Samurai Goal

ACミラン


スポンサード リンク





【悲報】ミラン スタメンを発表も本田圭佑の名前を書き忘れる 

1: 名無しさん 2016/09/26(月) 05:00:44.22 ID:CAP_USER9
勝てば3位浮上のミラン、スタメンを発表! 本田の名前を書き忘れるハプニングもあったがベンチスタート

theWORLD(ザ・ワールド) 9月26日(月)3時28分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00010002-theworld-socc

苦しい状況が続く本田

日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは25日、セリエA第6節でフィオレンティーナと対戦する。試合に先立ち、
ミランがスターティングメンバーを発表した。

現在2連勝中のミランは、スタメンにカルロス・バッカやユライ・クツカ、ガブリエル・パレッタなど、
前節ラツィオに勝利したメンバーと同じ11名を今節も起用。
なお、スタメンを発表した公式Twitterが本田の名前を書き忘れるハプニングもあったが、
フィオレンティーナ戦もベンチスタートとなっている。

試合は日本時間で深夜3時45分にキックオフ。ミランはこの試合に勝利し、
3位に浮上することができるのだろうか。

発表されたスタメンは以下のとおり

ミラン
GK:ドンナルンマ
DF:カラブリア、パレッタ、ロマニョーリ、デ・シーリオ
MF:クツカ、モントリーボ、ボナヴェントゥーラ
FW:スソ、バッカ、ニアング

http://www.theworldmagazine.jp/

no title

【ハイライト動画】セリエA第6節 ミラン、PK失敗に救われビオラとドロー。ベンチ入りの本田は出場せず 

1: 名無しさん 2016/09/26(月) 05:56:57.32 ID:CAP_USER9
【フィオレンティーナ 0-0 ミラン セリエA 第6節】

イタリア・セリエA第6節が現地時間の25日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはアウェイでフィオレンティーナと対戦。
0-0のドローに終わった。本田はベンチ入りしたが、出場はしていない。

2連勝中と調子を上げて来ているミランは、ラツィオを下したミッドウィークの試合と同じ11人で試合をスタート。
3トップにはやはりスソ、バッカ、ニアンの3人が並び、本田は開幕から6戦連続のベンチスタートとなった。

前半に大きな先制のチャンスを迎えたのはホームのフィオレンティーナだった。
23分、右サイドに抜け出したイリチッチのクロスに対してカリニッチは合わせそこなったが、
ボルハ・バレロがファーから飛び込んだところにカラブリアが手をかけてしまう。ボルハ・バレロは転倒し、フィオレンティーナにPKが与えられる。

だが、イリチッチの放った強烈なシュートは右ポストを叩いてゴールならず。
セリエAでこれまで8本のPKを蹴って失敗がなかった名手が決められず、結局前半はそのままスコアレスで折り返すことになった。

後半はよりオープンな展開となったが、チャンスの数で上回るのはフィオレンティーナ。
ミランは17歳の守護神ドンナルンマの好守にも助けられてしのぎつつ反撃のチャンスをうかがう。
83分にはエースのバッカがアクロバティックなボレーで狙うも、わずかにゴール右に外れ先制点はならなかった。

モンテッラ監督はロカテッリ、アントネッリに続いて3枚目のカードにはルイス・アドリアーノを投入し、本田に出番が訪れることはなかった。
終盤はドローで満足するような戦いぶりで、ミランは勝ち点1を加えて試合を終えている。

【得点者】
なし

フットボールチャンネル

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160926-00010003-footballc-socc
フットボールチャンネル 9月26日(月)5時39分配信
no title


http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ita/ita-10931212.html
試合スコア

【ハイライト動画】セリエA第5節 本田、82分に途中出場も印象残せず。ミランがエース弾でラツィオに勝利!! 

1: 名無しさん 2016/09/21(水) 05:52:55.53 ID:CAP_USER9
【ミラン 2-0 ラツィオ セリエA 第5節】

イタリア・セリエA第5節が現地時間の20日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはホームでラツィオと対戦。
ミランがバッカのゴールで勝利を収め、本田は82分より途中出場を果たした。

この日もヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は3トップにスソ、カルロス・バッカ、エムバイェ・ニアンを起用。本田はベンチスタートとなる。

序盤ボールを支配したのはラツィオ。ミランは後方に守備ブロックを形成するに留まる。
12分にはミリンコビッチがヘディングを放つも、GKドンナルンマが何とか防ぎMFモントリーボがクリアした。
しかし14分にはミランが反撃する。ニアンがセカンドボールから抜け出しシュートを放つも、ここは決めきることができない。

すると37分、ミランのエースが再び仕事をする。ラツィオのパスミスからMFクツカがスルーパスを放つと、バッカが完全に抜け出しGKとの一対一に。
ここを冷静に沈めてミランが1-0と先制する。

後半にはニアンがPKを沈めてミランが追加点を奪い、試合は2-0で終了。
本田は82分にボナベントゥーラに変わって途中出場を果たしたが、大きなインパクトを残すことはできなかった。


【得点者】
37分 1-0 バッカ(ミラン)
74分 2-0 ニアン(ミラン)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160921-00010002-footballc-socc
フットボールチャンネル 9月21日(水)5時41分配信

http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ita/ita-10931206.html
試合スコア

no title

【ハイライト動画】セリエA第4節 本田圭佑、ミラン勝利も蚊帳の外。エース弾でチーム辛勝も守備固めで出番回らず ! 

1: 名無しさん 2016/09/17(土) 07:27:54.27 ID:CAP_USER9
サンプドリア 0-1 ミラン セリエA 第4節

イタリア・セリエA第4節が現地時間の16日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはアウェイでサンプドリアと対戦。
バッカの終盤のゴールで辛勝している。

ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督からの信頼を獲得できない本田はサンプドリア戦でもベンチスタート。
指揮官は前線にスソ、ラパドゥーラ、ニアンを起用する。

前半ペースを掴んだのはサンプドリア、FWルイス・ムリエルを中心にミランのゴールマウスに迫っていくが
GKジャンルイジ・ドンナルンマが瀬戸際で防ぐ。そのまま前半はスコアレスで終了する。

なかなか得点を奪えないミランはソサに替えて18歳MFマヌエル・ロカテッリを投入する。
直後の59分には右サイドからスソが強烈なミドルシュートを放つも、ここはGKヴィヴィアーノがキャッチする。

64分にはラパドゥーラに替えてモンテッラ監督と口論をしたと報じられたFWカルロス・バッカが投入される。
直後の66分にはボナベントゥーラのドリブルからバッカにチャンスが巡るも、ここは枠を捉えられない。
続く70分にはサンプドリアのMFバレートがクロスに合わせてゴールを揺らすも、ここはオフサイドの判定。

しかし85分、今度こそエースFWバッカが決める。
サンプドリアのバックパスミスを奪ったミランはスソがスルーパスを放つ。これに抜けだしたバッカが冷静にゴール右に流し込んだ。

終盤の一点を守り切ったミランが1-0で3試合ぶりに勝利。
モンテッラ監督はゴール直後にスソに替えてDFグスタボ・ゴメスを投入。守備固めで3枚目の交代枠を使い、本田に出番は回ってこなかった。

【得点者】
85分 0-1 バッカ(ミラン)

フットボールチャンネル
no title



http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160917-00010002-footballc-socc
フットボールチャンネル 9月17日(土)5時41分配信

http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ita/ita-10931196.html
試合スコア

ACミラン内紛勃発!監督が、運動量の少ないバッカを叱責したところ、口論に発展! 

1: 名無しさん 2016/09/16(金) 20:54:07.59 ID:CAP_USER9
モンテッラ監督はオフ・ザ・ボールの動きが乏しいバッカに改善を要求するも

 日本代表FW本田圭佑の所属するACミランで内紛が勃発した。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が運動量の少ないエースストライカーFWカルロス・バッカを叱責したところ、口論に発展。バッカは次節サンプドリア戦でスタメン落ちとなる可能性が浮上している。イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」が報じた。

 2連敗で15位に低迷するミランの練習場ミラネッロで事件が起きた。サンプドリア戦を控える練習でモンテッラ監督はオフ・ザ・ボールの動きが乏しいストライカーに改善を要求。「もっとボールに触る回数を増やしたい」というバッカに対し、指揮官が「ボールに触る前にもっと動け」と返し、口論に発展したという。

 スカイでは「ヴィンチェンツォ・モンテッラとカルロス・バッカの間で、強烈かつ白熱した対立が起こった」とレポートしている。

 バッカは昨季リーグ戦で得点ランク3位の18ゴールを決めており、チームの得点源として存在感を放った。高い決定力を誇る一方、運動量に乏しく、ペナルティエリアや相手の最終ラインにへばり付く傾向が見られ、フィニッシュ以外の場面で貢献度は低い。そうした課題を抱えるなか、モンテッラ監督は改善を求めたが、バッカはこれを拒否した模様だ。

代役や昨季セリエB得点王。バッカは放出も

 今夏、バッカはチャンピオンズ・リーグ出場クラブへの移籍を希望し、アーセナルとアトレチコ・マドリードからのオファーを待っていたが、打診は届かなかった。ウェストハムからのオファーには断りを入れ、最終的にミランに残留した経緯がある。

 昨季終盤にもクリスティアン・ブロッキ前監督の途中交代命令に激怒し、試合中のサンシーロから自宅に直帰するというトラブルを起こしていた。

 バッカの代役として、昨季セリエB得点王のFWジャンルカ・ラパドゥーラが先発する可能性が浮上している。今回の口論が発端となり、バッカは来年1月の移籍市場で放出されるかもしれない。

Football ZONE web 9月16日 16時30分
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160916-00010011-soccermzw-socc
no title

伊ガゼッタ紙 採点を発表!ミラン本田圭佑に高評価!チーム最高となる「6」「素晴らしいクロス」 

1: 名無しさん 2016/09/12(月) 14:13:25.58 ID:CAP_USER9
 セリエA第3節が11日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランはホームでウディネーゼと対戦した。3試合連続でベンチスタートとなった本田は79分からピッチに立ち、今シーズン初出場を果たしたが、チームは0-1で敗れている。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。本田には元アルゼンチン代表MFホセ・ソサとともにチーム最高となる「6」をつけた。

 寸評では、「もはや息切れのソサに代わって途中出場。攻撃を二つ組み立て、そのうちの一つはゴールエリア内の(カルロス・)バッカへの素晴らしいクロスだった」と、短い出場時間で決定機を生み出したことを評価している。

 なお、ミランの最低点は無得点に終わったコロンビア代表FWカルロス・バッカで「5」となっている。
 連敗を喫したミランは次節、16日にアウェーでサンプドリアと対戦する。

SOCCER KING 9月12日 13時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160912-00491904-soccerk-socc
no title

【ミラン×ウディネーゼ試合結果】後半34分に本田今季初出場も失点しミラン0-1敗戦[全ゴール動画有] 


セリエA 2016/2017 第03節
ミラン 0-1 ウディネーゼ

■ 得点:
0-1 スティペ・ペリカ(後半44分)

▽キックオフ:2016/09/11(日) 15:00 │ 日本時間 09/11(日) 22:00
▽スタジアム:ジュゼッペ・メアッツァ(Milano) 
▽主審:G. Calvarese ▽副審:G. Schenone、V. Pegorin

CsEtNwxWEAAl2Gf
動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい


ミラン本田圭佑、“緊急事態”でもチャンス巡らず。4-4-2へ変更も先発予想に名前なし 

1: 名無しさん 2016/09/08(木) 12:41:59.80 ID:CAP_USER9
2016年09月08日(Thu)11時31分配信

ミランのMF本田圭佑【写真:Getty Images】

 ミランが緊急事態にあるにもかかわらず、日本代表FW本田圭佑はベンチスタートとなりそうだ。7日付けの伊紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

 現在緊急事態を迎えているミラン。MFユライ・クツカとFWエムベイェ・ニアンの2名を出場停止で失い、その上負傷者も続出していることから先日には本田にチャンスが回って来る可能性があるとみられていた。しかし、第3節もベンチスタートと予想されている。

 ミランの問題は選択肢が限られている中盤だ。負傷中のMFアンドレア・ベルトラッチに加えMFアンドレア・ポーリの復帰も未だ難しいとみられており、さらに今夏に加入したばかりのMFマティアス・フェルナンデスも負傷者に仲間入りした。

 これにより、MFマリオ・パシャリッチも未だ調子が万全でないことからMFホセ・ソサ、MFリッカルド・モントリーボ、MFジャコモ・ボナヴェントゥーラの3名の先発出場が確実視されている。

 そこでヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、その3名に右サイドハーフを加えた4-4-2へ布陣変更することを考えているようだ。同布陣を採用していたシニシャ・ミハイロビッチ前監督には右サイドハーフで起用され続けた本田だが、モンテッラ監督の下では序列が下だとみられている。

 この場合、右サイドハーフでの起用が予想されているのはMFスソだ。そしてFWバッカとFWジャンルカ・ラパドゥーラに2トップを組ませることになると予想されている。

 緊急事態でもチャンスがもらえない本田。代表チームへの移動による疲労や時差も考慮されている可能性はあるが、果たして途中出場でもチャンスをもらうことはできるだろうか。

http://www.footballchannel.jp/2016/09/08/post173641/
no title

【ナポリ×ミラン試合結果】ミラン、後半に2点差を追いつくも突き放され4-2敗戦!本田の出番はなし[全ゴール動画有] 


セリエA 2016/2017 第02節
ナポリ 4-2 ミラン

■ 得点:
1-0 アルカディウズ・ミリック(前半18分)
2-0 アルカディウズ・ミリック(前半33分)
2-1 ムバイ・ニアング(後半6分)
2-2 スソ(後半10分)
3-2 ホセ・カジェホン(後半29分)
4-2 ホセ・カジェホン(後半49分)

退場
ユライ・クツカ(後半31分)
ムバイ・ニアング(後半42分)

▽キックオフ:2016/08/27(土) 20:45 │ 日本時間 08/28(日) 03:45
▽スタジアム:サン・パオロ(Napoli) 
▽主審:P. Valeri ▽副審:G. Dobosz、A. Marrazzo

Cn_E3K9XEAARm7y
動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい


【ハイライト動画】本田圭佑出番なし!バッカハットトリックでミランが白星発進 

1: 名無しさん 2016/08/22(月) 03:16:53.22 ID:CAP_USER9
ACミラン 3-2 トリノ

1-0 カルロス・バッカ(前半38分)
1-1 アンドレ・ベロッティ(後半3分)
2-1 カルロス・バッカ(後半5分)
3-1 カルロス・バッカ(後半17分)
3-2 ダニエレ・バセリ(後半46分)

http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10931166


ミラン白星発進 本田圭佑は開幕戦出番なし
日刊スポーツ 8月22日(月)3時1分配信

<セリエA:ACミラン3-2トリノ>◇21日◇ミラノ

 セリエAが開幕し、ACミランの本田圭佑(30)はベンチ入りしたものの、出番がなかった。試合はACミランが勝った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160822-00000009-nksports-socc

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索