Samurai Goal

22年W杯


スポンサード リンク





<森保日本代表監督>22年W杯8強へ!18年W杯の8強と日本代表の戦いぶりをデータで比較「60分以後のデュエル」強化掲げる 

スクリーンショット 2021-01-12 21.09.58




1: 2021/01/12(火) 11:54:16.13 _USER9
日本代表の森保一監督(52)が11日、日本協会主催の「第12回フットボールカンファレンス」に登場し、22年W杯での16強突破の鍵として「60分以後」の強化を掲げた。

この日は18年W杯の8強と日本代表の戦いぶりをデータで比較。0~59分までデュエルの勝率は互角以上も、60分以後の勝率は最下位に急降下。「勝つ確率を上げるため、この数字は上げていかないと」と力説した。

 またJリーグでは欧州主要リーグに比べ、中盤での攻防が明らかに少ないデータも示され「国内組を招集した時は働きかけたいデータ」と話した。今回のカンファレンスは3日間、コロナ禍の影響で初めてオンラインで開催され、例年の2倍近い約2000人が受講した。

1/12(火) 5:30 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/2c1b2b093eb0e4d935368c611a82fb120a797712

【サッカー】<ベンゲルさん>日本サッカーの躍進のカギは「動きのインテンシティー(強度)を集団で高めていくことにヒント」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1610278914/

五輪代表ではなく、A代表をめざせ 視線は22年W杯へ 

スクリーンショット 2020-07-31 17.50.05

日本代表、大ピンチ!「22年W杯最終予選」地上波で見られない!? AFCの法外な放映権料にテレ朝が撤退 

スクリーンショット 2020-07-28 21.27.04




1: 2020/07/28(火) 20:57:51.77 _USER9
来年3月の開始を予定しているサッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選で、日本代表の試合の地上波テレビ中継が暗礁に乗り上げている。これまで放映権を持っていた、テレビ朝日は契約満了で撤退。アジアサッカー連盟(AFC)が来年から8年間の放映権契約を、香港が本社の代理店と2000億円超という途方もない金額で結んだため、日本のテレビ各局は二の足を踏まざるを得ない状況だ。日本協会も4年に1度のドル箱を失う危機に、焦りの色を濃くしている。(編集委員・久保武司)

新型コロナウイルスに続いて、日本サッカー協会にダブルパンチの非常事態だ。4年に1度、日本列島を大いに沸かせてきたW杯切符を懸けた最終決戦が、最悪の場合、地上波で放送できない可能性が浮上している。

コロナ禍で中断中の2次予選F組で、首位につける日本の突破は確実な情勢。ただ、最終予選は来年の話だからといって、のんびり構えている関係者などいない。半年前の段階で地上波の放送予定が未定というのは、明らかに異常な状況だ。

これまでテレビ朝日が視聴率アップの柱として、「絶対に負けられない戦い」を大々的に放送してきたが、契約満了に伴い撤退。AFCの契約更新の時期には毎回、テレ朝と他局の激しい放映権争いが繰り広げられてきたというのに、せっかく空いた席にどこも名乗りを上げないのだ。

この無風状態を引き起こした原因は、AFCが提示した新たな放映権契約にある。今回は「中東圏を除く全世界でAFC主催試合を放映できる」ことが売り文句。推定総額20億ドル(約2100億円)という超大型の8年契約で、スイスと中国の合弁企業「DDMCフォルティス」と合意した。日本のテレビ局が放送するには、同社との交渉が必要になる。

民放関係者は「サッカーW杯の最終予選となれば、20%以上の視聴率も期待できる。これまでとほぼ同じ放映権料なら、手を挙げるところはあると思う。しかし、とても太刀打ちできる金額ではない」と苦虫をつぶす。

テレ朝がAFCと結んできた放映権契約は、最高でも4年総額で170億円台。あまりのケタ違いで、契約更新を見送らざるを得なかった。この余波で、2002年から18年間続いてきた同局の長寿サッカー番組「やべっちF.C.~日本サッカー応援宣言~」も、「8月いっぱいで打ち切りが決定的」(テレ朝関係者)。AFCの映像を「PR素材」として放映できなくなったのが、致命傷となった。

日本協会も懸念を強めている。今や国民的行事のW杯最終予選が、テレビ地上波で流れないとなると、告知やPRが弱まる問題にとどまらない。協会に入る億単位の放映権料も大幅減額となる。代表戦は人気も手伝い、親善試合でも1試合1億円が最低価格。最終予選はさらに高値だったが、ビジネスモデルが根底から崩壊しかねない。

日本の代理店は窮余の策で、AFCが主張する8年契約の半分となる4年契約の妥協案を打診も、AFC側は「8年契約は譲れない」と強気一辺倒。日本協会は最終予選を含む代表戦の配信契約の検討にも入ったが、民放関係者は「配信になったら地上波で代表戦は一切、放送できなくなる。代表人気は確実に低下すると思います」と警鐘を鳴らす。地上波から消えたコンテンツは、国民的な人気を維持できない。日本サッカー界の未来が危機に瀕している。

ヤフーニュース 配信元は夕刊フジ 2020.7.28
https://news.yahoo.co.jp/articles/fd3446c33a15dce0b656845ae00f35ae3d2273be



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索