Samurai Goal

2G1A


スポンサード リンク





ルイス・スアレス、アトレティコデビュー戦でいきなり2G1A。グラナダに6発大勝で白星スタート 

スクリーンショット 2020-09-28 8.01.29




1: 2020/09/28(月) 01:12:57.95 _USER9
【アトレティコ・マドリード 6-1 グラナダ リーガ・エスパニョーラ第3節】

 リーガ・エスパニョーラ第3節、アトレティコ・マドリード対グラナダが現地時間27日に行われた。ホームのアトレティコが6-1の勝利を収めた。

 この試合が今季のリーグ開幕戦となったアトレティコ。2トップにはジョアン・フェリックスとジエゴ・コスタが入り、バルセロナから移籍となった注目のルイス・スアレスはベンチスタートとなった。


 先制したのはアトレティコ。9分、ペナルティエリア右でボールを受けたアンヘル・コレアからのクロスにコスタがヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。今季のアトレティコの初ゴールはコスタとなった。
 
 47分、ペナルティエリア手前左でコスタからの落としを受けたフェリックスがファーサイドへ浮き球のパス。コレアがワントラップから左足でシュートを決めた。

 さらに65分、アトレティコが追加点。ペナルティエリア手前の中央からコレアがコスタにパス。コスタはこのボールをスルーし、ボールはフェリックスの下へ。フェリックスが落ち着いて決め、アトレティコがリードを3点に広げた。この直後、スアレスがコスタと代わって途中出場。アトレティコデビューを果たした。

 するとスアレスがすぐにアシストを決める。72分、コケから受けたボールをダイレクトでジョレンテへ。ジョレンテが落ち着いて決め、アトレティコが4点目を決める。85分、ジョレンテの右サイドからのクロスにファーサイドでスアレスが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。その後、1点を失ったアトレティコだったが、後半ATにスアレスがこの日2点目。アトレティコは6-1の勝利を収め、今季白星スタートとなった。

【得点者】
9分 1-0 コスタ(アトレティコ・マドリード)
47分 2-0 コレア(アトレティコ・マドリード)
65分 3-0 フェリックス(アトレティコ・マドリード)
72分 4-0 ジョレンテ(アトレティコ・マドリード)
85分 5-0 スアレス(アトレティコ・マドリード)
87分 5-1 モリーナ(グラナダ)
90+3分 6-1 スアレス(アトレティコ・マドリード)

https://news.yahoo.co.jp/articles/fbdd10fc8ce7c9156c4e9bfb68d95b980a69079d

「2ゴールより印象的だった」2G1Aの南野拓実が見せた“感動のプレー”とは? 英国人記者が感嘆【現地発】 

スクリーンショット 2020-09-25 22.53.57

南野拓実が圧巻2G1A! 発快勝劇を呼び込む大活躍にリバプール・ファンも驚嘆!「今季のタキは違う!」 

1: 2020/09/25(金) 06:33:52.00 _USER9
随所で存在感を示したサムライ戦士

現地時間9月24日に開催されたカラバオカップ3回戦で、南野拓実の所属するリバプールは、敵地に乗り込んでリンカーン(イングランド3部)と対戦した。

【動画】南野拓実の豪快ミドル炸裂! 今季2ゴール目のハイライトはこちら
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=79657

3日前にチェルシー戦(プレミアリーグ第2節)を戦っていたリバプールは大幅にスタメンを変更。
ジョーンズやN・ウィリアムス、R・ウィリアムスら下部組織上がりの若手に加え、オリギやシャキリ、さらにグルイッチなど控え組を多用した。なお、注目の南野は、4-3-3の3トップの中央でスタメン出場した。

試合はプレミア王者がキックオフ直後から一方的に推し進めるなかで、あっさりと均衡を破る。8分、敵エリア手前で得たFKのチャンスで、シャキリが縦に落ちる鋭いシュートをゴール右上隅へ決めたのだ。

その後もリバプールがワンサイドゲームを展開するなかで、あの男にも見せ場がやってくる。18分、相手DFがはじいてこぼれたルーズボールを敵エリア手前で受けた南野が右足一閃。ゴール右上へと豪快なミドルシュートをねじ込んだのである。

クラブの公式ツイッターに「なんてシュートだ」「今シーズンのタキは違う」といったファンのコメントが殺到した南野の8月30日のアーセナル戦(コミュニティーシールド)以来となる今シーズンの公式戦2ゴール目で勢いに乗ったリバプールは、
32分と36分に若手有望株のジョーンズが連続ゴールを決めてリンカーンを圧倒。危なげない試合運びで4-0としてハーフタイムを迎えた。

 迎えた後半、リバプールは早々に試合の趨勢を定める一発を決める。46分、相手GKが弾いたこぼれ球をエリア内でフリーとなっていた南野が押し込んだのだ。

移籍後初となる2得点を決め、チームにさらなる勢いを呼び込んだサムライ戦士は、得点シーン以外にも的確なポストプレーで攻撃の起点となるなど、存在感を示し続けた。
その後、60分に速攻から失点を喫したものの、65分にグルイッチのゴールで再び突き放したレッズは、66分にCKから2点目をもぎ取られたが、89分に南野のラストパスに反応したオリギがダメ押して7-2で大勝。大味な展開となった試合をモノにした。

格下が相手だったとはいえ、久々の公式戦でフル出場を果たし、多彩なフィニッシュワークを見せつけ、目に見える結果も残した南野。それだけに現地時間9月28日に開催されるプレミアリーグ第3節のアーセナル戦での起用法に注目だ。

9/25(金) 5:34配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/4b2f9b22720d6a21de15887ae28068c5ef551b2b

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索