオを見ている」と英語で話しかけるなど、すっかりチームに溶け込んでいる様子だ。

 同日付のスペイン紙「アス」が1面で久保の特集記事を掲載するなど現地での注目度は急上昇。20日(日本時間21日)に米国ヒューストンで行われるインターナショナルチャンピオンズカップ初戦のバイエルン・ミュンヘン戦での新天地デビューに向けて期待は高まるばかりだが、チーム内でも久保の実力が非常に高く評価されているという。

 J1で監督経験もある日本代表OBは、最近Rマドリード関係者から久保の評価を聞く機会があったそうで「すでに(MFマルコ)アセンシオ(23)よりも序列が上の評価を得ているそうだ。スタートはB(チーム)でも、すぐにトップチームの試合に出ることになるのではないか」と明かす。

 アセンシオはスペイン代表の次期エース候補と期待されるアタッカー。その才能から“レアル・マドリードの至宝”とも呼ばれている。2018―19年シーズンはリーグ戦でスタメンとして19試合に出場するなどレギュラーの一角に君臨。そんな選手を差し置いて、首脳陣はキャンプ前から久保の現時点での実力も高く評価し、攻撃陣の中でポジションを争うアセンシオよりも有望な戦力と判断しているという。

 シーズン前半からトップチームでカップ戦出場がかないそうな久保。リーグ戦でも早期の大抜てきがありそうだ。

7/16(火) 16:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00000028-tospoweb-socc

<久保建英(レアル・マドリード)>絶対にある「3部の洗礼」蹴られても挑発されても我慢せよ!  

1: Egg ★ 2019/07/16(火) 09:14:08.23 ID:fTWaJv1n9
スペインの名門・Rマドリードに加入した日本代表MF久保建英(18)は14日、カナダ・モントリオールキャンプで5日目の練習を行った。今回の北米ツアーを取材するスペインの大手スポーツ紙「マルカ」のミゲランヘル・ララ記者(49)は「マドリーのDNAにふさわしい選手」と評価。Bチームで3部リーグ相当のカスティージャが主戦場になる今季の久保を「見た」。

 * * * *

 キャンプがスタートしてから、みんなが久保に注目している。私には少し恥ずかしがり屋で、溶け込むのに苦労しているように見えるが、真剣な態度は好感が持てる。このプレシーズンは貴重なものになるだろう。バイエルン、アーセナル、Aマドリードとの対戦で今後の方向を見つけられるはずだ。

 私の意見は、非常にクオリティーの高い選手ということだ。それはマドリーのDNAにふさわしい。だが冷静に見よう。彼はまだ18歳だ。バルセロナでの経験があるとしても、アジアから来た選手だ。育成にゆっくり時間をかけなければならない。技術だけなら今すぐにでもトップで通用する。スピードがあって判断が良い。しかし、まだフィジカルを鍛えなければならない。日本で肉体を作り始めてきたと思うが、さらにスペインサッカーに必要な体を作る必要がある。

 注意点は彼がプレーする2部B(3部リーグ相当)は非常にハードだということだ。1部を経験しサッカーを知り尽くしたベテランがたくさんいる。激しい当たりが多く、その上相手がマドリーのスター候補生なら絶対に蹴られるし、口汚い言葉で挑発される。そこで我慢する精神が必要になる。昨季18歳でデビューしたブラジル人のビニシウスも洗礼を受けた。どこに行っても「年俸100万ユーロ(約1億2000万円)の選手」という看板はついて回る。

 それでも彼は2部Bでとどまる選手ではない。ラウル監督が作るカスティージャは、久保+10人のチームになると言っても過言ではない。クラブはスポーツ面だけでなく、社会面でも彼が日本向けの顔となるべく期待をしている。18歳に看板としての活躍を求めている。

 マドリーのトップでプレーはできるだろう。だが成功できるかとなると、話は違う。マドリーは他のどのクラブとも比べられない。(クラブOBで元フランス代表MFの)マケレレは、この前「マドリーの1か月は、他のチームの30~40か月分ぐらい力がいる」と話していた。これからは持っている力を全て示していかなければならない。そして日々の努力が、未来の栄光への道を切り開く。

 ◆スペインリーグ 1部が20チーム、2部が22チーム、久保の所属する「カスティージャ」など2部B(3部相当)は80チームある。3部にはプロ契約でない選手も多く、クラブの経済的問題による消滅、選手への給料未払いにより4部へ自動降格することもある。カスティージャと同じ2部BのバルセロナBには、かつて元スペイン代表DFプジョル、同MFシャビ、イニエスタ、同FWメッシらがプレーし、トップ昇格を果たした。

7/16(火) 5:33配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00000017-sph-socc

写真
no title

久保建英はウイングの何番手? R・マドリー北米遠征メンバー29人の最新序列 

20190713-00061364-sdigestw-000-8-view[1]

【現地レポ】久保建英の振る舞いにスター選手も驚き…レアル関係者は高評価も序列は一番下 

20190713-00010013-goal-000-3-view[1]

久保建英、開幕戦でレアル・マドリード伝統の10番をつけてデビューの可能性!!  

1: 豆次郎 ★ 2019/07/12(金) 05:58:13.92 ID:J0mPdMXq9
2019年07月12日 05:30
久保、レアル伝統10番デビューあるぞ!ボールを使った練習を初公開

 レアル・マドリードの日本代表MF久保建英(18)が、公式戦初陣で背番号10をつける可能性が浮上した。現在、カナダのモントリオールで合宿中のトップチームに同行している久保は今季、3部所属のBチームでプレーする予定。クラブ関係者によれば8月25日に予定される開幕戦(カード未定)で久保は、トップチームでは7番と並んで伝統のある10番を託される可能性が高いという。11日は初めてボールを使った練習を公開した。  1年目の今季、3部所属のBチームでプレーする予定の久保の初陣は、カード未定ながら、8月25日に予定されるリーグ開幕戦が有力となっている。3部は背番号が登録制ではなく、試合ごとに変わる可能性があるものの、チーム関係者は「久保が開幕戦で10番をつける可能性は十分にある」と語った。04年から番記者を務めるマルカ紙のララ記者も「その可能性は高いと思う」と話した。

 ララ記者によればレアルの伝統の番号は主に7と10。7番は過去、今季Bチームの指揮官に就任した元スペイン代表FWラウル、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらがつけ、今季は新加入のベルギー代表MFアザールが背負う見通し。一方の10番も固定制となった95~96年シーズン以来、フィーゴ、ロビーニョ、ハメス・ロドリゲスら名だたる名選手が背負い、現在は昨年バロンドール受賞のモドリッチがつけている。久保が10番を背負うことになれば、トップチームではないものの、クラブ史上初のアジア選手として栄誉であることには違いない。

 10番は歴代ファンタジスタ系の攻撃的MFがつけることが多いようで、ララ記者は「(U―20ブラジル代表の)ロドリゴが7で久保が10なのでは」と予想。ともにプレシーズンはトップチームに同行しており、11日の午前練習ではボールを使った練習を初めて公開。雷雨の中、久保は同じBチームの若手らとパス交換を行った。銀河系軍団の一員としてまずはレベルアップを図り、2部昇格を目指すBチームでの注目の公式戦初陣へとつなげる。

 【ペレス会長が合宿地訪問も】フロレンティーノ・ペレス会長(72)が、近日中にもモントリオールを訪問する可能性が浮上した。チーム関係者が示唆 した。00年に会長選に初当選した同会長はジダン、フィーゴ、ロナウドら次々にスターを獲得した銀河系軍団生みの親。久保は始動日の8日に初対面を果たした可能性もあるようだが、合宿地訪問となれば話す機会がより増えそうだ。

 ▽スペイン3部 セグンダ・ディビジョンBと称され、上位リーグのBチームやアマチュアチームなども所属するリーグ。全80チームが20チームの4グループに分かれてホーム&アウェー方式の全38節で対戦。各グループ1位同士の対戦で勝った2チームなど計4チームが昇格。降格は各組の最下位4チーム。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/07/12/kiji/20190711s00002020454000c.html?amp=1&__twitter_impression=true
no title

バルサ、鹿島の安部裕葵に正式オファー 今夏の獲得目指す  

181227_abe_getty[1]




1: 久太郎 ★ 2019/07/03(水) 10:09:41.11 ID:/38Ygjkq9
 サッカーJ1鹿島に所属する日本代表MF安部裕葵(ひろき、20)が、スペイン1部リーグの強豪バルセロナから正式な獲得要請を受けていることが2日、分かった。バルセロナは今夏の獲得をめざし、設定されている違約金以上の金額を鹿島に支払う意向を示している。移籍の実現は本人の決断次第となるが、安部は海外挑戦に前向きな姿勢を見せている。バルセロナは欧州制覇5度を数える。

 移籍が実現した場合、安部はまず3部リーグのBチームに所属し、当面はそこでプレーする。ただ、Bチーム所属の選手でも、アルゼンチン代表FWメッシらがいるトップチームと練習することも多く、トップで試合に出ることも可能だ。安部は広島・瀬戸内高出身でプロ3年目。身長171センチ、体重65キロと小柄ながら、独特のリズムで繰り出すドリブルを得意とする。J1通算で48試合に出場し、4得点。6月17日にあった南米選手権のチリ戦で代表デビューを果たした。

https://www.asahi.com/articles/ASM726GW8M72UTQP030.html



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索