Samurai Goal

10番


スポンサード リンク





ボタフォゴ10番が「本田圭佑とプレーできて幸せ」 

1: 2020/08/01(土) 09:35:11.09 _USER9
8/1(土) 9:30配信
スポーツ報知

本田圭佑(ロイター)

 ブラジル1部ボタフォゴのMFブルーノ・ナザリオ(25)が30日、ボタフォゴ公式TVのインタビューに対して、「本田圭佑のような世界的な選手と一緒にプレーできてとても幸せ。今でも信じられない気持ちだ」と語った。日本代表として南アフリカ、ブラジル、ロシアとW杯に3大会連続で出場し、イタリア・セリアAの名門ACミランで背番号10を付けたこともある経験豊富な本田とのプレーを心から喜んでいるようだ。

 ナザリオは背番号10を付けて攻撃的MFとしてプレーし、今季、チーム最多の5得点をあげている。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/12c6b2f49dfce00c17dcf71cbff23be8db643517

青森山田・松木「重み」柴崎らに続く10番の系譜 

1: 2020/06/25(木) 11:14:09.09
新たな伝説を築く-。青森山田サッカー部のMF松木玖生(2年)は今季、背番号10を背負うことが濃厚だ。昨季はスーパールーキーとして高円宮杯U-18プレミアリーグ制覇と全国高校選手権の準優勝に貢献。同校で3年間エースナンバーをつけたスペイン2部デポルティボ所属の日本代表MF柴崎岳(28)らに次ぐ2年生10番が誕生する日は近い。

伝統を受け継ぐ覚悟はできている。松木は「山田の10番はすごく歴史がある。番号にこだわりはないが、つけてチームを勝たせたい気持ちはあり、2年目で背負えれば責任というか重みが増す。より自分のプレーに責任感を持たせる意味でもつけたい」。ここ5年の歴代10番は高卒プロ入り。黒田剛監督(50)は「まだ分からないけど、松木がつけるのでは」と示唆する。

新型コロナウイルスの影響で、約3カ月ぶりの高校生対決となった20日の練習試合。選手権常連の尚志(福島)に6-0で圧勝した。「2+8=10」の意ではないが、背番号28のウエアの松木が爆発。2ゴール1アシストで違いを見せた。

コロナ禍で今季は全国高校総体に加え、広範囲の移動を伴う最高峰プレミアリーグが中止になった。青森山田はその影響で1つ下の区分、プリンスリーグ東北(尚志、ベガルタ仙台、モンテディオ山形ユースなど10チーム)が軸の合同リーグに1年限定で参戦予定。「東北では山田が圧倒しないといけないし、自分たちが一番というのを示すいい機会」とプラスに捉える。

昨季は入学早々に主力に定着し、プレミアリーグEASTで18試合中16試合に出場し優勝に貢献。さらに同WEST王者と戦った同ファイナルでは決勝点を挙げ、日本一の立役者に。準優勝した選手権でも5試合4ゴール。「うまいだけでなく、相手から怖がられる選手になりたい」。エースナンバーを背負い超高校級を証明する。【山田愛斗】

◆松木玖生◆ まつき・くりゅう。2003年(平15)4月30日生まれ、北海道室蘭市出身。幼稚園年長時にサッカーを始め、青森山田中では1年から出場。U-17日本代表に選出。好きな選手はマンチェスターCのフォーデン。178センチ、73キロ。利き足は左。家族は両親と兄

○…常勝軍団であり続ける。プレミア中止で今季の主戦場は東北の合同リーグになった。黒田監督は「目の前の試合で勝ちにこだわるのが山田のスタイル」。関東の強豪と対戦できなくても「地域として受け入れてもらえるなら、そこでゲームができるのは喜ばしく思う。どこのリーグであろうと一生懸命やらせてもらいたい」と語った。

○…高卒でプロ入りを狙うDF藤原優大主将(3年=東北題字に写真)は、万能型のリバプールDFファンダイクを理想像に挙げる。「何でもできるセンターバック(CB)が目指すところ」。試合前は同選手の動画でイメトレ。昨季も主力として守備を支え「できないことをなくしてきたので、いろんなプレーに自信がある」。ヘディング、両足のキック、攻撃組み立てでも実力を発揮する。

元々は中盤が本職で、青森山田中3年時は背番号10。高校進学後に1学年上のCBが不足し、DF経験がない中でコンバートされた。「山田でサッカーをやる以上、求められたところでチャレンジしてプラスにしようと思った」。将来の目標はW杯出場。最強DFの地位を確立していく


no title


6/25(木) 10:10
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200625-26240472-nksports-socc

no title

no title

仙台育英の元10番・パンサー尾形のサッカー史、指導者への思い。「自分を作ったのはサッカー」 

20200622-00005953-hominis-000-1-view




1: 2020/06/23(火) 03:02:16.44
お笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘は名門・仙台育英高校で10番を背負い、中央大学の体育会サッカー部に所属。

川崎フロンターレに所属する中村憲剛選手の先輩でもある(尾形が4年生のとき、中村選手は1年生)。
昨年よりボルシア・ドルトムントのブランドアンバサダーを務め、「自分の人間性を作ったのはサッカー」と豪語するほど尾形に、サッカーとの思い出を語ってもらった。

ドリブルの楽しさ"に引き込まれた

僕は宮城県の東松島で育ったのですが、野球やサッカーといったスポーツをやっている人がほぼいない田舎でした。サッカーとの出会いは小学1、2年生の時。神社の鳥居をゴールにしてボールを蹴っている年上のお兄ちゃん方がいて、彼らに誘われて仲間に入れてもらいました。そこで、お兄ちゃん達全員を抜いたんですよ。

「こんな気持ちいことってあるのか!」と感じたのを鮮明に覚えています。あまりに楽しくて、帰ってから家族に「サッカーをやりたい」と伝えました。すると父親がすぐにサッカークラブを探してくれたんです。地元の小学校のクラブは5年生からしか入れなかったのですが、少し離れた町にチームを発見して、そこに入りました。

放課後、赤いジャージに着替えてボールを持って、毎日電車で通っていました。漫画みたいな話ですけど、最前の車両から最後尾の車両までドリブルで乗車客を抜いたり、リフティングしたり、と。移動中も練習をしていて、地元では有名でした。高校生になった時に「電車でサッカーをやっていたあの子か!」と何度も言われました。

サッカーを始めた原点が"人を抜く楽しさ"だったので、小学生の時からずっとドリブラー。パスはしないで、全員抜いて自分でゴールまでボールを運んでいました。

中学も高いレベルでサッカーをしたい思っていた中、松島の学校の監督にお声がけいただき、単身で乗り込みました。中1から一人暮らしをしてたんですよ。

ただ、チームではスイーパーをやらされました。ドリブルが好きだったので前線をやりたかったのですが、後ろを任されたんです。「なんで後ろなんだよ」と思いながらプレーしていたんですけど、結果的に後々に生きました。高校に入ると自分のドリブルは通用しなくなって、ボランチに落ち着いたのですが、中学時代にポジショニングやディフェンスを学んでおいてのがここで活かされました。当時の先生には感謝ですね。でも、チームで一番点をとっていたのは僕だったんですよ!後ろからドリブルで全員抜いて、と。

そして、地元でドリブルという武器で結果を残し続けたことによって、宮城県選抜に入ることが出来ました。選抜の練習場所は仙台だったのですが、そこで大きな衝撃を受けましたね。

仙台は東北でも都会なので、かっこいいチームメイトが多かった。アシックスやプーマのジャージを着ているんですよ。僕が着ているのはノーブランドで、野球のスパイクみたいなものを履いていて。恥ずかしくなり、プレーも消極的に。劣等感があったせいで、得意なドリブルをせずにバックパスばかりで自分の特徴を全く出せない。辛い日々が続きました。

■気持ちを取り戻させた父親の一言

ある日、選抜の練習に行く途中に車の中で親父から「勘違いしていないか。お前に誰も期待していないし、お前がサッカーが上手いとかはどうでもいい。楽しくやればいいんだよ!」と言われたんです。その一言がガツーンと来て。その日の練習は吹っ切れて全員をドリブルで抜いて、レギュラーにもなりました。この経験は本当に大きかったです。大学、そして社会人までサッカーを続けられたのは親父のこの一言のおかげです。

仙台育英へ進んだのは中学校の県大会がきっかけです。結果は良くなかったのですが、当時の監督であるブラジル人のムニールさんが声をかけてくれて、育英のサッカー部に入ることが出来ました。特待生ではないのですが、優遇がとても良かったんです。合宿や練習着、1年生16人だけが行けるドイツへのサッカー留学にもお金がかかりませんでした。

6/22(月) 18:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/d2a051f1d0d179268fecd099aadb5586e6a4f950

「史上最高の10番」「女神のように美しい」「凄まじい」バッジョのユベントス時代ハイライトが大反響! 

20200526-00073736-sdigestw-000-3-view

覚醒した柏の10番。江坂任は マルチな能力で助っ人モンスターを操る 

1: 2020/03/21(土) 15:07:02.55
no title

no title


2020年シーズン開幕で見つけた今季要注目のJリーガー(7)江坂任(柏レイソル/MF)

思わず記者席で立ち上がってしまうほど、鮮やかな先制ゴールだった。

13分、右サイドのオルンガからのグラウンダーパスをエリア手前で受け取ると、寄せてきたDFを巧みなステップで抜き去り、左足を一閃。
対角線上に放たれた鋭い一撃は相手GKの指先をかすめ、瞬く間にネットへと吸い込まれた。

2年ぶりにJ1の舞台に戻ってきた柏レイソルは、この一撃で勢いに乗ると、怒涛のゴールラッシュを展開。北海道コンサドーレ札幌相手に4ゴールを奪い、4-2とJ1復帰戦をド派手に飾っている。

「いい位置で受けられましたし、受けてからも落ちついてDFを見られたのがよかった」

江坂任は、自身の先制ゴールを冷静に振り返った。

この先制点だけではない。20分には絶妙なフィードを背後のスペースに落とし、オルンガのゴールをアシスト。
さらに58分には、カウンターの流れからチームの3点目も奪っている。2得点1アシストと文句なしの活躍で、勝利の立役者となったのだ。

J1に復帰した柏において、最も注目を集めているのがオルンガだろう。

ケニア出身の長身ストライカーは、昨季のJ2でまさに規格外のパフォーマンスを披露。高さ、スピード、パワーといずれもケタ外れで、J2においては"反則級"の存在だった。
シーズン通算27ゴールを奪い、1試合で8ゴールという漫画のような記録も残している。

この札幌戦でも、オルンガは圧巻のパフォーマンスを披露した。追いつかなそうなボールにも余裕をもってたどり着き、カウンターからふたつのゴールを決めている。
ひとつひとつのプレーで観衆の度肝を抜き、完全にこの日の主役となっていた。

しかし、インパクトではオルンガに及ばないものの、気の利いたプレーで攻撃の流れを生み出していたのは、トップ下でプレーした背番号10だった。
貢献度で上回った江坂こそが、この日のマン・オブ・ザ・マッチにふさわしい。

宇佐美貴史、柴崎岳らと同じ「プラチナ世代」と呼ばれる1992年生まれ。だが、そのキャリアを振り返れば、決してスポットライトを浴びてきたわけではない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200316-00888440-sportiva-socc
3/16(月) 6:00配信

https://www.youtube.com/watch?v=QiXo9Wl6SKY


【柏レイソル】選手応援歌 江坂任

https://www.youtube.com/watch?v=KdpjBWj6zwo


【公式】ハイライト:柏レイソルvs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第1節 2020/2/22

サッカー日本代表の背番号10番に南野が確定 

1: 名無し募集中。。。 2019/12/28(土) 11:59:43.13 0
Mana Iwabuchi 岩渕真奈 @buchi_mana

adidasの撮影??
Liverpoolかっこいいな???
頑張ってねー!!!
#adidas

no title

U22日本代表/背番号発表!三好康児(アントワープ)に「10」!A代表常連の久保、堂安に“挑戦状”  

1: Egg ★ 2019/11/16(土) 10:01:19.36 ID:2CfGH6XC9
サッカー・U-22日本代表合宿(15日、広島市内)キリンチャレンジ杯のU-22コロンビア戦(17日、エディオンスタジアム広島)に向けて背番号が発表され、MF三好康児(22)=アントワープ=が10番を背負うことになった。

2列目のポジションをMF久保建英(18)=マジョルカ=らと争う。14日にキルギス・ビシケクで行われたW杯アジア2次予選でキルギスを2-0で下した森保一監督(51)は16日に帰国し、合宿に合流する。

 秋晴れの広島で、MF三好がMF久保やMF堂安へ“挑戦状”をたたきつけた。この日、シュート練習などで汗を流した3人は、五輪代表18人枠を争うライバル同士。特に熾烈な中盤のポジション争いだが、三好に負けるつもりは毛頭ない。

 「競争はどこにでもある。自分の特長は、攻撃でのイマジネーションやアイデア。そこでアピールしていきたい」

 表情に自信がみなぎった。前日14日の練習試合では後半から出場し、途中で久保と交代。ゴールには絡まなかったが「次のゲームが大事」と涼しい顔。与えられた背番号はエース格の「10」だ。

 今年8月、ベルギー1部のアントワープへ移籍。9月15日のアンデルレヒト戦で途中出場ながら初ゴールを決めた。代表招集直前の今月10日のブルージュ戦では初先発を果たし、「向こうではプレーで認めさせるしかないので」。実力が徐々に認知されつつある。

 6月の南米選手権は五輪世代(U-22日本代表)を中心に構成され、三好はA代表初選出。ウルグアイ戦で2得点を挙げて注目された。だが、その後はA代表に選出されていない。

 「A代表にもいずれ向かっていきたい。チャンスだと思う」。16日には森保監督が合流し、17日のコロンビア戦を指揮する。東京五輪の先にあるA代表も見据える三好にとって、最大のアピールの場。A代表“常連組”のライバルたちと真っ向勝負に挑む。

11/16(土) 7:00配信 サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191116-00000015-sanspo-socc

写真
no title


コロンビア戦に臨むU-22代表メンバーと背番号

GK
1 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
12 谷 晃生(ガンバ大阪)

DF
4 板倉 滉(フローニンヘン/オランダ)
16 岩田智輝(大分トリニータ)
6 長沼洋一(愛媛FC)
2 立田悠悟(清水エスパルス)
14 原 輝綺(サガン鳥栖)
15 瀬古歩夢(セレッソ大阪)

MF
3 中山雄太(ズヴォーレ/オランダ)
10 三好康児(アントワープ/ベルギー)
8 田中駿汰(大阪体育大)
20 高 宇洋(レノファ山口FC)
7 堂安 律(PSV/オランダ)
11 食野亮太郎(ハーツ/スコットランド)
5 菅 大輝(北海道コンサドーレ札幌)
21 橋岡大樹(浦和レッズ)
19 鈴木冬一(湘南ベルマーレ)
22 菅原由勢(AZ/オランダ)
17 久保建英(マジョルカ/スペイン)

FW
9 小川航基(水戸ホーリーホック)
13 前田大然(マリティモ/ポルトガル)
18 上田綺世(鹿島アントラーズ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191115-00066697-sdigestw-socc

中島翔哉は日本代表の10番に相応しい存在か。ポルトでの厳しい扱いとエースナンバーの行方  

columnsv3_99999x99999_254_1553870207





1: ほニーテール ★ 2019/11/13(水) 14:50:04.06 ID:1LpntUGt9
日本代表は14日に2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選・キルギス戦を戦う。日本代表で背番号10を背負う中島翔哉は、所属するポルトで思うような出場機会を得られておらず、コンディション面では不安を抱える。
キルギス戦は今後も中島が10番を背負うことができるかのターニングポイントになりそうだ。(取材・文:元川悦子【キルギス】)

●出場機会を得られていない主力選手たち

 14日の2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選・キルギス戦まであと2日。11日から現地調整をスタートさせた日本代表だが、12日には合流が遅れていた中島翔哉や南野拓実ら欧州組10人が合流。23人全員が揃う形となった。

 しかしながら、この日は橋本拳人がコンディション調整のためホテルで別メニュー。トレーニングは22人で行われた。この日も快晴ながら16時時点の気温が7度台と冷え込みが厳しく、到着したばかりの面々は精力的に走り込んでいた。

 とりわけ、クラブで出場機会の少ない柴崎岳は最後のランニングで1人だけスピードを上げるなど追い込みをかけ、遠藤航も居残り練習に取り組んだ。「本当はもっと練習したかった」と遠藤もコメントしていたが、コンディション面でやや不安を抱える選手が何人かいるのが、今回の懸念材料の1つと言っていい。

 エースナンバー10をつける中島翔哉もその1人だろう。今夏移籍した新天地ではセルジオ・コンセイソン監督から厳しい扱いを受けていて、10月の代表シリーズ後はポルトガルリーグとUEFAヨーロッパリーグ(EL)6試合で先発ゼロにとどまっている。

 途中出場は4試合あったが、前田大然との直接対決だった10月30日のマリティモ戦を見ても、後半18分にピッチに送り出されてから左サイドと右サイドの目まぐるしくポジションを変えられるなど、指揮官から明確な役割を託されていない印象も強かった。
さらには、前田大然の激しいチェイシングを受けてボールを奪われ、ビッグチャンスを作られるシーンもあり、強豪クラブで確固たる地位を築けていないのが実情と言わざるを得ない状況だ。

●「スパイクに関してはこだわりがある」

 フィジカル的には不安もあるが、本人は安西幸輝ら慣れ親しんだ仲間との1カ月ぶりの再会に胸を躍らせている様子。ランニング中もボール回しでも弾けんばかりの笑顔を披露。メンタル的にはかなりいい状態のようだ。加えて言うと、11月1日からスパイク契約メーカーをアディダスからミズノへと変更。それが12日に正式発表され、本人もどこか安堵感をにじませた。

「今まではアディダスにすごくお世話になっていましたが、これからはミズノでプレーします。スパイクに関しては結構こだわりがあります。自分に合ったスパイクはサッカー選手がこだわれる部分ですし、すごくプレーに影響するところなので、しっかりと自分で決めて契約できたのはよかったです」と最近はメディアに多くを語らない中島が非常に前向きな受け答えをしてみせたのだ。

 自分が一番プレーしやすいスパイクで今回から戦えるのだから、キルギス戦ではより勝利に直結するパフォーマンスが期待されるところ。
逆にそれをしなければ、「アディダス以外の10番」がこの先も続く保証はない。というのも、98年フランスワールドカップの名波浩に始まり、2006年ドイツ・2010年南アフリカワールドカップの中村俊輔、2014年ブラジル・2018年ロシアワールドカップの香川真司と「エースナンバー10はアディダス契約選手」という暗黙の了解が長年、続いているからだ。

 幼少期から10番に憧れ続けた本田圭佑も自身の契約先がミズノということで、「10番は真司に決まっているから、他の番号を選ぶしかない」と割り切り、2012年5月末に背番号を18から4へ変更している。

 過去にその掟が破られたのは、2002年日韓ワールドカップの時くらい。中村俊輔の落選によって、プーマ契約選手の中山雅史が10番を背負うことになったのだが、これはあくまでアクシデントによる緊急避難的な対応で、大きな問題にならなかった。

「最悪のスタメンのひとり」伊メディアが”冬の移籍失敗例”に、本田圭佑をピックアップ! Jリーガーの名前も… 

20191112-00066565-sdigestw-000-7-view[1]

<ACミランのスーパーレジェンド/バレージ>「本田圭佑がミランの10番を背負ったことは歴史に残る」  

1: Egg ★ 2019/10/21(月) 21:41:20.20 ID:iT9gCfJ/9
ミランの伝説的なキャプテンには、日本代表MFはどう映っていたのか。10月18日、来日中のフランコ・バレージがオフィシャルファンクラブ開設とアカデミー東京改革の発表イベントに参加。本田圭佑について話を聞いた。
 
 バレージは1980年代後半から1990年代中期にかけて世界トップレベルに君臨し、あらゆるタイトルを総なめにしたミランのスーパーレジェンド。97年の引退後は下部組織の監督を務め、現在はミランの幹部を務めている。
 
 そのバレージは、2014年1月から17年6月にかけてミランに所属した本田についてこう語った。
 
「日本のみなさんは素晴らしい選手だと分かっていると思うが、ミランでも良い活躍を見せてくれたと思うよ。もちろん苦しんだ時期もあった。ただ、少なくないゴールを決めたこと、そしてミランの10番を背負ったことはミランの歴史に残る」
 
 本田のミラン通算成績は公式戦92試合で11ゴール・14アシスト。加入2、3年目はレギュラーだったが、最終年は1シーズンの大半をベンチで過ごす苦しい時期を過ごした。そでもバレージは、その悪くない成績、そして栄光の10番を背負った事実が歴史に残ると称えたのだった。
 
取材・文:白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト編集部)

写真
no title


10/18(金) 18:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191018-00065500-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索