Samurai Goal

2021年


スポンサード リンク





W杯アジア2次予選、2021年に再延期 

images000




1: 2020/08/12(水) 16:24:20.48 _USER9
サンスポ2020.8.12 16:15
https://www.sanspo.com/soccer/news/20200812/sci20081216150005-n1.html

W杯アジア2次予選、2021年に再延期

アジア・サッカー連盟(AFC)は12日、各国の新型コロナウイルス感染状況を考慮し、10、11月に開催を予定していたワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選を来年に延期すると発表した。日本にとって今年の初戦となるはずだった3月から延期が続いている。代替日はあらためて発表する。

10月と11月は4試合が組まれていた。2次予選F組の日本はミャンマー、タジキスタン、キルギスとのホーム戦、モンゴルとのアウェー戦を残している。

コパ・アメリカも1年延期が決定! EUROと同じく2021年の開催へ 

DiQc_DCXkAAPBHT




1: 2020/03/18(水) 06:54:10.29
同じ日にEURO2020も1年延期が決定

南米サッカー連盟(CONMEBOL)は3月17日、新型コロナウイルスの影響により、今年の6月から7月にかけて、コロンビアとアルゼンチンで開催予定だったコパ・アメリカを1年延期することを発表した。

開催地の変更はなく、延期後のスケジュールは21年の6月11日~7月11日になる予定。南米10か国に加え、招待国のカタールとオーストラリアが出場する。

『ESPN』によれば、CONMEBOLのアレハンドロ・ドミンゲス会長は次にようにコメントしたという。

「これは予期せぬ状況に対する超例外的な措置であり、ウイルスの感染拡大を回避するという根本的な必要性に対処するためだ。この決定を下すことは容易ではなかったが、選手と南米のサッカーファミリーの一員であるすべての人の健康を守る必要がある。世界最古の国際大会は、2021年にかつてないほど強力になって戻ってくるだろう」

同じ日に、EURO2020(欧州選手権)も1年延期されることが決定した。サッカー界はまさに未曽有の事態となっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200318-00070908-sdigestw-socc
3/18(水) 6:49配信

FIFA、2021年度のクラブW杯を中国で開催!21年度大会から「4年に1度」参加チーム数「24チーム」に拡大  

20191024-00991973-soccerk-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/10/24(木) 18:52:58.54 ID:4UCvOXSq9
国際サッカー連盟(FIFA)は24日、2021年度のクラブワールドカップを中国で開催すると発表した。

 2021年度大会から、開催スパンが「1年に1度」から「4年に1度」に、参加チーム数を「24チーム」に拡大することがすでに決定していた。

 今回、FIFAの理事会は上海で協議を行い、6月から7月にかけて中国での開催を決定。開催都市や会場、出場クラブは今後協議プロセスを経て決定される。

 なお、2019年度、2020年度のクラブワールドカップは、カタールをホスト国として従来通りの方式で開催される予定となっている。

10/24(木) 17:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00991973-soccerk-socc

2021年のクラブW杯は中国で 国際サッカー連盟理事会で承認へ 

images000

<日本サッカー協会>2021年から24チームに拡大されるクラブW杯の開催を検討!Jリーグ側は開催に難色  

1: Egg ★ 2019/06/11(火) 23:17:13.62 ID:B+E17ii49
日本サッカー協会が、2021年から24チームに拡大されるクラブW杯の開催を検討している。協会の創立100年を記念した大会招致をもくろむ一方で、Jリーグ側は世界大会の開催に難色を示しており、激しい火花を散らしそうだ。

 国際サッカー連盟(FIFA)は3月に行われた評議会で、クラブW杯の改革案を発表。7チームが参加して行われている現行大会は19、20年を次期W杯開催国のカタールで実施し、21年以降は24チームに拡大して4年に1度、6~7月の開催となる。

 欧州や南米のトップクラブが集結し、W杯に次ぐ世界屈指の国際大会として注目される新クラブW杯。日本は記念すべき第1回大会の開催を検討しており、田嶋幸三会長(61)は「まだ機関決定していないから。ここ(の段階)でやりたいなんて言っちゃうと…」と前置きしつつ「21年はうち(協会)が100周年だからいいとは思うし、スタジアム的には十分、吹田にしろ豊田にしろ、あるとは思う。どういう大会になるのか具体的なところが決まったら、ちゃんと理事会で話をする」と日本招致の可能性を示唆している。

 これが実現すれば、世界的人気クラブが数多く来日し、莫大な入場料収入も含めて大きな経済効果が見込めるだろう。だが、招致は一筋縄ではいかない。Jリーグ幹部は渋面で「やるとなれば(Jリーグの)スケジュールを空けなければいけないし、スタジアムの手配だって簡単ではない。過密日程を強いられるケースも出てくるし、クラブの負担だって大きい」とシーズン真っただ中のJリーグに及ぼす影響を指摘。「お金もある中国でやればいいんじゃないか」と日本開催に消極的だった。

 Jリーグの原博実副理事長(60)は本紙の取材に「正式に決まれば、協会だけで決められることではなく、Jリーグときちんと協議しなければならない話になる」との見解を示したが、2年後のビッグイベントを巡り波乱ムードが漂っている

6/11(火) 16:31配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000030-tospoweb-socc

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索