Samurai Goal

53歳


スポンサード リンク





【三浦知良】53歳のサッカー選手はなぜ現役を続けられるのか 

1: 2020/09/13(日) 02:29:36.77 _USER9


■「情熱がある限り」

三浦はめったにけがをせず(フランコ・バレージに激突した時は例外)、体調管理に気を使っていることで知られる。BBCの取材にも、練習後にガウン姿でアイシングのパックを手に、足を冷やしながら応じた。

「もちろん、若い人と比べて回復にかかる時間は長くなっています」と彼は話す。「でも、大変なことは大変ですが、試合に出たいという情熱は持ち続けていて、それがある限りは現役を続けたいと思っています」。

体調のほかにも、三浦の突出して長い選手人生をつくっているものがある。彼の人気の高さだ。

1998年のW杯本大会への初出場直前、三浦は代表チームから外され、彼のスーパースターの地位に厚い同情が上積みされた。だが、より重要なのは、彼が単にいい人として知られていることだ。

雑誌JSoccerのアラン・ギブソン編集長は、三浦と1993年に初めて会った。彼がヴィッセル神戸でプレーした2000年代初めには、三浦が出場した親善試合で何度も、審判として笛を吹いた。

「彼は競技場では紳士でした。彼の試合で審判を務めるのは本当に楽しかった」とギブソンは言う。

「みんな彼が大好きです。彼は『キング』ではありますが、W杯に出ていません。さらに、横浜で長年プレーしていますが、最近は誰もが嫌がるチームで優勝を果たしていません」

■日本社会を反映したキャリア

この人気が、横浜の試合の観客数を押し上げている。「彼がプレーするとわかると、3000人や4000人は観客が増えます」とギブソンは話す。そして、多くのスポンサーを引き寄せている。

そのことが、三浦の長寿の最後の理由につながる。日本社会にみられる、敬意に満ちた、または感傷的ともいえるであろう側面だ。

あるチームの監督はBBCの取材で、三浦を称賛すると同時に、「キングカズ」が横浜の「パンダ」になっていると話した。選手として真剣に考えるのではなく、客寄せの役割を担わせているというのだ。

カップ戦では2試合出場している三浦だが、リーグ戦では今季まだ出番がない。昨年も3試合に出場しただけだ。

ショーン・キャロルは、三浦の経験が横浜のロッカールームでは貴重だとしつつ、彼の極めて長いキャリアは日本社会を広く反映したものとの見方に同意する。

「日本では序列がとても大事で、カズほど貢献した人であれば、望む限り何年でも契約を更新できる」とキャロルは言う。

「ファンやメディアはよく、彼について『努力している』、『刺激を与えている』と言い、『何だって可能だ』という一種のおとぎ話を現実のものにしている。それもまた、広い意味で日本文化を反映している」

■15歳の少年時代よりも

だがそれでも、三浦の現役生活の長さを完全に説明したことにはならない。来る日も来る日も、三浦が53歳という年齢による痛みの限界を越えられる理由は、サポーターでもスポンサーでもないのだ。

三浦はよく、長い現役生活の「秘密」は何かと質問される。彼は秘密など無く、努力と献身があるだけだと主張する。しかし、私たちの最後の質問に、秘密が浮かび上がったと思われる。

横浜で毎日練習を続ける53歳のカズは、わずかなポルトガル語しか話せず、それでも夢いっぱいでブラジルに渡った15歳の少年と同じくらい、ボールを蹴るのを楽しんでいますか? 

「はい、いつも楽しんでいます」と彼は答えた。「ブラジルにいたときよりも、今のほうがもっと情熱も持っています」。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cae8e78008ef4ac50c755824cf7fd115831c1b01
no title

「なんて男だ」 53歳カズの“今季初出場”に英メディア驚愕「異なる5つの年代で…」 

スクリーンショット 2020-08-06 18.15.53

カズはなぜ53歳でピッチに立てるのか 

スクリーンショット 2020-08-06 9.41.53

カズ惜しい ヘッドはGK正面でゴールならず 53歳が攻守に奮闘 

スクリーンショット 2020-08-05 21.08.10

武田修宏「53歳カズさんがコロナに感染したら、Jリーグはどうするんだろう」 

20200609-01895139-tospoweb-000-7-view




1: 2020/06/09(火) 17:46:53.78
【武田修宏の直言!!】

 ようやくJリーグの再開日が決まり、少しずつだけどサッカーが動きだしているのはやっぱりうれしいことだね。
プロ野球のほうが先に開幕するけど、Jリーグはすでに再開しているドイツをお手本にして慎重に進めている。
これからも細心の注意を払っていってほしいよ。

 ファンとしては無観客とはいえ、試合が始まるという高揚感はあるはず。でも、選手にかかる負担は想像以上のものがある。
あるクラブのスタッフから聞いたんだけど、今、選手たちはクラブハウスと自宅の往復だけで、食事をともにできるのも同僚や家族だけ。
それに加えて、開幕までに新型コロナウイルスのPCR検査を行う。これがかなりのストレスのようで、開幕までに疲弊してしまわないかが心配だよ。

 もちろん感染拡大を防ぐため、徹底した検査は必要。でも、その選手たちの心身をケアする態勢は整っているの? これはクラブ単位の問題ではなく、Jリーグが中心となって選手たちを「守る」という姿勢を見せてほしい。

 サッカーは相手選手との接触があるスポーツで、どうしても感染の恐怖は消えない。今のJリーグは試合の開催ありきで、選手の本当の気持ちに応えているのかが見えてこないんだ。

 先日、カズ(三浦知良)さんが開幕に向けた意気込みを語っていたけど、一番こういうことに敏感なのは2月で53歳になったカズさんだと思う。もしカズさんがコロナに感染したら、Jリーグはどうするんだろう。余計なお世話かもしれないけど、そんなことまで心配になっちゃうよね。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3363f1c4404628fadbb9b9384b398b804e87726
引用元:東スポweb

依頼
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591532057/153

カズ 再開Jの目標は53歳でのゴール&アシスト「一人カズダンスやりたい」 

1: 2020/06/03(水) 20:41:01.88
カズことFW三浦知良(53=横浜FC)が“一人カズダンス”で再開後のJリーグを盛り上げる。

横浜FCは3日から全体練習を再開し、フィジカルテストを中心に約1時間行った。

 練習後にウェブ上で取材に応じたカズは「(活動休止期間の)室内だけのトレーニングだと分からないので不安でもあった。今日もフィジカルテストがあったが、筋トレとかはやってきていたけどきつかった」と久しぶりの練習を振り返った。そして「7月4日に再開が決まったので、1か月間しっかり準備して、再開のときには、しっかりプレーできるようにベストを尽くしたい」と意気込んだ。

 13年ぶりのJ1で迎える今季は「試合に出て、勝利に貢献する。FWとしてゴールをする、アシストをする」と53歳でのJ1得点に目標を定めたカズ。コロナ禍によりゴールパフォーマンスでは他の選手との接触を避けることが求められるが「ゴールしたらカズダンスはやりたい。無観客でも、チームメートとみんなで喜ぶこともできないけど、一人カズダンスをやりたい」と単独での披露するつもりだ

2020年06月03日 14時15分
https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/j-league/1885650/


no title

53歳カズ伝説 来季もJ1決定で記録を更新 

1: 2020/03/21(土) 17:06:03.84
2020年03月21日 16時40分
https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/j-league/1785417/

キング・カズこと元日本代表FW三浦知良(53=横浜FC)の来季が、早くもクローズアップされている。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断しているJ1とJ2が特例として今季の降格なしを決定したことで、2021年もJ1の舞台でプレーするからだ。
イレギュラーな形とはいえ、今季13年ぶりのJ1でJ2降格候補筆頭とやゆされていた横浜FCが、クラブ史上初となるJ1残留。
来年2月26日に54歳の誕生日を迎えるカズにとっては、今季中に達成しそうなJ1の最年長記録を翌年にすぐさま更新できる環境が、早くも整ったことを意味する。
その一つがJ1史上最年長出場記録更新。
12年に元日本代表FW中山雅史(52=J3沼津)が歴代1位の45歳2か月1日を達成したが、それが一気に前人未到の54歳となるのは確実だ。
さらには異次元レベルでのJ1最年長ゴール記録更新も不可能ではない。
元ブラジル代表MFジーコ氏(67)が鹿島時代の1994年に41歳3か月12日で決めてから誰も破れなかった大記録が、2年連続で更新されるかもしれないのだから
驚異としか言いようがない。
現在リーグは中断しているが、まずは今季の記録更新に期待がかかる。
カズは「やはりプレーすることが一番好き。その気持ちは全く変わらない。チームのためにピッチの上で全力を尽くして、もちろんゴールも決めたい」とやる気満々。

no title

三浦知良

カズが契約更新 53歳でJ1の舞台へ「サッカーを楽しむ気持ちと感謝を忘れずに」3試合0得点 

20200111-00000025-mai-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/11(土) 13:23:44.92 ID:32IcgLwg9
13季ぶりにサッカーJ1に復帰する横浜FCは11日、元日本代表FW三浦知良(かずよし)(52)との契約を更新したと発表した。
2月26日に53歳となる三浦は現役最年長のJリーガーで、プロ35年目のシーズンに挑む。

横浜FCは三浦の背番号「11」にちなみ、11日午前11時11分に発表した。三浦にはJ1最年長出場、最年長ゴール記録が期待される。

三浦はクラブを通じ、「チームのJ1定着という目標に向けて、日々努力を重ねる中でも、サッカーを楽しむ気持ちと感謝の気持ちを忘れずに、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります」とコメントした。

J1は2月21日に開幕。横浜FCの初戦は同23日で、元スペイン代表のイニエスタを擁する神戸とアウェーで対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000025-mai-socc
1/11(土) 11:14配信

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/291/296
成績



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索