Samurai Goal

2021年


スポンサード リンク





2021年最高の選手はギュンドアン。リーグ戦9試合で9ゴール1アシスト 

スクリーンショット 2021-02-14 10.05.59

【浦和レッズ】2021年の予想布陣&最新情勢「個から組織へ」転換点のシーズンに 

スクリーンショット 2021-02-06 21.37.20

日本代表を目指せ! 2021年Jリーグでブレイク必至の5人 

スクリーンショット 2021-01-01 11.50.28




1: 2021/01/01(金) 09:13:06.34 _USER9
いつも以上に若手選手がピッチに立った2020年のJリーグ。そのなかで2021年、さらなる飛躍を見せてくれるのは誰か。試合をウォッチしてきた識者にイチ押しの選手を挙げてもらった。

従来の日本にいなかった大型FW
原大智(FC東京)

三笘薫の「止められなかった」少年時代。相手監督もその才能に脱帽だった
杉山茂樹(スポーツライター)

 日本は低身長国。平均身長178.8センチは、ロシアW杯に出場した32カ国の中で30番目だった。一般的に、選手の動きは平均身長を超えるほど緩慢になる。巧緻性が失われていくものだが、日本人選手はその限界のラインを、少しずつ更新している。大型選手の像は変わりつつある。

 とはいえ、190センチを越えるとさすがに厳しいのではないか――という常識に相変わらずとらわれていた。それだけに、原大智は眩しい存在として映った。2019年にFC東京U-23でJ3の得点王に輝き、2020年トップチームに昇格した21歳だ。


2020年にトップチーム入りした原大智(21歳、FC東京)

 身長191センチといえば、空中戦をはじめとするポストプレーを連想する。相手ゴール付近に立ち、目印の役目を果たそうとする。だが、原が起用された場所は4-3-3の右ウィングで、CFに比べて機動力が求められる。これまで長身選手には適さないとされてきたポジションだった。

 それは従来の長身選手の多くは、ドリブルという武器を持ち合わせていなかったからだ。もっと言えば、器用そうではなかったからだが、原はそうした意味で例外になる。膝から下の動きがしなやかで、小刻みなタッチができる。足も速い。俊敏で縦への推進力もある。

 真ん中もできれば、サイドもできるオールラウンダー。多機能性に富んだ長身FW。かつての日本代表である原博実、高木琢也というよりは、マルコ・ファン・バステン、ルート・ファン・ニステルローイ、最近でいえばロベルト・レバンドフスキ的だ。

 従来の日本サッカー界には存在しなかったタイプ。順調に成長することを誰よりも期待したくなる選手だ。

「最低でも日本代表」の器のサイドバック
中野伸哉(サガン鳥栖)

小宮良之(スポーツライター)

 2020年のサッカー界で、ルーキーとしては一番の衝撃だった。

 サガン鳥栖の左サイドバック、中野伸哉(17歳)は、「世界」の入り口にいる。そのサッカーセンスは非凡。Jリーグの歴代選手でも屈指だろう。たとえば鳥栖で言うなら、鎌田大地(現フランクフルト)以来の才能だ。

「とにかくスピードがある」と、鳥栖のチームメイトたちは口をそろえる。初速が速く、ステップも細かい。守るにも攻めるにも、それだけでアドバンテージだ。


2020年8月、クラブ史上最年少出場記録でデビューを果たした中野伸哉(17歳、サガン鳥栖)

 もっとも、単純な速さだけではない。初動が早い理由は、予測力にある。半歩だけで違う風景になるのがトップレベルのサッカーだが、彼は常にプレーを読み、適切なポジションを取ることができる。

 最終節の大分トリニータ戦でも、4回、5回とインターセプトに成功する一方、ボールを引き出す動きだけでマークに来た相手を置き去りにし、攻撃に転じていた。敵味方の動きを読み、スペースを認知し、何よりタイミングを心得ている。間合いが抜群で、居合斬りのように一瞬で相手と入れ替われるのが特徴だ。

 こうしたセンスはトレーニングで鍛えるのは限界がある。中野はそれを天分のように持ち合わせている。

 左利きでありながら、右足でも同じように蹴れるというのも、大きな利点と言えるだろう。相手は的を絞れない。自ずとプレーの選択肢が豊富になるのだ。


※続きはリンク先で
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2021/01/01/2021/

日本代表、2021年のスタメンを予想。2試合でアピールに成功した選手、座を追われるかつての主力 

スクリーンショット 2020-10-20 18.52.11

W杯アジア2次予選、2021年に再延期 

images000




1: 2020/08/12(水) 16:24:20.48 _USER9
サンスポ2020.8.12 16:15
https://www.sanspo.com/soccer/news/20200812/sci20081216150005-n1.html

W杯アジア2次予選、2021年に再延期

アジア・サッカー連盟(AFC)は12日、各国の新型コロナウイルス感染状況を考慮し、10、11月に開催を予定していたワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選を来年に延期すると発表した。日本にとって今年の初戦となるはずだった3月から延期が続いている。代替日はあらためて発表する。

10月と11月は4試合が組まれていた。2次予選F組の日本はミャンマー、タジキスタン、キルギスとのホーム戦、モンゴルとのアウェー戦を残している。

コパ・アメリカも1年延期が決定! EUROと同じく2021年の開催へ 

DiQc_DCXkAAPBHT




1: 2020/03/18(水) 06:54:10.29
同じ日にEURO2020も1年延期が決定

南米サッカー連盟(CONMEBOL)は3月17日、新型コロナウイルスの影響により、今年の6月から7月にかけて、コロンビアとアルゼンチンで開催予定だったコパ・アメリカを1年延期することを発表した。

開催地の変更はなく、延期後のスケジュールは21年の6月11日~7月11日になる予定。南米10か国に加え、招待国のカタールとオーストラリアが出場する。

『ESPN』によれば、CONMEBOLのアレハンドロ・ドミンゲス会長は次にようにコメントしたという。

「これは予期せぬ状況に対する超例外的な措置であり、ウイルスの感染拡大を回避するという根本的な必要性に対処するためだ。この決定を下すことは容易ではなかったが、選手と南米のサッカーファミリーの一員であるすべての人の健康を守る必要がある。世界最古の国際大会は、2021年にかつてないほど強力になって戻ってくるだろう」

同じ日に、EURO2020(欧州選手権)も1年延期されることが決定した。サッカー界はまさに未曽有の事態となっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200318-00070908-sdigestw-socc
3/18(水) 6:49配信

FIFA、2021年度のクラブW杯を中国で開催!21年度大会から「4年に1度」参加チーム数「24チーム」に拡大  

20191024-00991973-soccerk-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/10/24(木) 18:52:58.54 ID:4UCvOXSq9
国際サッカー連盟(FIFA)は24日、2021年度のクラブワールドカップを中国で開催すると発表した。

 2021年度大会から、開催スパンが「1年に1度」から「4年に1度」に、参加チーム数を「24チーム」に拡大することがすでに決定していた。

 今回、FIFAの理事会は上海で協議を行い、6月から7月にかけて中国での開催を決定。開催都市や会場、出場クラブは今後協議プロセスを経て決定される。

 なお、2019年度、2020年度のクラブワールドカップは、カタールをホスト国として従来通りの方式で開催される予定となっている。

10/24(木) 17:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00991973-soccerk-socc

2021年のクラブW杯は中国で 国際サッカー連盟理事会で承認へ 

images000

<日本サッカー協会>2021年から24チームに拡大されるクラブW杯の開催を検討!Jリーグ側は開催に難色  

1: Egg ★ 2019/06/11(火) 23:17:13.62 ID:B+E17ii49
日本サッカー協会が、2021年から24チームに拡大されるクラブW杯の開催を検討している。協会の創立100年を記念した大会招致をもくろむ一方で、Jリーグ側は世界大会の開催に難色を示しており、激しい火花を散らしそうだ。

 国際サッカー連盟(FIFA)は3月に行われた評議会で、クラブW杯の改革案を発表。7チームが参加して行われている現行大会は19、20年を次期W杯開催国のカタールで実施し、21年以降は24チームに拡大して4年に1度、6~7月の開催となる。

 欧州や南米のトップクラブが集結し、W杯に次ぐ世界屈指の国際大会として注目される新クラブW杯。日本は記念すべき第1回大会の開催を検討しており、田嶋幸三会長(61)は「まだ機関決定していないから。ここ(の段階)でやりたいなんて言っちゃうと…」と前置きしつつ「21年はうち(協会)が100周年だからいいとは思うし、スタジアム的には十分、吹田にしろ豊田にしろ、あるとは思う。どういう大会になるのか具体的なところが決まったら、ちゃんと理事会で話をする」と日本招致の可能性を示唆している。

 これが実現すれば、世界的人気クラブが数多く来日し、莫大な入場料収入も含めて大きな経済効果が見込めるだろう。だが、招致は一筋縄ではいかない。Jリーグ幹部は渋面で「やるとなれば(Jリーグの)スケジュールを空けなければいけないし、スタジアムの手配だって簡単ではない。過密日程を強いられるケースも出てくるし、クラブの負担だって大きい」とシーズン真っただ中のJリーグに及ぼす影響を指摘。「お金もある中国でやればいいんじゃないか」と日本開催に消極的だった。

 Jリーグの原博実副理事長(60)は本紙の取材に「正式に決まれば、協会だけで決められることではなく、Jリーグときちんと協議しなければならない話になる」との見解を示したが、2年後のビッグイベントを巡り波乱ムードが漂っている

6/11(火) 16:31配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000030-tospoweb-socc

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索