20200617-43481051-gekisaka-000-5-view




1: 2020/06/17(水) 06:20:57.31
香川真司の9か月ぶり弾が決勝点!! サラゴサ、再開後初勝利で暫定首位浮上

[6.16 スペイン2部 第33節 ルーゴ1-3サラゴサ]

 スペイン2部リーグは16日、第33節を各地で行い、MF香川真司所属のサラゴサはルーゴに3-1で勝利した。
 トップ下で先発した香川は前半19分、昨年9月15日の第5節エストレマドゥーラ戦(○3-1)以来となる9か月ぶりのゴールを記録。
 この先制ゴールが決勝点となり、サラゴサは悲願の1部昇格に向けて暫定首位に浮上した。

 新型コロナウイルスの中断から明け、前節アルコルコン戦(●1-3)で3か月ぶりの公式戦となったサラゴサ。
 守備人にミスが続いて2020年の初黒星となる11試合ぶりの敗戦を喫し、香川も負傷のためハーフタイムに交代するなど、満足のいく形でシーズンをリスタートすることができなかった。

 ところがこの日は前半19分、香川の1発から試合が動いた。
 左からのコーナーキックが崩れたところからMFイニゴ・エグアラスがデュエルを制し、競り合った際にこぼれたボールが香川の足元へ。
 絶妙なタイミングでオフサイドをかいくぐった香川は素早いターンから前を向くと、2タッチ目の鋭いシュートをゴール左隅に蹴り込んだ。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ゲキサカ 6/17(水) 4:28
https://news.yahoo.co.jp/articles/8a4b7da967c446dcbcfd4afaa779561222e90e50