Samurai Goal

1位


スポンサード リンク





冨安健洋、セリエAでボール奪取&クリア1位! 名DFも驚く“攻守の完璧さ”と本人が語った予測力の秘訣 

スクリーンショット 2021-01-20 18.01.41

冨安健洋、ボール奪取数は今季セリエAで現在1位。複数ポジションで貢献 

スクリーンショット 2020-12-28 6.53.00




1: 2020/12/27(日) 23:50:05.58 _USER9
イタリア・セリエAのボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋は、今季リーグ戦での合計ボール奪取数が現時点で単独1位となっている。

 今季は本来のポジションであるセンターバックに起用されながらも、右サイドバックで高く評価された昨季に比べると苦戦していると評されてきた冨安。直接的に失点に絡むなどのパフォーマンスで現地メディアの批判の対象となったこともあった。


 それでも、チーム事情によりサイドバックで起用された最近3試合も含めてここまでリーグ戦全14試合に先発フル出場。チームへの貢献度は、ボール奪取数というスタッツにも表れている。

 リーグ公式ウェブサイトのランキングによれば、冨安は現時点で今季141回のボール奪取を記録しており、これはリーグ最多の数字。2位にはローマのブラジル人CBロジェール・イバニェスが133回、3位にはフィオレンティーナのセルビア代表CBニコラ・ミレンコビッチが127回で続いている。

 右SBとして出場した23日のアタランタ戦では今季初ゴールも記録した冨安。どのポジションでどのような活躍を見せていくのか、今後のプレーにも期待できそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/eb52ac2034610da98e5cafde539753f5c872ec67

レアル久保建英、スペインのスポーツ紙「マルカ」紙が高評価ランキング1位に選出「彼は3部よりも1部が合う」  

1: Egg ★ 2019/08/01(木) 09:20:41.72 ID:MjY1WmpK9
【レアル・マドリー 5-3 フェネルバフチェ アウディカップ3位決定戦】

 アウディカップ3位決定戦のレアル・マドリー対フェネルバフチェが現地時間7月31日に行われた。試合は5-3でレアル・マドリーが勝利。この試合で途中出場を果たした18歳の久保建英について、スペイン紙『マルカ』は評価ランキングで1位に選出している。

 久保は4-3で迎えた73分に途中出場。85分にはルカ・モドリッチのシュートをお膳立てして決定機を演出するも得点にはつながらなかった。それでも攻撃面だけでなく守備でも積極的なプレーでアピールし存在感を示している。

 同紙は久保を1位に選出。寸評では「また良い時間を過ごした。彼はセグンダB(3部)よりもプリメーラ(1部)の方が合う」と評価した。2位は1ゴールを決めたマリアーノ・ディアス・メヒアで、3位はGKケイラー・ナバス。4位はハットトリックのカリム・ベンゼマ、5位はフェデリコ・バルベルデと続いている。

8/1(木) 8:13 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190801-00332773-footballc-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索