Samurai Goal

10万人


スポンサード リンク





中国に気持ち悪い蓮のサッカースタジアム、10万人収容 2022年に完成へ 

1: 2020/05/02(土) 19:50:13.86
https://img-s-msn-com.akamaized.net/tenant/amp/entityid/BB134EK8.img?h=315&w=600&m=6&q=60&o=t&l=f&f=jpg
no title

no title

no title

no title


中国の不動産大手「恒大集団」が、広州で世界最大級となるサッカースタジアムの建設を開始した。
建設は2022年に完了する予定で、総工費は120億元(約1830億円)。
スタジアムは蓮の花の形をしており、世界の舞台で中国サッカーを盛り上げることを目指している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3caff0bd4106daaed3842a21dc313c931597fa9
4/23(木) 16:06配信

<広州恒大>先日着工した10万人収容の新たな本拠地に加え、8万人規模のスタジアムをあと二つ建設すると発表 

1: 2020/04/20(月) 17:31:39.08
写真
no title


中国スーパーリーグ(1部)の広州恒大は、先日着工した10万人収容の新たな本拠地に加え、8万人規模のスタジアムをあと二つ建設すると発表した。

【写真4枚】広州恒大の10万人を収容する新スタジアム完成予想図

 拡張された新方式のクラブW杯(2021 FIFA Club World Cup)を2021年に、第18回アジアカップ(2023 AFC Asian Cup)を2023年に開催する予定の中国では、スーパーリーグの各クラブが立て続けにスタジアムの建設や改築を進めている。しかし、新スタジアムの建設ラッシュは、2030年大会とみられるW杯の招致に向けた準備のスピードを速めているという臆測を強めるものにもなる。

 不動産開発大手の恒大集団はファンに対し、この二つの新スタジアムについて好みのデザインを選ぶことを求めた。

 大富豪で知られる広州のオーナー陣はSNSで「恒大は8万人収容のスタジアムをあと二つ建設する予定で、皆さんには六つある予備の計画から二つを推薦してほしい」と記した。

 この発表の中では、建設地や完成時期といった詳細は明かされなかった。

 ファビオ・カンナヴァーロ監督が率いる中国王者の広州は、人目を引くデザインの新スタジアム建設を16日に着工したばかりだった。

 総工費120億元(約1825億円)におよぶこのスタジアムの収容人数は、FCバルセロナの本拠地カンプ・ノウよりもわずかに多い、世界最大規模の10万人になる見込みで、2022年末までに完成する予定だという

4/20(月) 17:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200420-00000028-jij_afp-socc

<広州恒大>世界最大規模の10万人収容スタジアム建設開始!、建設費は1800億円! 

1: 2020/04/17(金) 21:00:14.71
広州恒大が16日、新スタジアムの建設を開始した。世界最大規模の10万人を収容するスタジアムは2022年末に完成予定。費用は15億5000万ユーロ(約1800億円)を費やすとのことだ。

現在、広州恒大は5万人収容のスタジアムを使用しているが、倍のキャパシティを誇ることになる。

世界では15万人収容の北朝鮮にある綾羅島メーデースタジアムが最多で、バルセロナの本拠地カンプ・ノウが広州恒大の新スタジアムと同程度の10万人となっている

2020年4月17日 8時0分 超ワールドサッカー
https://news.livedoor.com/article/detail/18133263/

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索