Samurai Goal

AFC


スポンサード リンク





<AFC>過去10年における“アジア選手の第一人者”を選定!日本から選ばれたのは? 

1: Egg ★ 2019/12/31(火) 17:41:41.39 ID:Xf9ejZDq9
 AFC(アジアサッカー連盟)が2010年から19年までの総括を掲載。この10年において世界で飛躍を遂げたアジア出身選手の第一人者を特集している。

 多くのアジア出身選手が欧州への移籍を実現し、2010年から19年までの10年間で数々の金字塔を打ち立ててきた。そのなかでもAFCがフォーカスしたのは「世界クラスのプレーヤーとしての地位を確立した」6人だ。

パク・チソン(韓国)
no title


まず、AFCは2010年代のアジアスターを語るうえで欠かせない人物として、パク・チソンを指名。名将アレックス・ファーガソンをはじめ、当時のチームメイトであったリオ・ファーディナンドがその実力を証明するように、プレミアリーグにおけるアジア出身選手躍進の先駆けとなった。

 2010年が始まるまでにマンチェスター・ユナイテッドで、すでに3度のプレミアリーグ制覇を経験していた韓国代表MFだが、2010-11シーズンにも同クラブのプレミアリーグ優勝に貢献。2010年代にヨーロッパの主要タイトルを獲得した最初のアジア選手としてその名を刻んでいる。

香川真司(日本)
no title


次に名前があがったのは日本代表のMF香川真司だ。2010年に海を渡り、ドイツ1部のボルシア・ドルトムントに加入すると、驚異のスピードでチームにフィット。リーグ戦で8ゴールを挙げ、ドルトムントの9シーズンぶりの優勝に貢献した。

翌シーズンには13ゴールをマークし、連覇の立役者に。ドイツ紙『キッカー』が選定する年間ベストイレブンに2シーズン連続で名を連ねた。その後、2012-13シーズンに加入したマンチェスター・Uでは、プレミアリーグで優勝した最初の日本人選手となった。

岡崎慎司(日本)
no title


その香川と長く日本代表をけん引してきたFW岡崎慎司もAFCが選ぶ過去10年の第一人者に選出された。清水エスパルスからドイツへ渡り、シュツットガルトやマインツで実績を積み、2015年にプレミアリーグのレスター・シティへ移籍すると、2015-16シーズンに奇跡の優勝を経験。

 献身的なプレーでチームを支え、ファンの人気も鷲掴みにした。クラブ創設132年にして初のプレミアリーグ優勝を果たしたレスターで、歴史的快挙を果たしたメンバーの一員でもあり、日本人選手では2人目のプレミアリーグ優勝経験者となった。

つづく

12/31(火) 15:06配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00010022-goal-socc

AFC、鹿島アントラーズに罰金1500ドルの懲戒処分  

20191122-43474244-gekisaka-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/23(土) 20:20:19.11 ID:jnADnxm79
 アジアサッカー連盟(AFC)が発表していた資料によると、鹿島アントラーズに1500米ドル(約16万3000円)の罰金が課されていたようだ。処分は10月23日付。懲戒事由は8月28日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦のアウェー広州恒大戦で、後半のキックオフ時間が遅れたためとされている。

 また広州恒大には5000米ドルの罰金が課された模様。同クラブは10回目の常習違反となったため、金額が加重されている。その他、アルナスル(サウジアラビア)、アルワフダ(UAE)、アルアリサウジ(サウジアラビア)、アルサッド(カタール)、アルジャジーラ(ヨルダン)にも同様の事由による懲戒処分が行われている。

 また、鹿島のホームで行われた9月18日の準々決勝第2戦・広州恒大戦では、広州恒大のチームがキックオフ90分前にスタジアム入りしなかったとして、同クラブに罰金1500米ドルの処分。これも3度目の常習違反となったため、金額が加重されているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-43474244-gekisaka-socc

<AFC U-19女子選手権グループB>日本代表 2 - 0 韓国代表  

7e1bb677-s




1: Egg ★ 2019/10/31(木) 22:51:56.21 ID:WQVmcIoX9
・日本代表2-0韓国代表

<得点>

16分菅野奏音(日)
84分山本柚月(日)

AFC公式 スコア
https://www.the-afc.com/competitions/afc-u-19-womens-championship/matches/2019/2026263

AFC U-19女子選手権タイ2019
http://www.jfa.jp/national_team/u19w_2019/afc_u19w_championship_2019/schedule_result/

<AFC U-19女子選手権グループB>日本代表 2 - 0 韓国代表  

idrieq5feqesndfz476w




1: Egg ★ 2019/10/31(木) 22:51:56.21 ID:WQVmcIoX9
・日本代表2-0韓国代表

<得点>

16分菅野奏音(日)
84分山本柚月(日)

AFC公式 スコア
https://www.the-afc.com/competitions/afc-u-19-womens-championship/matches/2019/2026263

AFC U-19女子選手権タイ2019
http://www.jfa.jp/national_team/u19w_2019/afc_u19w_championship_2019/schedule_result/

<ACL>2021年大会から40チーム参加に拡大へ。AFCが発表  





20191026-00344727-footballc-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/10/26(土) 20:40:31.25 ID:TmUhT5SN9
アジアサッカー連盟(AFC)は26日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)およびAFC女子アジアカップの大会方式を変更し、それぞれ出場チーム数を増加させることが執行委員会において決定されたとして発表を行った。

 アジアのクラブ王者を争う大会であるACLは、現行方式では32チームで本大会グループリーグが開催されている。これを2021年大会から40チーム参加に拡大することが決定された。

 現在は4チームずつ8つのグループが組まれているが、東西地区にそれぞれ1グループを加え、合計10グループとなる。「上位6協会の現状の出場枠は変わらない」とされており、カントリーランキングが大きく変動しない限りは日本からの出場チーム数が変わることはなさそうだ。決勝トーナメント進出チームの決定方法などについての詳細は明らかにされていない。

 一方、女子アジアカップは前回の2018年大会まで8チームで開催されていた。2022年の次回大会では4チームを加え、12チームでの開催とすることが決定されている。

10/26(土) 20:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191026-00344727-footballc-socc

浦和レッズ、ACL決勝進出で日程が変更!中2日での開催も…鹿島、広島、川崎戦が対象 

20191025-00363410-usoccer-000-1-view[2]




1: Egg ★ 2019/10/25(金) 09:45:19.09 ID:BLhm3XHA9
Jリーグは24日、浦和レッズのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝進出に伴い、同クラブの明治安田生命J1リーグ第30節から32節までの試合開催日・キックオフ時刻を変更すると発表した。

 浦和は23日のACL準決勝第2戦で広州恒大に1-0で勝利。2戦合計3-0とし、2年ぶりの決勝進出を決めた。2年ぶりの再戦となるアル・ヒラル(サウジアラビア)とのファイナルは、11月9日と24日に開催。このため、リーグ戦の実施日が変更となる。

 11月2日に予定されていた第30節・鹿島アントラーズ戦は、同1日19時に変更。また、11月9日の31節・サンフレッチェ広島戦は、大幅に前倒しして10月29日ナイターの開催となった。さらに11月23日開催予定の32節・川崎フロンターレ戦についても、2週間以上前倒しの11月5日に行うことが決定した。

■浦和のACL決勝進出に伴う日程変更

・第30節
11月1日(金)19:00
鹿島 vs 浦和(カシマ)

・第31節
10月29日(火)19:00
広島 vs 浦和(Eスタ)

・第32節
11月5日(火)18:30
浦和 vs 川崎F(埼玉)

10/24(木) 12:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00010019-goal-socc

浦和レッズは25日、MF青木拓矢が右足関節内遊離体と診断されたことを発表した。全治は約3週間の見込み。

クラブの発表によれば、青木は14日のトレーニング中に負傷。その後、17日に手術をした。

2014年に大宮アルディージャから浦和に加入した青木。今シーズンはここまで公式戦31試合に出場しており、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では9試合に出場して決勝進出を決めたチームを支えてきた。

現在、浦和は明治安田生命J1リーグで9勝8分け12敗で12位に位置しており、残留争い中。一方で、ACLでは準決勝で広州恒大を破り、2年ぶり3度目の決勝進出を決めている。史上初の3度目の優勝が懸かるアル・ヒラルとの決勝戦は、第1戦が11月9日にアウェイで、第2戦が同24日にホームで行われる。

10/25(金) 9:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-00363410-usoccer-socc

U-18日本代表、AFC・U-19選手権予選に臨む23人を発表!10番は鳥栖の松岡に  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/23(水) 17:37:21.41 ID:tDrEL6rG9
 日本サッカー協会(JFA)は23日、11月にベトナムで行われるAFC・U-19選手権2020予選に臨むU-18日本代表メンバー23人を発表した。

 2020年10月にウズベキスタンで開催されるAFC・U-19選手権2020への出場を目指す日本は、予選でグループJに所属。11月6日にU-18グアム代表との初戦に臨み、8日にU-18モンゴル、10日にU-18ベトナムと対戦する。

 メンバーには今季の明治安田生命J1リーグで20試合に出場している松岡大起(サガン鳥栖)や、中村拓海(FC東京)、柴田壮介(湘南ベルマーレ)らが選出。松岡は10番を背負うことが決定している。

 また、柏レイソルユースから今冬にポルトガルの強豪・ベンフィカへ加入した小久保玲央ブライアン、浦和レッズに来季加入が内定している武田英寿(青森山田高)や、鹿島アントラーズへの加入が内定した染野唯月(尚志高)らも選出を果たした。

 メンバー23人は以下の通り。

GK
1 小久保玲央ブライアン(ベンフィカ/ポルトガル)
23 小畑裕馬(ベガルタ仙台ユース)
12 山田大樹(鹿島アントラーズユース)

DF
3 山崎大地(順天堂大学)
4 中村拓海(FC東京)
2 西尾隆矢(セレッソ大阪 U-18)
17 三原秀真(愛媛FC U-18)
19 井出敬大(柏レイソル U-18)
20 林田魁斗(セレッソ大阪 U-18)
14 加藤聖(JFAアカデミー福島 U18)
15 バングーナガンデ佳史扶(FC東京 U-18)

MF
6 岩本翔(筑波大学)
16 川本梨誉(清水エスパルスユース)
7 柴田壮介(湘南ベルマーレ)
10 松岡大起(サガン鳥栖)
5 松本凪生(セレッソ大阪 U-18)
8 鮎川峻(サンフレッチェ広島ユース)
22 武田英寿(青森山田高校)
21 石浦大雅(東京ヴェルディユース)

FW
18 大森真吾(順天堂大学)
13 晴山岬(帝京長岡高校)
11 櫻川ソロモン(ジェフユナイテッド千葉 U-18)
9 染野唯月(尚志高校)

10/23(水) 16:43 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191023-00010031-goal-socc


櫻川ソロモン
no title

小久保玲央ブライアン
no title

バングーナガンデ佳史扶
no title

AFCが国際大会決勝の平壌開催を認めず、会場を上海に変更 

20191023-00000022-jij_afp-000-2-view[1]

広州敗戦に驚きの中国メディア「信じられない」、埼スタの応援は「衝撃的」 

20191003-43472334-gekisaka-000-3-view[1]

浦和DF槙野智章、国内では苦戦もACLには自信「より良いプレーをしているのは事実」  

1: Egg ★ 2019/10/01(火) 23:11:55.88 ID:b0WR67un9
浦和レッズは2日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝で中国の広州恒大と対戦する。決戦に先駆けてアジアサッカー連盟(AFC)公式にDF槙野智章が登場。ホームでの第1戦に向けて意気込みを語った。

 2017年にACLを制した浦和が再びアジア王者を射程圏に捉えている。準々決勝では難敵の上海上港(中国)と2戦合計3-3の打ち合いになったが、アウェイゴール差で勝り、2年ぶりの4強入りを決めた。

 浦和は現在、リーグ戦では残留争いに巻き込まれ、直近の天皇杯ではJFLのHondaに敗れるなど決してチーム状態は良くない。槙野は「国内戦線で苦労していますが、ACLではより良いプレーをしているのは事実」と話し、「個人的にDFとして、このトーナメントを戦うことはモチベーションになる。ACLはプレーヤーとしてのレベルを上げてくれた。参加することを楽しんでいます」と、苦境に立たされるなかでも、モチベーションの低下はないと強調した。

 ACLでは「さまざまな敵に直面」するだけでなく、対戦する敵の多くは「最高のクオリティを持ったプレーヤー」であり、「スケジュールは常に厳しいもの」と話す槙野。それでも「対戦相手のレベル、雰囲気、スタンドからのサポート。そのすべてが私たちのエネルギーと能力を高めている」と、ACLはまた違った意味で特別な大会であることを説いている。

 準決勝で対峙する広州は現在、元イタリア代表のファビオ・カンナヴァーロ氏が指揮官を務めており、中国スーパーリーグでは25試合を消化して首位に立つ強豪だ。ゴールゲッター、エウケソンをはじめ、欧州でのプレー経験も豊富なパウリーニョ、そして鹿島アントラーズとの準々決勝で貴重なゴールを挙げたタリスカの強烈な“ブラジルトリオ”が控えている。

 槙野は「もちろんタリスカ、エウケソン、パウリーニョなどに注意する必要がありますが、中国や韓国の優れたプレイヤーもいることはわかっている」と警戒。「広州が大きなクラブであることに疑いの余地はない」と認めつつ、「優れた選手を抱える素晴らしいチーム」と称賛の言葉も忘れなかった。

 広州はホームで無類の強さを誇っており、浦和にとっては埼玉スタジアム2002での第1戦の結果がファイナル進出へ非常に重要となってくる。だからこそ第1戦での目標は「クリーンシートで終えることであり、アウェイゴールは与えられない」と並々ならぬ意気込みを示していた。

 浦和と広州の準決勝第1戦は、2日19時半に埼玉スタジアム2002でキックオフする。

10/1(火) 15:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00010017-goal-socc

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索