Samurai Goal

20億円


スポンサード リンク





赤字20億円、鳥栖・竹原社長の本音。誹謗中傷、新規スポンサー、再建への覚悟… 

20200703-00010000-realspo-000-11-view

浦和レッズ、経営状況を公表。新型コロナの影響で約20億円の減収と10億円前後の赤字を試算 

20200610-00376830-footballc-000-1-view

鳥栖20億円赤字の疑問 

20200504-00000092-spnannex-000-4-view




1: 2020/05/04(月) 13:02:32.93
【大西純一の真相・深層】
鳥栖の経営が深刻になっていることが明らかになった。運営会社が株主総会で開示した経営情報によると約20億円の赤字。竹原社長は新スポンサーのめどが立っていると説明し、「破綻する不安は100%ない。資金がショートする恐れも当面ない」と言っている。前年約42億円あった売り上げが25億円に減少したためで、有力スポンサー2社が撤退し、広告収入が23億円から8億円に減少したことが大きな要因。高年俸のフェルナンド・トーレスの獲得なども負担になったのだろう。

現在Jリーグは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で公式戦が中断し、どのクラブも苦境にあえいでいるが、鳥栖の20億円赤字は前年度決算のこと。不思議なのは「なぜ突然20億円もの巨額の赤字が表面化したのか」ということだ。

Jリーグは09年の大分と東京Vの財務状況悪化をきっかけに各クラブの財務体質の健全化を重視。FIFAがクラブライセンスを導入したこともあってJリーグも12年からクラブライセンス制度を導入した。Jリーグに参加を希望するクラブは経営情報などを提出し、Jリーグから独立した第三者機関のクラブライセンス交付第一審機関(FIB)の審査を受ける。問題がなければ理事会の承認を経てJ1、J2、J3のライセンスが交付され、条件を満たしていなければ不交付。ずさんな経営を防ぐためにもいい制度だ。
 
3年連続赤字でライセンスが不交付となるなど厳しい基準もある。あるクラブ幹部によると「この数字は何だと、かなり細かいところまで突っ込まれる」という。当然経営悪化の予兆もチェックされるはずだ。

鳥栖も財務状況などを厳しくチェックされて今季のJ1ライセンスを交付されているはず。それがいきなり20億円もの巨額な赤字。これまでこれだけ巨額の単年度赤字を出したJクラブがあったかどうかわからないが、売り上げ25億円の会社が20億円の赤字を抱えたら、普通の会社なら大ピンチだ。

一方でJリーグは以前から経営が厳しくなったクラブを支援するために「リーグ戦安定開催融資制度」を設けている。シーズン途中で経営が破綻するチームが出たのでは、リーグ戦の開催に支障が出てしまうからだ。さらに先日は三菱UFJ銀行などと約200億円のコミットメント契約を結び、有事に備えたが、この制度を使えば鳥栖もひと息つける可能性はある。

確かに大型スポンサーが急に撤退すればこういうことは起きる。フェルナンド・トーレスの獲得など選手編成はクラブの裁量、経営も自主性が認められなければいけない。20億円の赤字は竹原社長に経営責任があることはまちがいない。しかしこういうことが起きないようにするためにクラブライセンス制度を導入したのではなかったのか。

何人もの専門家がチェックしているのにどうして予兆が見逃されたのだろう。スポンサーとの契約状況は確認されないのだろうか。これでは大分や東京Vの教訓が生かされていないし、クラブライセンス制度が形骸化してしまう。Jリーグが末長く発展するために、Jリーグもしっかりと説明してほしいものだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bd6d12cbdafb5eb0610c0f0d4954c9de53291acf
5/4(月) 9:00配信

20億円赤字の鳥栖は本当に存続できるのか? 問われる竹原社長の攻撃的経営の真価 

20200503-00010000-realspo-000-6-view

J1鳥栖大ピンチ、20億円赤字 竹原社長 「存続へ向けて努力をする。 銀行融資、寄付、クラウドファンディング」 

20200427-00010000-wordleafs-000-3-view




1: 2020/04/27(月) 14:15:53.55
20億円赤字のサガン鳥栖は存続可能なのか?


先駆けることオフには、2人の引退選手、期限付き移籍先で完全移籍へと切り替えられた3人を含めて16人もの選手がサガンを去った。

本田の他にも2人がサガン鳥栖U-18から昇格するなど、育成型クラブへの歩みが鮮明に打ち出された直後に、
新型コロナウイルス禍の直撃を受けた。

2月下旬からすべての公式戦が中断されている非常事態下で、Jリーグ側はこの先に再開させるとしても、
最後の手段として位置づけてきた無観客試合の開催も視野に入れている。

予算で計上されている入場料収入7億9000万円の大半がなくなる事態が生じる可能性がある。

感染拡大の一途をたどる新型コロナウイルスの影響で、新規のスポンサーとの契約がまだ完了していない。
公式戦が中断され、ロゴなどの露出がなくなったとして、地場の既存スポンサーから契約を一時的に解除したいという申し出を受けるなど、
予算を作成したときとは状況が大きく変わっている。

話し合いを重ねたなかで実際に一時解除には至っていない状況も、竹原社長は感謝の思いとともに明かした。

すでに大分トリニータなどが市中銀行からの融資を検討しているなかで、資金がショートする時期を「他のJ1クラブよりも早いと思っていただければ」
と先を見すえたうえで、竹原社長は3期連続の赤字と今年度の債務超過を回避する策についてこう言及している。

「いかなる手段を取ってでも、存続へ向けて全力で努力をする。それが市中銀行からの融資なのか、さまざまな寄付なのか、クラウドファンディングなのか、
あるいは新しい試みなのか。このクラブがもつ存在意義にかけて、すべての方々へ最善を尽くして生き残っていく、という言い方でいいでしょうか」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200427-00010000-wordleafs-socc&p=3

J1鳥栖大ピンチ、20億円赤字 竹原社長「存続へいかなる手段もとる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200426-00010006-nishispo-socc

20億円赤字のJ1鳥栖 トーレスと“同時獲得”スポンサー3社が撤退 

20200426-00010010-nishispo-000-1-view




1: 2020/04/26(日) 19:16:24.38
サッカーJ1のサガン鳥栖を運営するサガン・ドリームスは26日、オンラインで定時株主総会を開き、
当期純損益が20億1486万9千円の赤字となる第16期(2019年2月~20年1月)決算を承認した。赤字は2期連続で12年にJ1に昇格して以降では最多額。

売上高合計は過去最高だった前期の42億5781万6千円を大きく下回る25億6160万4千円。
昨夏に引退した元スペイン代表FWフェルナンドトーレス選手の獲得に合わせて契約したスポンサー3社が撤退するなどして、
広告収入が前期の22億9601万5千円から8億1052万9千円に減ったのが響いた。

クラブライセンス不交付となる債務超過は第三者割当増資を行って回避。第17期(20年2月~21年1月)は人件費をほぼ半減の約11億7千万円にして黒字化を目指すが、
新型コロナウイルス感染拡大の影響で公式戦が中断するなど収入が滞っている。
竹原稔社長は「他のクラブよりも(資金ショートに陥る時期は)早いとは思う。いかなる手段を取ってでも存続に向けて全力で努力する」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200426-00010010-nishispo-socc
4/26(日) 19:03配信

J1・サガン鳥栖、20億円の赤字 赤字は2期連続 

20200426-03516585-saga-000-4-view




1: 2020/04/26(日) 11:48:53.33
 サッカー・J1サガン鳥栖の運営会社サガン・ドリームス(竹原稔社長)は26日、第16期(2019年2月~20年1月)の収支決算を発表した。
広告収入が8億1千万円(前期22億9千万円)と大きく減少したことなどが響き、当期純損益は約20億円の赤字となった。赤字は2期連続。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200426-03516585-saga-socc

20億円目標の寄付集まらず 京都サンガスタジアム整備費、不足分全額17億円超を府民の借金・府債で穴埋め 

1: 2020/03/06(金) 11:56:33.74
20億円目標の寄付集まらず サンガスタジアム整備費、17億円超の府債で穴埋め
2020年3月6日 10:00

no title

寄付金の穴埋めや改善工事費が京都府の補正予算に盛り込まれたサンガスタジアム京セラ(亀岡市)

サンガスタジアム京セラ(亀岡市)の整備を巡り、京都府が建設財源として見込んだ20億円分の寄付金が集まらず、
不足分全額を府民の借金である府債で補うことが5日までに分かった。
穴埋めの府債発行額は17億4700万円に上る。
また、日本サッカー協会から施設の不備を指摘され、改善工事のため5億8400万円を支出する。
財源に多額の寄付を当て込んだ上、設計段階の調整不足も露呈した形で、府の当初計画の甘さに批判が出ている。


スタジアムの寄付金は2018年3月に募集を開始。今年2月末で1億5千万円にとどまる。
4月以降、企業などから約1億円の寄付を見込むが、目標の20億円にはほど遠い。
建設は本年度で終わるため、府は年度末に府債を追加発行し賄う。寄付は今後も継続して募るという。
日本サッカー協会から国際大会実施に向けて改善を求められたのは、客席とスタンドを区切る防護柵の高さ不足
▽階段のスリップ対策不足▽スタジアム4階のVR(仮想現実)拠点施設整備の安全対策
▽関係者用駐車場の整備-など多岐にわたる。3月27日に予定されている国際大会に間に合わせるため、一部はすでに着工し、
財源は19年度予算で未執行のアユモドキ生息環境保全対策費やスタジアム以外のスポーツ拠点施設充実費などを流用する。
5日、再開された2月定例会本会議で、スタジアム関連の府債発行や追加整備費を盛り込んだ2019年度一般会計補正予算案は可決されたが、
討論で山内佳子府議(共産)は「財源の見通しなく借金を増やした。(議会への)主要事項説明でも説明がなく、予算案にもぐりこませた」と批判した。
スタジアムの総事業費は約181億円(亀岡市の用地取得費20億円を含む)に膨らむ。

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/179076

<広島市サッカースタジアム建設>マツダ、5年間で総額20億円を市に寄付する意向 





















1: Egg ★ 2020/02/08(土) 18:31:04.21 ID:KCtFErlY9
広島市中区の中央公園自由・芝生広場へのサッカースタジアム建設に向け、マツダは7日、2023年度までの5年間で総額20億円を市に寄付する意向を明らかにした。
地元経済界も各企業から寄付を募る予定で、資金集めの機運が高まりそうだ。

マツダは19年度内にまず4億円を寄付し、5年に分けて拠出する。同社は「地域に根差した企業として建設を支援する」としている。
新スタジアムを本拠地とするJ1サンフレッチェ広島がマツダを母体に設立された経緯もある。

建設費を巡っては、サンフレの久保允誉会長が、
社長を務めるエディオン(中区)と会長個人で30億円を寄付すると表明。マツダも協力する意向を示していた。

スタジアムは収容人数が3万人規模で24年の開業を目指している。概算の総事業費は230億~270億円。
市と広島県、広島商工会議所がまとめた基本計画の素案は、市中心部の立地を生かし、試合のない日もにぎわいを生む施設を一体的に整備するとしている。

市によると、マツダやエディオンを含む企業と個人からの寄付は19年度末時点で計12億5100万円になる見通し。
市は個人のふるさと納税制度による寄付も募っている。(山本和明、永山啓一)

2020/2/8 中国新聞
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=611516&comment_sub_id=0&category_id=112



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索