Samurai Goal

ACL


スポンサード リンク





広州敗戦に驚きの中国メディア「信じられない」、埼スタの応援は「衝撃的」 

20191003-43472334-gekisaka-000-3-view[1]

<浦和DF槙野智章>国内では苦戦もACLには自信「より良いプレーをしているのは事実」  

1: Egg ★ 2019/10/01(火) 23:11:55.88 ID:b0WR67un9
浦和レッズは2日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝で中国の広州恒大と対戦する。決戦に先駆けてアジアサッカー連盟(AFC)公式にDF槙野智章が登場。ホームでの第1戦に向けて意気込みを語った。

 2017年にACLを制した浦和が再びアジア王者を射程圏に捉えている。準々決勝では難敵の上海上港(中国)と2戦合計3-3の打ち合いになったが、アウェイゴール差で勝り、2年ぶりの4強入りを決めた。

 浦和は現在、リーグ戦では残留争いに巻き込まれ、直近の天皇杯ではJFLのHondaに敗れるなど決してチーム状態は良くない。槙野は「国内戦線で苦労していますが、ACLではより良いプレーをしているのは事実」と話し、「個人的にDFとして、このトーナメントを戦うことはモチベーションになる。ACLはプレーヤーとしてのレベルを上げてくれた。参加することを楽しんでいます」と、苦境に立たされるなかでも、モチベーションの低下はないと強調した。

 ACLでは「さまざまな敵に直面」するだけでなく、対戦する敵の多くは「最高のクオリティを持ったプレーヤー」であり、「スケジュールは常に厳しいもの」と話す槙野。それでも「対戦相手のレベル、雰囲気、スタンドからのサポート。そのすべてが私たちのエネルギーと能力を高めている」と、ACLはまた違った意味で特別な大会であることを説いている。

 準決勝で対峙する広州は現在、元イタリア代表のファビオ・カンナヴァーロ氏が指揮官を務めており、中国スーパーリーグでは25試合を消化して首位に立つ強豪だ。ゴールゲッター、エウケソンをはじめ、欧州でのプレー経験も豊富なパウリーニョ、そして鹿島アントラーズとの準々決勝で貴重なゴールを挙げたタリスカの強烈な“ブラジルトリオ”が控えている。

 槙野は「もちろんタリスカ、エウケソン、パウリーニョなどに注意する必要がありますが、中国や韓国の優れたプレイヤーもいることはわかっている」と警戒。「広州が大きなクラブであることに疑いの余地はない」と認めつつ、「優れた選手を抱える素晴らしいチーム」と称賛の言葉も忘れなかった。

 広州はホームで無類の強さを誇っており、浦和にとっては埼玉スタジアム2002での第1戦の結果がファイナル進出へ非常に重要となってくる。だからこそ第1戦での目標は「クリーンシートで終えることであり、アウェイゴールは与えられない」と並々ならぬ意気込みを示していた。

 浦和と広州の準決勝第1戦は、2日19時半に埼玉スタジアム2002でキックオフする。

10/1(火) 15:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00010017-goal-socc

写真no title

広州FWタリスカが日本のスタイルを称賛「本当に好きだ。欧州のチームに似ている」 

20191001-00010019-goal-000-1-view[1]

<ACL4強入りの浦和レッズ>リーグ戦低迷をサポーターに謝罪!「是が非でもJ1残留を果たす」  

1: Egg ★ 2019/09/18(水) 09:19:54.29 ID:OmojNTyl9
2年ぶりにACL4強入りを決めた浦和は17日、立花洋一代表取締役社長がクラブ公式サイトで「浦和レッズを支えてくださる全ての皆さまへ」と題した声明文を掲載。ファン・サポーターの声援に感謝するとともに、J1リーグ戦での低迷を謝罪した。

 17日にホームで行われたACL準々決勝第2戦で上海上港(中国)と1―1で引き分け、アウェーゴール数の差で準決勝進出を決めた浦和。立花氏は「浦和レッズに関わる全ての皆さまと共に、準決勝への切符をつかみとることができましたことを、本当に有り難く思っております」と感謝した。

 しかし、J1リーグ戦では第26節を終えて8勝7分け11敗の勝ち点31で15位と低迷。本拠地の埼玉スタジアムでは7月6日の仙台戦以降2カ月以上白星から遠ざかっており、残留争いに巻き込まれている。

 立花氏は「皆さまのご期待にお応えできるような戦績を残せておらず、誠に申し訳ございません」とリーグ戦での低迷を謝罪。「日々行っている検証に加え、今シーズンのJリーグにおける低迷の原因や改善策を追求することの重要性も強く感じております」とし、「是が非でもJ1残留を果たすとともに、1つでも上の順位をめざします。残りの試合を『一戦必勝』の気持ちで闘ってまいります」とシーズン終盤に向けての決意を表明した。

9/18(水) 6:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000104-spnannex-socc

写真
no title

浦和、ACL4強進出!! 2試合連続ドローもAGで上回り上海上港撃破 

20190917-00064272-sdigestw-000-5-view[1]

韓国勢のACL“全滅”に母国紙が危機感 出場枠減を危惧「Kリーグの国際競争力は落ちた」 

20190629-00200371-soccermzw-000-7-view[1]

「ふざけんな!」浦和の選手を激怒させた蔚山指揮官。一方敵地の熱量は意外なほど低く…“日韓対決”の舞台裏 

20190627-00060682-sdigestw-000-6-view[2]

本田がジャージー姿で帰国 12日ACL広島戦 

20190309-03090004-nksports-000-7-view[1]

杉本健勇(浦和)今季初勝利&チーム第1号!ACL初戦ブリラム戦に向け「自分たちのサッカーが第一」  

1: Egg ★ 2019/03/05(火) 09:57:25.53 ID:YwJkZPBZ9
 ◇ACL1次リーグG組 浦和―ブリラム(2019年3月6日 埼玉)

 今季初勝利&チーム第1号は俺に任せろ!浦和の元日本代表FW杉本が6日に行われるACL1次リーグ初戦のブリラム(タイ)戦に向けて4日、「相手どうこうというより、自分たちのサッカーをするのが第一。しっかり勝ちたい」と必勝を誓った。チームは今季公式戦3試合無得点で自身もシュート0。この日の練習では、2日の札幌戦の先発組で唯一、屋外での練習に参加し、シュート練習などをこなした。

 ブリラム戦は調子を取り戻す契機となりそうだ。C大阪時代の18年にACL初ゴールを奪った縁起の良い相手で感触は悪くない。「勝てていないし、個人としても結果を残せてないのでいいきっかけにしたい。連戦になるので勢いをつけられたら」。26歳のストライカーが自身の存在価値を今度こそ証明する。

3/5(火) 6:00配信 スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/03/05/kiji/20190305s00002181041000c.html

写真
no title

「海外移籍12年、ホンダが初めて日本へ凱旋」豪メディアが広島のACL出場に関心 

20190220-00010028-goal-000-3-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索