Samurai Goal

22年


スポンサード リンク





ストイコビッチ氏が母国セルビアの代表監督就任へ 22年カタールW杯「導きたい」 

1: 2021/02/23(火) 07:18:45.35 _USER9 BE:124320616-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
2/23(火) 7:00配信
スポーツ報知

ストイコビッチ

 旧ユーゴスラビア代表として活躍し、J1名古屋に選手、監督として在籍したドラガン・ストイコビッチ氏(55)が21日、母国セルビア代表の監督に就任することを明らかにした。代表チームの指揮は自身初めてで、「私は活力に満ちている。セルビアをカタールでの2022年ワールドカップ(W杯)に導きたい」と野望を語った。

 現役時代に華麗な技術から「ピクシー(妖精)」の愛称で親しまれたストイコビッチ氏は1994年から8年間、名古屋でプレー。01年に現役引退した。08~13年に古巣で監督を務め、10年にはJ1初優勝に導いた。15年から中国1部の広州富力を指揮。17年にはリーグ5位と躍進したが、近年は下位に低迷。昨年に退任が発表されていた。

 セルビアはW杯初出場の10年南アフリカ、18年ロシア大会と1次リーグ敗退。今年に延期された欧州選手権の本戦出場を逃し、トゥンバコビッチ前監督を解任した。フランクフルトFWヨビッチらを擁し、FIFAランクは30位。強豪ポルトガルなどと同じA組を戦うカタールW杯予選に向けてストイコビッチ氏が母国の再建に着手し、指揮官として再び世界へ挑む。

 ◆ドラガン・ストイコビッチ 1965年3月3日、旧ユーゴスラビア(現セルビア)のニシュ生まれ。55歳。マルセイユ(フランス)などを経て、94年に名古屋入り。95年にJリーグMVPを獲得。代表では90年イタリア(8強)、98年フランス(16強)とW杯に2度出場。2001年に引退後はセルビア・モンテネグロ協会(当時)会長などを務め、名古屋や広州富力を率いた。175センチ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/846e1d3b61f9ec73e3a7be546035d7d143b8716c

J1、22年シーズンから18チームに戻す 

1: 2020/10/14(水) 09:21:06.01 _USER9
10/14(水) 8:00配信
スポーツ報知

Jリーグ

来季も理念強化配分金停止 Jリーグは13日、理事会を開催し、22年シーズンからJ1を現行の18チームに戻すことに決めた。今季は新型コロナウイルスの影響を考慮し、降格を廃止。J2の上位2チームが自動昇格することで、来季のJ1は20チームで戦うことが決まっていた。降格枠や昇格プレーオフなどの仕組みは議論中で、最大4チームが降格する可能性もある。

 今季の理念強化配分金の停止も正式に決めた。J1の優勝クラブは3年にわたり最大15億5000万円、2位は7億円、3位は3・5億円、4位は1・8億円が支給される予定だったが、コロナ禍で運用停止が検討されていた。来季も停止する方針で合意した。また今季は50%としていた優勝賞金や個人表彰の賞金は、来季から従来に戻す。均等配分金(J1は3・5億、J2は1・5億、J3は0・3億)は維持する。

 クラブライセンス制度については、21年度までは特例措置とし、3期連続赤字のカウントにいれない。今年度の決算では約4割が債務超過となる見通し。村井満チェアマン(61)は「個人で言えば、自己破産に近い形。極めて憂慮する状態に変わりはない」と話した。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/0bb07689ef722fb85f3f639f0e96745dc00a71c0

五輪代表ではなく、A代表をめざせ 視線は22年W杯へ 

スクリーンショット 2020-07-25 22.23.30のコピー


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索